マギー グレイス。 マギー・グレイスがかわいい!身長や年齢,結婚した旦那は?「LOST」シャノン役で有名 に!美人かわいいインスタ画像も紹介!

マギー・グレイスの映画作品

マギー グレイス

監督は ()、主演はとが務めた。 本作はがに上梓した小説『 ()』を原作としている。 ストーリー [ ]。 トラヴィス・ショーは獣医師として生計を立てていた。 ある日、トラヴィスは自宅の隣に引っ越してきたギャビー・ホランドという名前の女性に一目惚れしてしまった。 医学生のギャビーには医者の恋人ライアンがいたのだが、トラヴィスはそれを知ってもなお思いを押さえ込むことができなかった。 ライアンが州外の新しい病院を見に出かけた隙を突いて、トラヴィスはギャビーを猛烈に口説いた。 そして、2人はいけないことだと知りつつ、恋に落ちていった。 ライアンが帰ってきたため、ギャビーは再びライアンに接近していった。 どちらを選ぶか迷っていたギャビーだが、結局「私たちの関係は火遊びみたいなものだったのだから、私はライアンのプロポーズを受け入れるつもりです。 」とトラヴィスに告げた。 ところが、2人の関係が周囲の人間に知れ渡ってしまい、トラヴィスは恋人のモニカから別れを告げられる羽目になった。 ギャビーに会いに病院へ行ったトラヴィスはライアンから殴られた。 ライアンは不倫を理由にギャビーとの婚約を破棄したのだという。 責任を感じたトラヴィスはギャビーの実家へ赴き、彼女にプロポーズした。 説得の末、ギャビーはトラヴィスのプロポーズを受け入れた。 それから数年後、結婚したトラヴィスとギャビーは2人の子供にも恵まれ、幸福な家庭生活を送っていた。 ある日の夕方、トラヴィスとギャビーは久々に外食することになっていたのだが、急患が入ったためにトラヴィスがレストランへ行けなくなってしまった。 それを知ったギャビーは車で自宅に帰ろうとしたが、その途中で衝突事故に巻き込まれてしまった。 一命は取り留めたものの、ギャビーは昏睡状態にあった。 医師から「奥さんが目覚める可能性はゼロに近いでしょう」と言われ絶望の淵に立たされたトラヴィスだったが、ギャビーの延命措置を続けるか否かを決断する必要に迫られることとなった。 本人の意志に反することを承知の上で、トラヴィスはギャビーの延命を続けることにした。 しかし、どんなに献身的な介護をしても、ギャビーが再び目を覚ましてくれる確率はやはりゼロに近かったのである。 そんなある日、トラヴィスはギャビーのポーチの中にがあることに気が付いた。 トラヴィスは風鈴台を建てて、そこに風鈴をつるした。 風の中で響き渡る音色は、幸福だったあの頃の生活を思い出すのに十分なものであった。 しばしの感傷に浸るトラヴィスの元に突然、病院から電話がかかってきた。 それは奇跡を告げるものであった。 トラヴィス・ショー - ()• ギャビー・ホランド - ()• ステファニー・パーカー - ()• モニカ - ()• ライアン・マッカーシー医師 - ()• シェップ医師 - ()• リズ - ノリー・ヴィクトリア• ベン - ブラッド・ジェームズ• メガン - アンナ・エンガー• ミスター・ホランド - ()• ミセス・ホランド - カラン・ホワイト• マット - ()• ジャッキー - ダイアン・セラーズ• マッカーシー医師 - () 製作 [ ] 6月10日、ライオンズゲートがニコラス・スパークスの小説『きみと歩く道』の映画化権を購入したと発表し、スパークス本人も映画版の製作に携わると明かされた。 9月2日、ロス・カッツが本作の監督に内定したとの報道があった。 30日、ベンジャミン・ウォーカーとテリーサ・パーマーが主役に抜擢されたと報じられた。 10月7日、トム・ウィルキンソンが本作に出演することになったと報じられた。 8日、アレクサンドラ・ダダリオ、トム・ウェリング、マギー・グレイスの出演が決まった。 本作のは2014年10月13日にで始まり 、同年11月21日に終了した。 興行収入 [ ] 本作は『』との新作『』と同じ週に公開され、公開初週末に700万ドルから900万ドルを稼ぎ出すと予想されていたが 、実際の数字はそれを下回るものであった。 2016年2月5日、本作は全米2631館で封切られ、公開初週末に605万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場5位となった。 なお、ニコラス・スパークスの小説を映画化した作品で、公開初週末の興行収入が1000万ドルを割り込んだのは今回が初めてのことであった。 評価 [ ] 本作は批評家から酷評されている。 7点となっている。 サイト側による批評家の見解の要約は「ニコラス・スパークスの小説を映画化した他の10作品のように、『きみがくれた物語』も木漏れ日が美しい南部でカップルが直面することになった悲劇を描き出している。 他の10作品が好きだった人でさえ、薄っぺらい上に展開が読めてしまうメロドラマはマンネリに思えるだろう。 」となっている。 出典 [ ]• から出版されたときの邦訳のタイトルは『きみと選ぶ道』だった。 2017年10月17日閲覧。 2017年10月17日閲覧。 2017年10月17日閲覧。 2017年10月17日閲覧。 2017年10月17日閲覧。 2017年10月17日閲覧。 2017年10月17日閲覧。 2017年10月17日閲覧。 2017年10月17日閲覧。 2017年10月17日閲覧。 2017年10月17日閲覧。 2017年10月17日閲覧。 2017年10月17日閲覧。 2017年10月17日閲覧。 2017年10月17日閲覧。 2017年10月17日閲覧。 2017年10月17日閲覧。 2017年10月17日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)• (日本語)• - (英語)• - (英語)• - (英語).

次の

マギー・グレイス

マギー グレイス

来歴 [ ] にて3人兄弟の2番目として生まれる。 両親(リック、ヴァリン)は宝石業。 16歳の時に両親が離婚し、母親と共にに移った。 2001年にウェブ・ビデオ『Rachel's Room』でデビュー。 翌年放送のテレビ映画『消された真実 グリニッチ殺人事件』でにノミネートされ、注目を集める。 その後もテレビシリーズや映画に出演。 2004年からはテレビシリーズ『』にシャノン・ルサフォード役でレギュラー出演し、ブレイクする。 2005年のでは「ホットな100人」の27位に選ばれたり 、2006年の『LOST』での演技でアンサンブル演技賞を受賞した。 私生活 [ ] イギリス文化の崇拝者を自称しており、8歳の時からイギリスのに住むと文通し、13歳の時から複数回イギリス旅行に出かけ、愛読書はであるという。 2015年、映画監督でプロデューサーのと婚約したことをインスタグラムで報告。 しかし、2016年、クックと離別した。 2017年2月、ブレント・ブッシュネルと婚約したと公表した。 Keck, William 2005年10月18日. 2009年1月8日閲覧。 Business Wire 2005年5月10日. 2012年5月26日時点のよりアーカイブ。 2009年1月8日閲覧。 BANG Media 2008年9月8日. Monsters and Critics. 2011年5月12日時点のよりアーカイブ。 2009年1月8日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年2月19日. 2015年2月20日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語)•

次の

きみがくれた物語

マギー グレイス

建設現場で働くローマンは、数か月ぶりに帰ってくる妻と身重の娘を心待ちにしていた。 しかし、妻と娘が乗っているはずの便は到着する様子はなく、空港に迎えに行ったローマンは、空港の管理会社から衝撃の事実を聞かされる。 それは、家族が乗った飛行機が空中で衝突事故を起こしたというものだった。 悲惨な事故現場を訪れ、娘の遺体を発見したローマンは彼女を抱きかかえ声にならない悲しみに暮れる。 航空会社に対し、謝罪を求めるローマンだが、彼らの心無い対応に憤りを感じる。 そんな中、事故には一人の航空管制官が関わっていることを知ったローマンは、「謝罪をしてもらいたい」という一心で彼の居所を突き止めようとする。 C 2016 GEORGIA FILM FUND 43, LLC 実在の航空機事故と、その後それにまつわる、ある事件を題材にした作品。 事故の責任の一端がある管制員と、事故で家族を失った男を中心としてドラマは 展開していき、衝撃のラストへと繋がっていきます。 事故の不幸がその当事者だけでなく、遺族や関係者、そして事故の責任者にまで じわりと広がっていく展開はとてもリアルで、非常に重たかったです。 家族を奪われた男が、当事者から謝罪を聞きたいという当然の気持ちは、果たし て責任の所在を掘り起こす行為だったのか。 そして、大変な時に耐え切れずに 逃げ出した家族に、主人公を責める資格はあるのか、など、鑑賞後にいろいろと 考えさせられる部分の多い作品でした。 ただ、個人的にはエピローグ部分が蛇足で必要なかったんじゃないかと感じた点 や、重要な登場人物の説明や状況説明が不足ぎみでところどころ引っ掛かってし まった点、そして最後の事件に至るまでの道筋と心の変化が綺麗に描ききれてい なかったと感じた点など、気になる部分も多くあったのは少し残念でした。 ちなみに「Aftermath」は「余波」 事故そのものじゃなく、その後の関係者や遺族達の、影響と変化と末路を題材に した本作品の内容を如実に表していると思います。 ユーバーリンゲン空中衝突事故という、かなり有名な航空機事故を基にした映画。 映画は二人の主要人物を中心に、彼らの内面的葛藤などの心理描写をメインにして進んでいく。 一人は事故機を直接担当していた管制官で、もう一人がシュワちゃん演じる被害者遺族。 この遺族が、 実際にモデルとなった人と同様に 、娘を失ったショックから立ち直れずに心を病んでしまう。 そして最終的に二人が直接出会い、悲劇的結末を迎える……という物語です。 この事故は「メーデー!」という有名番組でも扱われていたので知ってる方も多いと思いますが、 あの番組で事故の詳細を知ってると、わざわざ映画で見るような意味はほとんど感じませんでした。 上でも言ったように内容が極めて内面的な葛藤なので、当事者以外が見て共感できる部分が少ない。 同じく実話を基にした「生きてこそ」みたいな映画なら、生存を賭けた外面的な戦いなので共感できる。 しかし自分が担当した機を空中衝突させた経験がある人なんて滅多にいないし、航空機事故の遺族も同様。 どちら側の気持ちも全く理解が及ばないし、別に知りたいとも思わない。 知らないほうが幸せですから。 なので、この映画を誰に共感して見ればいいのかがよく分からなかった。 誰にも共感せず、事故を客観的に見つめ考えるならドキュメンタリー番組のほうが優れているし、 退廃的なムードに浸りたいならこういう映画より「リービング・ラスベガス」のほうがずっといい。 最後に私見ですが、この映画も実際の事故も、一番の原因はやはり管制官でしょう。 TCASが既に導入されていたのに、その存在に思い至らず一方の機だけに降下指示を出して放置したのが原因。 「自分が指示を出してない機のTCASも降下の指示を出してたら?」と考えなかったのは管制官のミスです。 だからって死んで責任を取るべきだとは思いませんが、被害者遺族にあんな強気な態度を取れば結末は目に見えてます。 実際の担当管制官も遺族に詰め寄られて口論になり、あろうことか写真を捨てたらしい ちなみにこの事故前は、TCASと管制官の指示が食い違った時にどちらに従うかの国際的ルールは明文化されてなかった。 それも事故の間接的な原因と言えるでしょう。 人が死なないとルールが設けられないってのは腹立たしいことです。 検索したところ「ユーバーリンゲン空中衝突事故」の実話を描いたものだとわかった。 ユーバーリンゲンとはドイツ南部の地名で機体同士が衝突した場所を指している。 航空管制はスイス領空全域とドイツ南部を管轄していたスイスのスカイガイド社である。 乗員乗客69名のバシキール航空2937便はロシア連邦機でモスクワ経由でスペインのバルセロナへ向かっており、乗員2名のDHL611便はバーレーン機の定期貨物便でイタリア経由でベルギーに向かっていてだったとのことで両機合わせて計71名全員が死亡した。 事故原因はスイス航空管制の指示ミスと機器設備不良が重なったこととみられ、両機の航路と高度が不幸にも偶然重なってしまったために起きた最悪の空中衝突事故となってしまったものとのことだ。 ここに描かれる悲劇は現実のこととは言えとても正視できないほどの沈鬱なものだった。 主演のアーノルド・シュワルツェネッガーの老練な建築士役に、ある程度の作品としてのエンタメ性を求めるしかなかったほどに辛く悲しい物語だった。 遺族を逆なでする航空会社専属の辣腕弁護士たちの強引な示談狙いの高慢な態度は作品の脚色とはわかりつつもとても腹立たしかった。 遺族が望むのは示談金ではなく航空会社からの「心からの謝罪」でしかない。 遺族のやりきれない思いはそれで拭われなくとも本来そこに尽きるのである。 会社責任を現場一人に押し付けられた当の管制官には別人名を取得させる証人保護プログラような保護システムもとても不条理だった。 この作品とは別だが娘を強姦した犯人を裁判所で撃ち殺したという実話事件もあった。 それに共通していたように思う。 遺族の求めるものとはなにか、遺族のやりきれなさとは何か、家族を失ったものへの心からの謝罪はどうして口にできないのか。 重苦しさと同時にそれらを考えさせられる実話作品だった。 英語のイントネーションが彼の英語の発音にあってる。 一切ガンファイト無し、アクションシーン無し、淡々とストーリーが進んでいく作り。 アメリカ人には受けが悪いだろうねー、この展開は。 たぶん、半分も行か無いうちにアメリカンな視聴者はチャンネルを変えるだろう。 モデルになった実在の人物は、故郷の町(ロシアの南部)ではヒーローとして迎え入れられている。 アメリカの映画としてはそこまでシュワちゃん演じるローマンを英雄には出来ないでしょう。 最後のシーンが精一杯の映像表現。 私は最後まで緊張して見入ってしまった。 難を言えば、1年後はテロップが出るが、10年後の場面はテロップではなくて弁護士のセリフとローマンのセリフでしか認識できない。 多分最後の場面の為には出さない方がいいと編集者が考えたんでしょう。 良く出来た映画でした。 ネタバレ失礼。 被害者家族のローマン(シュワちゃん)が、事故に対する謝罪がないことで負のスパイラルにはまる、 という設定ですが、謝罪があったとしたら負のスパイラルにはまらなかったか? 謝罪有無は単なるきっかけというか言い訳程度の問題で、家族を一気に無くした絶望感はとてつもなく大きく、 大切な家族が一気に居なくなったということ自体が負のスパイラルの原因ではと思います。 そうでなければ謝罪を求めて会いに行く際に凶器を持つことはしないでしょう。 違う見方をすれば、家族を亡くした喪失感・絶望感のはけ口の矛先が必要だった、それが管制官だった、のでは。 管制官も実は被害者で、真の加害者は管理会社自体でしょ。 救いは、逆の立場=加害者になったシュワちゃんが作った負のスパイラルを、 苦しみながらも断ち切った管制官の息子。 おかげで重苦しい映画のラストが、若人の未来が暗いものにならずに済んだという安堵感で終わることが出来ました。 法では割り切れない感情を深くえぐった作品です。 「善人」は報われず、「悪人」が世にはばかる。 そういうケースのほうが 多いのかもしれない。 神は黙して語らず。 ただ、起こることが起こっているだけ。 自分がローマンあるいはジェイコブだったら、どうするだろう?実際に同 じ目に遭ってみなければ分かりませんが、考えさせられました。 シュワはアクションもはや無理とか、体がブヨブヨ鍛え直して頑張って欲 しいとか嘆いて(叩いて?)いる人も居ますが。。 撮影当時は70歳です。 比較対象にされるスタローンも、今やなかなかの 歳をとれば代謝は落ち、若い頃より遥かに脂肪がつきやすくります。 免疫力も右肩下がりで落ちるので、かつての体形を取り戻そうと同じよう なトレーニングに励めば、たちまち体調を崩し健康を損ないます。 変わらないものは何ひとつない。 その事実を除いては。 シュワが演る意味がないと腐している方も居ますが、シュワちゃんあるい はスタローンも老いた自らの体を張って、そのこと(諸行無常)を教えて くれています。 観るほうが全盛期のイメージを後生大事に抱え続け、それを期待し続ける のは無茶ぶりもいいことろ。 数多くの作品で楽しませてくれたことに感謝し、今の「ありのまま」の彼 らを愛し受け容れてやるのは、そんなに難しいでしょうか。 ちょっと酷な言い方になりますが、ブヨブヨだとかアクションガーという のは、彼らそのものではなく、彼らの筋肉とか殺陣を愛していただけの似 非ファンでしょう。 レビュータイトルは作品で描かれたことと、そんな受け手の狭量さも掛け たダブルミーニングでつけました。 シュワちゃん、ありがとう。

次の