アフィリエイト アドセンス どっち。 グーグルアドセンスかアフィリエイト、ブログ初心者がメインにするのはどっち?

アドセンスと楽天アフィリエイト、お勧めはどっち?広告収入で稼ぐ

アフィリエイト アドセンス どっち

な、なんですと・・・!さすがです!! アフィリエイトとアドセンスの違いって? クリック報酬型アフィリエイトのアドセンスは、通常アフィリエイト(成果報酬型)と違い、 広告を選定する必要がありません。 通常アフィリエイト(成果報酬型)では、ユーザーのことを考え広告を選定する必要があります。 どのようなユーザーを集めればその広告をクリックされ購入に至るのかということを考えて記事を作成する必要がありますが、クリック報酬型のアドセンス広告はその手間が不要です。 なぜならGoogleがユーザーに最適な広告を選んで表示してくれるからです。 副業でアドセンスするメリットデメリットは? 副業の方がアドセンスで稼ぐ際にメリットはあるのか解説します。 もちろんメリットがあるということは、反対にデメリットの側面もあります。 始めてから『知らなかった!』とならないためにも、確認しておきましょう。 副業アドセンスのメリット メリット1:クリックされるだけで報酬が発生する アドセンスの最大のメリットは繰り返しになりますが、クリックさえされれば報酬になるということ。 話題を集めるであろうトレンドと組み合わせると、 月に5000円を稼ぐことは難しくありません。 そのため副業で初心者の方が取り組むのにもおすすめです。 そうですね!なので実はそのラインはサクッっと突破することができるということです。 メリット2:集客だけをすれば良い 先述したとおり、アドセンスは広告を自分で選択する必要がありません。 通常アフィリエイトのように、商品のリサーチ・選定スキルや知識や経験がなくてもできるということです。 また、広告主による案件の停止や、広告が終了してしまっているといった成果報酬型で発生する可能性があるトラブルを心配することも不要です。 つまり 機会損失が発生しないということ。 そしてもちろん、終了した広告を貼り変える手間もいりません。 ブログなどにユーザーを集める集客だけをすれば良い。 だから副業で作業時間に限りがある方にもおすすめなのです。 メリット3:軌道修正がシンプルになる アドセンスは、稼げていない場合の理由が明確であることがメリットです。 アドセンスで稼げない理由のほとんどが、アクセスが不足してるということ。 そのため、なぜ稼げないのかと考えた時に、• 『ライティングのスキルが不足しているのか』• 『選んだ商品や時期が悪かったのか』• 『見込み客を集めることができていないのか』 といった原因がわからずに悩む時間を少なくすることができます。 そのためアドセンスは 副業・初心者の方も軌道修正しやすく、稼ぐことができます。 副業アドセンスのデメリット デメリット1:報酬の単価が低い Googleアドセンスのデメリットとして、 大量アクセスを集めないと大きく稼ぐことが難しい報酬単価の低さが挙げられます。 アドセンスは大量にアクセスを集める以外に報酬を上げられることはありません。 そのため成果報酬型アフィリエイトでは月に数十万以上、数百万などといった報酬が得られますが、アドセンスでは月に数十万円を稼ぐことが難しいと言われています。 デメリット2:トレンドネタへの対応が難しい アドセンスはトレンドを絡めることでアクセスを集めることがメインであるため、トレンドとなるネタを追うことが求められますが、稼ぎ続けるにはそれを 継続して行わなければなりません。 なぜならトレンドには旬の時期があり、短期的なアクセスがあっても安定したアクセスにはならないからです。 そのためトレンド記事を量産する必要があります。 そしてトレンドとなるネタが発生すると瞬時に対応することも重要ですが、副業の方は作業時間に制限がありどうしてもその波に乗るのが難しくなってしまいます。 アドセンスの規約は厳しいところもありますが、アカウントが停止になることはめったにありません。 規約さえ守っていれば大丈夫ですよ! アドセンスで稼ぐまでの3ステップ Googleアドセンスで稼ぐためには、審査申請をして、通過しなければいけません。 そのため、Googleアドセンス審査用に向けてサイトを作成する必要があります。 そこでGoogleアドセンスを申請するまでの3ステップを解説します。 サイトを立ち上げる アドセンスにはサイトと、そこに記事が必要ですので、まずは記事を入れていくためのサイトを立ち上げましょう。 サイトの立ち上げには WordPress(ワードプレス)をインストールします。 WordPressはトレンドブロブをやっている世界中の人の多くが使用しているサイト作成用ツールで、これを利用することをGoogleも推奨している無料のツールです。 WordPressをインストールするには、ドメイン(インターネット上の住所)の取得と、レンタルサーバー(サイトの保管場所)契約が必要です。 取得するには お名前ドットコムというサービスがスムーズに作成できるので利用すると良いでしょう。 中には高いものもありますが、おおむね年間1000円程度で利用可能。 レンタルサーバーは、トレンドブログで最大のシェアである エックスサーバーの利用(月々1000円程度)をおすすめします。 記事を書く 記事は10記事程度入れてみましょう。 文字数の目安は1500文字程度で良いです。 申請用なのでライティングスキルはそれほど意識しなくても良いですし、タイトルのつけ方や検索数などのリサーチを行わなくても大丈夫です。 Googleに審査を申請する Googleアドセンス申請用にサイトを立ち上げ、記事を10記事程度入れたら、審査の申請をGoogleに提出します。 Googleアカウントを持っていない場合は、新規作成をしログインして、Googleアドセンスのホームページにアクセスしてください。 必要項目にあなたの情報を入力後、Googleから確認コードを受け取り入力。 サイトとアドセンスを紐づけるためコードを貼り付けたらGoogleアドセンスの審査申請は完了、あとはGoogleからメールが届くのを待ちます。 サラリーマンが副業アドセンスで稼ぐコツは? Googleアドセンスはクリックさえされれば報酬が発生するため、作業時間の少ないサラリーマンの副業にもおすすめですが、さらに効率的にアドセンスで稼ぐにはどうすれば良いか、基本のコツを3つご紹介します。 アドセンスで稼ぐコツ1:クリックされやすい配置 Googleアドセンス広告はいかにクリックされるかが重要ですから、 クリックされやすい場所に配置しましょう。 おすすめは、以下のような配置です。 ひとつめの見出しの上• サイドバー• 関連コンテンツ(アクセスが伸びてくると使用できるようになる) これは、基本的な配置ですので、あなたのサイトにはどの配置が良いかは実際に設置してみながら修正していきましょう。 広告が多すぎてもユーザーにとって見づらくなってしまいます。 いろんなサイトをリサーチするのも大切ですので上位に表示されているサイトをチェックするようにしましょう。 アドセンスで稼ぐコツ2:広告の種類 アドセンスの広告には4つの種類があります。 テキスト広告とディスプレイ広告• 記事内広告• インフィード広告• 記事に自然に溶け込みクリックされやすいと考えられます。 アドセンスで稼ぐコツ3:成果の解析 アドセンス広告で成果を上げたのは、どの配置に設定したどんな広告タイプかを解析し、広告の位置や広告の種類を見直しながら収益を上げていきましょう。 その為にもアドセンス広告の ナンバリングをきちんとするようにします。 こうしてテストし、解析をしたら次の行動をとるということを繰り返せば、サラリーマンの副業で時間がなくても効率的にアドセンスを利用することができます。 サラリーマン副業アドセンスのまとめ 副業のサラリーマンの方がGoogleアドセンスで稼ぐことはできますが、メリット・デメリットがあることもご理解いただけたでしょうか。 アドセンスは トレンドアフィリエイトと相性が良く、すぐに成果を得られるため、トレンドアフィリエイトはサラリーマンの副業で初心者の方におすすめです。 また、アドセンスはアクセスを集めれば報酬につながるので、アクセスを集めるための情報を見い出すスキルを身に付けるという意味でも、初心者のうちに取り組んでおくと良いです。 そのスキルが身に付いたら、トレンドを追い続けることなく安定した報酬を築いていけるよう、 長期的な視点で資産化できる成果報酬型広告のアフィリエイトに移行していくと良いでしょう。 1985年生まれ、埼玉県出身 株式会社を5社経営している経営者。 もともとは超貧乏バンドマン! ネットビジネスと出会い5年間で3億円ほど稼ぎ、家族と幸せに過ごせるようになる。 現在では、アフィリエイトを軸としたネットビジネス以外にも通販事業・コミュニティー運営・コンサルタント、アパレルのマーケティングと活動の幅を広げている。 ~ネットビジネスでの実績~ 2013年12月:月収100万達成(開始12ヶ月) 2014年02月:月収200万達成 2014年08月:月収1200万達成 2014年12月:独自コンテンツが30分で完売! 2015年2月: 独自コンテンツで月収150万達成! 2015年5月: 月収1200万達成 プレイヤー+企画 2015年9月: 情報商材アフィリエイトでわずか3日で100本売り上げに成功! 2016年8月:テリー伊藤のマル金ライダー8に出演!(テレビ初出演) 2017年4月:サイトアフィリエイトで月収1000万達成。 2017年5月:サイトアフィリエイトで日収65万円達成。 いよいよ1500万越えもいけそうになってくる。 2017年10月:ついに年収1億円達成。

次の

アドセンスと楽天アフィリエイト、お勧めはどっち?広告収入で稼ぐ

アフィリエイト アドセンス どっち

アドセンスとアフィリエイトの併用は違反? アドセンスだけでなく、Amazonアソシエイト・A8. ネット・アクセストレードのような他社ASPの広告も同時に利用して収入を増やしたいと思う人は多いと思う。 このアドセンスと他社アフィリエイトの併用に関することはAdSenceのヘルプ「」に記述されていて、 「Google 以外の広告を Google の広告と一緒に表示する方法については、いくつかのが設けられています。 アフィリエイト リンクや制限付きのテキスト リンクは一緒にご利用いただけます」 ガイドラインの準拠していれば「アドセンスとアフィリエイトASPの併用は可能」と公式で記載されている。 このようにアドセンスとアフィリエイトの併用は可能で、アドセンスと他社広告を併用してサイトの収入を増やすことができる。 ただ、先日アドセンスとアフィリエイトの併用に関して、全く考慮していなかった注意点があることを知った。 アドセンスとアフィリエイトの併用に関する注意点 ASPのアクセストレートではアフィリエイト大学というコンテンツでアフィリエイターに向けたノウハウや最新情報のコラムが公開されている。 そのアフィリエイト大学の「」というコラムに盲点ともいえる注意点が書かれていた。 アクセストレード アクセストレードにログインしなくてもアクセスできる記事だったので記事の一部を引用すると、 「アフィリエイトをしているページ、とりわけ商品レビューのような記事がおおむね50%以上になると、 アカウントが停止になることがある」 このサイトはポイントサイトに関する記述が大半で元々アドセンスを貼ることはできない。 けれどこのサイトのように、ほとんどのページが紹介ページのようなサイトはアカウント停止になることがあるらしい。 サイトやブログでアフィリエイトをしていると売り上げを伸ばそうとしてアフィリエイトの記事が中心になってしまいがち。 他サイトでアドセンスと他社ASPを併用しているが、アフィリエイトありきのサイトにならないように気を付けようと思う。 なお、引用したアフィリエイト大学の記事を書いている河合大志さんは という著書がある。 アフィリエイトをするにあたってのノウハウや普遍的な考え方をかなり踏み込んで書かれている本。 何度も読み返せばアフィリエイトの基本的な考え方がわかるので、これからアフィリエイトをはじめようと思っている人、売り上げをさらに伸ばしたいと思っている人は一読の価値があると思う。 アドセンスが使用できない場合 このようにアドセンスのガイドラインに準拠しているならばアドセンスとアフィリエイトの併用は可能で、サイトの収益を大きく伸ばすことができる。 けれどこのサイトのようにアドセンスを利用できない場合、アドセンスの代わりにクリック保証型の他の広告ネットワークを利用すると思う。 利用したことない広告ネットワークのことを書くと意図せず誇大表現も入ってしまう可能性もあるので、使用経験のある 忍者アド・ i-mobileを比較したいと思う。 忍者アドの特徴 PV数2万弱のサイトで投稿ページの記事下にしか広告を貼っていなかったので報酬は多くないが、広告の配置を最適化すれば倍以上稼ぐことはできると思う。 クリック単価を考えるとアドセンスと比較することができないが、適性に広告を配置して運用すればPV数がある程度あるサイトなら収益を伸ばしてくれると思う。 管理画面も非常にわかりやすく直感的に操作できるので、初めてクリック保証型の広告を利用する人にも問題なく利用することができると思う。 忍者アドについて詳しくはこちらに書いています。 i-mobileの特徴 i-mobileは忍者アドと比較すると、クリック単価が多少高いようにも思える。 またどのような広告が配信されているのか、画像付で管理画面で確認できる。 管理画面でどのような広告が配信されているのかわかるので、この広告はサイトに相応しくないと思った場合に配信停止にすることができる。 i-mobileと忍者アドの比較 あくまで自サイトに関することだけど i-mobileの方が多少クリック単価が高いような気もする。 別々にPCとスマホ用の広告を設置する必要があるので、初心者には多少難しいかもしれない。 けれどPV数がそれほど多くないサイトならば忍者アドを利用したほうがいいと思う。 PV数がそれほど多くないサイトでは忍者アドの方がおすすめの理由 忍者アドは500円から収益を受け取ることができるが、i-mobileは3,000円からしか収益を受け取ることができない。 PV数が少ないサイトでは3,000円までなかなか到達しないと思う。 収益を増やそうとしたつもりが、いつまでたっても収益を受け取れず、逆にサイトを運営するモチベーションが下がってしまうかもしれない。 けれどクリック保証の広告は結局のところある程度のPV数がないと全く稼げないので、サイトを充実させてPV数を増やしていくしかないが(使命感)。 というわけで、忍者アドでは広告を適正に配置すれば月間PV数が1万程度あれば毎月収益を受け取れると思うので、それ程PV数がないならば忍者アドの方がおススメだと思う。

次の

物販とアドセンス、どっちがいいの?

アフィリエイト アドセンス どっち

アドセンスとは?アフィリエイトとは? そもそも 「アドセンスとは?」「アフィリエイトとは?」というところから説明していきます。 初耳の方もいらっしゃると思います。 なんせ私もブログを始めるまでは聞いたことありませんでしたから。 どちらにも共通することは、 「広告ビジネス」であることです。 つまり、広告主の商品やサービスを広告し、その対価として報酬を受け取る仕組みであるということです。 Googleアドセンス まず、アドセンスですね。 アドセンスの正式名称は 「Googleアドセンス」です。 みなさまご存知Googleは、広告によって収益を得ています。 Googleで何か検索してみると、いたるところに広告が出てきますよね。 アドセンスとは、この広告をあなたが運営するWEBサイトに貼ることができるシステムです。 そして、その広告がクリックされただけ報酬が受け取れます。 「クリック課金型広告」という言い方もします。 しかもびっくりすることに、サイト訪問者に最適な広告が自動で表示されるようになっているんですね。 とあるサイトに載っていた広告を1度クリックすると、別のサイトでも同じ広告が表示されていた 経験ありませんか? たとえば、とあるブログをみていると、こんな広告が表示されました。 「転職」と「マイカーリース」についての広告ですね。 これは、私が過去に別のサイトで「転職」と「マイカーリース」の広告をクリックしたことがあるから 表示されているんです。 これって、めちゃくちゃ効率的な宣伝方法ですよね。 車に興味ない人よりも、興味ある人に車の宣伝をした方が購買効果が高いに決まっていますから。 アフィリエイト 次にアフィリエイトです。 「affiliate」。 和訳すると「縁組する、加入させる」という意味です。 アフィリエイトを端的に言えば、 ネット上の媒体を使って、主に企業の商品やサービスを広告し、 その広告から商品・サービスが購入されたときに広告主から報酬が受け取れる仕組みです。 ネット上の媒体とは SNS、YouTube、メルマガ、そしてブログなどたくさんあります。 あなたが運営しているネット媒体で、広告主の商品・サービスを広告し、 サイト閲覧者を商品・サービスに アフィリエイトして購入してもらうんです。 サイト閲覧者が購入して初めて報酬が発生するので、 「成果報酬型広告」という言い方もします。 アドセンスのように載せる広告が自動表示されるワケではないので、 自分自身で販売する商品・サービスを選ばなければなりません。 といっても、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)という アフィリエイト用の商品・サービスを斡旋するプロバイダが あるので、 そちらからお好きなものを 選べばいいだけなんです。 アドセンスの特徴 アドセンスの特徴をメリット、デメリットに沿って説明していきます。 アドセンスのメリット まずメリットですが、何といってもクリック課金広告なので、 クリックされた時点ですぐに報酬が発生する点です。 つまり、売り上げが立ちやすいのがアドセンスの魅力なんですね。 また、先ほど説明したように サイト閲覧者に最適な広告を自動表示してくれることもメリットです。 サイトへのアクセス数を稼ぐことだけに集中していれば、自ずと閲覧者が広告をクリックしてくれるワケですね。 【メリット】• 売り上げが立ちやすい• 広告が自動表示される アドセンスのデメリット 反対にデメリットは何でしょう。 まず、 報酬単価が低い点です。 サイトのジャンルや表示広告により単価は変動しますが、 1クリック=30~90円ほどが相場です。 アクセス数を増やせなければ、高い報酬額は望めないということですね。 あのプロブロガーのイケハヤさんが、 自身のアドセンス収益実績から収益早見表なるものを作成し、公開しています。 ikedahayato. html PVというのは「ページビュー」という意味 です。 サイトの閲覧者数のことです。 これによれば、アドセンスで月5万円を稼ごうとすると、20万PVほど必要とあります。 あくまで目安ですが、 20万人がアクセスして、ようやく5万円になるワケですね。 しかも、インフルエンサーのイケハヤさんでこの実績ですから、素人の我々はいかほどに・・・ - -; そして、 「審査」がある点も忘れてはいけません。 アドセンス広告を有効化するためにはGoogle側で審査があるんです。 広告主が求める条件に合うWEBサイトなのかを判断するためですね。 広告タグ自体はすぐに貼ることができますが、そこから自動的に審査が始まり、 合格後に初めてクリック報酬が有効化されます。 アドセンスの審査受からない😓 価値の低い広告枠に悩まされる。 記事の内容が薄いのと独自性がないってことかな? 記事少なくして内容を濃くしてみます。 — アッシュ VISA積立 AshTsumitate そして、 「広告停止のリスク」がある点も見逃せません。 ある日突然、Googleから 「お客様のアカウントは強制停止されています」という警告メールが来るんです。 これは何かというと、アドセンスのプログラムポリシーに違反しているから 広告を停止しましたと 通告しているワケですが・・・ 問題なのは、なぜ停止されたかが分からないってことなんです。 「〇〇な理由で停止しました」・・・なんてご丁寧な説明はありません。 これも審査同様、自分で問題点を推測・分析して、対策を講じなければいけないんですね。 警告もなく広告も表示されているのに、どこを探しても記事が表示されなかったり、 ブログそのものが検索結果に表示されなくなる場合もあるんです。 最悪の場合、アドセンスアカウントの剥奪もあるようです・・・ - -; たまたまたアドセンスの管理画面見たら、1サイトに対して警告&広告停止のお知らせが昨日来てたっぽい。 Googleの警告って、やだねーーー。 そして、月末にGoogleに給料を振り込んでもらう。 アカウント停止という突然の 解雇に日々ビクビクしている。 これでは会社や上司と同じ。 自分のコンテンツ販売をして行こう! — 家康@WEBライター養成専門家 takanamu123 最後に、「サードパーティcookieの規制」がある点です。 詳しくはこちらの記事を見てもらえればと思いますが・・・ 簡単に説明すると、アドセンスのメリットである「広告の自動表示」が徐々に使えなくなってしまうということなんです! そして、2022年までにはなんと完全に使えなくなります! 【デメリット】• 報酬単価が低い• 広告停止のリスク• サードパーティcookie規制 アフィリエイトの特徴 次に、アフィリエイトの特徴を メリット、デメリットに沿って説明していきます。 アフィリエイトのメリット まず、報酬単価が高い点が挙げられます。 アフィリエイトする商品・サービスにもよりますが、 高額商品であれば1回の成約で数万円単位の報酬を得ることも可能です。 なので、アフィリエイトの場合PVはあまり重要ではありません。 これもメリットですね。 アドセンスはアクセス数に比例して報酬額が増えるためPVが全てですが、 アフィリエイトはどれだけ閲覧されていても商品・サービスが購入されなければ報酬はゼロなんですね。 アクセスが多いにもかかわらず成約が無いケースもあれば、それほどアクセスが無いのに 成約するケースもある のでPVは参考にはならないんですね。 ズバリそこまで稼げないんです。 先ほども説明したとおり、アクセス数を増やせなければ収益は雀の涙です。 クリック単価=30~90円ほどですからね。 そのためには、単純に記事を量産しなければなりません。 量産するためには執筆スピードも必要です。 「量とスピード」が求められる典型的な労働集約型ビジネスと言えます。 昨日のアドセンス。 なんか日に日に落ちててしんどいですね! 連日4桁出してた頃が懐かしい。。 PVも先週の5〜6割といった感じ。 でもそこでめげずに頑張ってほしいです。 勿体ないので! — てぃーけー ブログ11年目 blotomotk みなさん日々頑張ってもこんな状況が現実なんです。 執筆だけで忙殺されてしまうんですね。 雑記記事とは様々なジャンル(例:医療+投資+ダイエットなど)の記事を言います。 1つのジャンルに絞る「特化記事」ではなく、様々なジャンルを扱うことで ネタが尽きることを回避しようとするワケです。 ただ、これはSEOの「専門性を評価する」という観点からよろしくないんですね。 多ジャンルであれば当然、記事の専門性は薄れますから。 つまり、検索エンジンの上位に表示されづらい傾向にあるんです。 なので、量産してもなかなかアクセス数に繋がらないという負のスパイラルに陥ってしまいます。 「自分の好きなことを書くだけでお金になる」 そんな甘い誘いに乗って、多くの初心者がこのアドセンスに挑戦するのですが、 こういった点を踏まえて始めてほしいと思います。 実は私もうかつに手を出してしまった1人なんです。 結果は言うまでもなく惨敗でした。 わざわざ、アドセンスのノウハウを学ぶ情報商材まで買ってしまいましたからw ただし!それを逆手にとって、 自分 のアドセンスでの実績をノウハウコンテンツとして販売することもでき ます! ただし、月数十万円は稼げるようにならないと 購入するメリットが無いと思われますので、その覚悟は必要です。 アフィリエイトはどんな人におすすめ? アフィリエイトはどんな人におすすめか? ずばり、稼ぎたい人に向いていると言えます。 収益が発生するまでに数か月は要しますが、単価が高いので高額報酬が望めます。 さきほど、デメリットとしてセールス(営業)が必要と説明しましたが、 実は適切な運用方法が既に確立しているんです。 難しい戦略やサイト構築力みたいなものは必要ありません。 むしろ、独学で始めてしまった方がリスクがあります。 私にはアフィリエイトのメンターがいるのですが、その方のノウハウを実践したおかげで 月30万円を安定して稼げるようになりました。 しかも、週に1~2記事の執筆スピードで、土日は家族との時間をがっつりと確保しながら継続できています。 知識集約型ビジネスですね。 費用対効果抜群です。 正しい運用方法を実践すれば私のようなネットど素人でも再現性があるビジネスなんです。 そうは言っても不安ですよね - -; 本業で扱うワードやエクセル程度のPCスキルと、上司からメール文章を酷評されまくる私でも できるのかと 始めた当初は不安でした。 読者が読んで分かりやすい構成になっているかということです。 ぜひ、書籍を参考にしてみてください。 タイトルで目を引いて、目次があり、見出しがあり、最初に読者に投げかけた疑問を きちんと記事の中で回収できているか、などなど。 そういった文章構成テンプレートを守れば、たとえ拙い文章でも理解しやすい文章になるんですね。 私がメンターから教わった重要なノウハウの1つです。 そして、アドセンスは記事が消費されていきますが、 アフィリエイトは記事が 資産として積み上がり、時間はかかりますが実った時に大きな収益を生んでくれます。 商品・サービスを購入するような導線を記事に含めておくことで、 記事が積み重なれば積み重なるほどに、購買意欲が増す構造になっているからなんですね。 そのため、「資産」になるワケです。 まとめ 今回は 「アドセンスとアフィリエイト、結局どっちが稼げるの?」というテーマについて お話ししてきましたが、いかがだったでしょうか。 【まとめ】アドセンスとアフィリエイト、結局どっちが稼げるの?• 高額収益を得たい方はアフィリエイト• 月1万円程度稼ぎたい方はアドセンス• アフィリエイトは知識集約型ビジネス、少ない労力で大きな利益を得ることができる• アドセンスは労働集約型ビジネス、労力が必要な割に大きな利益は出しにくい あなたの目的に合わせて選んでいただくのがいいかと思います。 私はアフィリエイトを1年間以上実践しています。 週1~2記事の更新で、アクセス100PVにも満たず、30万円の安定収入を得ることに成功しています。 私は、忙しい本業の合間に無理せず副収入を得ることが目的だったので、 少ない労力で大きな収入を得られる知識集約型のアフィリエイトはまさに理想のビジネスと言えます。 じっくり選んでみてくださいね。 私は忙しい本業の傍ら、副業としてブログを運営して早1年が経ちます。 今では、安定して毎月30万円の副収入を得ています。 サラリーマンにとって、月にプラスで30万円入ることがどれほど素晴らしいことなのか・・・実感しています! 私のブログ運営のモットーは「堅実的に副収入を得る」です! 家族を持つサラリーマンにとって、副業は低リスクで効率的に稼げる=堅実的であることが必須条件だからです。 多くの方は、ブログは毎日更新が必須で、記事のネタを探すのも一苦労だと思っていますが、私の取り組むブログは少し違います。 平日は寝る前の2時間を使って、週1~2記事の更新頻度で執筆、土日は家族との時間をばっちり確保できていますし、記事のネタも血眼になって探す必要はありません。 なんせ、そのやり方でないと本業に支障をきたしてしまうので・・・ - -; そもそも、私がブログを始めた理由は・・・.

次の