お歳暮 誰 に 送る。 お中元は誰に贈るのがマナー?渡す人の範囲や贈る意味合い

お歳暮は誰に送るか?いつからいつまで?何を贈ると喜ばれる?

お歳暮 誰 に 送る

記事内容(項目をクリックすると飛べます)• お中元はなぜ贈るの?その意味合いは? 元々道教では、中元は人間贖罪の日として、一日中火を焚いて神を祝う風習があった。 のちには、死者の罪を赦すことを願う日となった。 中国仏教ではこの日に、祖先の霊を供養する盂蘭盆会(うらぼんえ)を催す。 中元と盂蘭盆会は習合し一体化している。 日本ではこれがお盆の行事となり、さらに、目上の人やお世話になった人等に贈り物をするお中元が派生した。 (ウィキペディア…「三元」の項目より引用) お中元は、現在で言うと普段お世話になっている人に対して渡す感謝の意味合いがあります。 「お世話になった」というよりも、 お中元は1回でなく毎年贈るものなので、 「これからもお世話になります」という意味を込めて渡します。 一期一会でお世話になった相手には、お中元でなく「御礼」として品物をお渡しするのが一般的です。 お中元は誰に贈る?その範囲は? 普段からお世話になっている、となると、分類できるのは、• 身内関係の人(両親、義両親、親戚、兄弟など)• 会社関係の人(上司、取引先など)• お世話になっている人(友人、知人、恩師、習い事の先生など) これらが主な送り先かなと思います。 ただ、ポイントとしては虚礼(表面ばかりで、本当の意味での感謝や誠意を伴わない礼儀)になってはいけないのです。 親戚関係だと、どうしても若干義務的に送っている場合もあるとは思うのですが、個人的には 「常に感謝の気持ちを表したいと思えるかどうか」が贈る相手を選ぶポイントだと思います。 ただし、公務員は利害関係者からお中元を受け取れませんし、近頃では会社によってお中元を禁止する所も増えてきているようです。 なので確認はしておいてくださいね。 なお、実家や義実家、両親同士で贈る必要性についてはこちらのページをご覧になってみてください。

次の

お中元・お歳暮は誰に贈るの??

お歳暮 誰 に 送る

家庭を持って自立したら考えたいマナー、「お歳暮」を贈るべき相手は? 核家族化が進み、新婚カップルだけの家庭が増えるにしたがって「冠婚葬祭」や 「季節」に関する行事やマナーへの関心が薄くなっています。 しかし、年末に感謝の意を表す「お歳暮」は気持ちから行うこともあり、 まだまだ根強い習慣です。 では、あなたが家庭を持って独立したら、どんな人にお歳暮を贈るべきでしょうか? アンケートデータバンクでは 「お歳暮を誰に贈っていますか?」 についてリサーチをしました。 (回答数は901件、うち女性568件・男性333件) 自分や家族を取り巻く人たちを思い浮かべて、贈り相手を選ぶ参考にしてください。 離れて暮らす両親や、義父母へ思いやりを届けたい・・・1位は「親」 最近は同居をせずに、夫婦で新しい家庭を築くことが増えました。 共働きで忙しいカップルも多いことでしょう。 そんな背景もあってか、お歳暮を贈る先として「親」を挙げた回答が 1位(38. 0%)となりました。 「女手ひとつで育ててくれた感謝を込めて、毎年母に贈っています。 母の喜ぶものは何だろうと考えるのは毎年の楽しみの一つですね」(20代・女性) 「妻の実家です。 私の父母はもう他界しています。 喜んで受け取っていただける 嬉しさを感じつつ、毎回悩みながらですが選んでいますね」(50代・男性) と、義務感からではなく思いやりをこめて贈っている人が多いようです。 また、年末年始は里帰りや訪問の機会でもあります。 「親だけに持って行きます。 年末に顔見せしながら」(50代・女性) 「実家の両親と旦那の義母へ送っています。 義母は家が近いので、 食べ物を持って行きお酒を飲みながら一緒に食べます」(20代・女性) 両親・義父母に一番喜ばれるのは、お歳暮以上に"元気な顔を見せる"ことなのかも しれませんね。 2位は「親戚」、あなたは何人の親戚と深くお付き合いしていますか? 年間を通じて会う機会がある、両親以外の親戚が何人ぐらいいますか? 結婚相手の兄弟家族、自分の叔父さん・叔母さん、お互いの祖父母など・・・ 今どき親戚づきあいなんて古いと思うかもしれませんが、冠婚葬祭の機会を通じて 助け合う機会もあるはず。 お歳暮を贈る相手を「親戚」とした回答が2位(18. 6%)でした。 「父方の慣例で、必ず親族同士では贈り合います」(30代・男性) 「主人の親類には送っています。 もう少しお給料が上がったら、 友人や私の親類にも送りたいです」(30代・女性) このように、しきたりや体面を重んじる親戚を優先して贈るケースも。 配偶者の親戚たちがお歳暮を贈りあっているかどうかを、さりげなく聞いておくと いいでしょう。 「叔母です。 子供を時々預けることがあるので」(30代・女性) 「身内に送っています。 特に祖母には、元気でいてほしいという願いをこめて 『おいしくて新鮮なもの』を送るように心がけています!」(20代・女性) 感謝や思いをこめたお歳暮は、もらった相手も嬉しくなると思います。 特に祖父母は、いつまで経っても孫が可愛いもの。 積極的に贈ってみてはいかがでしょうか? サラリーマンは3位「会社関係」、自営業者は6位「取引先関係」をチェック! 「最近までは会社の上司にも贈っていましたが、コンプライアンスが厳しくなり やめました」(60代・男性) かつてはマナーとして定着していた上司へのお歳暮ですが、 近年は「コンプライアンス(法令遵守)」の名の下に、廃止する会社が出てきているようです。 それでも送り先として「会社関係」は3位(15. 3%)に入りました。 必ずしも現在の仕事に関係がある人ではなく、過去の上司に贈るケースもあるようです。 「主人が入社当時お世話になった上司の方へ、毎年2回送っています。 定年退職されていますが今でもお付き合いさせていただいており、お酒が 大好きな方なので日本酒をお送りしています」(30代・女性) 「地方勤務時代に、実の親のように親身になって私を教育してくれた上司。 その方のおかげで今の自分があり、年に1回くらいは感謝の気持ちを 表現したいという想いから毎年贈っています」(30代・男性) と言った、心温まるコメントがありました。 過去の感謝の気持ちを表す機会として、お歳暮をとらえているのが素敵ですね。 一方、自営業の人にとっては、営業先や仕入先などは重要な相手。 「取引先関係」にお歳暮を贈るという回答は、6位(4. 9%)。 「税理士と店舗の大家」(40代・男性) 「請負先と顧問税理士さんです」(30代・女性) と、スムーズに仕事を続ける上で必要な人に贈る傾向があるようです。 中小企業などでは、大口の得意先に会社から贈る・もらうケースも。 もし社内でお歳暮の担当になったら、送り状やお礼の仕方についてのマナーを 勉強しておきましょう。 4位は「お世話になった方」5位は「友人」・・・今年は誰に贈りますか? お歳暮の基本は「今年一年の感謝を表す」こと。 家族や親戚はともかく、その年によって「お礼を言いたい相手」に変化があるのは 当然です。 4位は「お世話になった方」(5. 4%)。 「その年に一番お世話になった方へ」(30代・女性) 「本当に心から自分がお世話になった、と思える人」(30代・男性) 結婚・就職・転居などに伴って、人間関係に変化があった年は「お世話になった人」が 増えたり減ったりしているもの。 ぜひ、この1年を振り返ってみてください。 意外と多かったのが5位に入った「友人」(4. 7%) 「付き合いの長い友達」(20代・男性) 「人生の恩人と言える友人に」(70代・男性) と、儀礼的なものではなく消息を知らせる機会として用いられているようです。 人間関係は努力しないと続かない一面あります。 本当に大切な友人と、お歳暮という形で縁をつなぎ続けるのもいいものですね。 その他「仲人」「恩師」「習い事の先生」など、感謝したい人を数えてみよう 回答を整理すると 1位 「親」 38. 0%、 2位 「親戚」 18. 6%、 3位 「会社関係」 15. 3%、 4位 「お世話になった方」 5. 4%、 5位 「友人」 4. 7% となりました。 その他、少数意見では 「仲人さん。 すでに『死語』になりつつありますね」(30代・女性) 「26年お世話になった、書道の先生」(30代・女性) 「以前に大手術をし、命が助かりました。 その手術を執刀していただいた先生に、 毎冬送っております」(60代・男性) 「子どもの塾の先生」(30代・男性) など、それぞれに感謝を表したい人に贈っているという回答がありました。 人間関係が薄くなっていく現代だからこそ、見直したい「お歳暮」の習慣。 データは、Microsoft Office Excel2003で作成されております。 エクセルデータ内には、データ概要、簡単な集計結果、 分類された自由回答内容の3シートをこちらでご用意させて頂いております。 データの価格は、主にご購入者様でも改めて自由に集計できる自由回答部分に対してとなりますので、 ご購入の際には、予めご了承お願い致します。 データの内容は、ご購入後も予告無く更新される場合がございます。 その場合のご連絡、交換は致しかねますのでご了承ください。 アンケートデータの著作権、その他の権利はアンケートデータバンクに 帰属しております。 enquete-data-bank. リンクの例) アンケートデータバンク なお、リンクのご連絡は不要です。 お支払は、クレジットカード(Visa,Master,JCB 、または銀行振込みが可能です。 お支払がクレジットカードの場合は、決済続き後にダウンロード可能です。 銀行振込みの場合は入金確認後、メールにてダウンロードのアドレスを お届けします。 通常3営業日ほど掛かります。 領収書の発行は、致しておりませんので予めご了承ください。 商品の性質上、返品はお受け致しかねます。 データ表示できない等の場合は、連絡メール先までご連絡ください。 再度お送りさせていただきます。

次の

お中元とお歳暮の違いと意味とは? 基礎知識やマナーを知って感謝を伝えよう|いいもの探訪 JR東海

お歳暮 誰 に 送る

お中元とお歳暮の違いと意味とは? 基礎知識やマナーを知って感謝を伝えよう お中元とお歳暮は共に、お世話になった方へ日頃の感謝を伝えるために贈り物をする風習です。 贈る目的が同じであるため、お中元とお歳暮の違いがよく分からない方も多いことでしょう。 起源や相場など、お中元とお歳暮には多くの違いがあります。 贈る時期も異なるため、両方贈るべきか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、お中元とお歳暮の違いを明らかにし、それぞれの基礎知識やマナーについても解説していきます。 お中元とお歳暮について正しく理解し、相手に失礼がないように感謝を伝えましょう。 お中元とお歳暮の違い お中元とお歳暮の主な違いは、起源、贈る時期、金額の3つです。 お中元とお歳暮、それぞれの風習が生まれた背景や贈る時期の違い、金額の違いについて詳しく解説します。 ・起源(由来) お中元は中国由来の文化です。 中国の暦では1月15日は上元、7月15日は中元、10月15日は下元というように3つに分けており、中元に当たる7月15日は贖罪の日とされていました。 中国における「中元」は、日本で言う「盆」に当たります。 日本では中元の風習が仏教の風習と混ざることで贈り物を贈り合うものへと変化していき、現在では日頃お世話になっている方や上司など目上の方への感謝の気持ちを伝える習慣として、「お中元」が定着しています。 お歳暮については、日本古来の風習が起源と言われています。 もともとお歳暮は、年の暮れに行われる先祖を祀るための行事、「御霊祭」におけるお供え物として贈られていました。 その後、分家した人や嫁いだ人などが年の締めくくりに親族を中心に品物を贈っていましたが、時代とともに、日頃お世話になった方に一年の感謝を伝える贈り物をする行事として定着しました。 前述したようにお中元は夏場、お歳暮は年末に贈るものです。 感謝を伝える贈り物という点ではどちらも同じですが、お中元は上半期の、お歳暮は一年を通しての感謝を伝える贈り物とされているため、お歳暮のほうが重視される傾向にあります。 ・時期 お中元とお歳暮は、贈る時期にも違いがあります。 それぞれ東日本と西日本など地域によって時期がずれるため、贈る際は相手の住む地域にも注意する必要があります。 お中元は一般的に、関東では7月初旬〜7月15日まで、関西では7月中旬〜8月15日までに贈ります。 ただし北陸、九州、沖縄はお中元の時期が特殊なため、贈る際は注意しましょう。 お歳暮は、お正月事始めの日である12月13日から12月20日までに贈るのが一般的ですが、お中元と同じく地域差があるため注意が必要です。 近年はお歳暮を贈る時期が早まってきており、11月末に贈る方もいらっしゃいます。 ただし、お正月用品として魚のような生鮮食品を贈る場合は、できるだけお正月に近い日に届くようにした方がよいでしょう。 お中元とお歳暮の詳しい時期は、以下の表をご覧ください。 お中元 お歳暮 北海道 7月15日から 8月15日まで 12月13日から 12月20日 東北・関東 7月初旬から 7月15日まで 東北は12月13日から25日頃、 関東は12月初旬から12月31日 北陸 北海道と同じ地区、 関東と同じ地区に分かれる 12月13日から 12月20日 東海・関西・ 中国・四国 7月中旬から 8月15日まで 東海・中国・四国は12月13日から25日頃、 関西は12月13日から12月31日 九州 8月1日から 8月15日 12月13日から 12月20日 沖縄 旧暦の7月15日前後 (8月中旬〜9月初旬頃) 12月13日から 12月20日 ・金額 お中元は半年間の感謝を伝えて下半期の健康を祈るもので、お歳暮は1年間の感謝を伝える贈り物です。 そのため、お歳暮はお中元より相場が高く、2〜3割高めの贈り物が選ばれる傾向にあります。 お中元の金額の相場は贈る相手によっても違いがあり、親戚や知人は3,000円程度、仲人や上司は5,000円程度と言われていますが、特別お世話になっている方に対しては相場よりも若干高価な贈り物をされる方が多いです。 お中元・お歳暮の基礎知識やマナー お中元とお歳暮は、お世話になった方へ感謝を伝える大切な習慣です。 基礎的な知識やマナーができていないと失礼にあたることもあるため、まずお中元とお歳暮について正しい理解が必要になります。 贈る際のマナーだけではなく、喪中の場合や贈る時期を逃してしまった場合の対処法なども解説しますので、ぜひ参考にしてください。 ・お中元とお歳暮は両方贈るべき? お中元とお歳暮は両方贈ることが一般的ですが、必ずしも両方贈らなければいけないわけではありません。 予算の都合などで両方を贈るのが難しいような場合は、一年間の感謝の気持ちを表すお歳暮を贈りましょう。 両方を贈る場合は金額の項で紹介したように、お中元よりもお歳暮の方が2〜3割ほど高くなるように品物を選ぶのがマナーです。 ・贈るときは続けて贈ることを前提に お中元とお歳暮は、毎年感謝を伝えることを前提に贈り続けるものです。 一度きりの感謝ではないため、これから長く付き合う方や感謝を伝え続けたい方であるか、贈ることが相手にとって負担にならないかなど、さまざまなことを考慮した上で贈ることを決める必要があります。 疎遠になりつつあるなどの理由でお中元やお歳暮を贈るのをやめたいという気持ちになることも考えられますが、突然贈るのをやめてしまうと、相手に心配をかけてしまったり失礼にあたったりします。 両方贈っていたものをお歳暮だけ、年賀状だけなど、段階的にやめていくことがマナーです。 ・喪中や時期を過ぎてしまった場合は? お中元やお歳暮は、贈る側と受け取る側どちらかが喪中でも贈って良いものとされています。 ただし、のし紙や時期に配慮してお中元やお歳暮を贈る必要があります。 喪中の相手に贈る際は、家の整理や気持ちの整理など遺族にとって負担のかかる時期である四十九日を避けるようにしましょう。 お中元やお歳暮ののし紙に使われる慶事を表す紅白の水引は避け、白無地の奉書紙と黒白の水引を使うといった配慮も必要です。 また前述したようにお中元とお歳暮は贈る時期が決まっていますが、やむを得ない事情で時期を過ぎてしまうことも考えられます。 もし時期を過ぎてしまった場合は、以下のようにのし紙の表書きを変えて贈ることもできます。 お中元やお歳暮を受け取ったら、日頃の感謝の気持ちを込めてなるべく早く先方にお礼状を書きましょう。 お礼状には、季節に合わせた時候のご挨拶や贈り物に対するお礼、これからの活躍を願う言葉などを書くのが一般的です。 また、基本的にはお中元やお歳暮のお返しは不要です。 お返しをすると相手にかえって気を遣わせてしまうことも考えられるため、お礼状を出すことで感謝を伝えましょう。 どうしても品物でお返しをしたいという場合は、暑中見舞いや残暑見舞いという形で時期をずらし、相手の負担にならないように贈る方法もあります。 お中元やお歳暮で人気の品物とは? お中元は夏、お歳暮は年末に贈るため、季節に合わせた品物を選ぶのがおすすめです。 お中元とお歳暮、それぞれの時期に人気がある品物をご紹介します。 ・お中元で人気の品物 お中元を贈る7月〜8月は夏本番であるため、以下のような暑い夏を涼しくしてくれる品物や日持ちするものが人気です。 ・アイスクリーム ・ゼリー ・フルーツ(メロン・スイカなど) ・そうめん、そば、うどん ・ビール お酒に合わせておつまみを贈ったり、飲料に合わせてグラスを贈ったりすると、より喜ばれるお中元となるでしょう。 ・お歳暮で人気の品物 お歳暮は1年のしめくくりとなる時期に贈るため、相手が家族で楽しむことができる以下のような品物が人気です。 ・鍋セット ・魚の干物セット ・ハムやソーセージ ・海鮮 ・お酒 家族で囲める食べものだけでなく、お正月の料理に使える食材もおすすめです。 お中元やお歳暮には感謝が伝わる贈り物を お中元とお歳暮は、お世話になった方へ感謝を伝える大切な行事です。 これまでの感謝の気持ちや相手の健康を祈る風習であり、人間関係を深める機会でもありますが、基礎知識やマナーが守られていなければ相手に感謝が伝わらないかもしれません。 お中元とお歳暮の違いやそれぞれの基礎知識、マナーをおさえて贈り物をすることで、気持ちをより伝えることができるでしょう。 日頃の感謝を伝える機会ですので、個人やビジネスでお世話になった方を思って、相手に喜ばれる贈り物を選びましょう。

次の