斎藤 利 三。 斎藤利三 墓所|ガイドブックに載らない京都

戦国武将・斎藤利三 | 世界人物館

斎藤 利 三

斎藤竜興 さいとう-たつおき は、 の1548年生まれで、幼名は喜太郎。 父は美濃の 主・ の子 で、母は浅井亮政の娘・近江局 近江の方 と言うのが有力 の姉とも叔母とも? で、だが、従来は庶子の子とする説が主流だった。 斎藤道三を殺害した父・斎藤義龍が、1561年5月11日に急死 享年35 すると、14歳の斎藤龍興があとを継いだ。 1560年に を で破った は、2日後の5月13日には美濃へ出陣し、5月14日には森部の戦いとなった。 重臣・長井利房 長井衛安、長井甲斐守 、日比野清実 日比野下野守 、神戸将監らが討死し、 が織田勢に奪われたが、5月23日には反撃し、 の十面埋伏の陣で を破るなどして、 主・織田信清の弟を討ち取るなどし、稲葉山城に織田勢を寄せ付けなかった。 織田勢の犬山城主・織田信清が、斎藤龍興に寝返るなど好転もあったが、一癖も二癖もある美濃の国人衆を、若年の斎藤龍興が束ねられる訳もなく、知略ある竹中半兵衛 竹中重治 を重用せず、評判の悪い斎藤飛騨守の重用するなど家臣の信頼を得られず、 ・ ・堀秀重・ ・ らが離反。 1562年には、有力家臣であった 主・ も病没した。 それでも、斎藤龍興は酒色に溺れて政務を顧みようとせず、一部の側近だけを重用した為、美濃三人衆や竹中重治らに愛想を尽かされ、1564年2月、竹中半兵衛と弟・ や、舅・ らが斎藤龍興の居城・稲葉山城 後の をわずか16人 17人説も で乗っ取っり、斎藤飛騨守を殺害する事件が起こる。 驚いた斎藤龍興は鵜飼山城、さらに祐向山城に逃走。 織田信長は竹中半兵衛 竹中重治 の稲葉山城奪取を知ると、美濃半分を与えると言い、稲葉山城を引き渡すよう要求した。 しかし、竹中半兵衛はあくまでも主君に目を覚ましてもらうための行動だとして、8月には稲葉山城を斎藤龍興に返還した。 その間、織田信長は、近江国の浅井長政に を娶らせ同盟を結び、 の混乱に乗じて、寝返っていた犬山城主・織田信清を攻めて陥落させ、ついに織田信長は尾張を統一。 その後、斎藤家は衰退の一途を辿り、市橋氏・丸毛氏・高木氏などが織田氏に通じた他、1565年には、 の調略で加治田城主・ 佐藤紀伊守 が織田家に寝返り、加治田城を攻撃してきた堂洞城主・ を討ち、同じく織田家に寝返った斎藤利治により関城主・ も敗れて敗走し、宇留摩城主・大沢基康も織田家に降ると、いよいよ斎藤龍興は織田信長に追い込まれる。 の仲介で一旦和睦するも斎藤龍興は破棄して、美濃河野島で織田信長勢を1566年閏8月8日急襲したがこれが最後の勝利となった。 1566年9月、当時、足軽頭になっていた が川並衆の や前野長康らの協力を得て墨俣に築城することに成功。 1567年8月1日、ついに西美濃三人衆の や 、安藤守就らが織田信長に内応を約束すると、すぐに織田信長は稲葉山城攻めを開始して9月に包囲。 この時、織田信長勢は、斎藤家臣の旗印を立てるなどして背後に廻り込むなどし、討って出ていた斎藤龍興が「これは敵か味方か?」と戸惑っているうちに挟み撃ちされ、斎藤龍興 20歳 は を船で下り、北伊勢の長島へと逃走すると、遂に稲葉山城は織田信長 33歳 によって陥落した。 斎藤龍興は、 に長井道利と共に協力し、織田信長に対して抵抗活動を続けたが、1569年、伊勢から畿内へ移ると三好三人衆 三好長逸、 、岩成友通 と結託し、織田信長が擁立した室町幕府第15代将軍・足利義昭を襲撃するも敗退している 本圀寺の変、六条合戦。 1570年8月には、三好康長・安宅信康・ や 法主・ らとともに三好三人衆の籠城を支援 ・福島城の戦い した。 斎藤龍興は伊勢長島や三好三人衆の元へと身を寄せるうち、キリスト教に興味を持ち、 からキリスト教の宗儀・世界の創造などについて非常に興味を示している。 ルイス・フロイスは著書「日本史」において、斎藤龍興の事を「非常に有能で思慮深い」と記載している。

次の

斎藤利堯

斎藤 利 三

明智光秀の重鎮 斎藤利三 先日紹介した「たてかわ桜」は「春日局」が植えたと伝わります。 「春日局」と言えば、江戸幕府の第3代将軍「徳川家光」の乳母となり権勢を誇った人ですね。 その父「斎藤内蔵介利三」の菩提を弔うという意味で植えた「たてかわ桜」ですが、その接ぎ木が「真如堂」で今もきれいな花を咲かせています。 「斎藤利三」は「明智光秀」に重用され「明智秀満」と並ぶ明智氏の筆頭家老として用いられた人です。 「光秀」の丹波平定後は1万石を与えられて、丹波「黒井城」主となり、氷上郡を統治しました。 「斎藤利三」は実兄の「石谷頼辰」や「明智光秀」と同様に幕府の奉公衆の出身で、最初は摂津国の「松山新介」に仕え、次に「斎藤義龍」に仕え、後に「稲葉良通(よしみち:一鉄)」が「織田信長」へ寝返ると、それに従いって稲葉氏の家臣となりました。 しかし後には「稲葉良通」とも喧嘩別れして、最後は「明智光秀」との縁戚関係から光秀に仕えるようになりました。 ほんとにまぁ、次々と主を変えていますね。 前室は「斎藤道三」の娘だったそうですが、裏付けはありません。 後室は「稲葉良通」の娘で、「斎藤利宗」「斎藤三存」、それに末娘の「福(春日局)」らを産んでいます。 その「利三」も「本能寺の変」の後、羽柴秀吉との山崎の戦いでは先鋒として活躍しましたが敗れて逃走してしまいます。 近江堅田で捕縛された「利三」は六条河原で斬首となってしまいました。 「秀吉」の命で、「利三」の首もしくは胴体は「光秀」とともに「本能寺」に晒されたのですが、彼と親交の深かった絵師の「海北友松(かいほうゆうしょう)」が槍を振って侵入し、晒されていた「利三」の首を奪い取って「真如堂」に葬りました。 その「利三」のお墓に参りましょう。 例によって、京都市バス「真如堂前」で下車して、東参道から「真如堂」に入ります。 「本堂」の南側に「たてかわ桜」があります。 たてかわ桜の近くに「利三」の墓の案内札があります。 土塀の向こう側は墓地ですね。 真っすぐ進みます。 真っ直ぐ、真っ直ぐ進んで、だいぶんと奥の方ですが、お墓の前に案内札が立っています。 「斎藤利三 海北友松 墓碑」とよくわかるように案内されています。 これが「斎藤利三」のお墓です。 こちらが「海北友松」のお墓です。 今来た道を振り返ります。 「本堂」です。 こちらは西の方に続く道です。 たくさんのお墓があります。 私は東の方に向かって墓地を出ます。 親友とはいえ謀反人となった「斎藤利三」の首を奪還した「海北友松」の男気には脱帽です。 戦国の世に、こんな親交が持てる親友がいたというのはとってもうらやましい限りです。 そして「本能寺の変」に関しては、否定的であったとの説と、「利三」こそが企てたというような説もありますが、さて真実はいったいどうなのでしょうか。 2020年の大河ドラマ「麒麟が来る」では「明智光秀」が主人公ですが、「本能寺の変」を起こすに至った経緯がどのように語られるのかにとっても興味があります。 楽しみですね。 アクセス• 京都市バス「真如堂前」下車、徒歩10分.

次の

斎藤利三

斎藤 利 三

タグ 聖徳太子 5分で知る偉人! 坂本龍馬 5分で知る偉人! 名言 フリーメイソン トーマス・グラバー 紫式部 清少納言 藤原道長 織田信長 家紋 武田信玄 上杉謙信 濃姫 福沢諭吉 千利休 一休さん 一休宗純 西郷隆盛 近藤勇 徳川家康 豊臣秀吉 徳川光圀 水戸黄門 土方歳三 新選組 明智光秀 本能寺の変 宮本武蔵 巌流島の戦い 佐々木小次郎 真田幸村 小野小町 ねね 細川ガラシャ お市の方 まつ 芳春院 浅井長政 芥川龍之介 夏目漱石 茶々 淀殿 初 江 石田三成 井伊直弼 和宮 北条政子 卑弥呼 東郷平八郎 天武天皇 中大兄皇子 天智天皇 蘇我入鹿 持統天皇 推古天皇 聖武天皇 中臣鎌足 大化の改新 源頼朝 源義経 勝海舟 高杉晋作 北条早雲 北条時宗 直江兼続 小野妹子 足利尊氏 室町幕府 後醍醐天皇 足利義満 伊達政宗 フランシスコ・ザビエル 井伊直政 島津義弘 毛利輝元 細川忠興 前田利家 保科正之 島左近 竹中半兵衛 黒田官兵衛 加藤清正 毛利元就 上杉景勝 新田義貞 二宮尊徳 二宮金次郎 斎藤道三 司馬遼太郎 本居宣長 豊臣秀頼 塙保己一 ヘレンケラー 徳川綱吉 徳川吉宗 大石良雄 天草四郎 大塩平八郎 小林一茶 新井白石 春日局 支倉常長 シーボルト 楠本イネ 黒田長政 親鸞 徳川秀忠 徳川家光 近松門左衛門 伊能忠敬 高野長英 井原西鶴 最澄 空海 平清盛 源義朝 松尾芭蕉 市川団十郎 杉田玄白 青木昆陽 関孝和 滝沢馬琴 行基 鑑真 桓武天皇 石川五右衛門 雪舟 柳沢吉保 都市伝説 藤原秀衡 北条時政 藤原定家 後鳥羽上皇 北条泰時 遠山景元 大岡忠相 江川英龍 緒方洪庵 今川義元 大友宗麟 松平定信 田沼意次 平賀源内 水野忠邦 徳川慶喜 チンギス・ハン フビライ・ハン マルコ・ポーロ 吉田松陰 出雲の阿国 狩野永徳 足利義政 楠木正成 世阿弥 観阿弥 宗祇 山田長政 菱川師宣 シャクシャイン ペリー 岩倉具視 三井高利 大久保利通 明治天皇 ハリス 樋口一葉 新渡戸稲造 沖田総司 伊藤博文 大隈重信 野口英世 板垣退助 井伊直虎 宮崎安貞 葛飾北斎 歌川広重 津田梅子 クラーク博士 陸奥宗光 田中正造 小村寿太郎 北里柴三郎 平塚らいてう 内村鑑三 森鴎外 与謝野晶子 滝廉太郎 高峰譲吉 黒田清輝 幸徳秋水 石川啄木 尾崎行雄 西園寺公望 犬養毅 吉野作造 原敬 島崎藤村 宮沢賢治 小林多喜二 市川房枝 マッカーサー 湯川秀樹 吉田茂 田中角栄 ネタ 前田利常 ペドロインファンテ イケメン ヤン・インゲンホウス 佐藤栄作 マレーネ・ディートリヒ ハー・ゴビンド・コラナ アラン・ペイトン 周有光 ケティ・フラド セルゲイ・エイゼンシュテイン モーツァルト ヴァージニア・ウルフ パウラ・モーダーゾーン=ベッカー アインシュタイン ジョージ・ピーボディ 猿橋勝子 ハナー・グラス マヤ・アンジェロウ マリア・フェリックス エミール・ベルリナー エジソン ジョルジュ・ルメートル クルト・マズア ドナルド・ブラッドマン オスカー・シュレンマー 橋本左内 アンケート いだてん 歴史クイズ タイラス・ウォン 三島弥彦 関ヶ原の戦い ド・レペ 藤田嗣治 バルトロメ・エステバン・ムリーリョ クラリッセ ・リスペクトール テレサ・カレーニョ 田畑政治 高石勝男 薩長同盟 レフ・ランダウ 池田屋事件 君の名は。 瀬織津姫 イグナチオ・デ・ロヨラ お札 煕子 神社 神様 人気の偉人 忠臣蔵 吉良義周 赤穂事件 古代文字 豊臣秀次 土偶 埴輪 最上義光 長谷堂城の戦い 京極高次 戊辰戦争 細谷十太夫 外山脩造 河井継之助 長岡半太郎 会津藩家訓 庄内藩 酒井忠次 酒井玄蕃 大石内蔵助 仁科信盛 解体新書 夏目吉信 源頼政 織田長益 甲陽軍鑑 佐久間盛政 柴田勝家 会津藩 長州藩 宇喜多直家 木曾義仲 渋沢栄一 岡田以蔵 前田慶次 池田輝政 岡潔 松平定敬 松平容保 徳川茂徳 徳川慶勝 河野安通志 押川春浪 橋戸信 三島通庸 小栗忠順 吉田兼見 嘉納治五郎 古今亭志ん生 美濃部孝蔵 河上彦斎 五稜郭 松平乗謨 斎藤利三 明智秀満 相楽総三 キスカ島撤退作戦 木村昌福 樋口季一郎 足利義輝 豊臣秀長 織田信秀 佐々木只三郎 斎藤義龍 ブリュネ 榎本武揚 島津義久 島津歳久 小田氏治 島津家久 藤原不比等 林忠崇 斎藤龍興 稲葉一鉄 氏家卜全 氏家直元 佐竹義重 本多忠勝 歴史アンケート 石川数正 馬場信春 本多正信 徳川家茂 弥助 榊原康政 鳥居元忠 山本義路 山本帯刀 足利義教 関鉄之介 中川清秀 山本勘助 楢山佐渡 遠藤七郎 秋山真之 日露戦争 小山田信茂 深芳野 お船の方 石原莞爾 町野主水 愛姫 小田野直武 佐竹義敦 小林虎三郎 内ケ島氏 白川郷 ウィリアム・ラムゼイ卿 教師の日 水野勝成 ジョゼフ・プラトー 楠瀬喜多 ナイチンゲール 五郎八姫 伊達成実 ガロン 高松凌雲 義姫 イグナーツ 目次• 出自や前半生はほとんどが謎に包まれている 利三は、その出自や前半生がよくわかっていない武将の一人です。 彼は天文3~7年(1534年~1538年)ごろに生まれたと推測されていますが、その生年も詳しいところは不明です。 父は美濃斎藤氏の 斎藤利賢で、母は 蜷川氏という室町幕臣家の人物であるとされていますが、これも諸説があり確定はできません。 利三は通称として 「内蔵助」という名を名乗ったため、ここから彼のことを 斎藤内蔵助と表記することもあります。 彼の若かりし頃の活動はほとんどが謎に包まれていますが、一般的には美濃斎藤氏の配下としてからつづく斎藤三代に仕えていたようです。 ただ、後に織田家へと鞍替えした際の経緯から斎藤家直参の武将ではなく、同家で 「西美濃三人衆」として権力を握った 稲葉一鉄に仕えていたと考えられています。 一鉄の配下として斎藤氏の勢力拡大に貢献する一方で、斎藤家の三代・龍興と一鉄ら有力家臣団らの関係性はしだいに悪化していきました。 こうした情勢の中で、一鉄とともに西美濃三人衆として名を挙げていた 安藤守就という人物がクーデターを起こします。 このクーデターそのものは矛を収め和解となったのですが、一鉄ら有力家臣は斎藤家を見限り、敵対関係にあったへと接近していきました。 こうして内応の準備を整えた美濃の家臣らは、永禄10年(1567年)に龍興が稲葉山城の戦いに敗れると斎藤家を離反。 織田家臣として再出発を図ります。 そして、一鉄に仕えていた利三もまた主と同じく信長に仕えるようになりました。 光秀の家臣となってからは彼の信頼を獲得 一鉄が織田家臣となって以降はしばらく彼に付き従っていたようですが、元亀元年(1570年)のすぐ後には光秀の配下になったと考えられています。 この鞍替えに際しては光秀が利三をヘッドハンティングしたとも、光秀と利三が親戚関係にあったための措置だとも言われていますが、詳しいところはわかっていません。 ただ、光秀が利三を召し抱える過程での不手際から信長を激怒させた可能性が高く、穏便なものではなかったのかもしれません。 とはいえ、天正8年(1580年)ごろには信長と利三の関係性が改善されていることから、それほど重大な落ち度ではなかった可能性も。 紆余曲折あって光秀に仕えた利三は、新参の家臣ながらすぐに光秀の信頼を獲得したようです。 そして、かねてから光秀の筆頭部下であった 明智秀満ら重臣と同様の待遇をされるようになり、光秀が平定した丹波国にあった黒井城と1万石の領地を与えられています。 また、史料にこそ記載がないものの光秀の参加した主要な戦にはほとんど付き従っていたと見られており、名実ともに光秀の家臣筆頭として彼の勢力拡大に大きく貢献していました。 本能寺の変に加担し、明智家と運命を共にする しかし、天正8年(1580年)ごろに発生した織田家内の四国政策転換を境に、光秀の心には叛意が芽生えるようになったのかもしれません。 実際、長曾我部元親は親戚であった利三に対して信長への恭順を示しているにも関わらず、信長はあくまで四国を攻撃しようと考えていました。 この事態を受けてか、天正10年(1582年)には光秀が利三ら一部の家臣に対し、反乱の計画があることを漏らします。 明智秀満や利三らはこの計画に反対したと伝わっていますが、彼らの言葉は受け入れられず光秀は開戦を決意。 利三も最終的にはやむを得ず了承したのか、に際しては先鋒を務めています。 こうして信長を討ち取った光秀は、自身の天下を盤石にするべく外交活動に従事しました。 しかし、彼があてにしていた細川や筒井の協力を得られず、さらにの 中国大返しによって危機的な状況に陥ります。 光秀方はやむを得ず山崎に陣を張って秀吉を迎え撃ちますが、圧倒的な兵力差になすすべなく敗北。 先手を任されていた利三は戦場を離脱し、近江に潜伏して逃亡生活を送りました。 しかし、利三の潜伏先はあえなく補足され、彼は捕らえられたのちに洛中を引き回されて打ち首となってしまいました。 利三の死後、彼と光秀の遺体は見せしめとして粟田口に晒されたとも伝わっています。 結局最期は野ざらしという憂き目に遭ってしまった利三ですが、彼の娘であるは三代将軍の乳母として幕府で実権を掌握し、後の歴史に大きな影響を与えました。 【参考文献】 横山住雄『斎藤道三と義龍・龍興:戦国美濃の下克上』戎光祥出版、2015年。 木下聡「総論 美濃斎藤氏の系譜と動向」『論集 戦国大名と国衆16 美濃斎藤氏』岩田書院、2016年。 谷口克広『織田信長家臣人名事典』吉川弘文館、2010年。 谷口研語『明智光秀:浪人出身の外様大名の実像』洋泉社、2014年。 (筆者・とーじん).

次の