ジョー 葉子。 あしたのジョーについてその5(ジョーを取り巻く女性達、白木葉子後編)

あしたのジョーについてその5(ジョーを取り巻く女性達、白木葉子後編)

ジョー 葉子

Sponsored Link 「ダークヒーローの美学 力石徹」 12月15日(土)23:45~24:45、NHKのBSプレミアムで放送されました。 当時参列された方から、当ブログにコメントをいただきました。 ありがとうございます。 力石徹の葬式について 漫画のキャラクターの葬式というのは、当時も違和感はあったのだと思います。 『あしたのジョー』は団塊世代のバイブルで、当時は「右手に朝日ジャーナル、左手に少年マガジン」と言われていたのだそうです。 ジョーが反体制の漫画とも思えないのですが そういえば当時のテロリストが、「われわれはあしたのジョーである」、と言ったことがあったような気がします。 力石の葬式は本当はアニメの宣伝だったという話もあるようですが、私としては熱気のある時代の賜物であったと考えていました。 今は社会現象と呼べるような漫画を聞かなくなりましたが、漫画に熱気があった時代は経験しています。 力石の葬式は、熱心なファンの心からの思いから行なわれたものだと思いたいです。 私も力石の死にはショックを受けました。 後年の多くの漫画の人気キャラは、しばらくしたら必ず後から生き返っていました。 あしたのジョーは、そういう世界ではありませんでした。 肌で感じるリアリティといいますか、真に迫るものでした。 だから熱心なファンが葬式を出したとしても、バカバカしいこととは全く思えませんでした。 Sponsored Link あしたのジョーの思い出 全20巻、子供の頃にそろえました。 連載中も人気があったのでしょうが、終了後にさらに人気が加熱したと聞いています。 そのブームの頃のことです。 文庫本だったので、子どもの小遣いでも無理なく少しずつ揃えることが出来ました。 久しぶり引っぱり出してきました。 書店が付けてくれたカバーに、駄菓子屋で買ったシールを貼り付けていました。 懐かしいです。 奥付の年月日が古いです。 1980年3月14日 第7刷発行 280円 あしたのジョーを知ったのは、漫画ではなくアニメの再放送でした。 今でも覚えています。 ジョーが鑑別所で、パラシュート部隊のリンチをくらっているシーンでした。 あれは死ぬでしょう…。 子供心に怖かったです。 怖いもの見たさで、目を引いたのかもしれません。 その頃、映画化もされました。 メンコなどのおもちゃも、たくさんありました。 ビニールのボクシンググローブを、クリスマスプレゼントで買ってもらいました。 サンドバッグもどきも作ってもらいました(笑)ボロボロになるまで遊びました。 友人ともボクシングごっこをよくしていたと思います。 一過性の人気ではありませんでした。 力石とやっていた頃のアニメは再放送で見たのですが、カーロスリベラからホセ・メンドーサまでを描いた『あしたのジョー2』はリアルタイムで見ていました。 『1』のパラシュート部隊の絵もインパクトがありましたが、『2』の絵もかっこよくて好きでした。 調べてみたのですが、出﨑統さんの絵ということでよいのでしょうか。 ジョーでは監督とのことでしたが、アニメータとしてもよく名前を耳にしていました。 当時、主題歌のレコードも買いました。 今聴いてもいい歌だと思います。 最近の漫画の実写映画化ブームで、ジョーも映画化されました。 これは家族で見に行きました、 丹下段平がそっくりで笑いました(笑) 力石役の役者は、役作りの一環でマジの減量をしたと聞きました。 Sponsored Link ジョーは最後死んだのか? よく話題になっています。 最後のリングサイドで椅子に腰掛けている絵も、何かとネタにされているようです。 私としてはジョーが真っ白に燃え尽きたということであり、死んだとは思いませんでした。 生きているかいないかに、興味を持てなかったとも言えます。 どう思うか聞かれれば、死んではいないだろうと答えるということです。 もちろん確信を持って言えることではありませんが。 力石が死んだ時に受けた衝撃を、ラストのリングサイドの絵からは受けなかったということです。 だから死んだとは全く考えなかったのだと思います。 ハッピーエンドが王道なのでしょうが、主人公が負ける、死ぬラストも、たまにはいいと思っています。 ほとんど見なくなったように感じます。 最近作者のちばてつやの絵を見る機会がありました。 ひなたぼっこをしているジョーを、白木葉子が見守っている絵です。 一般では長年の疑問であったようですが、ジョーは死んではいなかったということでよいでしょう。 《梶原作あしたのジョーのラスト》静かに余生を送る、パンチドランカーになったジョーと、それを見守る葉子の姿。 これはちばが拒否し、例のシーンとなったが、後年彼は色紙でこのシーンを描いている。 葉子の顔が怖い。 うふふ。 もう私のものだわ的な。 — 三条友美 tomomisanjo 廃人という感じでも無いですが、どうなのでしょう。 少なくともカーロス・リベラほどの重症ではなさそうです。 特に気にかけてはいなかったのですが、まあよかったと思います。 言葉狩りについて 今はセリフの改変が激しいです。 『かたわ』とか『きちがい病院』などを、別の言葉で言い替えています。 そのことの是非は置いておくとして、他の漫画もそうですが、どうもしっくりこない言い替えが多いです。 以前図書館で読んだ版では、『かたわ』を 『欠陥品』とか 『出来損ない』などと言い換えていました。 そういえば手塚治虫の『どろろ』では、『かたわ』を 『ノラ犬』と言い替えていました。 配慮しているつもりなのでしょうが、よけいにヒドイのではないでしょうか。 先方の意向であれば、それは別にいいのですが。 読者としては納得いきません。 「野朗はかたわだ!」を 「野朗はボクサーとして欠陥品だ!」に。 しっくりきませんね。 納得行かないのは作者も同様だと思います。 改変を作者ではなく、編集者にさせているとすれば問題でしょう。 セリフは絵と同じかそれ以上、漫画においては重要な要素であると聞いたことがありますし、私もそのとおりだと思っていますので。 その他の好きなボクシング漫画 ボクシングは漫画と非情に相性が良い題材のようです。 名作と呼べる作品が多くあります。 おそらく私の知らない作品もたくさんあると思います。 2つ紹介します。 がんばれ元気 作者の小山ゆうはヒット作を多数出されていますが、私が読んだことがあるのは本作だけです。 開始前はボクシングというテーマは、『あしたのジョー』で描きつくされたと言われていたそうです。 そのような中で新たなキャラクター像を作り出すことによって、名作となり得たという解説を聞いたことがあります。 本当にそのような感じがします。 キャラクターの設定は、今思えばとても練られているように感じます。 本人は優等生タイプでジョーとは正反対ですが、ボクサーだった父をリング禍で失っています。 母方の実家に引き取られてハングリーとはかけ離れた身分となりますが、父を凌ぐボクシングの才能があったという青年が主人公です。 脇役もみな魅力的です。 少年サンデーに連載されていましたが、本作もジョー同様、大人の鑑賞に耐える作品です。 そういえば短距離走をテーマにした「スプリンター」という漫画も読んだことがありました。 あまりよくは覚えてはいませんが、ランナーズハイの描写が読んでいて気持ちよかったです。 リングにかけろ 『聖闘士星矢』の車田正美の出世作です。 5人チームで敵を倒していくというあたり、星矢の原型とも言えるでしょう。 作者についたファン「マサミスト」の中には、星矢よりこちらの方が好きだという人もいます。 私は星矢も好きですが、そういう意見も分かるような気がします。 美少年ばかりの星矢と違って、『リンかけ』はキャラクターが多彩なところが魅力です。 …書き始めると長くなるので、ボクシング漫画で別記事を作ったほうがいいですね。 続きはまたの機会に。 私の中での3大ボクシング漫画は、『ジョー』『元気』『リンかけ』です。 ぜひ読んでみて下さい! コメントありがとうございます。 まさか当事者の方からいただけるとは思っていませんでした(笑) 5歳の子供が1人で大阪から出てくるとは、本当にびっくりしました。 力石の葬式は、一部のファンで細々と行なわれたというイメージを持っていました。 しかし、あれだけの行列が出来るほど盛大だったとは思いませんでした。 それも平日に。 他の漫画の対決は、相手が大物の敵役の場合、死ぬことの予想が事前についたりします。 力石の場合は、まさか死ぬとは思いませんでした。 このことも衝撃を大きくした一因でしょう。 当時の新聞にあれだけ大きく扱われたことも知りませんでした。 漫画のキャラクターの葬式というのは、熱気ある時代の賜物という面もあるのでしょうが、 やはり作品にそれだけの力があったのだと思います。 力石の壮絶な生き様、そして死に様。 真に迫る描写でした。

次の

「あしたのジョー」連載50周年記念サイト

ジョー 葉子

エスメラルダ葉子は16~17歳! ? 大きなヒントがあることはあるのです。 少年院に葉子の劇団が慰問してきたとき( エスメラルダのとき)、西が葉子のことを うわさによれば十六、七のごっつい美少女 KCコミック あしたのジョー(2)P194 (C 高森朝雄・ちばてつや 2012 と言っています。 でも…16,7には、とても… 見えないわけではないのですが、態度やら行動やらが十代の女の子とは思えなくて…。 「噂によれば」だからね。 西だし。 どんなに若くても二十代半ばくらいに感じられる葉子 まずジョーの裁判を傍聴に来たりするところから高校生とは思えません。 昼間学校に通っている気配が感じられなくて。 ジョーの詐欺に10万をポンと出したというのも…。 10万が現代のどれくらいの価値なのか判然としませんが、ドヤ街一泊が100円程度の時代です。 葉子の寄付10万というのは、感覚的には今の100万くらいのところかなと。 財閥にとってはそれほどの額ではないとしても、未成年が一存で動かすお金ではないような… さらに学生劇団の団長を務めているとなると、学生よりも年上でないとうまく行かないだろうとも思います。 あの劇団は、学生と言うことなら大学生でしょうから… 大学を卒業して就職はせず、暇を持て余して演劇やボランティア活動という設定ならなんとか納得できる感じです。 いや待てよ。 ジョーと力石の試合で、劇団員のひとりが、自分がレフェリーをやりますと名乗りを上げる場面で「ぼく高校のボクシング部員なんですが」と言っています。 この人はこの人で、とても高校生には見えませんが、高校生の劇団だったの? ならまあ十代でもアリ…かなぁ? にしても教官らと話すときの様子だとか、教官側の態度だとかを見ると25歳くらいにはなっていないとやっぱりおかしい。 (25歳でもおかしい) また力石は、ジョーが最初のプロテストに落ちたとき(エスメラルダから1年くらいの時期です)にはもう車を運転しているので、この時18歳以上だったことになりますが、葉子はその力石よりもっと上に感じられます。 顔が老けているのではなくて、会話するふたりの言葉遣いだとか、葉子が力石に物事を指図するような口のききかたをする場面がたびたびあることからですね。 「およしなさい力石くん」とか。 16,7歳というのは、上下に多少は幅がある表現でもあるので一旦この16~17歳という枠を外して考えてみます。 力石が退院する日葉子は車を運転している アニメではヘリコプターで去って行く力石ですが、原作では葉子の運転する車に乗って退院します。 KCコミック あしたのジョー(5)P18 (C 高森朝雄・ちばてつや 2012 ということは、この時葉子は少なくとも18歳以上。 葉子は段平の身元引受人 段平がボクシング協会で暴れて逮捕されたとき、葉子が警察に出向き身元引受人になります。 しかし!未成年者は身元引受人にはなれないので、この時葉子は最低でも二十歳でないとおかしいのです。 段平逮捕は、ジョーの退院翌日でジョーは17歳でした。 やっぱり西がおかしい。 ジョーが捕まったとき18歳以上、ホセ戦のとき24歳以上です。 では、上限はどうなのか。 何歳以下なのか。 こちらは、具体的な決め手となるものがありません。 葉子の行動全般を考えると少年院時代に30でもおかしくないくらいなので、上は無制限!ってことにしようかと思ったのですが… ジョーは紀子を葉子と見間違えている 林屋食料品店に初めて出勤した朝、 ジョーは紀子を葉子かと勘違いします。 葉子が三つ編みで朝から店の仕事してるわけないだろ!と思わないでもないですが、間違えたことは間違えたと。 このときなぜジョーが葉子かと思ったのかについては、色々な解釈ができることと思いますが、それは別の機会に。 とにかく、それほど似ていたということでしょう。 この頃の葉子が三十代なら、まさか間違えるはずないです。 ということは… 葉子はこのとき(ジョー退院直後17歳)20歳以上であり、かつ紀子とそれほど違わない年齢だったことになります。 では紀ちゃんは何歳だったのか。 これは、こちらで考察しました。 紀子はジョーと同い年という結論です。 ジョーが林屋に初めて行った日、 紀子は17歳だったことになりますが、同時期の 葉子は、最低でも20歳です。 17歳と20歳なら見間違えることもないとは言えないでしょう。 17歳と21歳、17歳と22歳…微妙ですが、この辺りから間違えなくなるような気がします。 このときの葉子は、最高で22歳くらいが限界じゃないかと。 そうしますと「 あしたのジョー」の物語の中での出来事と葉子の年齢というのは… 財閥令嬢白木葉子の歩み 18~20歳あたり(ジョー15歳)• ジョーの寄付金詐欺に引っかかる• 力石にかまける 19~21歳あたり(ジョー16歳)• エスメラルダ• 少年院ボクシングトーナメントの世話を焼く• プロ再デビューした力石をサポート 20~22歳あたり(ジョー17歳)• 力石の減量を止めようとして、止められないのを悟ると葉子も絶食• 力石の死は自分の責任だと言う• 力石の死後夜遊び中にジョーに会い、口論 21~23歳あたり(ジョー18歳)• 白木ジム会長に就任• 南米からカーロス・リベラを招聘• カーロスと3雑魚(タイガー、原島、南郷)の試合を組む 22~24歳あたり(ジョー19歳)• 東洋タイトルマッチ級のファイトマネーを提示してカーロスにジョーとのエキシビションを承諾させる• カーロスvs. 矢吹10回戦を後楽園球場で開催• カーロス戦後ジム会長を退くことを考えるが、続投 23~25歳あたり(ジョー20歳)• ジョーのウェイト問題を見破り、引退を進言 24~26歳あたり(ジョー21歳)• ホセ・メンドーサと日本興行の独占契約締結• 白木ジム主力スタッフをアジア全域に派遣し、ハリマオを発掘・招聘• ジョーが重度のパンチ・ドランカーであると知る• ホセ戦武道館を飛び出して戻り、最後まで見ているとジョーに伝える 葉子とジョーの成長 ジョーは、物語の進行に合わせて大人の顔になって行きますが、葉子も同じように成長しています。 おしまいに、葉子の顔がどう変化していったかを振り返ってみます。 各年齢でのふたりの顔を並べてみると、やっぱり葉子はジョーの3歳くらい上かな?と感じますが、どうでしょう。 顔が似ているだけに、葉子のほうが一足先に大人になっていくのもよく分かります。 裁判所 ジョーは15歳、葉子は推定18~20歳です KCコミック あしたのジョー(2)P10(C 高森朝雄・ちばてつや 2012 少年院 葉子推定19~21歳、ジョーは16歳 KCコミック あしたのジョー(3)P53(C 高森朝雄・ちばてつや 2012 バロン 葉子は推定20~22歳、ジョー17歳 KCコミック あしたのジョー(9)P115 (C 高森朝雄・ちばてつや 2012 ジョーの復帰戦 葉子推定21~23歳、ジョーは18歳 KCコミック あしたのジョー(10)P11 (C 高森朝雄・ちばてつや 2012 カーロスvs. タイガー尾崎戦 葉子推定22~24歳、ジョー19歳 KCコミック あしたのジョー(12)P130 (C 高森朝雄・ちばてつや 2012 テレビ関東のパーティ 葉子推定23~25歳、ジョー20歳 KCコミック あしたのジョー(14)P186 (C 高森朝雄・ちばてつや 2012 ホセ戦武道館控室 葉子推定24~26歳、ジョー21歳 KCコミック あしたのジョー(19)P208 (C 高森朝雄・ちばてつや 2012 「あしたのジョー」は、矢吹丈の6年間を描いた物語ですが、葉子にとってもまた濃密な6年でした。 紀ちゃんの年齢はこちらに.

次の

あしたのジョー2最終回ストーリー『燃えたよ、燃え尽きた、真っ白にな』

ジョー 葉子

白木葉子は梶原一騎が当初から設定していた「あしたのジョー」の本来のヒロインです。 私が思うに「あしたのジョー」の中で、ジョーに対して深い思いを常に持っているという点では、白木葉子と丹下段平の二人が双璧です。 段平のそれが親が子を見守るような愛情なのに対し、白木葉子のそれは恋愛感情が含まれています。 葉子自身が、そのことに気づくのは、かなり後のことです。 白木葉子は、林紀子と違い最初からジョーのことが好きだったわけではありません。 最初はジョーとお互いに反発しあっていました。 幼い頃からずっと施設で暮らしていたジョーに対して、白木財閥のお嬢様として何不自由なく暮らしてきた葉子。 あまりにも対称的な二人。 理解しあえないのは当然です。 特にジョーは、葉子のお金持ち特有の偽善的な部分をその嗅覚で感知し、嫌悪感を持ちます。 それが、如実に現れたのが少年院での演劇ボランティアでの出来事です。 「ノートルダムの鐘」の演劇を葉子達のボランティアが演じる訳ですが、その劇中でせむし男の役を段平が演じます。 その段平を劇に迫力を出すために、本当にムチで打たせるのです。 これにジョーが怒ります。 ボクサーあがりの段平だから痛みに強いだろうと安易に考え、劇に迫力を出す演出だからいいだろうと考えるおごり。 それがジョーには、許せなかったのでしょう。 葉子の本質的な他人に対するおごりを感知した、ジョーは葉子を罵倒します。 葉子は、この劇中で、ヒロインのエスメラルダを演じていますが、ジョーは「ミスキャストだ」と断じます。 以前ジョーが起こした詐欺事件の裁判の傍聴に葉子が、来たのをジョーは、おぼえています。 その時の葉子のジョーを見る目が、蔑みに満ちた冷たい視線だったことも。 その時から、ジョーは葉子の本質にある弱者を見下す部分に気づいていたのでしょう。 そんな葉子が、愛に満ちた娘エスメラルダを演じるのは、ミスキャストもいいところだと指摘した訳です。 さらに葉子に対しジョーは、葉子の本質的部分をより深く指摘します。 葉子のやっていることは、「見せかけの親切」「うわべだけの思いやり」つまりすべてが押し付けがましいと葉子自身気づいていない部分をズバズバ言い当てます。 最終的にジョーは、「お嬢さんよ。 あんたは俺やここにいる憐れな連中のためじゃなく、自分のためにこんな慈善事業をやる必要があるんじゃねえのか。 えっ、自分のためによ。 」と葉子を追い詰めます。 これに葉子は、言葉を失い全く反論も出来ません。 葉子自身は、お嬢さん育ちのため純粋にボランティアをやっているつもりです。 そのため自分自身でも上から目線の思いやりになっていることに気づいていません。 常に感謝という見返りを無意識に求めていることも。 そこをジョーにズバリ指摘されたので、狼狽したのだと思います 白木葉子は、聡明な頭脳を持っています。 自分でも気づいていない自分の本質的な部分をジョーに指摘され反発しながらも反省もしたかと思います。 この少年院での出会いの出来事から葉子にとってジョーは、常に気になる存在になったと思います。 二人の関係も力石の死後大きく変わってきます。 それは、次回以降書かせていただきます。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 KINUGASA.

次の