猫 安心しきっている。 猫が飼い主にべったりくっついて離れない理由とは?心理や意味を解説します

家猫と野良猫!幸せなのはどっち?猫が幸せを感じている時の仕草や態度とは?

猫 安心しきっている

猫といえば、クールで警戒心が強いイメージがありますよね。 そんな猫が、身を寄せてゆだねてくれたら、嬉しい気持ちになってしまう飼い主さんも多いのではないでしょうか。 獣医師の菊池亜都子先生によると、 猫がゆだねてくるときは、安心しきっている証拠なのだそう! 猫が飼い主さんに"ゆだねる"のは、安心しきっている証 「猫は、つねに敵を意識していた野生時代の名残で、すぐに身構えられたり、逃げられたりする体勢でいることが多いもの。 そんな猫が、お腹を見せていたり、足をダラ〜とさせていたり、あごをのせていたりなど、 脱力して何かにゆだねる体勢をとることは、周囲の環境に安心している証拠。 心底くつろいでいるといえます」(菊池先生) 飼い主さんたちは日常で、さまざまなものに身をゆだねる愛猫の姿を目にしていることでしょう。 ここからは、3つのシーンに分けて猫の気持ちをさらに詳しく見ていきます。 人に身を寄せるだけでも、その人を信頼しているといえます。 そのうえ、 身を預けてゆだねることは、信頼度が高く愛情があふれている表れです。 そんなことから、飼い主さんにしがちで、母猫と思って子猫気分で甘えていることが多いでしょう。 なかには、身をゆだねると飼い主さんが撫でてくれたりすることを学習していて、それをしてほしくてする猫もいます。 人も猫も幸せホルモンが大放出! 「分泌されると幸せな気持ちになることから、 『幸せホルモン』と呼ばれているオキシトシン。 猫にゆだねられると人は幸せな気分になり、オキシトシンが分泌されます。 そのため、 何かにのっていたり身を預けたりしていたら、それを好んでいて、落ち着けて心地いいと感じているのでしょう。 猫が好みやすいのは、 好きな体勢を確保しやすくフィット感があるもの。 また、足音などの振動が伝わりにくい高さがあるものや、穴蔵にいるように感じられる狭いもの、母猫を思い出すような柔らかい素材も好む傾向に。 それ以上に仲間と思い慕っている証拠でもあります。 多くは、相手を母猫やきょうだい猫と思っているでしょう。 寒い時期は、温もりを求めてしていることもありますが、仲間と思っている気持ちは変わりないでしょうね。 猫がゆだねるとき、安心や信頼の気持ちを持っているようです。

次の

猫の気持ち!猫の仕草や行動で分かるホントの気持ちとは?

猫 安心しきっている

一日のなかで最も無防備な状態ともいえる睡眠時。 しかし、猫は眠っていてもなかなか熟睡できない生きものです。 それは、野生動物だった時代の名残で、外敵を警戒しているからだといわれています。 そんな警戒心の強い猫が 飼い主のそばを選んで寝るのは安心できるから。 猫が信頼している証拠なのです。 一度、猫が「飼い主の近くは安全だ」と認識したなら、たとえ猛暑の夜でも飼い主のそばで寝ようとするでしょう。 また、猫の寝相によって安心度は異なります。 面白いのは、猫が飼い主を頼る一方で、飼い主に対して自分の所有物のような感覚も持っていること。 添い寝することで、自分が飼い主を守っているという意識を持っているそうです。 そばにいることで安心できる。 つまり、飼い主と寝たがる猫は、成猫になっても子猫っぽい気質を残した甘えん坊が多いといえます。 寝る前に、毛布の端をくわえながら前足でモミモミする行動も子猫時代の名残です。 子猫の時に母猫に寄り添って寝ていたように、飼い主のそばで寝ようとしているあらわれなのです。 特に飼い主の顔の近くや上半身の方で寝ているときは、完全に飼い主を信頼して身を預けている状態。 子猫気分が強い傾向があります。 逆に下半身の方や足元で寝ている場合は、上半身の時よりも信頼度は劣ります。 この場合、猫は丸くなって寝ていることが多いです。 また、子猫の時からずっと飼い主と一緒に寝てきた猫は、大人になっても習慣でそのまま一緒に寝るようになります。

次の

猫が飼い主にべったりくっついて離れない理由とは?心理や意味を解説します

猫 安心しきっている

猫は、美味しいご飯が食べられて、お気に入りの寝床やいつでも清潔なトイレ、適度な運動スペースがある安全な生活環境の中でくつろいでいるときに、「安心」と感じられるのだそうです。 ここでは、そんな安心しているときに猫が見せるしぐさをご紹介します! 仰向けになってお腹をまる出しで寝る「ヘソ天」 仰向けになってお腹をを見せるポーズ「ヘソ天」は、安全な環境で飼われている猫特有のしぐさです。 動物にとって急所のお腹を見せているのですから、まさに安心しきっているときの姿勢といえますね。 しっぽは、力が入らず伸びていたり、大きくゆっくり揺らしていたりすることもありますよ。 お尻を床にぴったりつけて座る 前方に足を投げ出しお尻を床につけ、飼い主さんに自分のお腹を見せて座る姿勢も、安心しているときに見せるしぐさです。 この座り方は、下腹部や股をグルーミングをするときにもよくします。 このままウトウト居眠りしたり、ぼんやりくつろいだりする猫もいるんですよ。 お尻からお腹まで地面にペタリ 前足と後足のすべての足を投げ出した、横たわっているような姿勢です。 足を伸ばしているのは体調もよく、安心して心地よい気分を味わっているからでしょう。 そのまま徐々に、胸や頭を地面につけて眠ってしまう猫も。 前脚を胸の下に器用に折りたたんだ「香箱座り」 お香を収納するふた付きの箱に似ていることから、「香箱座り」といわれいているこの姿勢。 体全体が丸く見えてとっても可愛らしいですが、実はこれも安心しているときのしぐさなんです。 とっさに反応しにくい姿勢ですが、後ろ足がすぐに踏み込める状態なので、意外にもハプニングには対応できるんだそう。 お腹を地面にピタリとつける「スフィンクス座り」 前足部分を少し伸ばしつつ、お腹を地面にぴたりと密着させている状態です。 エジプトのスフィンクスのように見えるので「スフィンクス座り」とも呼ばれることも。 この姿勢は香箱座りより動きやすいので、安心してくつろいでいても、長い時間じっとしている気持ちは少ないかもしれません。 お尻をこちらに向けて座る 飼い主さんにお尻を向けて座ることはありませんか? 猫が相手にお尻を向けるということは、背後から襲われる可能性を意味しています。 そのため、「この人からは嫌なことをされる心配はない」と、信頼している人にしか猫はお尻を向けません。 つまり、この姿勢も安心しているとき見られるしぐさといえるでしょう。 安心しているときの表情は? 猫が安心しているときは、表情にも現れます。 最後に、安心しているときの表情をパーツ別にをチェックしていきましょう! 【目】開けていても力が入らず、半分くらいしか開いていないことも。 【口】 脱力しているので、口を閉じるための筋肉もゆるみがちに。 【耳】 前を向いたり後ろへ倒したりしない、力の抜けた自然な状態に。 頭部の筋肉がゆるむため、少し左右に開いたように見えることもあります。 【ひげ】 ひげの根元の筋肉にも力が入らないので、ひげ先が下へゆるやかに垂れています。 猫が安心しているときは、「その状態」を保ってあげるためにも、そっとしておきましょう。 もし、目が合って瞬きをしてきたり、甘えるしぐさをしてきたりしたら、返事をしたりやさしくなでたりしてあげるといいですよ。

次の