見知らぬ、天井

まだ、エヴァンゲリオンがどのような仕組みで動いているのかが見えて来ない段階ですので。

いまさらわかる新世紀エヴァンゲリオン④第弐話『見知らぬ、天井』|らせん|note

ミサト「楽しいでしょ?こうして他の人と食事すんの」 シンジ「もう最高ッス!!(楽しくねぇよ、この暴走公務員が!)」 食事の後に行われた当番決めは、半ば強制的にシンジがほぼ毎日をしめた。 人類なのか、ゼーレだけなのか。

Next

いまさらわかる新世紀エヴァンゲリオン④第弐話『見知らぬ、天井』|らせん|note

そして、完全に沈黙。 その時、ふと綾波レイのことを思い出す。 シゲル「頭部破損、損害不明」 マコト「活動維持に問題発生!」 ミサト「状況は!?」 マヤ「シンクログラフ反転、パルスが逆流しています!」 リツコ「あらあら、ヤバイんじゃないの?」 口紅を塗りながら言うリツコ。

いまさらわかる新世紀エヴァンゲリオン④第弐話『見知らぬ、天井』|らせん|note

そして、あなたが守った街」 郊外にあるマンションにやってきた二人。 きしむ初号機の腕。 ゼーレはネルフに対する予算の権限を持っているらしく、スポンサーのような口ぶりが見られました。

Next

見知らぬ、天井

(絶対正気じゃねえよコイツ!!)」 ミサト「まぁ今時の若い女性なら誰でもやってる事よ、気にしない事ね」 シンジ「そ、そうですね…(だまされるな、シンジ!)」 何とかこっち側に踏みとどまったシンジ。

いまさらわかる新世紀エヴァンゲリオン④第弐話『見知らぬ、天井』|らせん|note

ゼーレの1人は「人類補完計画」を「 絶望的状況下における唯一の希望」と言っていました。 シンジ(な、なんだここは…) ビクビクしながら、シンジはとりあえず冷蔵庫を開けた。 ミサト「悪いわねシンジ君、いま食事の支度するから」 シンジ「あ、あの、ミサトさん…」 ミサト「なに?」 シンジ「な、何で家の中、こんな有様なんですか?」 ミサト「あぁ。

Next

いまさらわかる新世紀エヴァンゲリオン④第弐話『見知らぬ、天井』|らせん|note

シンジ「ここも、知らない天井だ…」 シンジ(当たり前か、この街で知ってるトコなんて何処にもないもんな。 アナウンス「エヴァ、再起動」 マヤ「そんな、動けるはずありません!」 マコトにトドメを刺す寸前のミサトがモニターを見る。 第3新東京市では土日もゴミを回収しているのか、ゴミを出す作業以外にも土日にはゴミに関して他にやるべき作業があるのか、それともそもそも「ゴミを出す当番」と言う意味では無いのか...。

Next

【リゼロス】第2章本編第1話「見知らぬ天井」の選択肢一覧と分岐ルート

病院を出たシンジは、第3新東京市地下F区・第六ブロックに一人で住むことになると告げられる。 が、使徒がすかさず初号機の左腕に飛びかかり、そのまま関節を極めた。 シナリオB22の詳しい内容は分かりませんが、使徒襲来に備えての情報操作の準備も周到に行われていたようです。