ホームルーター wimax。 WiFiホームルーターおすすめ3選【2020年最新】|モバイルルーターと比較!速度・料金・評判は?

【結論あり】WiMAXでPS4のオンラインゲームはできる?実際の口コミ・接続設定方法

ホームルーター wimax

モデムとの接続なしに ルーターを部屋に置くだけでインターネットができちゃいます! 出先で仕事や作業する人ならが便利ですが、自宅でしかWi-Fiをつながない人なら、ポケットWi-Fiよりルーターの性能が高いホームルーターがおすすめです。 届いたその日からすぐに使えるホームルーターは、転勤族や回線工事が面倒くさい人に需要が高まっており、 現代のライフスタイルに合ったルーターといえます。 ホームルーターを選ぶポイント ひとえにホームルーターといっても、回線・ルーター端末・キャッシュバックなど、各社それぞれに特徴があります。 サービスを選ぶときに「 これだけは最低限押さえておくべき」というものがあります。 そこで、僕なりに考える「ホームルーターを選ぶポイント」を紹介していきます。 「繊細なスピードスター」がWiMAX、「打たれ強いけど鈍足」なのがSoftBankです! 障害物に弱いといわれるWiMAXサービスですが、基本的に 広エリアかつ高速のau 4G LTE回線とのハイブリッドであるため、不便を感じるシーンは多くありません。 さまざまな場所で使うポケットWiFiなら、場所によって「つながりやすい・つながりにくい」が存在するため、障害物に強いSoftBank回線を選ぶのがベターです。 しかし、ホームルーターは定位置に置いて使うため、自宅さえつながれば問題なし。 つまり、 通信速度を優先すべきなのです。 そういう意味で WiMAXのホームルーターをおすすめします。 最新のルーター端末を選ぶべし ホームルーターを使用する上で重視するのは、やはり 通信速度。 すなわちスピードです。 端末名 最大通信速度 最大同時接続数 対応ネットワーク 無線LAN規格 「Speed Wi-Fi HOME L02」 下り最大: 1. 4GHz帯) 最大速度から分かりますとおり、最新機種の「Speed Wi-Fi HOME L02(通称L02)」のみ、光回線と並ぶ 最大1. 0Gbps(1000Mbps)までカバーしています。 したがって、 L02をあつかうWiMAXサービスを選びましょう。 MEMO新規発行時に事務手数料:3,000円(税抜)が発生します。 固定回線代わりに使うホームルーターで月7GBの制約はなかなか厳しいので、基本的にギガ放題プランをおすすめします。 WiMAXを使用する上で注意点が2つあります。 ひとつはWiMAXをあつかう全てのプロバイダに存在するものですが、 3日で10GBの容量制限があることです。 通常使用している分には基本超えないものの、据え置きゲーム機で長時間プレイしたり、何人かでシェアするとあっという間に到達するので、その点だけ注意しましょう。 ただ、翌日まで我慢すれば、低速制限が解消されるので良心的です。 もうひとつの注意点が、3年縛りにともなう「 解約料」です。 サービス名 端末名 最大通信速度 月額(容量) 回線 容量制限 解約料 「 」 Speed Wi-Fi HOME L02 下り最大:1. ポケットWiFiとしては優秀なですが、端末の性能が微妙なので、安くてもホームルーターの選択肢に入れるのは厳しいでしょう。 また、一見安く見えるSoftBank Airも、実は 解約のタイミングに落とし穴があります。 更新月(2年ごと)に解約すると解除料自体は無料です。 しかし、この時点では端末代(36回払い)がまだ残り1年分あるため、 端末の支払い残額が19,800円も残っています。 WiMAXホームルーターの評判・口コミ WiMAXホームルーター「 」の評判や口コミを、Twitterから拾ってみました。 通信速度・端末が届くまでの早さ・キャッシュバックの多さに関しては、好意的なコメントが多かったです。 今朝は雨ですが好調です。 WiMAXのホームルーター L02のスピードテスト結果です。 これだけ出てたら光回線引く必要なし!おすすめです。 キャッシュバック超絶多い — リンカーン斎藤 🕋 akiduyunya しかし、キャッシュバックの見落としや更新月以外の解約しづらさには不満の声もあり、この2点はやはり気をつけるべきでしょう。 の のキャッシュバックサービス、まんまと期限切れで適用外。 メールはGMOのアドレスにしか送信されず、迷惑メールみたいな大量のメールで分かりづらくするという悪意しか感じられない手段にやられた。 違約金払うのもバカらしいからあと一年は使うけど、もう二度と契約しない。

次の

工事がいらないWi

ホームルーター wimax

WiMAX HOME 02 Speed Wi-Fi HOME L02 それぞれの特徴やメリットなどについて、くわしく説明していきます。 WiMAX HOME 02 WiMAXのホームルーター端末「WiMAX HOME 02」について、以下に性能をまとめました。 最大通信速度 下り440Mbps 最大接続台数 21台 通信方式 WiMAX2+/au 4G LTE WiMAX HOME 02には「バンドステアリング」という機能が搭載されています。 バンドステアリングとは、Wi-Fiで使われる「2. 4GHz」と「5GHz」の2つ周波数のうち、安定した通信速度で接続できる方を自動で選択する機能です。 バンドステアリング機能を使うことで、常に快適な通信が実現できます。 Speed Wi-Fi HOME L02 この記事がすすめる、もう一つのホームルータ端末「Speed Wi-Fi HOME L02」の性能は以下の通りです。 最大通信速度 下り 1Gbps 最大接続台数 40台 通信方式 WiMAX2+/au 4G LTE Speed Wi-Fi HOME L02では、搭載された4本の好感度アンテナが周囲360度に電波を届けてくれます。 さらに「Wi-Fi TXビームフォーミング」という機能が、スマホなど端末の位置を検知し、安定して電波を送信するための機能です。 Speed Wi-Fi HOME L02は、WiMAXのホームルーターの中で 最も高速通信が期待できる端末なのでおすすめです。 Speed Wi-Fi NEXT WX06 Speed Wi-Fi NEXT W06 それぞれの端末の特徴やメリットなどについて、くわしく説明していきます。 Speed Wi-Fi NEXT WX06 WiMAXのモバイルルーター端末「Speed Wi-Fi NEXT WX06」について、以下に性能をまとめました。 安定した通信に接続できる周波数を自動で選択してくれる端末です。 Speed Wi-Fi NEXT W06 この記事がすすめる、もう一つのモバイルルータ端末「Speed Wi-Fi NEXT W06」の性能は以下の通りです。 最大通信速度 下り 1. さらに、搭載されている「Wi-Fi TXビームフォーミング」機能が、スマホなど端末の位置を検知し、安定して電波を送信してくれます。 Speed Wi-Fi NEXT W06は、WiMAXが提供するモバイルルーターの中も 一番下り最大速度が速く、 高速通信が期待できる端末です。 最近WiMAXの申込が多くなっており、プロバイダによっては端末の発送まで2週間~5週間程かかります。 W06を早く手に入れたいなら、 カシモWiMAXから申し込むと 最短当日発送で手に入れることができます。 在庫情報は変動しやすいため、詳しくは公式サイトで確認しましょう。 次は、2つのルーターの速度に着目して比較してみましょう。 ホームルーターとモバイルルーターの速度比較 上で紹介したホームルーター、モバイルルーターおすすめの2つの端末の最大速度を比較すると、表のようになります。 タイプ ホームルーター モバイルルーター 端末 L02 W06 下り最大速度 1. 0Gbps 1. 2Gbps 上り最大速度 75Mbps 75Mbps なお、最大速度とは、ベストエフォート方式に基づく技術規格上の最大速度です。 利用環境や回線の状況によって、実際の速度は低下します。 最大速度に着目すると、モバイルルーター、ホームルーター間で 大きな差はないことがわかります。 ただし、ホームルーターの方がコンセントに差して利用する分、電波を飛ばす力はモバイルルーターよりも強くなります。 一方、モバイルルーターもスペック強化が進んでおり、「WiMAXハイパワー」という、電波が弱い時に送信パワーを上げて通信速度を改善させる技術なども発展しています。 ルーターの特徴や技術の進歩を加味すると、やはりWiMAXのルータータイプにより速度に大きな違いが出るということはありません。 どちらのルーターを選んでもWebサイトの閲覧や標準画質での動画視聴、スマホでのモバイルゲームであれば、 快適に利用できます。 次は、WiMAXの申し込み窓口の選び方について見ていきましょう。 WiMAXを契約する際のプロバイダの選び方 WiMAXは、申し込み窓口(プロバイダ)が複数あります。 プロバイダによって 同じサービス内容であっても、 月額料金や受けられるキャンペーン、割引額が異なります。 そのため、WiMAXのプロバイダ選びは重要です。 本記事では、月額料金が安くお得に使える、以下の4つのプロバイダからの申し込みをおすすめしています。 GMOとくとくBB• カシモWiMAX• Broad WiMAX• UQ WiMAX 以下で、4つのプロバイダの具体的な月額料金とキャンペーンの内容を紹介していきます。 最大30,000円のキャッシュバックを受けられるGMOとくとくBB GMOとくとくBBは、 高額な現金キャッシュバックをもらいたい人向けのプロバイダです。 GMOとくとくBBでは、オプション申し込み不要で最大 30,000円の高額な 現金キャッシュバックを受けられます。 また、各ルーターの 端末代金も無料で利用できます。 ただし、キャッシュバックの受け取りは端末発送から11ヵ月目と少し先に設定されています。 申請を忘れないようにしましょう。 GMOとくとくBBは、現金キャッシュバックを重視する人におすすめのプロバイダと言えます。 WiMAX回線提供元ならではの安心感UQ WiMAX UQ WiMAXは、以下のような人におすすめのプロバイダです。 WiMAXの回線提供元で 信頼できるところで契約したい• 利用月数によって月額料金が変わらないプランで契約したい• 口座振替で支払いたい UQ WiMAXは、WiMAX回線提供元のUQコミュニケーションズにより運営されているプロバイダであり信頼性が高いと言えます。 UQ WiMAXの月額料金は、2年継続プランで毎月 3,880円です。 UQ WiMAXでは他社プロバイダのように利用月数によって月額料金が変わりません。 わかりやすく、シンプルな料金体系が特徴となっています。 キャッシュバックなどの特典はないものの、おすすめできる申込窓口です。 また、UQ WiMAXでは、支払い方法に口座払いを選択することも可能です。 端末を追加で購入して、SIMカードを挿し替える• 2台分のWiMAXを契約する ひとつめに、ホームルーターとモバイルルーター2つの端末を用意し、SIMカードを挿し替えて使うという方法があります。 例えば、WiMAXを契約した際にホームルーターの利用を選択したとすると、それとは別にモバイルルーターの端末のみを購入します。 契約して得た1枚のSIMを、各端末に入れ替えて使うことで、ホームルーターモバイルルーターどちらでも利用できるようになります。 外出先ではモバイルルーターにSIMを入れ、帰宅後はホームルーターにSIMを戻すという使い方ですね。 もうひとの方法としては、2台分のWiMAXを契約するという方法が挙げられます。 ホームルーターとモバイルルーターそれぞれで契約を結び、2枚のSIMカードをそれぞれの端末に入れて使う方法です。 もちろん月額料金は2契約分かかるものの、データ使用可能量も2契約分あるため、大量の通信を行う人にはおすすめできる方法です。 3日で10GBという制限もあまり気にならなくなるのではないでしょうか。 外出先と帰宅後とで、都度SIMカードを入れ替える手間もなくなります。 まとめ ここまで、ホームルーターとモバイルルーターの違いを見てきました。 ホームルーターは置き型の端末で、コンセントにつないで使うため、モバイルルーターに比べ、安定して電波を送信することができます。 そのため、以下のような人におすすめです。 ホームルーターを選ぶなら こんな人に おすすめ ・主に自宅でWi-Fiを利用したい ・複数端末を同時に接続したい ・家族でWi-Fiを共有したい ・安定した通信速度で使用したい 選びたい端末 Speed Wi-Fi HOME L02 一方、モバイルルーターは小さく軽量なため、持ち運びに便利です。 外出先でWi-Fiを利用したい人にぴったりです。 そのため、以下のような人におすすめです。 モバイルルーターを選ぶなら こんな人に おすすめ ・外出先でWi-Fiを利用することが多い ・家の中に大きな端末を置きたくない ・スマホのデータ容量不足分を補いたい 選びたい端末 Speed Wi-Fi NEXT W06 WiMAXは同じサービス内容であっても、契約するプロバイダによって月額料金や受けられるキャンペーンが異なります。 そのため、プロバイダは料金や特典をよく見て慎重に選ぶ必要があります。 本記事を参考に、最適なWiMAXのルーターを選んでみてください。

次の

WiMAXのホームルーターはおすすめ? 評判とメリット・契約前の注意点を徹底解説

ホームルーター wimax

自宅でも外でも使え、複数台同時に接続可能なので、家に固定回線がない人にもおすすめ。 面倒な配線も工事も不要なので、届いたその日からすぐ使えます。 たっぷり使える「Flat ツープラス ギガ放題」と「Flat ツープラス」プランが選べます。 詳細はをご確認ください。 最新のエリア情報は、でご確認いただけます。 表記の通信速度はシステム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により異なります。 実際の通信速度は、通信環境やネットワーク混雑状況などに応じて低下します。 データ量を気にせず使いたい方におすすめ。 注意 事項 特典の適用条件に関しては、各種諸条件があります。 特典内容は予告なく終了または変更する場合がございます。 別途ユニバーサルサービス料が必要となります。 詳細はをご確認ください。 契約更新月以外に解約すると、がかかります。 So-net接続コース会員の方はこの費用が発生しません。 用途によって選べる機器。 申し込み特典で機器本体も送料も無料 モバイルルータータイプなら外でも家でも使えます• 外でも 軽量・スリムで持ち運びもらくらく。 クイック起動で取り出してすぐオン!• au 4G LTE• 最新のエリア情報は、でご確認いただけます。 表記の通信速度はシステム上の下り最大速度であり、ご利用機器や提供エリアの対応状況により異なります。 実際の通信速度は、通信環境やネットワーク混雑状況などに応じて低下します。 一部エリアで提供。 最新エリア情報はでご確認ください。 LANケーブル接続時は下り最大1,000Mbps、Wi-Fi接続時は下り最大867Mbpsです。 本サービスはベストエフォート型サービスです。 記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。 エリア内であってもお客さまのご利用環境、回線の状況等によって大幅に低下する場合があります。 また通信速度は機器の能力に依存します。 また、LTEオプション利用料が無料となります。 また、すでに両サービスをご利用中のお客さまも割引が適用となります。 ギガMAX月割の詳細はでご確認いただけます。 料金の支払いはいつから? 登録事務手数料や機器購入費などの一時金は、So-net から「サービス開始日のご連絡」メールが送信された月に課金され、月額料金は「サービス開始日のご連絡」のメールに記載されているサービス開始日を含む月の翌月より課金されます。 詳しくは• どれくらいで届くの? 最短でお申し込みの翌日に発送いたします お届け目安:お申し込みから2~3日程度。 対応機器を発送手配後、So-netより「対応機器の発送に関するご連絡」メールをお送りします。 届いたその日からすぐにご利用いただけます。 お申し込みいただいた機器をお受け取りになった日 ご本人様以外の方や、宅配BOXでのお受け取りも含みます がサービス開始日です。 詳しくは• 契約期間中に解約される場合は、契約解除料を請求させていただきます。 詳しくは• 実際の通信速度は、通信環境やネットワーク混雑状況などに応じて低下します。 下り最大440Mbps対応エリアの情報は、でご確認いただけます。

次の