養豚場 重力に。 三重)「作豚」誕生 銘酒「作」と養豚がタッグ:朝日新聞デジタル

SPATON テクノロジー

養豚場 重力に

Q 恋人のアパートに半同棲しており駐車場も二台借りてます。 真上の階が空き部屋だったのか最近ガスか電気なのか会社の人が来ているようですが 日中人がいないことを確認しているのか非なのか 相方は車庫つきのほうにとめて私自身は脇の小坂のところに停めるよう指示されたのでそこにとめております。 が 仕事終わり必ずアパートにいくのですが業者の車三台が車庫と小坂にとめておりましてや小坂には 真横に止められ車も停められません。 真上の階で作業していても話しかけるのもおっくうで契約者の恋人に電話をし管理会社へ電話を頼むことにしました。 この場合どうしたらいいのかわからずもよりのスーパーに避難してます。 猫がいるので不安だろうと心配です。 かりに私自らどいてほしいと言ってもいいのでしょうか A ベストアンサー 「すいませーん ここ自分が借りてる場所なんですけどー」って言えばいい。 「すいません 今どかします」か 「ちょっとお待ち下さい 今担当者が来ます」となるだろう。 もしそれ以外でどかさないのなら その会社をネットで調べて電話し 「オタクの会社が自分の駐車場に勝手に駐めている レッカー移動して良いか あるいは別のところに駐車するから 1日分の料金を支払ってもらえるか」とやればいい。 お金を支払った者がその権利を持つ。 直接的には恋人が契約者だが 代行として貴方が主張しても 特に問題はない。 その会社が権利侵害をしているのには変わりがないのだから。 そのくらいは勇気を出しても良いと思うが。 火災などの時に変圧器を切り離す役割も。 web. fc2. sdh. dooo. goo. >金銭的には減らそうが減らすまいが変わりませんか? いえ、金銭的に、処分するモノが多ければ多いだけ、 業者に依頼すれば、処分費も発生しますので、金銭的にも大きく違ってくると思います。 昔であれば、家を壊す時、 家の中にあるモノ(家財道具等)もそのままの状態で、一気に壊す事ができました。 しかし、今は、壊す時、 家の中の家財道具等は、全て取り出し(仕分けし)、空っぽの状態で壊す事に変わったのです。 なので、 今のうち、捨てられるモノは、燃えるゴミ等などで分別し、 無料(または、リサイクルショップに売るなど等)で減らしておくことをお勧めします。 ですが、 両親に 「いずれは弟が住むとき、壊すんだから、 今から捨てられるのもは処分して家財を減らそう」と言うのでは、 まるで、両親がいつ死んでもいいように今から準備するかのように囚われ、 それでは、現在、生存中の両親が あまりにも可哀そう… そこで、 ここは、1つ、『言い方』を変えて、伝えてみてはいかがでしょうか? 例えば、ご両親に 「これから、私も含め、皆、足腰も弱くなってくるから、 その前に(今、皆、体が動けるうち)1度、家の中を片付けておくのはどうかなあ? 1度、全てのモノを必要か、必要でないか、一緒に片付けてみない? 私も手伝うから。 」 と、両親も自ら『納得』してもらえそうな言葉で伝えてみてはいかがでしょうか? 「両親の為にも 今、必要か、必要でないかを分けておく事により、 将来、モノもどこにあるか取り出しやすく、過ごしやすい環境に変えてあげるお手伝いが出来たら」 と、伝えてみてはいかがでしょうか? 間違っても、 「いずれは、亡くなるでしょ? 亡くなってからモノを処分だと、お金が掛かるし、迷惑するのはのこされた子供たち! だから、その前に、家の中を片付けたい!」 と言う言葉を発してはいけません… 少しだけ言い方を変えることで、 ご両親の為にも、今、皆、元気で動けるうち、家の中を片付けておくことをお勧めします。 参考までに。 今年、私の知り合いが、3DKの中古の家を購入しました。 その家は、高齢のお父様が亡くなり、 遠くに住む相続された『息子さん』が売りに出していました。 知り合いは、購入する際、不動産に家の中を見せてもらった時、 庭に小さな物置が1つあり、他、 タンスや食器棚、テーブル、コタツ等の最低限の家具、 それから、最低限のカーテン等が残されていたので、 「引き渡しの際は、家の中に、何も無い状態でお願いします」 と約束したそうです。 引き渡しの当日、 相手の明細欄に、約25万円近い金額があったので、 仲介に入ったもらった不動産担当者の方へ 「この金額は、何の金額ですか?」と聞くと、 「これは、家の中の片付けた業者に頼んだ処分費用です」 と言っていました。 これは、タンスの中に洋服も入ってなく、 食器棚の中に食器もど入っていなく、 小物など、何も無い状態で、処分代として約25万円かかったそうです! 知り合いは、 「こんなに処分業者に支払うなら、 その分、購入代金を20万円でもいいから、下げてもらい、『現状渡し』で良かった! そうすれば、私の方で、タンスも、ノコギリで切って、燃えるゴミの日にだせば、無料だったのに…」 と嘆いていました。 なので、質問者様も金銭的を考えると、 業者に頼むのは、勿体ないと思い、書かせていただきました。 陽気も良いこの時期に、今後、 ご両親のためにも 家の中を片付けることで風通しも良くなり、 ご両親にとっても 安全で動きやすい動線が作れると思います。 >両親はどうせ壊すんだから関係ないと言います。 >金銭的には減らそうが減らすまいが変わりませんか? いえ、金銭的に、処分するモノが多ければ多いだけ、 業者に依頼すれば、処分費も発生しますので、金銭的にも大きく違ってくると思います。 昔であれば、家を壊す時、 家の中にあるモノ(家財道具等)もそのままの状態で、一気に壊す事ができました。 しかし、今は、壊す時、 家の中の家財道具等は、全て取り出し(仕分けし)、空っぽの状態で壊す事に変わったのです。 なので、 今のうち、捨てられるモノ... Q 私の家の前に立っている街路灯が、突然撤去されるというお知らせがありました。 道の全長のほぼ中間位置にある街路灯なので、その通りをある程度明るくしています。 撤去されるととうり全体が真っ暗になります。 (垂直に交わる道には街路灯があるので、そこからは明るくなります) 区のほうに問い合わせてみたところ、撤去依頼があったようです。 私と近所の人は一切しらない話で、区の方には近隣住民の話し合いの結果、撤去に至ったのではないか?と言われました。 おそらく隣の人が撤去依頼をしたのだと思っていますが、公道に立っているものを個人の都合で撤去できるものなのでしょうか? 私としては、撤去をやめさせたいのですが、どういう風に話を持っていったら良いのか、アドバイスをいただきたいです。 A ベストアンサー 街路灯撤去ですが、ある住民の苦情から撤去する可能性はじゅうぶんにあります。 作物に影響がある、夜眩しくて寝れく、病気になりそうだ。 などの苦情があれば、役所はなんらかの対応をしなければなりません。 光が拡散しないようにルーバーなどをつけて対応する場合もあります。 同じ場所でも眩しいという人もいれば暗いと言う人も居ます。 中には玄関が暗くなったなどの自分勝手な苦情を言う方も居るでしょう。 対応は区によっても、同じ区でも担当者によっても対応が異なると思います。 まずは撤去されては暗くて危ないので、農作物が近くにある場合や、眩しいと苦情があった場合はルーバーなどを灯具の中に入れて光の調整をしてみたらいかがでしょうか?と役所に提案してみた方が良いと思います。 誰に文句を言われようが 食べたいなら食べれば良いのです じゃあ、なぜマナーとして良くないのか 非常識といわれるのか、そこを考えるのが重要 考えられるものとしては2つ ・食べカスが散ら...

次の

何度でも使える! 悪臭を退治する吸着剤:WBS|テレ東プラス

養豚場 重力に

公園や駅のトイレのにおい、養豚場や養鶏場から漂う独特のにおい...。 町には「悪臭」とも感じられる、人が不快に思うさまざまなにおいがある。 できれば、自分の家はもちろん、公共スペースなどの生活の場も清潔で悪臭のない、クリーンな場所であってほしいもの。 今回は、そんなクリーンな社会が実現できそうな「トレたま」を紹介する。 北村まあさキャスターがつまんだこの粒、ペットのエサではない。 産総研ナノ材料研究部門の髙橋顕さんによると、これは「アンモニア臭を除去する材料」だという。 トイレなど、さまざまな場所で悪臭を退治することができるのだ。 これは役立ちそう... ! 早速その威力を試してみることに。 まずは、アンモニア水を用意。 これがにおいのもとで、とても臭い。 試しに、ティッシュに数的たらして北村キャスターがにおいを嗅いでみると、「くさっ!」と即座に顔をしかめる結果に。 この強烈なにおいのアンモニア臭を、装置の下にセットする。 装置にはファンがついていて、アンモニアのにおいを吸い上げるようになっている。 その上に紹介した粒をセット。 ファンが吸い上げ、粒を通して上がってきたにおいを嗅いだ北村キャスターは「全然臭くないです!」と感動の声。 下に置いたアンモニア臭をしみ込ませたティッシュを改めて嗅いでみたが、やっぱりまだしっかり臭うようだ。 きちんと粒の消臭効果が働いていることがわかる。 実はこの粒、油絵などに使われるこの青色の顔料からきている。 この顔料ににおいを消す効果を発見し、科学的に強くして使いやすい粒状にしたのだ。 この粒を大きなフィルターに詰め込み、そのフィルターを養豚場にセットすることで豚の小屋の中のアンモニア臭を除去するといった実験も進んでいるそう。 「市販の吸着剤に比べて5~100倍の吸着量を持っているんです」と髙橋さん。 さらにすごいのが、吸着した後に洗うことで何度も使うことができるそう。 一度買えば、繰り返し使えて経済的だ。 家庭のトイレや介護施設はもちろん、現在は粒状だが、粉状にすれば紙オムツの繊維に練り込んで使うこともできるので、用途も広がりそうだ。 今後さまざまな場所で、悪臭に悩まされることが少なくなるかもしれない。 【商品名】 銅プルシアンブルー粒状吸着材 【商品の特徴】 アンモニアの吸着率が高い小さな粒。

次の

何度でも使える! 悪臭を退治する吸着剤:WBS|テレ東プラス

養豚場 重力に

公園や駅のトイレのにおい、養豚場や養鶏場から漂う独特のにおい...。 町には「悪臭」とも感じられる、人が不快に思うさまざまなにおいがある。 できれば、自分の家はもちろん、公共スペースなどの生活の場も清潔で悪臭のない、クリーンな場所であってほしいもの。 今回は、そんなクリーンな社会が実現できそうな「トレたま」を紹介する。 北村まあさキャスターがつまんだこの粒、ペットのエサではない。 産総研ナノ材料研究部門の髙橋顕さんによると、これは「アンモニア臭を除去する材料」だという。 トイレなど、さまざまな場所で悪臭を退治することができるのだ。 これは役立ちそう... ! 早速その威力を試してみることに。 まずは、アンモニア水を用意。 これがにおいのもとで、とても臭い。 試しに、ティッシュに数的たらして北村キャスターがにおいを嗅いでみると、「くさっ!」と即座に顔をしかめる結果に。 この強烈なにおいのアンモニア臭を、装置の下にセットする。 装置にはファンがついていて、アンモニアのにおいを吸い上げるようになっている。 その上に紹介した粒をセット。 ファンが吸い上げ、粒を通して上がってきたにおいを嗅いだ北村キャスターは「全然臭くないです!」と感動の声。 下に置いたアンモニア臭をしみ込ませたティッシュを改めて嗅いでみたが、やっぱりまだしっかり臭うようだ。 きちんと粒の消臭効果が働いていることがわかる。 実はこの粒、油絵などに使われるこの青色の顔料からきている。 この顔料ににおいを消す効果を発見し、科学的に強くして使いやすい粒状にしたのだ。 この粒を大きなフィルターに詰め込み、そのフィルターを養豚場にセットすることで豚の小屋の中のアンモニア臭を除去するといった実験も進んでいるそう。 「市販の吸着剤に比べて5~100倍の吸着量を持っているんです」と髙橋さん。 さらにすごいのが、吸着した後に洗うことで何度も使うことができるそう。 一度買えば、繰り返し使えて経済的だ。 家庭のトイレや介護施設はもちろん、現在は粒状だが、粉状にすれば紙オムツの繊維に練り込んで使うこともできるので、用途も広がりそうだ。 今後さまざまな場所で、悪臭に悩まされることが少なくなるかもしれない。 【商品名】 銅プルシアンブルー粒状吸着材 【商品の特徴】 アンモニアの吸着率が高い小さな粒。

次の