韓国 ドラマ 僕 が 見つけ た シンデレラ。 僕が見つけたシンデレラOST・挿入歌は?動画付きで紹介!

僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~ 視聴感想 韓国ドラマ|ドラマほびっと

韓国 ドラマ 僕 が 見つけ た シンデレラ

僕が見つけたシンデレラの視聴率と平均は?最高視聴率の話数はコレ! ドラマの内容としてはファンタジーも入り混じっていて、視聴者側からすると ありえない設定ですから視聴率も低いのでは・・・?なんて感じてしまいますよね。 それでは早速、ドラマ「僕が見つけたシンデレラ」の 視聴率と 平均視聴率、 最高視聴率はどの話数になったのかご紹介します。 僕が見つけたシンデレラの視聴率と平均視聴率 まずは、ドラマ 「僕が見つけたシンデレラ」の全話視聴率一覧をご覧ください。 【全話視聴率(ニールセンコリアより)】 話数 視聴率 第01話 2. 882% 第02話 2. 827% 第03話 3. 479% 第04話 4. 331% 第05話 3. 868% 第06話 4. 437% 第07話 4. 296% 第08話 4. 281% 第09話 3. 814% 第10話 3. 552% 第11話 4. 147% 第12話 4. 759% 第13話 4. 689% 第14話 5. 317% 第15話 5. 209% 第16話 5. 181% 【視聴率まとめ】• 最低視聴率: 2. 827%• 最高視聴率: 5. 317%• 平均視聴率:4. 192% 一覧を見ていただいてもわかるように、初回は2%と低視聴率からのスタートとなりました. しかし、話数が進むほど上がっていき、最終回あたりでは 2倍以上になった事でも話題となりました。 317%を獲得したのは第14話でした。 ちょっぴりあらすじを見てみると・・・ 【 第14話:あらすじ】 ある事を知った事で、罪悪感と共に絶望に暮れるセゲ。 そんなセゲをひたすら心配するドジェですが、その理由を知る事になります。 それでもセゲに対する想いは変わらず、セゲを心配します。 そんなドジェをさらに 窮地に追い込むように、会社でもキム理事との問題が・・・。 セゲの女優引退を知ったドジェは、ショックと驚きを隠せません。 そこへセゲからの 別れの電話が。 急いでセゲの家に向かったドジェでしたが、そこにセゲの姿はなく、成すすべのないドジェは泣き崩れてしまうのでした。 僕が見つけたシンデレラの視聴率と平均は?最高視聴率の話数はコレ!まとめ () いかがでしたか? 今回はドラマ「僕が見つけたシンデレラ」の• 視聴率と平均視聴率• 最高視聴率の話数 についてごご紹介をさせていただきました。

次の

僕が見つけたシンデレラ~Beauty Inside~ | BS11(イレブン)

韓国 ドラマ 僕 が 見つけ た シンデレラ

2020. 誰もが好きなところではないでしょうか?この僕が見つけたシンデレラは映画の原作があります。 それはハン・ヒョンジュが主演を務めた映画「僕が見つけたシンデレラ」。 この映画をリメイク作品して再登場したのが、ドラマ版の僕が見つけたシンデレラになります。 映画とは少し違いドラマ版には、愉快でありながらもロマンチックな要素が盛りだくさん! これだけでも気になってきますよね。 そして設定もちょっと面白いんです。 ヒロインがちょっと変わった病気を持っています。 それは一ヶ月に一度、一週間だけまったく別人の姿になってしまうということ。 エェ??なんて思ってしまいますが、これを違和感なく面白くソ・ヒョンジンが演じてくれています。 ラブコメが好きな方にはオススメな作品になること間違いなし! 俳優たちも豪華に豪華。 ソ・ヒョンジンにイ・ミンギ。 それに特別出演してくれた俳優たちも多いよう。 今日の自分。 明日の自分。 僕が見つけたシンデレラ あらすじ 人気者のトップスターであるハン・セゲ。 女優主演賞を受賞することになり、舞台へと上がろうとしますが、受賞する前に慌ててその場を立ち去ってしまうことに。 セゲには人とは違う、ある特殊な病気がありました。 それは一ヶ月に一度、一週間だけというサイクルで、全くの別人に姿を変えてしまうという謎の病。 誰にでも理解されないであろうこの病に気づいたのは二十歳の頃。 ヨーロッパへ旅に出た先のことでした。 そしてそれから何度も別人に姿を変えてしまうことに。 ある日ティロード航空会社は、イメージモデルとしてセゲを起用していたものの問題が起きてしまいます。 その航空会社の本部長であったドジェは、セゲに全ての責任を問うためにセゲがいるという病院へ向かうことになりますが・・。 「 僕が見つけたシンデレラ-各話あらすじ」はこちらから ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。 見どころポイント このドラマの見どころは、何と言ってもソ・ヒョンジン演じる役のセゲ。 セゲは一週間ごとに別人の姿になってしまう病気を抱えています。 そレでも明るいセゲ。 別人の姿を違和感なく演じている部分にも注目してほしいと思います。 そして何と言っても、特別出演した俳優陣が多いのもこのドラマの魅力かなと感じます。 ドラマを見ながらどんな俳優たちが、特別出演をしているのか要チェックです。 僕が見つけたシンデレラを見逃した!どうしても続きを動画で見たい場合は? 韓国ドラマ『僕が見つけたシンデレラ』を見逃した、先がどうしても気になる場合には、U-NEXTで視聴する事ができます! 1話216円と見放題のドラマではないのですが、最初に登録すると600ポイントもらえるので2話無料で視聴することができます!見逃した部分だけチェックするには充分ですね! 31日間のお試し期間内に解約すれば一切お金はかかりませんので安心して登録できます! 動画視聴サービスは色々とありますが、 僕が見つけたシンデレラはU-NEXTの独占となっているので他のサービスでは視聴できません。 僕が見つけたシンデレラ 評価・レビュー 韓国ドラマ「僕が見つけたシンデレラ」の評価レビュー&感想です。 ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。 韓国では以前に映画としてリメイクされたことがありました。 そのリメイク版ということになるみたいなのですが、開いてみると映画とはまた全然違っていて楽しめる。 ソン・ヒョンジン、イ・ミンギ、アン・ジェヒョンなど、演技力のある俳優たちがドラマを固めていたことも大きかったと思います。 実は最初に視聴する前、タイトルだけ見てこのドラマ面白いのかなぁと思っていた部分があるんです。 ドラマのタイトルって意外にも視聴するかしないかの判断材料にもなったりしますよね。 タイトルが興味を引くものであればきになるし見たいと感じる。 今回はそうでもない感じからの視聴でしたが、やはりタイトル敬遠は良くないと今回思いました。 だって見てみるとハマってしまい、どんどんドラマに引き込まれていきましたから。 ドラマの設定もよく、斬新といえば斬新。 普通はありえない設定。 一ヶ月に一度一週間だけ、別人に姿を変えてしまう病気。 もしもこんな病気に自分がなったら、発狂してしまいそうですがセゲは10年もの間やり過ごしてきました。 そのセゲと人の顔が認識できない病気を持つ、ドジェが出会ったことで生まれていくロマンス。 初めはお互いがお互いを理解できず、対立し合いましたがどんどん相手を理解することによって相手に引かれていく。 二人が出会ったのは運命だったのだと思います。 残念な点としては、ウミの恋愛模様が描かれていなかったこと。 突然結婚します宣言で誰と結婚するのかもよくわからずじまい・・・。 勿体無いなぁ。 てっきりドジェの秘書と、ロマンスが生まれるかと期待していたので残念。 もっとも残念だったのは、セゲの病気についてです。 セゲの病気はドラマの最終回では、変身する感覚が伸びてきていて、三ヶ月変身していないとある意味では病気の完治も近いことを感じる内容でしたが、セゲが10年前になぜ突然病気になってしまったのか?その理由が描かれておらず、結局どうしてセゲが病気になったのか今もわかりません(笑) 私が見逃してしまったのかも?と思ったりもしますが・・・。 この点が描かれていたらよかったなぁ・・。 ドジェの病気は治ったのですから。 主人公(ヒロイン)から脇役まで、登場人物の詳細をリスト表示。 主演俳優・女優および共演者情報など、出演者プロフィールが一目でわかります。 ハン・セゲ役 (ソ・ヒョンジン) 誰もが認めるトップ女優。 ライバルはチェ・ユリ。 韓国ではベテラン女優でありトップ女優であり、やっかまれるのも妬まれるのも日常茶飯事で慣れたもの。 トップ女優でありながら、実は親友の二人だけしか知らない秘密を抱えている。 普通の人には考えられもしない病気だ。 一ヶ月の中の一週間だけ、目がさめると自分ではない誰かに姿を変えてしまう病気だ。 自分自身にもなぜこのようなことが起きるのか解明できない。 魔法でもなければ、呪いにでもかけられたとしか説明ができない。 20歳で発症してから早10年。 いつ終わりが見えるのかもわからない。 いつの間にかこの状態に慣れつつある。 そんな時、賞を受賞することになったのだがまたあの違和感が・・・・。 予感どおり変身したセゲ。 身を隠すほかないがマスコミに騒がれ、契約した航空会社の部長とやらには目をつけられ・・。 部長とやらに初対面する病院の屋上だったが。 ソ・ドジェ役 (イ・ミンギ) ソンホグループ会社のティーロード航空に勤務。 肩書きは本部長だ。 過去におばあさんを助けるために、車に飛び込み大怪我をすることになった。 そのことで目は見えるものの、人の顔が認識できなくなってしまう顔面認識障害という病気を患うことに。 初めは絶望した。 自分の顔さえわからない。 母親の顔の記憶はあるものの今現在の顔さえわからない。 誰にもわからないよう努力した。 母親以外の家族さえも気づかないよう必死に。 病気を支えてくれたのは、今も一緒にいる秘書のおかげでもある。 根気よく努力に取り組み、着ているものや匂いに歩き方一つ一つ覚えた。 ここまでして登ってきた、順調な人生をなくしてしまうわけにはいかない。 それを今危機に陥れた人物がいる。 そう女優のハン・セゲだ。 自身の航空会社のイメージキャラクターに起用したハン・セゲ。 問題を起こし雲隠れした挙句、当社のイメージも落ちてしまうことは許されない。 カン・サラ役 (イ・ダヒ) ドジェの義理の妹であり、ソンホグループの中のワンエアー航空代表者。 兄であるドジェに対し敵対心を持っているのは事実だ。 一度記憶したことは、何があっても絶対に忘れはしない。 賢かった幼少期。 周りの自分を見る目。 優越感に浸っていた快感を忘れることができない。 父の再婚によってドジェの妹になった。 きつい女にだって婚約者と呼べる人間はいる。 ただ愛していないだけだ。 自分の野望を手に入れるための婚約者だ。 愛など信じていないけれど、どこかで愛に飢えているのも事実。 そんなある日、変わった男に出会う。 リュ・ウンホ役 (アン・ジェヒョン) 小さい頃からの夢は神父。 神父になりたくてこっそり教会に通う日々。 神父の夢を叶えたくて神父のための学校に行くことにした。 だが両親は夢に大反対している。 特に母親には・・・。 幼馴染には大女優のセゲがいる。 セゲとは同じ幼稚園でその頃からの付き合い。 こういうのをうんざりするほどというのだろう。 セゲと友人であることを羨む人間もいる。 セゲがどんな秘密を抱えているかも知らず。 自分でもまだ理解できないでいるセゲの秘密。 時には男の姿になり、時には幼い子供になるセゲを未だに理解できず、ただ人間なのだと認識することにしている。 自分が神父になる理由はそれだろうか? 神父になるべく運命の男であって、そのためにセゲの秘密を知ってしまった。 セゲを守るべく守らざるをえないのかもしれないと考えている。

次の

『僕が見つけたシンデレラ』主要キャスト・相関図をご紹介!

韓国 ドラマ 僕 が 見つけ た シンデレラ

Contents• 韓国ドラマ『僕が見つけたシンデレラ ビューティーインサイド 』のOST・挿入曲一覧 韓国ドラマ「僕が見つけたシンデレラ」のOSTは、1枚組で2018年12月14日に発売されています。 オシャレ感が漂うアコースティックな音楽や、しっとりと歌い上げるバラードなども含まれており、何とも感動的な作品に仕上がっているのがポイント。 ドラマに似合った音楽で、より一層心をしめつけるようなトキメキが訪れること間違いなしです。 収録曲は全部で24曲と、聞きごたえがあるのが嬉しいですね。 【CD】• Will• 雲 Inst. The Beauty Inside With 2morro Inst. 夢のように降りた Inst. 私の人生に美しい Inst. Goodbye Inst. The Love Inside Inst. On The Road• Beauty Inside Opening• HIT ON• 世紀のカップル• ドキドキラテ• Oh Ma Na Ye• STOP IT• Oh No! 2 Ukulele ver. Only you• 1 2morro ver. html 韓国ドラマ『僕が見つけたシンデレラ』のOSTの感想 僕が見つけたシンデレラ。 willさんが歌うメインテーマが素敵すぎて OSTを買っちゃいました🎵 届いてからずっと聴いてます🎵 今日で最終回です。 willが歌うOSTが一番好き.. 映画も是非。 しかも、主題歌がとっても素敵だと書かれています。 韓国ドラマは特に音楽ありきで見る方も多いので、かなり重要だといえます。 が、しかし、ドラマにマッチしている曲を持ってくるので、1度見るとその世界観にはまってしまう方が続出なのです。 韓国ドラマは、内容、キャスト、そしてOSTと、トータルではまってしまう方が多いのがわかりますね。 『僕が見つけたシンデレラ』OST・歌詞(和訳)をご紹介!主題歌・挿入歌・MV動画付き!まとめ こちらでは、韓国ドラマ「僕が見つけたシンデレラ」のOSTや歌詞和訳などを、視聴者の感想と共にまとめてきました。 OST曲はそのドラマのバックにかかる音楽というだけではなく、その物語全体をしっかり華やかにしてくれるから嬉しいですね。 特に韓国ドラマのOSTは、音楽だけを聴くだけで楽しめてしまうほどクオリティーが高いので、ぜひ「僕が見つけたシンデレラ」をOSTと共に楽しんでくださいね。

次の