もしも蚊がいなくなったら。 蚊って雨の日も飛ぶの!?もしヒットしたら死んじゃうんじゃ...

蚊が絶滅したら生態系は崩れる?存在意義や絶滅させる方法は?

もしも蚊がいなくなったら

ゴキブリの捕食者はカエル・クモ・トカゲなどです。 ゴキブリや蚊・ハエなどといった虫は生態系にとても大切です! 捕食者、つまり敵が多い動物ほど種類や数が多いです。 ゴキブリが居なくなったらまず捕食者が絶滅の危険に晒される事になると 思います。 それに家庭にいるゴキブリはきわめて雑食性です。 ゴキブリは森林や熱帯雨林に生息し、動物の死骸や落ち葉などを食べ 微生物と同じ「分解者」という役割を果たしています。 恐竜時代や哺乳類の祖先が栄えた時代もゴキブリは餌となって哺乳類の祖先や小型恐竜に捕食されていました。 ゴキブリのおかげで私たち哺乳類の祖先は生き残れたのです。 今、地球に存在する生物(植物含)は何か役割があってこの世に誕生します 蚊だったり、ハエなどもゴキブリと同じ食物連鎖の下の方にいます。 彼らを絶滅させてしまったら、まず最初にカエルが絶滅するでしょう。 そしてヘビ、鳥・・・のように絶滅していきます。 私的には、「ヒト」は何のために生まれてきたかわかりません。

次の

もしもカカロット(孫悟空)みたいな蚊がいたら【ブロリー×蚊蚊ロット】

もしも蚊がいなくなったら

スポンサードリンク 蚊が絶滅して崩れるバランスの予想• ボウフラの餌の植物プランクトンが増えて、他の害虫が増える。 ボウフラを餌とする魚や昆虫が、別の食べ物を探し生態系が崩れる。 植物の受粉がうまくいかなくなり、絶滅する植物が増える。 成虫を餌とするトンボやクモなどの昆虫が他の生物の捕食を初めて生態系が崩れる。 これらはあくまで一説で必ずこの通りになるとは限りません。 蚊は生態系の中ではかなり下位の存在ですが、それを餌にしている生物も多いので、いなくなれば代わりを探すしかないですよね。 もしかすると蚊は私たちの気付かないところで何か別のウイルスなどに関わっていて、人間に影響を及ぼさないような役割があるのかもしれません。 良くも悪くも蚊が生態系の中に大きくかかわっているのは確かなので、どうなるかというのは絶滅してみないとわからないところでしょう。 蚊の存在意義って何なの? この 蚊の存在意義ですが、人間の血を吸いかゆみや腫れを引き起こすだけではなく、デング熱やマラリアなどの伝染病を媒介したり、犬や猫のフィラリアの病気を運んできます。 蚊の存在は人間にとっては邪魔な生き物で、 最も恐ろしい生物は蚊と言う学者も多いくらいです。 日本はまだ比較的安全ですが、アフリカなどの地域では年間で何万人も感染者を出しています。 人間にとっては厄介な蚊ですが、先ほども触れたように生態系の中ではいろんな生き物のタンパク源となっているので、それだけでも存在意義はありますね。 また植物の受粉にもかかわっているため、植物の種の保存にも一役買っているのでしょう。 だから蚊の存在意義は、地球規模で考えると大きな意味を持っていると思います。 人間に対する蚊の存在意義は? 人間にとっては存在意義がなかなか感じられないかもしれませんが、実は蚊の血液を吸う針にヒントを得た 無痛針というのも開発されました。 いま家の周りにたくさんいる蚊に刺されたくない こっちの方が切実な願いじゃないでしょうか。 まずは家の周りに蚊を発生させない、発生しそうなポイントを潰していく。 といったことが大切になってきますよね。 蚊の発生には水場が必ず必要で、家の近くに田んぼや池があると蚊が発生しやすくなります。 その場合はさすがに駆除や対策するのは難しいですが、住宅街などで蚊が発生しそうな場所が、実は結構身近にあります。 例えば、• 雨水の水たまり• 鉢受けの皿• タイヤの中• 空き缶の中• バケツやジョウロの中 こういった場所にも水がたまることってありますよね。 だから近くに田んぼや川がなくても、家のそばにこういった水場があれば蚊の発生原因になってしまうんです。 雨上がりの日とか水が溜まりそうな場所がないか確認して、できるだけ発生原因を作らないようにしましょう。 また、蚊が発生する水場のポイントとして、• 薄暗い場所• 風通しの悪い場所• 落ち葉や草木の多い場所 こんなジメジメした場所にある水場に発生しやすいようです。 また、家の中にも蚊が産卵しそうなポイントはたくさんあります。

次の

もしあの生物が存在しなかったら

もしも蚊がいなくなったら

2015年02月09日 12時00分 もしも人類が絶滅してしまったら地球はどうなってしまうのか? By 人間は新たに川を造ったり海に人工の島を造り出したり山を平地にしたりと、地球の地形や環境を変えてしまうほど大きな変化を与えられる、地球上で唯一の生物です。 もしもそんな人間が地球上からいなくなってしまった場合、地球は一体どうなってしまうのかを がムービーで解説しています。 地球上から人間がいなくなった場合、最初の数週間は混沌とした状態が続きます。 まず、人間がいなくなると数時間以内に発電所は燃料を使い果たしてしまい、運転が停止してしまいます。 その影響で街中からは光が消え、通電柵も意味を成さなくなるので、世界中の15億頭以上の牛や約10億頭のブタ、200億羽の鶏などの家畜が餌を求めて家畜小屋や柵の中から飛び出すことに。 動物に餌を与える人がいなくなるので、家畜のほとんどは飢え死にするか、世界中に5億頭以上いる犬やそれと同数程度いると考えられている猫のエサになります。 ただし、犬や猫の人工的に改良された品種は野生での生活に適さず、恐らくはより丈夫な雑種犬やオオカミ、コヨーテ、山猫などの標的になることが予想できます。 また、ネズミやゴキブリは人間がいなくなることで大きく個体数を減らし、ヒトジラミやアタマジラミのような生物は絶滅してしまうことに。 都市では多くの有名な大通りが川になり…… 電気ポンプが動作しなくなるため、地下鉄は水没するでしょう。 そして、通りや建物は雑草やツタだらけになり、大きな植物や木が生い茂ることになる見込みです。 しかし、街が水没して草木に覆われる前に、多くの都市が「火」によって徹底的に破壊し尽くされる可能性が大きいそうです。 これは現代の住宅、特に郊外の住宅では多くの木材が使用されており、一度落雷で住宅に火が着いてしまえば辺り一帯が焼失してしまうから、とのこと。 一方、地方の住宅も木材は数十年以内に破壊し尽くされる、とのこと。 この原因は「火」ではなく「シロアリ」やその他の による犯行の可能性が高いようです。 人間がいなくなって100年ほど経過すれば、ほとんどの木材建造物がなくなります。 そして、残るのは建物の基礎や車などに使われているスチールなど。 しかし、これらもほどなくして腐食していきます。 例えばスチールはそのほとんどが鉄でできており、表面にコーティングがなければすぐに酸素と反応してさびてしまうので、これらの寿命も人間がいなくなってしまえばそれほど長くないようです。 そして人間がいなくなって数百年が経過すると、世界中のほとんどの動物は人間が誕生する前の生活水準に戻ることになります。 しかし、生物の生息分布だけは人間に変更されたまま残る見込みで、例えばラクダがオーストラリアに生息していたり、北アメリカにヨーロッパから輸入された多数の鳥たちが生息していたり、グレートプレーンズにライオンが生息していたり、南米にカバが生息していたりといったことが起きる見込み。 なぜこのようなことが起こるのかというと、世界中の動物園から逃げ出した動物たちがそのまま新たな生態系を形成することになるからです。 また、人間がいなくなってからも残るものとしては、ラジオや衛星、電話などから発せられる電磁波も、半永久的に地球に残ることになるようです。 プラスチックや硫化ゴムなどの化学的結合物は、バクテリアなどが物質を分解する際に使う消化酵素の影響を受けません。 なので、金属とは異なりプラスチックはさびず、腐食しません。 こういった物質が消滅することはないので、水に流されて海にぷかぷか浮かぶか、土の中に埋もれるかのどちらかの方法で地球にそのまま残ることになります。 もちろん、地球上に何が残り何がなくなるのかは環境に大きく左右されますが、砂漠ではより多くのものが長く残ります。 これは、砂漠には腐食を進めたり分解をサポートする「水分」が少ないためです。 また、炭素循環が二酸化炭素のレベルを数千年前のレベルに戻してくれている可能性もあります。 さらに、有機化学物質や放射性物質も長く地球上に残る物質のようです。 人間が手を加えたものばかりが次々と消滅していく、というのはなかなかに驚きの結果です。

次の