コロナ ウイルス 感染 者 数 東京。 国内で新たに82人感染 東京は48人―新型コロナ:時事ドットコム

市内の新型コロナウイルス感染症の患者数について 東京都府中市ホームページ

コロナ ウイルス 感染 者 数 東京

新型コロナウイルス【感染者数-都道府県別】グラフ・マップ表示 各サイトそれぞれ特徴がありますので気に入ったサイトがあればいいですね。 東洋経済オンラインが発表しているデータです。 「1日ごとの発表数」は、 新たな感染者数の細かな推移が確認できます。 世界版と日本版がタグで切り替えできます。 世界でどんな規模・速さで広がっているのか。 世界全体の感染者数(マップ) 国別の新規感染者数(グラフ) 世界全体の新規の感染者数(グラフ) 世界全体の新規の死者数(グラフ) 日々の推移を地図上のバブルチャートで表示。 一般のプログラマーなどが意見を出し合いながら修正していく「オープンソース」で制作しています。 「日本ならではのやり方で、わずか1か月半で流行をほぼ収束させることができた」と一定程度以上成功したことを強調した。 — Yahoo! 消毒液は、水洗いができない場合に使うことで効果があるという。 消毒液は品薄状態で、政府がメーカーに増産を要請した。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 日本での新型コロナウイルスの終息はもう少し先になりそうです。 しかし、これほど世界中に広まったコロナは本当に終息できるのかはわかりません。 最新の情報をチェックしてください。

次の

新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ・感染者数(30日18時時点)

コロナ ウイルス 感染 者 数 東京

更新日:2020年6月30日 港区内における新型コロナウイルス感染症の感染者数(みなと保健所発生届受理数) 区民の生命・身体・財産を守ることを第一に、感染拡大を防止するための区民への注意喚起を図るとともに、区民の不安を払拭し正確な情報を届けるため、みなと保健所に届出のあった新型コロナウイルス感染症の感染者数について公表しています。 港区内の医療機関で感染者が確認された場合、当該医療機関は、みなと保健所に対して、感染者の発生の届け出を行います。 公表している感染者数は、みなと保健所で受理した発生届に基づく人数です。 住民登録地別で集計している東京都の公表数とは異なります。 区民の皆様への注意事項• 6月22日から6月28日までの週毎の感染者数は、15人で、前週より増加しました。 感染原因は感染経路不明が半数で、他に飲食店で働く方の感染が確認されています。 都内において、会食でのクラスターが発生しています。 会食は、体調管理の上、少人数で行い、長時間にならないよう注意しましょう。 都県をまたぐ移動の自粛が緩和されたことにともない、人の移動が増えています。 「3つの密(密閉・密集・密接)」を避け、「人と人の距離の確保」「手洗い」「咳エチケット」を徹底してください。 暮らしや働く場での感染拡大を防止する習慣「新しい日常」を、一人一人が実践していきましょう。

次の

国内で新たに82人感染 東京は48人―新型コロナ:時事ドットコム

コロナ ウイルス 感染 者 数 東京

東京都は、24日、都内で新たに10代から70代までの男女合わせて55人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。 このうち20代と30代が合わせて41人と全体のおよそ75%を占めています。 55人のうち、23人は今のところ感染経路がわかっておらず、残りの32人はこれまでに感染が確認された人の濃厚接触者だということです。 また、55人のうち、9人は同じ職場で働く20代の男女だということです。 この職場ではこれまでに7人の感染が確認されていて、感染者は合わせて16人となり、都は集団感染が起きたとみています。 このほか20人は夜の繁華街に関係する人で、このうち12人が集団検査で感染が確認された新宿区のホストクラブの関係者だということです。 これで都内で感染が確認された人は、合わせて5895人になりました。 一方、都は感染が確認された70代の男女2人が死亡したことを明らかにしました。 これで都内で死亡した感染者は合わせて325人になりました。 東京都は、引き続き、いわゆる3つの密を避け、手洗いやうがいを徹底するなど感染拡大防止の対策をとるよう呼びかけています。 東京都内で新たに55人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたことについて、経団連の中西会長は24日の記者会見で「新型コロナウイルスは克服されたわけではなく、事態がまだ解決していないことが改めて再確認された。 さらに広がらないように抑え込みながら経済活動を徐々に立ち上げていくという大変難しいことにチャレンジしなければいけない」と述べ、感染がさらに拡大しないよう慎重に経済活動を進める必要があるという考えを示しました。 また、同じ職場内で相次いで感染が確認されたことについて、中西会長は「相当慎重に毎日の生活を送らなければならない」と述べ、感染が広がらないよう職場も含め毎日の生活の中で対策を徹底する必要があるという考えを示しました。

次の