小泉今日子 検察庁。 小泉今日子ら芸能人も続々抗議 検察庁法の改正案(THE PAGE)

小泉今日子ら芸能人も続々抗議 検察庁法の改正案(THE PAGE)

小泉今日子 検察庁

net 役職定年の延長などが盛り込まれた「検察庁法改正案」について、政府は今国会での成立を見送るという。 小泉今日子はじめ芸能人・著名人がツイッター上で、「 検察庁法改正案に抗議します」というハッシュタグをつけ投稿する運動が続いていたが、それらが世論を動かしたといってもいいだろう。 きゃりーぱみゅぱみゅは謝罪した上で5月11日までに投稿を削除したが、浅野忠信、井浦新、秋元才加、メンタリストDaiGo、ラサール石井など数十人におよぶ著名人が意思を表明した。 さらに数日後には再び小泉が、 《私、更に勉強してみました。 読んで、見て、考えた。 その上で今日も呟かずにはいられない。 検察庁法改正に抗議します》 と改めて投稿。 また女優の岩佐真悠子も遅れながらも、 《中卒でね。 元ヤンとかって事になってるけど、ちゃんと一応色々勉強してるしバカではないの 検察庁法改正に抗議します》 と意思を表明。 コメント欄には、 《中卒なんて関係ない!》《抗議表明ありがとう!》 という賞賛する声が多い。 小泉さんに関しても同様です。 勉強したとはいっても、どこがどうおかしいのか、本人の言葉では説明されていません。 ましてやハッシュタグのみを投稿している芸能人もいるので、本当に何が問題か理解している人がどれだけいるのか、という疑いを持たれているのでしょう。 《検察庁法改正案の要点はどこ?》 と、ツイッターの中で広く意見を求めたのだ。 これによって両論の主張が数多く集まっているので、本田は客観的に見ることができると考えているのかもしれない。 SNS上でも、 《本田は知ったかぶりせずに聞いているからカッコイイ》 と言った意見が散見された。 そして検察の実態を過去に目の当たりにした堀江貴文氏が、ついに動画をYouTubeに投稿。 動画のタイトルは《検察庁法改正案に抗議しますとか言ってる奴ら全員見ろ》だ。 その時に検察の強大な権力を痛感し、その後徹底的に検察の歴史から勉強しなおしたそうです。 動画では検察官の定年の延長などは全く問題ではないとして、むしろ今まで検事総長を検察局の中で決めて、その後に内閣が追認する程度だった方が問題であると。 内閣が発言権を持ってトップの人事に関与した方がいいと言っていました。 ちなみにこの動画は投稿から12時間程度で100万回以上再生されるほど注目されている。 「どこまで強い意思を持って訴えているのかは本人しか分からない。 net この法案は基本的には安倍の問題じゃない。 安倍が辞任した後にも影響する。 検察の権力が巨大になって政府自体どころか、国家を歪める危険すらある。 中立的な立場の人なら、安倍を批判する連中が検察を悪用してる可能性のほうに意識が行く。 これだけ大勢の馬鹿を利用して抗議させてる連中だって相当怖いんだから。 そういう連中の親玉が首相になった時に悪用される。 安倍が悪用できるなら、抗議させてる連中だって悪用できるんだから。 安倍が〜といって踊ってる連中をただの馬鹿と見てみぬ不利できないのは理由がある。

次の

小泉今日子さん「国会中継見てます」 検察庁法批判続く [検察庁法改正案]:朝日新聞デジタル

小泉今日子 検察庁

net 役職定年の延長などが盛り込まれた「検察庁法改正案」について、政府は今国会での成立を見送るという。 小泉今日子はじめ芸能人・著名人がツイッター上で、「 検察庁法改正案に抗議します」というハッシュタグをつけ投稿する運動が続いていたが、それらが世論を動かしたといってもいいだろう。 きゃりーぱみゅぱみゅは謝罪した上で5月11日までに投稿を削除したが、浅野忠信、井浦新、秋元才加、メンタリストDaiGo、ラサール石井など数十人におよぶ著名人が意思を表明した。 さらに数日後には再び小泉が、 《私、更に勉強してみました。 読んで、見て、考えた。 その上で今日も呟かずにはいられない。 検察庁法改正に抗議します》 と改めて投稿。 また女優の岩佐真悠子も遅れながらも、 《中卒でね。 元ヤンとかって事になってるけど、ちゃんと一応色々勉強してるしバカではないの 検察庁法改正に抗議します》 と意思を表明。 コメント欄には、 《中卒なんて関係ない!》《抗議表明ありがとう!》 という賞賛する声が多い。 小泉さんに関しても同様です。 勉強したとはいっても、どこがどうおかしいのか、本人の言葉では説明されていません。 ましてやハッシュタグのみを投稿している芸能人もいるので、本当に何が問題か理解している人がどれだけいるのか、という疑いを持たれているのでしょう。 《検察庁法改正案の要点はどこ?》 と、ツイッターの中で広く意見を求めたのだ。 これによって両論の主張が数多く集まっているので、本田は客観的に見ることができると考えているのかもしれない。 SNS上でも、 《本田は知ったかぶりせずに聞いているからカッコイイ》 と言った意見が散見された。 そして検察の実態を過去に目の当たりにした堀江貴文氏が、ついに動画をYouTubeに投稿。 動画のタイトルは《検察庁法改正案に抗議しますとか言ってる奴ら全員見ろ》だ。 その時に検察の強大な権力を痛感し、その後徹底的に検察の歴史から勉強しなおしたそうです。 動画では検察官の定年の延長などは全く問題ではないとして、むしろ今まで検事総長を検察局の中で決めて、その後に内閣が追認する程度だった方が問題であると。 内閣が発言権を持ってトップの人事に関与した方がいいと言っていました。 ちなみにこの動画は投稿から12時間程度で100万回以上再生されるほど注目されている。 「どこまで強い意思を持って訴えているのかは本人しか分からない。 net この法案は基本的には安倍の問題じゃない。 安倍が辞任した後にも影響する。 検察の権力が巨大になって政府自体どころか、国家を歪める危険すらある。 中立的な立場の人なら、安倍を批判する連中が検察を悪用してる可能性のほうに意識が行く。 これだけ大勢の馬鹿を利用して抗議させてる連中だって相当怖いんだから。 そういう連中の親玉が首相になった時に悪用される。 安倍が悪用できるなら、抗議させてる連中だって悪用できるんだから。 安倍が〜といって踊ってる連中をただの馬鹿と見てみぬ不利できないのは理由がある。

次の

「#検察庁法改正案に抗議します」への否定リプに小泉今日子は屈せず…芸能人たちの反撃

小泉今日子 検察庁

小泉は自身が代表を務める制作事務所「株式会社明後日」のツイッターアカウントで9日深夜から「#検察庁法改正案に抗議します」とハッシュタグを付けて連続ツイート。 同アカウントは「代表取締役の小泉今日子が呟きます」としているアカウントで、同じハッシュタグの投稿が100万件を超えると「1. 000. 000超えました。 この目に焼き付けました。 おやすみなさい」とツイートし、その後も同改正案の問題点を解説するテレビ番組の動画をリツイートするなど抗議を続けている。 ほかにも井浦新が「もうこれ以上、保身のために都合良く法律も政治もねじ曲げないで下さい。 この国を壊さないで下さい」、演出家の宮本亞門氏も「このコロナ禍の混乱の中、集中すべきは人の命。 どうみても民主主義とはかけ離れた法案を強引に決めることは、日本にとって悲劇です」とツイート。 浅野忠信、きゃりーぱみゅぱみゅ、秋元才加、城田優、室井佑月、高田延彦らもツイートしている。 内閣の判断により検察幹部の役職定年を延長することが可能になる検察庁法の改正を含む国家公務員法改正案をめぐっては、検察庁に対する政権の恣意的介入の余地を増大させかねないとして反発の声が上がっている。 検察庁は日本の行政機関の中でも総理大臣を刑事訴追する権限を有するため、高度な独立性が求められている。 また、コロナ禍が続くなかで成立を急いでいるのはなぜ?と疑問を呈する声も出ている。 政府・与党は、定年延長ができる事由を事前に明示することにより定年延長の乱用は防止されているなどとして、今週中にも衆議院を通過させたい考え。 (文:志和浩司).

次の