味噌汁ファスティング やり方。 味噌汁ファスティングのやり方!実践日記(1日目)

ファスティング後の回復食に味噌汁がいい!?ファスティングの注意点や味噌汁の摂り方を解説

味噌汁ファスティング やり方

味噌汁ファスティングとは? 誰でも気軽に始めることができる味噌汁ファスティング。 味噌汁ファスティングとはどのようなものなのでしょうか。 具なしの味噌汁だけを飲む置き換え方法 味噌汁ファスティングとは、具のない味噌汁を食事の代わりに摂取する置き換え方法です。 通常のファスティングの場合、固形物の摂取を辞めて、酵素ドリンクやスムージーなどで栄養を摂取しますが、その代わりに具なしの味噌汁を摂取するのが味噌汁ファスティングです。 1日1食のみ~3食置き換える方法まである 味噌汁ファスティングの特徴は、種類が多いということ。 1日1食を味噌汁に置き換えるものから、2食を味噌汁にする方法、3食すべてを味噌汁に置き換えるという方法まで様々。 ファスティングの経験がないという人の場合、まずは1食を味噌汁にしてスタートすれば非常に気軽に挑戦することができます。 逆にファスティングに自信のある人や、より効果を得たいという人なら3食にするなど自分のスタイルに合わせて挑戦できるのが味噌汁ファスティングの特徴です。 味噌汁ファスティングの効果とメリット 味噌汁ファスティングは手軽に挑戦できるのが大きなメリットですが、それ以外にも様々なメリットがあります。 おいしく続けられる 通常のファスティングの場合、食事の代わりに使われるのが酵素ドリンクやスムージー。 しかし、酵素ドリンクは購入するとかなり高価なことが少なくありません。 一方のスムージーは、野菜を買ってくれば自宅でも作ることができますが、いちいちミキサーやジューサーを使ってスムージーを作り、それらを洗うというのはなかなか面倒なもの。 また、酵素ドリンクもスムージーも、あまり美味しくないという決定的な欠点があります。 しかし、味噌汁は日本人なら誰でも美味しく感じられるもの。 ファスティング以外でも普段から飲む機会が多いため、美味しく、長続きできるというのが大きなメリットです。 酵素ドリンクやスムージーの欠点としては、冷たい状態で飲まなければならないというものもあります。 摂取するカロリーを抑えるファスティングの場合、どうしても身体が冷えやすく、そこで冷たい飲み物を飲むと、胃腸の働きが悪くなることもありますが、味噌汁がうれしいのは温かい状態で飲めるということ。 このように、味噌汁ファスティングは様々な効果を持っているファスティングの方法です。 発酵食品から得られる効果 味噌汁ファスティングというと、手軽ではあるけれど、酵素ドリンクやスムージーの方が効果が高そうと思う人もいるかもしれません。 しかしそれは大間違い。 味噌汁を使ったファスティングは、酵素ドリンクやスムージーよりも、効果が高い場合が少なくありません。 その秘密は味噌汁に使われている味噌にあります。 味噌は日本を代表する発酵食品で、多くの栄養素が含まれています。 また、食物繊維や不飽和脂肪酸なども豊富。 これらの栄養素がもっとも影響を与えるのは腸内環境です。 もともとファスティングの目的は、普段は働く時間が長い胃腸に休息を与え、老廃物や不要物の排出を促すことにありますが、味噌汁は腸内環境を整えるだけでなく、食物繊維を摂取することで便秘の改善にも効果が期待できます。 また、味噌汁はしっかり水分も摂取できるため、デトックス効果もバツグン。 味噌汁ファスティングなら、酵素ドリンクやスムージーを使ったファスティングよりも高いデトックスの効果が期待できます。 味噌汁ファスティングのやり方 それでは、味噌汁ファスティングはどのように行えばよいのでしょうか。 赤味噌か豆味噌を使う 味噌汁ファスティングは普段の食事の代わりに味噌汁を摂取するというものですが、このとき、注意したいのがどの味噌を選ぶかということ。 一口に味噌といっても、赤味噌や白味噌、豆味噌、麦味噌、合わせ味噌など、様々な種類が販売されています。 通常の味噌汁であれば、自分の好みや地域性などで味噌を使い分けるものですが、味噌汁ファスティングの場合であれば、赤味噌や豆味噌を使用するのがよいでしょう。 というのも、白味噌や甘味噌といった種類の味噌には、意外に糖質が多く含まれています。 ファスティング中に糖質を多く摂取すると、血糖値が急上昇して血管にダメージを与えたり、糖尿病のリスクが増えたりといった可能性があります。 できるだけ糖質を減らすためにも、赤味噌や豆味噌がよいでしょう。 昆布だしを使用 味噌汁といえば、大切になるのがだしですが、味噌汁ファスティングを行うときには、昆布のだしがよいでしょう。 味噌汁のだしとしては、ほかにもかつお節やいりこだしなどがありますが、これら動物性の食材からとっただしは動物性たんぱく質を多く含んでいます。 この動物性たんぱく質は、ファスティング中の消化器官にとって、負担が大きすぎるもの。 そのため、味噌汁ファスティングを行うときには、昆布だしの実を使用するとよいでしょう。 味噌汁ファスティングの注意点 誰でも簡単に取り組める味噌汁ファスティングですが、実際に試してみるときにはいくつか注意したいポイントがあります。 インスタントの味噌汁はNG 味噌汁を飲むときにはいつも手軽なインスタントを使用するという方も少なくないかもしれません。 しかし、味噌汁ファスティングの場合、インスタントは避けたほうがよいでしょう。 というのも、インスタントの味噌汁には、味噌とだし以外にも添加物が多く含まれています。 ファスティングで重要なのは体内の不要物をデトックスすることですが、不要物の中には普段の生活で摂取した添加物なども含まれています。 もし味噌汁の中に添加物が含まれていると、せっかくデトックスしても、新しいものが口から入ってくるということになり、ファスティングの意味がなくなってしまいます。 そのため、味噌汁を選ぶときには、インスタントのものを避けることはもちろん、市販のだしなどを使うときにも注意したほうがよいでしょう。 通常のファスティング同様、準備期間と回復期間をもうける 味噌汁ファスティングは自分の好きな期間やペースで行うことができるものですが、もち一日以上の期間で行う場合や、三食を味噌汁に置き換える場合、通常のファスティングと同様の準備期間と回復期間を設けることが必要です。 準備期間と回復期間は、ファスティングに備えて身体の調子を整えたり、ファスティングから通常の食事に戻すときの胃腸のケアを行ったりするためには非常に重要。 この準備期間と回復期間をいい加減に行うと、強い空腹に襲われたり、ファスティング後にリバウンドが起きたりすることがあります。 体調が安定している時におこなう 味噌汁ファスティングは手軽で簡単な方法ですが、それでも体調が安定しているときに行うのがよいでしょう。 女性の場合、生理の期間などは気分がいらいらしてしまいがちで、ファスティングによってそれがひどくなることもあります。 また、妊娠している方の場合も注意したほうがよいでしょう。 まとめ 味噌汁ファスティングは非常に優れたデトックスの方法です。 もし通常のファスティングで失敗した経験があるという方の再チャレンジにも最適です。

次の

関由佳の味噌汁ダイエット(ファスティング)の方法と効果!レシピも紹介!

味噌汁ファスティング やり方

味噌汁ファスティングとは? 誰でも気軽に始めることができる味噌汁ファスティング。 味噌汁ファスティングとはどのようなものなのでしょうか。 具なしの味噌汁だけを飲む置き換え方法 味噌汁ファスティングとは、具のない味噌汁を食事の代わりに摂取する置き換え方法です。 通常のファスティングの場合、固形物の摂取を辞めて、酵素ドリンクやスムージーなどで栄養を摂取しますが、その代わりに具なしの味噌汁を摂取するのが味噌汁ファスティングです。 1日1食のみ~3食置き換える方法まである 味噌汁ファスティングの特徴は、種類が多いということ。 1日1食を味噌汁に置き換えるものから、2食を味噌汁にする方法、3食すべてを味噌汁に置き換えるという方法まで様々。 ファスティングの経験がないという人の場合、まずは1食を味噌汁にしてスタートすれば非常に気軽に挑戦することができます。 逆にファスティングに自信のある人や、より効果を得たいという人なら3食にするなど自分のスタイルに合わせて挑戦できるのが味噌汁ファスティングの特徴です。 味噌汁ファスティングの効果とメリット 味噌汁ファスティングは手軽に挑戦できるのが大きなメリットですが、それ以外にも様々なメリットがあります。 おいしく続けられる 通常のファスティングの場合、食事の代わりに使われるのが酵素ドリンクやスムージー。 しかし、酵素ドリンクは購入するとかなり高価なことが少なくありません。 一方のスムージーは、野菜を買ってくれば自宅でも作ることができますが、いちいちミキサーやジューサーを使ってスムージーを作り、それらを洗うというのはなかなか面倒なもの。 また、酵素ドリンクもスムージーも、あまり美味しくないという決定的な欠点があります。 しかし、味噌汁は日本人なら誰でも美味しく感じられるもの。 ファスティング以外でも普段から飲む機会が多いため、美味しく、長続きできるというのが大きなメリットです。 酵素ドリンクやスムージーの欠点としては、冷たい状態で飲まなければならないというものもあります。 摂取するカロリーを抑えるファスティングの場合、どうしても身体が冷えやすく、そこで冷たい飲み物を飲むと、胃腸の働きが悪くなることもありますが、味噌汁がうれしいのは温かい状態で飲めるということ。 このように、味噌汁ファスティングは様々な効果を持っているファスティングの方法です。 発酵食品から得られる効果 味噌汁ファスティングというと、手軽ではあるけれど、酵素ドリンクやスムージーの方が効果が高そうと思う人もいるかもしれません。 しかしそれは大間違い。 味噌汁を使ったファスティングは、酵素ドリンクやスムージーよりも、効果が高い場合が少なくありません。 その秘密は味噌汁に使われている味噌にあります。 味噌は日本を代表する発酵食品で、多くの栄養素が含まれています。 また、食物繊維や不飽和脂肪酸なども豊富。 これらの栄養素がもっとも影響を与えるのは腸内環境です。 もともとファスティングの目的は、普段は働く時間が長い胃腸に休息を与え、老廃物や不要物の排出を促すことにありますが、味噌汁は腸内環境を整えるだけでなく、食物繊維を摂取することで便秘の改善にも効果が期待できます。 また、味噌汁はしっかり水分も摂取できるため、デトックス効果もバツグン。 味噌汁ファスティングなら、酵素ドリンクやスムージーを使ったファスティングよりも高いデトックスの効果が期待できます。 味噌汁ファスティングのやり方 それでは、味噌汁ファスティングはどのように行えばよいのでしょうか。 赤味噌か豆味噌を使う 味噌汁ファスティングは普段の食事の代わりに味噌汁を摂取するというものですが、このとき、注意したいのがどの味噌を選ぶかということ。 一口に味噌といっても、赤味噌や白味噌、豆味噌、麦味噌、合わせ味噌など、様々な種類が販売されています。 通常の味噌汁であれば、自分の好みや地域性などで味噌を使い分けるものですが、味噌汁ファスティングの場合であれば、赤味噌や豆味噌を使用するのがよいでしょう。 というのも、白味噌や甘味噌といった種類の味噌には、意外に糖質が多く含まれています。 ファスティング中に糖質を多く摂取すると、血糖値が急上昇して血管にダメージを与えたり、糖尿病のリスクが増えたりといった可能性があります。 できるだけ糖質を減らすためにも、赤味噌や豆味噌がよいでしょう。 昆布だしを使用 味噌汁といえば、大切になるのがだしですが、味噌汁ファスティングを行うときには、昆布のだしがよいでしょう。 味噌汁のだしとしては、ほかにもかつお節やいりこだしなどがありますが、これら動物性の食材からとっただしは動物性たんぱく質を多く含んでいます。 この動物性たんぱく質は、ファスティング中の消化器官にとって、負担が大きすぎるもの。 そのため、味噌汁ファスティングを行うときには、昆布だしの実を使用するとよいでしょう。 味噌汁ファスティングの注意点 誰でも簡単に取り組める味噌汁ファスティングですが、実際に試してみるときにはいくつか注意したいポイントがあります。 インスタントの味噌汁はNG 味噌汁を飲むときにはいつも手軽なインスタントを使用するという方も少なくないかもしれません。 しかし、味噌汁ファスティングの場合、インスタントは避けたほうがよいでしょう。 というのも、インスタントの味噌汁には、味噌とだし以外にも添加物が多く含まれています。 ファスティングで重要なのは体内の不要物をデトックスすることですが、不要物の中には普段の生活で摂取した添加物なども含まれています。 もし味噌汁の中に添加物が含まれていると、せっかくデトックスしても、新しいものが口から入ってくるということになり、ファスティングの意味がなくなってしまいます。 そのため、味噌汁を選ぶときには、インスタントのものを避けることはもちろん、市販のだしなどを使うときにも注意したほうがよいでしょう。 通常のファスティング同様、準備期間と回復期間をもうける 味噌汁ファスティングは自分の好きな期間やペースで行うことができるものですが、もち一日以上の期間で行う場合や、三食を味噌汁に置き換える場合、通常のファスティングと同様の準備期間と回復期間を設けることが必要です。 準備期間と回復期間は、ファスティングに備えて身体の調子を整えたり、ファスティングから通常の食事に戻すときの胃腸のケアを行ったりするためには非常に重要。 この準備期間と回復期間をいい加減に行うと、強い空腹に襲われたり、ファスティング後にリバウンドが起きたりすることがあります。 体調が安定している時におこなう 味噌汁ファスティングは手軽で簡単な方法ですが、それでも体調が安定しているときに行うのがよいでしょう。 女性の場合、生理の期間などは気分がいらいらしてしまいがちで、ファスティングによってそれがひどくなることもあります。 また、妊娠している方の場合も注意したほうがよいでしょう。 まとめ 味噌汁ファスティングは非常に優れたデトックスの方法です。 もし通常のファスティングで失敗した経験があるという方の再チャレンジにも最適です。

次の

ファスティングの正しいやり方を紹介!ファスティング後の食事にも注目!

味噌汁ファスティング やり方

ファスティングをする時、水分は摂って良いというルールがあります。 水分と言っても、水ばかりでは飽きてしまいますし、栄養も不足します。 そこで、酵素ドリンクなどを飲む人もいます。 しかし、日本にはもっと身近に体にいい栄養素を摂れる飲み物があります。 それが味噌汁です。 それでは、味噌汁ファスティングのやり方と効果についてご紹介しましょう。 味噌汁ファスティングとは? 味噌汁ファスティングとは、具なしの味噌汁だけを飲む置き換え方法です。 味噌は発酵食品です。 塩分が含まれると言いますが、最近は高血圧の人でも1日2杯までは飲んでも問題ないと言われています。 味噌汁ファスティングは、普段からの見慣れている味噌汁のため、マズくて続けられないということはありません。 作り方もスムージーなどと比べて野菜を切ったりミキサーにかける必要もなく、とても簡単です。 体を温めることもできるため普通の冷たい酵素ドリンクよりも、基礎代謝を上げる効果も高くなります。 そのため、よりファスティング効果が高いのが、この味噌汁ファスティングになります。 具なしの味噌汁だけを飲む置き換え方法 せっかくファスティングをしても、具沢山の味噌汁を飲んではせっかくの胃腸も休めません。 確かに美味しいですが、それはファスティング以外の日の楽しみに取っておいてください。 ファスティング中は、少し我慢して具なしの味噌汁にしましょう。 1日3食か1日1食を置き換える方法 味噌汁ファスティングには、1日3食を具なしの味噌汁にする方法と、1日1食だけを味噌汁に置き換える方法があります。 1日中我慢するのは辛い、という人は1日1食だけを味噌汁に置き換えるファスティングにしても良いですね。 自分のスタイルに合わせて挑戦 仕事をしながらのファスティング、休日を利用してのファスティングと人によってファスティングの方法は様々です。 味噌汁に置き換えるファスティングは、とても手軽にできるので自分のスタイルに合わせるのもとても簡単です。 自分のスタイルに合わせてできるのが味噌汁ファスティングの良いところです。 身近にあるものでできる味噌汁ファスティングを、自分のスタイルに合わせて挑戦してみましょう。 味噌汁ファスティングの効果とメリット 味噌汁ファスティングの効果についてもっと詳しくみていきましょう。 簡単にできる上にメリットがたくさんありますよ。 おいしく続けられる 酵素ドリンクやサプリメントによるファスティングやダイエットは、美味しくない、味気ないものです。 しかし、味噌汁ファスティングは、私たちが日ごろ食べ慣れている味噌の味になっていますので、美味しく続けることができます。 発酵食品から得られる効果 味噌は発酵食品です。 味噌は、人によって有益な微生物(酵母・乳酸菌・麹菌)や大豆の必須アミノ酸などで生成された発酵食品です。 発酵を促す微生物には、酵母、乳酸菌、麹菌の3種類があります。 ヨーグルトは乳酸菌だけ、ビールやワインは酵母、甘酒や鰹節は麹菌だけです。 微生物を3つ含む発酵食品は、清酒や醤油、味噌だけになります。 塩分が醤油よりも少なく、アルコールを含まない食品で、この3つを備えた発酵食品は味噌だけになります。 発酵食品は味を整えて、腸内環境を良くする働きがあります。 ・発酵食品に含まれる乳酸菌 発酵食品に含まれる乳酸菌は、便秘予防や免疫力の改善、花粉症やがん予防の効果があると期待されています。 ・発酵食品の麹菌 発酵食品の麹菌は、疲労回復、ダイエット効果、肌荒れ防止、シミ予防の効果があると注目されています。 ・発酵食品の酵母菌 発酵食品の酵母菌は、便秘改善、血糖値の上昇を抑える効果があると考えられています。 味噌は、この3種類の発酵成分を兼ね備えた、食品になりますので、毎日摂ることで、発酵食品のすべての効果を得ることができるということになります。 ・便秘の改善 味噌に含まれる乳酸菌と酵母菌は、便秘予防効果があります。 腸内環境を整える働きがありますので、味噌は、便秘の改善にも効果がある食品です。 水分と塩分を摂るとさらに便秘を改善する働きがアップします。 ・デトックス作用 味噌の麹菌は、代謝機能を上げる働きがあります。 便秘予防の効果もありますので、古いものを出すデトックス作用につながります。 味噌汁にするとさらに温かいものを身体に取り入れることができるので、身体を温めて基礎代謝を上げる効果もあります。 なじみ深く、日常の中にあるメニューで続けやすい 酵素ドリンクやスムージーにも様々なファスティング効果がありますが、なんと言っても手軽に飲めるのが味噌汁です。 日常の中にあるメニューで、手軽な食事になるため、馴染み深く続けやすいのが特徴です。 酵素ドリンクやスムージーのように、わざわざ高額なものを購入したり野菜や果物をたくさん購入する必要もありません。 家庭にある味噌と昆布だし、そしてお湯だけです。 作るのも簡単で簡単に続けられるのが良いですね。 味噌汁ファスティングのやり方 それでは味噌汁ファスティングのやり方をご紹介しましょう。 それでは、具なし味噌汁の作り方です。 かつお節は、動物性たんぱく質のため消化に負担をかけてしまいます。 この時に使う味噌は、赤味噌か豆味噌にします。 白味噌や甘味噌は糖質が高いため、できるだけ使わないでください。 赤味噌か豆味噌を使う 味噌には、赤味噌・白味噌・甘味噌・豆味噌があります。 豆味噌は、大豆を麹とした味噌でいわゆる八丁味噌になります。 ・白味噌や甘味噌などは糖質が多め 味噌は、種類によって塩分、糖分の量が違ってきます。 高血圧の人は、塩分を気にして味噌を購入していますが、白味噌だから塩分が低いとは限りません。 白味噌でも塩分が高いものもあります。 しかし、甘味噌は糖質が高く、白味噌も赤味噌や豆味噌と比較すると糖質が高くなりますので注意しましょう。 昆布だしを使用 出汁には、かつお節、煮干し、昆布、干ししいたけがありますが、味噌汁に使われるのは、かつお節、煮干し、昆布になります。 干ししいたけは、少し出汁に独特の風味があるため、味噌汁にはあまり使いません。 そこで、ファスティング中は、昆布だしを使いましょう。 ・動物性たんぱく質はファスティング中は消化器官の負担となる(かつおだしなど) かつお節と煮干しは、動物性たんぱく質になります。 ファスティング中の消化器官には少し負担があります。 そのため、昆布だしを使うのがおすすめです。 味噌汁ファスティングの注意点 味噌汁ファスティングをする時に注意するのは、簡単なインスタント味噌汁を使う方法です、 インスタントの味噌汁はNG 味噌汁ファスティングは、簡単にできます。 手軽に思いますがコストが高いので、わざわざインスタントの味噌汁を使う必要はありません。 むしろ、普通の味噌を使った方が、価格も安く安全になります。 ・添加物などが含まれるため インスタントの味噌汁は、顆粒の出汁を使っています。 中には、かつおだしなどを使っているものも多くあります。 添加物などを含むこともあります。 できるだけ自然の味噌を使うようにしましょう。 味噌も、だし入り味噌ではなく、添加物を使っていない自然な味噌を使いましょう。 通常のファスティング同様、準備期間と回復期間をもうける 味噌汁ファスティングをする時も、通常のファスティングと同じように、準備期間と回復期間を設けるようにしましょう。 しっかり準備をすることで、味噌汁ファスティングも、成功につながります。 それでは、回復期間の3日目以降にオススメの味噌汁をご紹介しましょう。 かぼちゃとすりごまの味噌汁です。 すりごまを加えて、美味しく召し上がって下さい。 このほかにも、かぼちゃときのこ、鮭缶と豆乳を加えた味噌汁、豆腐と大根などの味噌汁がお勧めです。 体調が安定している時におこなう 味噌汁ファスティングも、普通のファスティングと同じで鉄分やカルシウムが不足することはあります。 普通の水だけのファスティングと違って、味噌から栄養が摂れるとは言っても、それはほんの少しです。 また、前後で準備期間と回復期間がありますので、しっかりとした体調管理も必要です。 必ず、薬を服用している場合や生理中などに重ならないようにしましょう。 味噌汁ファスティングのやり方と効果~身近なお味噌はお財布にも優しいのまとめ 味噌汁を利用したファスティングは、身体を温めて基礎代謝を上げながら消化器官を休ませることができる、数少ないファスティング法です。 身近にある味噌を利用するため、お財布にも優しく、身体にも良い味噌汁ファスティングです。 酵素ドリンクやスムージーのファスティングで失敗してしまった、という人もあきらめずに、ぜひ一度味噌汁ファスティングに挑戦してみましょう。

次の