千と千尋 神様。 【千と千尋の神隠し】川の神様だった!?「ハクの正体」が明らかに

「千と千尋の神隠し」に見るギリシャ神話とファンタジーの世界!

千と千尋 神様

千と千尋の神隠し 石像・石人は何なのか? 1. 蛙人説 調べていくと、 どうやら石像・石人は 蛙人 あじん という蛙のような人の石像という説があります。 確かに蛙?に見えないこともないような。。。 千と千尋でカエルは登場したかな? カオナシに食べられ、 独特な声のあのカエルしか思いつかないな・・と思いましたが!! いました!沢山!! 油屋で働く男衆たちの大半の正体がなんとカエルだったのです! ということは あの石像・石人はカエル? なのでしょうか? 石ダルマ説 都市伝説の一つとなっているようなのが、 石ダルマ説! 確かに、石ダルマにも見えますね、 あの石像は! しかし、石ダルマの正体が怖い・・・ 説明していきましょう。 千と千尋のラストシーンで ハクが千尋に 「決して振り向いてはいけないよ」 と伝えます。 その後、 千尋は一瞬振り向こうとしますが、 銭婆やみんなからもらった髪飾りが キラリと光り 振り向きません。 ここです! 都市伝説では、 ふり向いた人が石ダルマになってしまう という説なのです。 千尋がみた、森の中にポツンといた 石像や、車が止まるきっかけとなった石像は 元は人だったのか・・・ と思うとかなり怖いですよね。。。 宮崎駿監督は、 千尋の髪飾りが光った理由についてこのように語っています。 「千と千尋の神隠しの世界が全部夢の中の出来事とはしたくなかった」 「千尋は仲良くなった人たちと別れて悲しい思いをしているので、 せめて髪留めくらい残してやりたかった」 とのことです。 宮崎駿監督には 千尋を振り向くことを止めたという意図はなかったのでしょうか?? しかし!! 素敵な描写で色々と想像できるジブリ作品は本当に 素敵だなと思います!! あれこれ想像するのは楽しいですね。 そしてきっと、千尋をたちも楽しく、 強くたくましく暮らしているのだろうなと想像します。 行きと帰りで石像の形が違う!?理由は何? 千と千尋の神隠しを見て 気づいた方も多いのではないでしょうか? それは、 石像が油屋に入る前と、 油屋の世界から変えてきた時とで、かなり違うのです! 早速見ていきましょう。 油屋に入る前の石像。 油屋の世界から帰ってきた時の石像。 油屋の世界へ行く前は はっきりとした顔が見えますよね。 そして油屋の世界から帰ってきた時。 苔に覆われて顔が見れない。 掘りも浅くなっている、または ないように感じます。 千尋たちが油屋の世界へ行っていた時間というのは かなり短いものですよね。 1日もない、数時間の出来事。 ということは、 時間がたったから、 石像が苔に覆われたと考えるのは厳しいですね。 考察になりますが、 本当の石像の姿は苔にまみれている方なのではないでしょうか? 千尋のお父さんが道を間違え、石像を森の中で見つける。 もうこの時から 油屋の世界に、魔法の影響がある世界に入っていたのではないでしょうか? だから石像は綺麗なまま。 顔がはっきり見える。 油屋の世界で千尋は成長し、 たくさんの試練に打ち勝ちますよね。 だから魔法が溶け、元の世界に戻ることができた。 そして、石像も元の姿に戻ったのではないかと考察します。 油屋へつながるトンネルが行きと帰りで違う!? 石像と同様に、トンネルも行きと帰りで違いますよね!? トンネルといえば、 個人的には千尋のお母さんの 「千尋、そんなにくっつかないで。 歩きにくいわ。 」 この言葉が印象的でした笑 お母さんきついな〜と感じてました。 では早速、トンネルも画像で検証していきましょう! 上の画像が油屋へ行く前のトンネル。 そして 下が油屋から帰ってきた時の画像です。 かなり違いますね〜 これもやはり、先ほどお伝えした通りかと思います。 油屋へ入る時には すでに 油屋の世界、魔法の影響を受けていた。 そして 帰りは千尋の頑張りで魔法の影響が溶けていたからだと考察します。 しかし、 油屋の世界、魔法の影響のある世界へ行けたからこそ、 千尋は成長でき、そして何よりも人間の姿?をした ハクと会えたのですよね。 大変な辛い思いもあったはずです。 しかしそれと同様なくらい大きな体験、成長ができたのではないでしょうか? 色々と物騒なことがある現代では、 「可愛い子には旅をさせよ」 は難しい時もありますよね。 小学生で1人でどこかへ行く。。 心配です。 しかし、旅とは言わず、 大変な体験、経験は成長にもつながるのだなと 感じました。 色々と想像でき素敵なジブリ作品! そしれ学ぶことが多いジブリ作品! 本当に素敵ですよね〜 これからもスタジオジブリの作品を楽しみにしています! ここまでお読みいただきありがとうございました。

次の

なぜエレベーターで千尋を助けた?千と千尋の神隠し、おしら様の正体 | シネパラ

千と千尋 神様

C スタジオジブリ 性別 男性 年齢 100歳以上? 性格 優しい 正体 名のある川の神様 声優 はやし・こば オクサレ様のそれぞれの項目について解説していきます。 オクサレ様の見た目 オクサレ様の見た目は全身にヘドロを纏い、ヘドロの隙間からは紫色の液体を出しています。 全身だけではなく息からも異臭が漂っています。 身体を引きずるようにして進み、初め千尋に渡したお金もヘドロまみれで原型は留めておらず、思わず笑顔が引きつり鳥肌が立ってしまうほど。 背丈は大きく、オクサレ様を出迎えに来ていた千尋と湯婆婆も見上げてしまうほどです。 千尋がお湯を出したことによって頭から薬湯を浴び、ヘドロが落ちたあとの姿は女性と言うよりも男性の顔であるため、性別も男だと判断しても問題ありません。 年齢についても名のある川の神様であることから、古くからある川であることが推測できるので100歳以上だと考えられます。 オクサレ様とハクの関係 オクサレ様が油屋を訪れたとき、はの印鑑を盗みに行っていたのか登場しません。 しかし、この2人には共通点があるのです。 それは2人とも川の神様であることです。 ハクはコハク川の神様で、オクサレ様の正体は名のある川の神様。 そして、川の神様に共通しているのは2人とも竜の姿になるのです。 オクサレ様が竜の姿になったとき、まだハクが竜の姿になれることは作中で明らかにされていませんので、オクサレ様の登場は伏線の意味も考えられます。 オクサレ様の性格 オクサレ様は優しい性格だと言えます。 それが分かるシーンが、千尋が足を滑らせて誤ってヘドロまみれの湯船に頭から入ってしまったシーンです。 動くのもやっとのヘドロが敷き詰められた大湯では、湯船の中ももちろん身動きが取れないほどヘドロまみれで千尋は動くことができませんでした。 そのときに千尋のことを見捨てず、そっと救いの手を差し伸べたのは誰でもないオクサレ様でした。 そして、自分を助けてくれたお礼に千尋にだけニガダンゴを差し出すのです。 オクサレ様の正体 オクサレ様の正体は、名のある川の神様です。 神様の中でも名がある存在なのに、どうしてゴミまみれになってしまったのか。 それは現代社会の実情を表していると言われています。 コミカルに描きながらもポイ捨てや不法投棄が増えることによって自然が破壊されることを描いた宮崎駿監督の訴えは考えさせられるものがあります。 オクサレ様の声優 C スタジオジブリ オクサレ様の正体でもある川の神様の声優を担当したのは、作曲家のはやし・こばさんです。 油屋を訪れたオクサレ様ですが短い登場シーンでもしっかりと存在感をアピールしており、声優を担当したはやし・こばさんの本業は作曲家であり、声優としての出演は千と千尋の神隠しが初めてでした。 2016年に80歳で敗血症のため亡くなってしまいましたが、河の神様のシーンは今でも千と千尋の神隠しの名シーンとして語り継がれています。 オクサレ様の名シーン オクサレ様の名シーンについて解説していきます。 オクサレ様は千尋が初めて接客したお客様であり、千尋にとっても油屋にとっても印象的なお客様です。 油屋にやってきたシーン.

次の

●「千尋」の作品世界を考察する

千と千尋 神様

湯婆婆はお湯屋の最上階に居るそうですが、お湯屋に初めて足を踏み入れた千尋はもちろん1人で行くことができません。 そこで、たまたま居合わせて千尋の正体が人間だと知ってしまった従業員のリンに案内してもらうことになりました。 「千と千尋の神隠し」の世界では 人間は異色の存在。 正体が人間だということはお湯屋の従業員たちになぜか匂いで気づかれてしまうため、その正体がバレないようにと早歩きでお湯屋の中を動いてエレベーターを目指します。 1機目のエレベーターを降りて次のエレベーターに乗り継ごうとドアが空いた瞬間、目の前に巨大な白い体のお客様が現れました。 これが「千と千尋の神隠し」の中で おしら様と出会う初めてのシーンでした。 リンは笑って誤魔化して次の エレベーターに千尋を連れて行きますが、おしら様はなぜか2人の後をついてきます。 千尋はなぜおしら様が後ろをついて来るのかわからず「 正体がバレてしまったのでは?」と不安そうな顔をしている一方、リンは気にせず進んでいきます。 何かに気がついた他の従業員がリンに声をかけました。 リンは返事をしながら千尋をエレベーターに押し込みます。 するとなぜかおしら様もエレベーターに乗り込みました。 しかし、おしら様の巨体に隠れたおかげで正体が人間だと気づかれることなく、無事にエレベーターで 目的地の最上階までたどり着くことができたのです。 最上階では千尋だけエレベーターを降りました。 そしてなぜかおしら様と互いにお辞儀をした後、おしら様はそのままエレベーターに残ったままドアが閉まっていました。 神様ですが、人間にお辞儀をしてくれるなんてなんだか親近感が湧きますね。 青森や岩手などの東北地方で特に伝承されていて、諸説あるようですが 農業の神様とのこと。 「千と千尋の神隠し」のおしら様を見てみると、なぜか朱色の杯のようなものを頭にかぶって全身は真っ白。 顔は頬あたりから大根のようなものが伸びており、その色や見た目から「 大根の神様」だと思っていた人もいるのではないでしょうか。 その正体は農業の神様とされている点から「千と千尋の神隠し」ではあえて大根のような姿にしたのかもしれませんね。 また、おしら様は 子ども好きの神様であるともいわれています。 そう考えると「千と千尋の神隠し」でなぜ千尋を助けたかの理由になりそうですね。 おしら様がエレベーターに乗ったのはただの偶然だった!? 「千と千尋の神隠し」のおしら様の正体、それは子どもが好きな神様ということがわかりました。 しかし、ここで気になる話が… それは、おしら様がエレベーターに乗ったのは「 ただの偶然だった」という説。 なぜこんな説が出てきたのでしょうか? 「千と千尋の神隠し」で最初におしら様と出会ったシーンをもう一度思い返してみると…おしら様はなぜか上に行きたいと言っていました。 リンから「 このエレベーターは上には行かない」と聞いたおしら様は2人が上へ行くエレベーターに案内してくれると思い込み、ついて行っただけなのではと推測されるのです。 湯婆婆の居る最上階へ着く直前、1つ下の階でエレベーターのドアが開いた時にもキョロキョロと辺りを見回していました。 実は単純に ただの好奇心として上の階を見てみたかった。 そんな考察もいささか不可能ではないですよね。 おしら様の好奇心だったという説もあるものの「千と千尋の神隠し」で千尋がオクサレ様という神様のお世話に大成功した瞬間、おしら様もあの大きな身体を揺らしながら喜んでくれていました。 彼が農業の神様で子ども好きだったという正体を知ると、 なぜ彼女を見守ってくれたのかもしっくり来ますね! ちなみに「千と千尋の神隠し」の作中でおしら様が「 2人出てくるシーン」が存在するという噂も。 なぜ2人なのかはわかりませんが、また新たなネタの予感が… これを機に作品を見返してみてはいかがでしょうか。

次の