デレステ タイミング調整 ない。 デレステの判定タイミング調整についての質問です。

新iPadPro(2018)11インチ買いました 音ゲー動作感チェック

デレステ タイミング調整 ない

(この記事は2016年12月に執筆した、前ブログであるホームページ「rumilie」の記事です) 実は最近(2016年11月時点)の2年縛りが終わりまして、XperiaXZに機種変したんですよ。 (前機種はAQUOSXx 304SH) 当然使っていた機種と比べて性能も上がって僕としては大満足なんですが、今僕が最も起動するゲーム「」をプレイすると、なんとなくカクつく。 「あれ、S820 Snapdragon820というSoC ってこんなもんなのか?最新機種っていってもやはりは重いのか・・・?」 そう思ってなどを調べると、やはり同じような意見がチラホラ。 ただ、いろんな解決方法を試してみた結果、体感では最適機種に格上げされたので、簡潔にやり方をまとめてみました。 「XperiaXZって的にはどうなの?」というツイートも結構な数見かけるので、購入を考えている方も、実際にXZでをプレイしている方も、参考にして頂けると幸いです。 僕自身はにそこまで詳しいわけではないのでそこのところはご留意下さい。 この情報は他のXperiaXZ以降の全てのでも有効です。 明るさの自動調整、高画質モードをOFF 設定>画面設定 より、 「明るさの自動調整」をOFF、 「高画質モード」をOFFに設定してください。 「明るさの自動調整」だけでもかなり効果があるものと思われます。 高画質モードが画像、動画だけでなくゲームアプリにも影響を及ぼしているのかはわかりませんが、不要なら念のためOFFにしておいてもよさそうです。 電池の最適化からを除外 設定>バッテリー より、右上の3つの点のアイコンを押して出てくるメニューの 「電池の最適化」を選択、「アプリ」タブでを選択して下さい。 電池の最適化はAndroid6. 0から搭載された機能ですが、この設定が適用されるアプリは電池を考慮した動作に鳴る場合があります。 この設定をに適用しないことによって、端末が常にの動作に全力を尽くすことになります。 そうですね。 説明が下手過ぎますね。 もちろん「STAMINAモード」はOFFにして下さい。 超重くなります。 を使用をON 「開発者向けオプション」は最初は設定に項目がありませんが、設定>端末情報 の画面にて、最下段の「ビルド番号」を何度かタップすると「設定」に追加されます。 設定>開発者向けオプション より、「を使用」をONにしてください。 Snapdragon820は性能が良いので、2D描画処理をCPUからに任せることで負荷分散につなげる…らしいです。 ただ電池の消費は多少増えるかもしれません。 よくを軽くする方法として紹介される「4xMSAAを強制適用」「HWオーバーレイを無効」の適用は、S820機ではあまり効果がないと思われるので今回は使用していません。 のキャッシュを保持 の動作に直接関係は無いですが、設定>ストレージとメモリ より、右上の3つの点のアイコンを押して「高度な設定」を選択、続いて「キャッシュを保持」をタップ。 「アプリ」タブよりを選択して下さい。 これにより、中に一旦他のアプリをいくつか開いて触って、またに戻ったときに落ちている現象を軽減することができます。 もっとも、RAMが3GBあるXperiaXZで普通の使い方でRAMの圧迫でアプリが落ちることはあまり無いと思われますが… 同時にやよくつかうアプリも登録しておくと便利かもしれません。 だいたい以上がを少しでも快適にプレイする方法かと思われます。 ヌルサクでラグ・フリック抜け無しなをお楽しみ下さい。 (絶対という保証はしません) YoiyamiRumilie.

次の

Xperiaでデレステを快適にプレイする

デレステ タイミング調整 ない

iPhone7でヘッドフォン端子が廃止され、Bluetooth(ブルートゥース)ヘッドフォンの普及が加速しそうな今日この頃ですが、デレステ(アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ)をはじめとした音ゲーファンにとっては難儀な時代がやってきました。 「Bluetoothヘッドフォンで音ズレの訪れ」「こんなんじゃプレイ出来ない!」と巷で言われておりますが、果たして本当にそうなのでしょうか・・・? 今回、タイミング調整などの設定変更をすることで、Bluetoothヘッドフォンで何とかデレステがプレイできるレベルまで調整出来た(気がする)ので、その顛末をご紹介いたします。 特に、Bluetoothヘッドフォンは慣れてくると手放せない感じですね。 以前使っていた頃は、ペアリングに時間が掛かったり、音質も酷いものでしたが、今の製品は以前と異なりペアリング速度も速く、音質もかなり良くなっています。 何より、普及とともにBluetoothヘッドフォンの種類も増えてきたので、自分好みのものを選べるのもいいですね~。 便利だけど致命的な「音声の遅延(音ズレ)問題」 しかし、Bluetoothヘッドフォンには、 「音声再生に遅延が発生する」という、音ゲーファンにとっては致命的な欠点が存在します。 通常の利用では特に問題は無いのですが、音楽と画面表示のタイミングに合わせて操作する音楽ゲームでは、そのタイミングがどうしてもズレてしまうことから、正常にプレイすることが困難になるのです。 このため、普段音楽を聴くときはBluetoothヘッドフォンを使っていても、デレステをプレイするときはアダプターを経由して有線ヘッドフォンを使わないといけません。 これは本当に不便です・・・。 タイミング調整でプレイ出来るの!?調整の方針について しかし、デレステには「タイミング調整」機能が存在します。 これを調整することで、何とかプレイ出来るようになるのでは・・・と考え、調整にチャレンジすることにしました! まずは、調整の方針を考えてみましょう。 デレステでは「音楽トラック」「スコアトラック」が存在し、それに対し操作をすると操作評価と効果音再生が行われます。 分かりやすいように、図で説明しましょう。 まず、ゲームを開始すると「音楽トラック」が再生されます。 そして、内部的に音楽トラックとタイミングをピッタリ合わせて「スコアトラック」が流れます。 このスコアトラックに従い、画面上では操作アイコンが表示されます。 これを見ながらプレイヤーは画面を操作してプレイし、その操作に合わせて効果音が再生されます。 有線ヘッドフォンなら、これで問題なくプレイ出来る(実際には機種によって数フレームの差が発生するため、微調整が必要になるケースもあります)のですが、Bluetoothヘッドフォンの場合は音の遅延が発生するため、以下のように色々と問題が発生します。 まず、音が遅延することで、スコアトラックとの差が発生してしまうため、MISS判定されてしまいます。 そして、操作した際に再生される効果音自体も遅延して聞こえるため、効果音は・・・更に遅れて・・・聞こえて・・・くるよ・・・。 プレイしてみるとわかりますが、非常にキモチ悪い操作感を味わうことになります。 そこで、今回は次の図のように調整することにします。 具体的には、「タイミング調整でスコアトラックを実際に聞こえる音楽トラックに合わせる」「効果音はオフにする」という方針です。 効果音が無いとゲームの楽しさが少し薄れてしまいますが、プレイ出来ないよりは良いということで、これで進めてみましょう! 実際に設定してプレイしてみよう! では、ここからは具体的な調整の流れを説明します。 なお、Bluetoothヘッドフォンの種類により、遅延する時間が異なるようですので、調整幅については実際にプレイして適宜変えてみて下さい。 私が使ったBluetoothヘッドフォンは、「」という機種です。 さて、あらためまして調整開始です。 まずはデレステを起動して、下部メニューの一番右にある「メニュー」を押しましょう。 この画面で、「LIVE設定」ボタンを押します。 そして、少し画面を下にスクロールして、「タイミング調整」でスコアトラックの位置を調整します。 タイミング調整では、+方向なら音楽よりも遅くなり、-方向なら音楽よりも早く表示されるようになります。 今回は音楽が遅れるのですから、+方向にずらしていきます。 次に、LIVE調整の右上にある「音声」をタッチし、効果音を「0」に下げます。 ちなみにこれはライブ中の効果音だけの設定のため、通常操作時の効果音は消えません。 さあ、これで調整は完了です!プレイしてみましょう! う~ん、効果音が鳴らないというのに慣れておらず、ちょっと感覚が掴めませんでしたが、Bluetoothヘッドフォン環境で初挑戦ミス1なら、まぁまぁでしょうか。 ・・・ということで、Bluetoothヘッドフォンでもデレステを楽しむことが出来るようになりました!効果音が無い環境に慣れるのはしばらく時間がかかりそうですが、その分音楽をじっくり楽しめるため、それはそれで面白いと思います。 ご参考になれば嬉しいです。 それでは!.

次の

デレステ ガチャはどのタイミングで引くのがベスト?

デレステ タイミング調整 ない

スポンサーリンク MASTERをクリアしてMVを見よう デレステは基本的に音ゲーですが、MVというアイドルのステージを鑑賞できるという機能があります。 これを見るためにはMASTERをクリアしないといけないのですが、始めたばかりの音ゲー初心者がいきなり挑んでも恐らくクリアすることはできないでしょう。 ではMASTERをクリアするための上達方法はどういったものがあるかご紹介します。 デレステに慣れる まず上達するにはデレステになれることが必要です。 MASTERより下の難易度のProまでしっかりフルコンをとれるようになりましょう。 MASTERになると降ってくるノーツの量がかなり増えます。 しかしタップ、ロングタップ、フリックの組み合わせであることに代わりはないのでまず各種ノーツに身体が反応するようにしましょう。 リハーサルチケットを有効活用する 1日3枚リハーサルチケットを使うことができます。 リハーサルチケットではLIVE成功報酬などはもらえませんが スタミナ0で楽曲をプレイできる上、体力がなくなってもゲームオーバーになりません。 自分がギリギリクリアできないぐらいの楽曲や新しい曲に挑戦する前にリハーサルチケットで練習するとよいでしょう。 ノーツの速度を上げよう ノーツの速度はMASTERをクリアするのであれば8~9以上、できれば9以上あるほうがやりやすいです。 いきなりノーツの速度をあげてもまず反応できないので、じわじわ速度を上げて体を慣らしていきましょう。 慣れると速度9でも大して早く感じなくなるので慣れることが重要です。 ノーツに関しては下の記事でまとめています。 ただ簡単とはいえMASTERの要素は入っているので、Proを延々練習するよりもこの辺の簡単なMASTERで慣らしたほうが次のステップへ進みやすいです。 MASTERには右手で一定のリズムをとりながら左手では違うリズムを叩いたり、隣接したノーツをタップしないといけなかったりするものが増えるのでそういった部分に慣れていきましょう。 回復やガードできるキャラクターを使おう クリア目的であれば回復やガードキャラの特技を上げてパーティを組めば多少失敗してもなんとかクリアできます。 回復、ガードキャラクターについては下の記事に詳しく書いています。 さらにセンターに特技発動率UPのキャラクターを置いておけば安定度は増します。 慣れてきたら徐々に回復キャラを減らしてスコアSを狙っていきましょう。 おすすめのMASTER曲 楽曲ごとに難易度がついていますが、同じ難易度でもやりやすいものとやりにくいものがあります。 難易度は低いのに妙に難しい曲などもあったりするので、上達するまでは無理にプレイする必要はないと思います。 とりあえずやさしめのMaster曲からクリアして自信をつけていきましょう。 それぞれの難易度でやさしめの曲をピックアップしておきます。 やさしめですがその難易度なりの難しさはありますので注意してください。 難易度20おすすめ お願い!シンデレラ 難易度21おすすめ とどけ!アイドル S mile ING! Shine!! エヴィリデイドリーム 2nd SIDE 難易度26おすすめ Absolute NIne サマカニ!! できたてEvo! Revo! Generation! ちなみに私はこのゲームがはじめての音ゲーでした。 私の上達方法は3か月ぐらい延々Proをやり続けるということでした。 というよりもあまりMasterまで頑張る気がなかったというのが正しいですね。 でもいざMasterをやってみると1か月ぐらいで難易度27ぐらいまではクリアできました。 やはりゲームに慣れるというのが上達の基本になると思いますので、Masterクリアを急がないという人は簡単な難易度でも繰り返すことでも確実に力はついていっています。 ゆっくりやりたい人にはおすすめの攻略方法ですね。 他にも初心者向けの記事を書いています。 よかったらフォローお願いします スポンサーリンク.

次の