コンビニ 軽減税率 いつまで。 【図解】軽減税率って何?いつから?対象品目は?わかりやすく解説

消費税の軽減税率はいつまで?対象品と対象外を確認!

コンビニ 軽減税率 いつまで

ただし、飲食するものでも、 10%になるものもあります。 何故、口に入れるものなのに、軽減税率対象外にしたのか、理由があるかもしれませんが、 「 水道水」や「 医薬品・医薬部外品」などは、8%にして欲しかったです。 家庭の水道水は、飲料用や料理で使われる量より、トイレや入浴、洗車などで使われるほうが圧倒的に多いので、 食料品ではないとされるのが原因のようです。 そもそも、軽減税率は、消費者が痛税感の緩和を実感できる、家計の負担軽減が目的なので、生活必需となる「水道水」は、ドイツなど海外では対象になっている国もあります。 整理して見てみましょう。 飲食料品の軽減税率8%と10%の対象品目 飲食料品の軽減税率8%と10%の対象品目の違いを見てみましょう。 スーパー・コンビニで扱うものでも飲食品10%の品目があります。 よく知られているのは、外食、アルコールが10%。 これは、大丈夫でしょう。 わかりにくいのは、一体資産という普段使わない言葉です。 持ち帰りは、 8%なのですが、 店内飲食は外食と同じ扱いになっています。 原則は「お持ち帰りですか?」とお客様に伺い、店内飲食だった場合、店内に掲示してある 10% の 価格で販売することになっています。 「 店内飲食」と「 持ち帰り」販売がある各社の対応をいくつか見てみましょう。 マグドナルド 「店内ご飲食」と「お持ち帰り」の税込価格は、これまで通り統一 税込の価格表示を継続 税込価格は全商品で10円単位を継続 日本ケンタッキー・フライド・チキン 税抜き価格を調整して店内と持ち帰りの 支払額を統一する 吉野家 本体価格を表記し、持ち帰り(税率8%)と店内飲食(同10%)の 支払価格を別にする方針 すき家 店内での飲食と持ち帰りの場合での 税込価格を統一 引用元:すき家 セブンイレブン 店内でお買い上げになった軽減税率対象商品をお客様がイートインスペースにおいて喫食する場合は、 税率10%が適用される ローソン 持ち帰りの食品の税率は 8%、イートインを利用した店内飲食の場合は 10%。 会計時にイートインの利用の有無を従業員に告げて欲しい旨を伝える。 従業員から、イートインスペースの飲食の有無は確認しないオペレーションで対応する 上記のように企業によって、店内飲食と持ち帰り価格が同じ場合と異なる場合があるので注意しましょう! お店の値札やレシートはどうなるの? 食品で8%が売り場でも分かりやすくしてほしいものです。 お店でも何か工夫は、するのでしょうか? 財務省から指針は出ているけど、各企業で少しずつ対応は違うのよ! 代表的な小売業のセブンイレブンの例を見てみましょう。 おにぎり等のデイリー商品については、裏面シールの商品名の後ろに『*』マークを表示。 引用元:セブンイレブンジャパン 他社動向 ローソン:軽減税率対応商品については、新たに「軽」のマークを入れる。 尚、明らかに食品であることが分かりやすい弁当・サンドイッチ・おにぎりなどのデイリー商品に「軽」はつけない。 引用元:セブンイレブンジャパン 他社動向 ローソンは「軽」の文字を税込金額の後ろに印字 2019年9月10日時点で、他の小売りチェーンの値札とレシートのオープンな情報は、ありませんでした。 準備は進めていると思いますが、個社対応なので、買い物の時は注意が必要です。 実は、製造元の経費は 10%なので値上がりするかもしれないのよ! 食品は、「カップヌードル」「明治のおいしい牛乳」「コカ・コーラ」などが相次ぎ、2019年4月から6月にかけて値上げしています。 理由は、原材料、人件費他経費の高騰が見込まれ、これを消費税前におこなってしまった場合に 消費者からの反発が出るのを避けたいためだったと言われています。 では、値上げしていない商品は、そのままの価格が維持されるか見ていきましょう。 袋・容器など各経費が10%なので値上げは避けられない? 今は、値上げしていない商品も、2019年10月以降には、メーカーの各経費(物流費、広告費等)の消費税が10%となるので影響は避けられません。 商品の内容量が減るか、2%以上の値上げなどを覚悟しましょう。 特に小売業の自社ブランドは、その企業の体力が試されるので注目です。 イオン:トップバリュー イトーヨーカド・セブンイレブン:セブンプレミアム 一方でスターバックスは、「本体価格(税抜価格)の変更は予定していない」としています。 その時の政府が法案さえ通せばいいので、まだまだ消費税は上がりそうです。 将来、軽減税率が8%から上がる可能性もあります。 まとめ 消費税10%増税でいつから食品の値段が上がるか調べた結果は、一部の商品を除き 8%です。 ただし、飲食するもので 10%の商品を買ってしまったときに、あわてないようにしましょう。 また、食品メーカー製造の商品、スーパーの肉・魚の生鮮品などは、原材料以外は、 経費(包装費、物流費など)が消費税10%となるので多少の値上げは覚悟しましょう。 少子高齢化が進み、社会保障財源4経費の財源である消費税は、ますます不足していきます。 みなさんのお子様やお孫さんの代にツケを残さない制度が必要です。 この10%増税のこの機会に 消費税 の使い方と 消費税率が 何%が適正なのか考えてみましょう! 人気記事.

次の

軽減税率がいつ終わるか今のところ未定!対象商品や例外もわかりやすく解説!

コンビニ 軽減税率 いつまで

2.どのような食事が外食になるのか ひと言に「外食」といっても、その範囲は多岐に渡ります。 例えば、レストランでの食事、コンビニ弁当やスーパーなどの総菜を購入しての自宅での食事、出前を頼んでの食事など自炊ではなくお店で調理品を購入したら外食になります。 これらをひとくくりに軽減税率の対象から除いてしまうと、多くの人が利用するコンビニ弁当なども消費税10%となってしまい、軽減税率導入の目的から反れてしまいます。 そこで外食の中にも、軽減税率の対象になるものとならないものが次の通り定められています。 また、お客さんがお願いした場所に料理を持ってきてサービスを提供するケータリングや出張料理なども含まれます。 3.コンビニ弁当やお茶の税率は? 日々多くの人が利用している、コンビニの弁当やペットボトル入りのお茶などですが、購入後どこで食べるかによって軽減税率の対象となるか否かが決まります。 パターン別にみていきましょう。 (1)持ち帰って食べる場合 軽減税率の対象となり 8%となります。 自宅や勤務先などに持ち帰って食べる場合には、飲食設備を使うことも飲食サービスを受けることもないからです。 (2)コンビニ駐車場に停めた車内で食べる場合 軽減税率の対象となり 8%となります。 購入したコンビニ弁当等をそのコンビニの駐車場に停めた自分の車の中で食べる場合には、コンビニの敷地内ではありますが、車内であり飲食設備を使ったことにはなりません。 持ち帰って食べた場合と同様の考え方になります。 (3)イートインスペースで食べる場合 軽減税率の対象外となり 10%となります。 イートインスペースは飲食設備であり、そこを利用してコンビニ弁当を食べる行為は外食となります。 イートインスペースの屋内外は問いません。 ただ、コンビニ弁当などの会計は、イートインスペースで食べる前に行われるため、軽減税率の判断をするレジの時点では、そのお客さんが弁当を買った後に持って帰るのかイートインスペースに行くのかが分かりません。 これはもうレジで直接そのお客さんに聞くしかなく、イートインスペースで食べると答えた場合には10%での会計となり、持ち帰ると答えた場合には8%となります。 しかし、ほとんどのお客さんが持ち帰ることを前提にしているコンビニで、店員が会計のたびにいちいち食べる場所を確認するのは大変であり、労力の無駄遣いにもなります。 そこで、大手コンビニ業界では、「イートインスペースを利用される方は、お申し出ください。 (4)返却が必要な食器やトレーで提供される場合 軽減税率の対象外となり 10%となります。 コンビニの中にはレジでメニューを注文した食事が、返却が必要な食器やトレーに入ってイートインスペースで提供されるものがあります。 これはもうコンビニであってもレストランと同様であり、飲食設備で飲食サービスを受けていると考えられます。 (5)購入してすぐに店内で飲む場合 暑い夏は喉が渇きますので、コンビニで買ったペットボトル入りお茶などの飲料を、まだ店を出ないうちに飲む人もいるでしょう。 マナーの問題はありますが、イートインスペースではない店内で立ったまま飲むことも考えられます。 5.課税の抜け穴がある イートインスペースを利用するかもしれない飲食料品を購入する場合には、レジでイートインスペースを利用するかしないかの確認があります。 ここで「利用する」と答えた場合には消費税率は10%となり、500円のコンビニ弁当を購入する場合には550円となります。 反対に「利用しない」と答えた場合には8%となり、540円となります。 ここで問題となるのが、レジの時点ではイートインスペースを利用しないと答えて、会計終了後に気が変わってイートインスペースを利用した場合です。 本来550円を支払うべきなのに540円しか支払っていないことになっているのです。 しかし、店側にはそこまで追って確認する義務はなく、レジの時点で利用しないと言われればそれに沿った処理をすれば良いことになっています。 またお客さん側にも罰則はなく、わざと嘘をついて軽減税率の適用を受けたとしても何のおとがめもないのです。 いちおう、コンビニのイートインスペースには次のような張り紙が貼られていて、スペースを利用する場合は、会計時に申し出るように周知されています。 ただ、消費者のモラルに頼るだけのこの形は、課税の公平といえるのか疑問です。

次の

パン屋やスタバは?軽減税率が適用されるのはどんな場合?トラブルを避けるために知っておきたいこと|陽だまりのひなた

コンビニ 軽減税率 いつまで

そのため、レシートには軽減税率対象品目とそうでないものが表記されるため、税率が異なる表記になってしまいます。 テイクアウト・デリバリーをするかどうかでも税率が変わる 飲食料品の軽減税率は、飲食設備がない場所で食事をとる場合に限り適用されます。 カフェやファストフードのテイクアウト、ピザのデリバリーは当然ながら軽減税率の適用の範囲です。 ただし、出張料理やケータリングは軽減税率の対象外。 実際のところ、線引きが難しいのが現状です。 レシートの見方 普段の買い物の会計後に受け取る「レシート」の表記も大きく変化しました。 増税後の買い物で貰うレシートは、これからどのように見ていけばいいのでしょうか。 レシートの見方を改めて解説します。 「小計」をチェックする レシートには必ず 「小計」が記載されます。 基本的には、この「小計」をチェックすることで、 それぞれの消費税率で掛かった金額をチェックすることができます。 なお、この小計では 「どの商品が軽減税率の対象になったのか」を確認することはできません。 軽減税率の対象品目を確認したい場合は、次の項目を確認しましょう。 識別は「マーク 記号 」で分けられていることが多い 軽減税率対応済みのレジであれば、対象品目を詳しく確認することができます。 こちらは増税前のレシートです。 上の画像は10月1日以降のコンビニのレシートです。 軽減税率が適用された後のものです。 このレシートでは、 価格の横に「アスタリスクマーク」が付いているものと付いていないものがあります。 厚労省の指定された医薬品に対して付けられるマークで、「セルフメディケーション税制」を受けることができる医薬品を示しています。 一定の条件を達した場合のみ、住民税や所得税の計算時に控除される制度です。 一部の店舗ではレジが対応していないこともある レジの取り換え補助が行われているものの、 最新機種のレジの生産が追い付いておらず、軽減税率に対応したレジが未だに用意できていない店舗などがあるようです。 増税後でもレシートに軽減税率表記が無かった場合は、 レジが対応していないと判断すると良いでしょう。 具体的にいつまでに全国に普及するかは見通しが立っていません。 対応していない場合は、店舗スタッフからの説明や店内のお知らせ掲示などによって周知すると思われます。 詳しくは、各店舗スタッフにお尋ねください。 不明な点は店舗スタッフへ聞くこと レシートの表記に何らかの疑問点がある場合などは、利用した店舗に問い合わせましょう。 「なぜこの品目が軽減税率の対象にならない?」という場合は、以下の記事を確認すると良いかもしれません。

次の