お中元 の お礼 メール。 お中元のお礼、ビジネスではメールでOK?件名は?例文を紹介

「お礼メール」書き方とビジネス例文!社内・社外・状況別に紹介

お中元 の お礼 メール

お中元をもらった時のお礼の仕方は? お中元をもらった場合、どのようにお礼をすればいいのでしょうか?お中元が届いたら、 まずは必ず中身を確認しましょう。 中身を確認せずに「素敵なお品物をありがとうございました。 」というよりは、きちんと中身に触れて、丁寧にお礼をしたほうが、相手により心が伝わりますよね。 また相手からお手紙が入っている場合もあるので、必ず中身は確認してからお礼をしてください。 お中元をいただいたら、 品物を確実に受け取った報告も兼ねて、届いた日か翌日くらいまでにはお礼の電話をするようにしましょう。 早い連絡は、相手も無事届いたと安心してくれますし、あなたの喜びがより伝わりますね! 電話でのお礼の言い方• いつもお世話になっております。 (orご無沙汰しております。 「お元気でお過ごしでしょうか」• 「今、お時間よろしいでしょうか」• 「ご丁寧にお中元を贈ってくださりありがとうございます。 いつもながらのお心遣いに、感謝しております。 「暑い日が続きますので、お身体大事にしてくださいね。 「皆様によろしくお伝えください。 失礼致します。 」 このような流れで、相手の方やいただいた品物に応じて内容を変えて話すといいですね。 わたしも電話は苦手なので、ある程度伝えたい言葉をまとめてから掛けるようにしています。 そうすると、気まずい沈黙にもならず、安心できますよ。 メールでのお礼は失礼なの? お中元での お礼をメールでしても大丈夫なのは、自分にかなり近い関係の人だけです。 親しい友人やご両親など、気心の知れた仲間なら問題ありません。 ただ、あくまでもメールは略式なので、ハガキでお礼状を書くほうが、丁寧ですね。 自分が送ったお中元のお礼状をもらったらどうする?返事は必要? お中元を贈った相手から、お礼状が届いたらどうしましょうか? お礼状に対する返事を書くべきか悩んでしまいますが、こちらは 不要です。 お中元へのお礼状は相手からの受け取った報告と考えましょうね。 このような悩みを解消するためには、お中元の品物と一緒に、一言ご挨拶を書いたお手紙を添えるといいかもしれませんね。 お中元のお礼の仕方 まとめ いかがでしたか?お中元をいただくと嬉しいですが、お礼の電話やお礼状など色々悩んでしまいますね。 悩む前に、あなたの気持ちをしっかり伝えれば、大丈夫ですよ。 お付き合いは、何よりも相手への気持ちが大切なので、身構えずに、相手を大切に想う気持ちを伝えるようにしていきましょうね。

次の

お中元挨拶メール|メール例文.com

お中元 の お礼 メール

お中元のお礼の仕方 お中元の品をいただいたら、お礼はすぐにしましょう。 スピードが命です。 お礼をできるだけ早く伝えると同時に、ちゃんとあなたに届いたというお知らせにもなりますね。 お礼状(はがき・手紙) お中元のお礼は、はがきや手紙による お礼状でするのが、正式なマナーです。 電話でのお礼だと、相手の都合によっては迷惑になることもありますし、慣れていないと上手く話が続かないこともありますね。 手紙であれば、内容をしっかりと考えることができるので、おすすめです。 書く内容は、基本的には以下の内容を含めます。 季節の挨拶• 素敵な品をもらった事へのお礼• 相手への気遣い• 結びの言葉 (一般的な文例) 暑い日が続きますが、皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。 このたびは結構なお中元の品をお送りいただきまして、誠にありがとうございました。 いつもお心にかけていただき、恐縮しております。 暑さも本格的になってまいりますが、どうぞくれぐれもご自愛ください。 略儀ながら書中にてお礼申し上げます。 電話 本来ならお礼状が一番ていねいですが、最近は電話でのお礼も多くなっています。 特に、 親しい親戚関係では、電話だけで済ませる事の方が多いですね。 電話だと元気な声も聞けますし、近況なども話せていいですね。 ただし、それぞれの親族内でのやり方がありますので、このあたりは旦那様のご両親、あなたのご両親にどういうふうにしているかを聞いてみると良いですね。 また、何と言えばいいか迷いますが、 「いつもお世話になっております。 素敵なお中元の品をいただきまして、ありがとうございます。 」と始めれば問題ありません。 しっかりとお礼を伝えておきたい相手であれば、 届いてすぐに電話でお礼をし、追ってお礼状を出すのがおすすめです。 メール とても親しい相手であれば、メールでのお礼でも問題ありません。 でも、電話を1本いれるともっといいですね。 あまり親しくない相手に対しては、絶対にメールでのお礼はやめましょう。 スポンサーリンク 相手にお中元を贈っていない場合 あなたがお中元を贈っていない方から、お中元が届いたらどうしたらいいでしょうか? お中元は、基本的には お世話になった人に贈るものです。 ですから、もらったとしても お返しは必要ではない、ということになっています。 ただし、贈ってはいけない訳ではありません。 友人や会社の同僚など、上下関係のない間柄の場合は、いただいた物と 同額程度の物を贈りましょう。 お中元のお返しは、いただいた物よりも明らかに 高額な物を返す場合、「次からはお中元は贈らなくて結構です。 」という お断りの意味があります。 ですから、お返しをする時は、金額に気をつける必要があります。 金額は 半額〜同額程度の物を選びましょう。 また、お中元としてでなく、時期を少しずらして、暑中見舞いや残暑見舞いとして贈れば、誤解されることもありませんね。 お中元のお礼はしっかりしよう! お中元のやりとりやお礼など、ちょっと面倒だなと感じるかもしれませんが、相手を思いやる気持ちは大切ですね。 お中元をもらったらしっかりとお礼をして、相手の方と良い関係を続けていきたいですね!.

次の

お中元のお礼の仕方!電話やハガキの場合の文例もご紹介!メールは失礼?

お中元 の お礼 メール

お中元のお礼状の季語や文面などの書き方は? お中元を頂いたら、すぐにお礼状を送るようにします。 お礼状は、 できれば届いたその日に書くのが理想的ですが、遅くとも 2~3日以内には投函できるように送りましょう。 尚、ハガキはあくまで略式のものですので、できれば 封書にて送る方がより丁寧な印象を与えます。 ビジネスの場面でもお中元の基本的なマナーは同じで、お中元を頂いた際にはすばやくお礼状を送るよう心掛けましょう。 お中元のお礼をメールで行うのは失礼? 気心の知れた親しい間柄(両親や友達など)などで、お礼状を書く前に、電話やメールなど略式の方法で、取り急ぎ届いた連絡と感謝とお礼を伝えることも一般的です。 ビジネスの場面でも、取り急ぎ お礼の気持ちを伝えるためにメールで感謝を伝えることが増えています。 尚、電話の場合は、先方に時間を取らせてしまったり、忙しい時間だと迷惑になる場合もあるので、ビジネスの場合では電話よりも メールを選ばれることが多いようです。 ビジネスの場面では、取引先やお客様など様々な関係性があります。 お中元をいただいても何も反応がないよりも、メールなどで すぐに反応があると先方も嬉しいものですし、 メールで取り急ぎのお礼をした後に、封書でも改めてお礼状をすると、より丁寧な印象を与えるものです。 ちょっとしたことですが、 その気配り・心配りがビジネスの場面では大事なことかもしれませんね。 さてつい先ほど、貴社からのお中元の品が宅配便にて届きました。 お心の込もった贈り物、誠にありがとうございました。 これから益々暑くなってまいりますので、どうぞくれぐれもご自愛ください。 まずは、とり急ぎメールにて、お礼のご挨拶とさせていただきます。

次の