オスマン 帝国 地図。 オスマン帝国とは (オスマンテイコクとは) [単語記事]

オスマン帝国(オスマンていこく)とは

オスマン 帝国 地図

スレイマン 不明 早逝 アフメドあるいはオルハン 1552年死亡。 メフメド 1547-1553年。 ムスタファの死後に処刑。 シャー 1547-1577年。 ムスタファ(Mostafa)はイスラム教の預言者ムハンマドの別名。 イスラム圏ではよくある名前です。 「選ばれた者」「優先された者」という意味です。 いつの時代の人? 彼が生きた時代は9代セリム1世や10代スレイマン1世が領土を拡大して、オスマン帝国が最も栄えていたころです。 日本では戦国時代。 斎藤道三(1494-1556)や武田信玄(1521-1573)とほぼ同時代です。 ムスタファのおいたち 1515年。 オスマン帝国の都市・マニサで生まれました。 父はスレイマン。 当時のスレイマンはマニサで知事をしていました。 母はスレイマンの愛妾マヒデブラン。 スレイマンにとっては次男。 マヒデブランにとっては最初の男子になります。 1520年。 祖父の皇帝セリム1世が死去。 父のスレイマンが即位しました。 父や母とともにマニサからコンスタンティノープル(現在のイスタンブル)のトプカプ宮殿に移り住みました。 1522年にスレイマンの長男マフムードが10歳で病死したため、ムスタファが有力な後継者として育てられました。 母マヒデブランはスレイマンの寵愛を受けた愛妾でした。 スレイマンはトプカプ宮殿に新しく来た側女ヒュレムを寵愛します。 スレイマンとヒュレムとの間には4人の男の子が生まれました。 メフメド(Mehmed)、セリム(Selim)、バヤジッド(Bayezid)、ジハンギル(Cihangir)です。 とくにメフメド、セリム、バヤジッドは王位継承者のライバルになりました。 ジハンギルは若くて病弱だったのでライバルにはならなかったようです。 ヒュレムはスレイマンのお気に入りでした。 しかし宰相のイブラハムもムスタファを支持していました。 イブラヒムはムスタファを訓練して一人前の戦士に育てました。 王位を次ぐ者ににふさわしい教育を行いました。 1529年。 トルコ北部の町・カラマンの知事になりました。 オスマン帝国の皇子は経験を積むために知事になることがよくありました。 マニサの知事・事実上の皇太子に 1533年。 ムスタファはマニサの知事になりました。 マニサは首都コンスタンティノープルに近く有力な皇子が知事になることが多かったようです。 マニサに来たムスタファを見て町の人々は将来の皇帝がやってきたと歓迎しました。 各国の大使もムスタファを優れた皇子だと本国に伝えました。 しかしスレイマン1世がメフメドが後継者としてふさわしいのではないかと考え始めます。 皇帝妃になったヒュレムの影響があったのでしょう。 1533~34年の間にヒュレムがスレイマン1世と法的に結婚。 皇后になりました。 スレイマンには何人もの愛妾はいましたが正式な妻としての皇后はいませんでした。 ヒュレムが皇后になってしまったのです。 1536年。 大宰相のイブラハムが処刑されました。 ムスタファは有力な支援者を失ってしまいます。 マニサからアマスヤに異動 1541年。 ムスタファはアマスヤの知事になりました。 かわりにマニサの知事になったのはメフメドでした。 バヤジッドはキュタヒヤの知事になりました。 キュタヒヤとマニサはコンスタンティノープルからほぼ同じ距離にあります。 1543年。 メフメドが病死します。 王位継承者のライバルはいなくなったかのように思われました。 しかしヒュレムは息子を皇帝にしようとします。 1544年。 マニサの知事になったのはセリムでした。 1549年。 ムスタファはコンヤの知事になりました。 父スレイマン1世の命令で殺害される ペルシャとの戦争中にリュステム・パシャがムスタファに対してスレイマンの軍に合流するよう言いました。 スレイマン1世がムスタファを殺そうとしているという噂を聞いたマヒデブランは、ムスタファにスレイマン1世のもとには行かないように伝えましたが、ムスタファはスレイマン1世のもとへ行きます。 一方で、リュステム・パシャはムスタファが謀反を企んでいるとスレイマン1世に報告します。 リュステム・パシャはヒュレムの娘婿。 ヒュレムのおかげで出世したのでヒュレムの息子を王位につけようとしていました。 既に高齢のスレイマン1世は軍を率いて合流しようとやってきたムスタファを見て驚異になるに違いないと考えてしまいました。 ムスタファの処刑を命令します。 ムスタファは呼び出されてスレイマンのいるテントに向かいます。 しかしそこにはスレイマン1世はいませんでした。 そこにいたのは兵士たちで、一斉にムスタファに襲いかかってきました。 ムスタファも必死に反撃して戦いましたが、最後は弓矢で殺害されてしまいます。 享年38。 ムスタファには息子メフメドがいましたが、メフメドも処刑されました。 ムスタファの死の影響 ムスタファが死亡した数週間後に末弟のジハンギルが死亡しました。 ジハンギルはもともと病弱でしたがムスタファとは仲がよかったのです。 ジハンギルは自分の兄弟を殺そうとする母には反感をもっていたといいます。 ジハンギルの直接の死因は分かっていませんが、ムスタファの死が影響しているといわれます。 イエニチェリ(常設歩兵軍団)の兵たちはムスタファを慕っていました。 ムスタファの死を聞いた兵たちは反乱を起こします。 スレイマン1世を「狂った年寄り」と批判。 スレイマン1世を惑わせたとの処刑を主張しました。 しかし指導者を失ったイエニチェリは混乱して反乱は鎮圧されてしまいます。 それでもスレイマン1世は兵たちを鎮めるためリュステム・パシャを解任しました。 ムスタファは悲劇の王子として有名でヨーロッパでは様々な文学の題材になっています。

次の

オスマン帝国(オスマンていこく)とは

オスマン 帝国 地図

トルコ族の一首長であるオスマン1世により、1299年に建国されたオスマン帝国。 他民族のイスラム国家です。 勢力を拡大していったのは、3代皇帝のムラト1世。 隣接するビザンツ帝国の都市、アドリアノープルを攻略し、バルカン半島南東部のトラキア地方を次々と支配下におさめていきました。 1389年に起きた「コソヴォの戦い」でバルカン諸国連合軍を撃破。 オスマン帝国による半島支配の基礎を築きました。 続く1396年には「ニコポリスの戦い」でハンガリー連合軍を破ります。 しかし1402年、ムラト1世の息子であるバヤジット1世の時代に、当時力をつけていたモンゴルのティムールが攻めてきました。 これを「アンカラの戦い」といいます。 バヤジット1世はこれに大敗。 帝国は一時崩壊の危機を迎えます。 1444年から1446年、1451年から1481年の2度皇帝に即位したメフメト2世は、バルカン半島の諸国を次々と制圧。 1453年にはコンスタンティノープルを滅ぼして、ビザンツ帝国を完全に征服します。 このコンスタンティノープルという場所は、各方面との貿易拠点となる場所で、ここを支配したことは帝国のさらなる繁栄の大きなきっかけとなりました。 1517年、セリム1世がアフリカ大陸のマムルーク朝を征服。 1520年から即位したスレイマン1世の時代に帝国は最盛期を迎え、アジア、ヨーロッパ、そしてアフリカにまで連なる大帝国が完成しました。 オスマン帝国を語るうえで外せないのが、ヒュッレムという女性です。 彼女は、血生臭い男たちの戦いの歴史のなかで、華麗な出世を遂げました。 ロシア南部のルテニア地方に生まれ、1520年頃、この地を略奪に来たタタール人によって奴隷となります。 イスタンブールへ連れていかれ、裸で競りにかけられました。 ヒュッレムはそのなかでもひときわ目立つ美貌を持っていて、彼女を買ったのが、なんとオスマン帝国の大宰相パルガル・イブラヒム・パシャだったのです。 ほとんどの奴隷が酷い暮らしを強いられるなか、ヒュッレムは宮廷で豪奢な生活を送るようになりました。 それまで決して裕福な環境で育ったわけではなかった彼女は、ここで上昇志向を芽生えさせます。 その後ついに皇帝スレイマン1世の目にとまり、寵愛を受け、男児を出産。 第2夫人にまで上り詰めました。 当時、皇帝は妻を迎えないのが慣習でしたが、スレイマン1世の溺愛っぷりは他に類を見ないもので、ヒュッレムを正式に妻としたのです。 慣習を覆し、皇帝の愛を手に入れた彼女はその後、外交や国政にも関与するようになります。 奴隷の立場から皇后にまで登りつめた伝説の美女として、後世に語り継がれることになりました。 オスマン帝国の基礎知識を身につける一冊 オスマン帝国が他の国と一線を画しているのは、勢力拡大をする際に、戦いだけに重きをおいていたわけではなかったというところでしょう。 開放的かつ合理的な社会システムを構築し、イスラム教国家でありながら、キリスト教やユダヤ教も制度のもとに受け入れました。 それらのシステムを本書では「柔らかい専制」とし、上述したヒュッレムのように身分の低い者でも成りあがることのできる仕組みと秘密に迫っていきます。 一見するとドラマチックな物語にも思えますが、本書は史実を忠実に追いかけ、終始冷静にオスマン帝国繁栄の秘密に切り込んでいるので、国家のシステムを理解するのにおすすめの一冊です。 オスマン帝国繁栄の核心をスリリングに描く.

次の

7-6.オスマン帝国のジェンダー秩序(年表・地図)

オスマン 帝国 地図

こういう質問がいつか来るだろうなとは思っていたのですが。 我々は「オスマン・トルコ」または「トルコ帝国」と習いまた教職についてからもしばらくはその名前でした。 20年位前あたりから「オスマン帝国」と教科書の指導要領が変わったのですが、これは将来オスマン帝国ではどこにあるのか位置が解らなくなる人が出るなと思ったものです。 あぁやっぱりという事で、今でも「セルジューク・トルコ」との対比で「オスマントルコ」の方がオスマン帝国よりも良いと今も思っています。 さてセルジュークトルコがアラル海の東岸のジェント当たりのチュルク族でイラン、イラクからアナトリア(トルコ半島)に進出したのに対しオスマントルコはアナトリアの一部族でイスラム教を信奉するテュルク族です。 セルジュークトルコの衰退に伴って入れ替わるようにアナトリアから各地に領土を広げます。 その範囲は大体全盛期の東ローマ帝国+バビロニアくらいでヴァルカン半島、黒海周辺、トルコ半島、シリア、一部メソポタミア、エジプト、リビアが範疇です。 全盛期は16~17世紀くらいなのでそのころから徐々に領土を失います。 最終的に第一次世界大戦の敗北でセーブル条約により故地のアナトリアのみの領土になって今に至る訳です。 従って正確にはオスマントルコ帝国は今の南スラブ人の居住地のバルカン半島諸国から、トルコ共和国、シリア共和国、イラク、アラビアの一部、レバノン、エジプト共和国、リビア共和国、アルジェリアの一部を支配した大帝国だったという事です。

次の