シャチの食べ物。 クジラ

シャチの肉は食べれるのですか。シャチの肉料理というものはあるのですか。

シャチの食べ物

イルカは、生物分類上は、クジラの一種で、 クジラの中でも、口の中に歯が生えていて、体長が4~5メートル以下のものをイルカといいます。 本によっては、3メートル以上のものをクジラ、3メートル以下のものをイルカとしてるものもありますが、大きさに定義はなく、ゴンドウクジラのように比較的小さい体のものでもクジラと分類される種もあります。 クジラというと、巨大な体で、豪快に潮を噴き上げながら泳ぎまわる海の王者というイメージがありますが、そんなクジラが、小さくて可愛いイメージのイルカと同じ仲間だというと、少し意外な感じがしますよね。 イルカもクジラも、海の中で生活していますが、共に肺で呼吸し、生まれた子供を母乳で育てる哺乳類の仲間です。 スポンサーリンク 上の図をご覧いただくと、イルカとクジラの分類の違いがよく分かると思います。 イルカもクジラも、ともに「クジラ目(くじらもく)」というグループに属していますが、イルカとクジラが、分類上分かれるのは、さらに細かく分類した次の「亜目(あもく)」というグループからで、両者を分ける大きな違いは、口の中にあります。 口の中に、 ヒゲ板と呼ばれるものが密集しているのがヒゲクジラ亜目、いわゆる 「クジラ」と呼ばれるものたちです。 ヒゲ板は、歯ぐきが変化したものと考えられていますが、ヒトの爪と同じ成分から出来ている薄くて固い板状をしていて、その先端は毛のようになっています。 そのヒゲ板が何百枚も重なり合って巨大な口をとりまくように、クジラの上あごからたれさがっています。 ヒゲ板の長さは、種によっても異なりますが、もっとも長いホッキョククジラでは4メートルにもなります。 このヒゲクジラのグループには、地球上で最大の動物といわれる シロナガスクジラなどが含まれ、一般に大型のものが含まれています。 もっとも小さい種でも体長5メートル以上はあります。 ハクジラ類には、マッコウクジラなど体長が5~6メートルにもなる種もあります。 そこで、このような ハクジラ類のうち、体の大きさが、だいたい4~5メートル以下ぐらいの種を「イルカ」と呼んでいます。 ちなみに、英語では、イルカ類のうち、バンドウイルカやマイルカのように、くちばしが細長く伸びたものをdolphin、また、ネズミイルカやイロワケイルカのように、くちばしがないものをporpoise と呼び分ける場合もあります。 このように、イルカとクジラは、 同じ「クジラ目」という仲間にあって、口の中にヒゲ板があるのが「クジラ」、口の中に歯があり、体が小さいものを「イルカ」と呼んでいます。 イルカとクジラは同じ仲間(イルカはクジラの一種)• イルカとクジラの違いは、体の大きさと口の中に歯があるかどうかの違い イルカとクジラ、どっちが耳がいいの? イルカもクジラも、広い海の中ではパートナーや子供と、はぐれてしまうこともあります。 そんな時に、どうやって連絡を取り合っているのでしょうか。 イルカやクジラは、超音波を出して互いに連絡を取り合っています。 外からは見えませんが、イルカもクジラも非常に精巧な耳( 鼓骨胞 ここつほう )を持っており、これで互いが発する信号音をキャッチしています。 ある調査によると、 マッコウクジラで1万メートル、イルカで800メートルも遠くの出来事をキャッチできるということです。 ちなみに、マッコウクジラは一夫多妻制で、ほとんどのイルカの仲間は乱婚制だそうです。 シャチも、イルカと同様に生物分類上は、クジラの仲間で、ハクジラ亜目の一種です。 さらに詳しくいうと、 シャチは、くちばしが細く伸びたバンドウイルカ(水族館でもっとも多く飼われているイルカの種類)と同じマイルカ科の仲間で、歯もありますが、イルカよりも体が一回り大きくなります。 イルカは4~5メートル以下、シャチは6~9メートル、さらに大きいのがクジラです(ゴンドウクジラなど例外的に小型のクジラもあります)。 水族館では、シャチとイルカが仲良く飼われていますが、野生のシャチが、小さなイルカを襲うことはよく知られています。 また、群れで、自分たちよりも大きなクジラを襲うこともあるので、シャチは「キラー・ホエール」とも呼ばれ、海の生態系の頂点に位置します。

次の

シャチにもあった「おばあさん効果」…長生きすることで、孫の生存率を高めている

シャチの食べ物

浜辺にシャチが打ち上げられた! イギリスの某報道機関によると 体長5. 7メートルものシャチが南アフリカ共和国西ケープ州の プレッテンバーグベイの海岸に打ち上げられた。 打ち上げられた時にはまだ息はあったようだが、 しばらくして死亡していた。。 このシャチは海岸に打ち上げられてしばらくしてから 苦しみながら死んだようだった。 シャチはアザラシやイルカなどの 海の哺乳類、大型の魚類、イカなどを食べるが、 動物学者がこのシャチを解剖したところ、 不思議なことに普通の食べ物はごくわずかしか入っていなかった。 動物学者数名がそのシャチを解剖した結果、 胃の中には・・・ シャチの胃袋の中からでてきたもの 胃袋の中からでてきたものは 人間が捨てた海のゴミ・・・ ヨーグルトの瓶、食品の包装袋、さらには 靴などの人間が捨てたゴミが大量に見つかったのだった。 海洋哺乳類研究家の見解によれば、 このシャチは飢えに苦しみ、病気で弱っていたためか 魚などを捕まえて食べることができず、食べ物と間違えて、 浅海で大量の海のゴミを飲み込んだ可能性があると見ている。 専門家はこのシャチの死体を検査し、 病気や中毒で死亡した可能性も調べるという。 海洋ごみの脅威 漂着ゴミは生態系にも影響を与える 漂着ゴミは砂浜でのケガや子どもの誤食といった事故だけでなく、 生態系にも影響を与えます。 世界全体で見ると魚類や鳥類、海棲哺乳類といった ほとんどの 海洋生物に誤飲・誤食・絡まりといった被害が出ています。 釣り糸が絡まった海鳥やリング状のゴミが 口や首にはまってしまったアザラシの写真を見たことがある人も多いでしょう。 プラスチックごみの脅威 中でも深刻なのは プラスチックごみです。 ハワイでは死んだアホウドリの雛の胃の中から、 百円ライターや歯ブラシなどともに 大量のプラスチック粒子が発見されました。 さらには、クラゲが好物のウミガメやビニールシートがでてきたこともあります。 生分解性のない石油系プラスチックは どんなに細かくなっても消えてなくなりません。 細かくなればなるほど回収は不可能になります。 実はその漂流ゴミの影響ははっきりとデータ化されてはいません。 しかし、、 影響がはっきりと目に見えるようになってからでは 手遅れの可能性もあるのです。 危機は海で暮らす野生生物だけが直面しているのではなく、 私達の食卓のすぐ間近まで来ているということを認識する必要があります。 地球の環境問題について改めて考えさせられました。 水中にはたくさんの生き物が暮らしている、 彼らの住みかを勝手に汚してはならない。 ゴミは必ず持って帰ることを必ず忘れないようにします。 環境に対して行動できる人間はまだまだ少ないように思えます。

次の

最強?のシロナガスクジラ!生態、大きさは?天敵はいる?

シャチの食べ物

シャチはクジラ目マイルカ科シャチ属に分類される海洋哺乳類です。 世界中に広がる広大な海でその生態系の頂点に君臨するシャチは、自然界で天敵はおりません。 よくシャチとサメとどちらが強いのか、と比較されるサメをも捕食してしまいます。 今回はシャチと同じ大型の海洋哺乳類であるクジラをも襲ってしまう統率の取れたシャチの狩りの様子などをご紹介したいと思います。 スポンサーリンク 「海のギャング」として海洋動物の食物連鎖の頂点に位置するシャチですが、その生息地は世界中の海に広がっています。 シャチの体は非常に大きく、その大きさは体長8~10m、体重は6トン以上にもなります。 陸上動物で最大であるアフリカゾウよりも大きな体をしています。 またシャチの寿命は50~80年にもなる、非常に長生きする動物です。 対して、今回シャチの獲物となってしまうミンククジラ(Minke Whale)は、ナガスクジラ科ナガスクジラ属に分類される海洋哺乳類で、コイワシクジラとも呼ばれます。 ミンククジラはクジラの仲間の中では小さい部類ですが、それでも体長は7~8m程度もあります。 いくらシャチが海の王者と言えども、巨大なクジラを仕留めるのはシャチにとっても難しい狩りとなります。 ですが、今回シャチの群れがミンククジラを狩る様子は、シャチの群れの統率の取れた攻撃、粘り強い追跡、高度な戦術などシャチの頭脳の高さがよくわかる狩り動画かと思います。 母親とその子供たちからなる群れで生活するシャチは非常に高い社会性を持ち、群れ独自の言語を使ってお互いにコミュニケーションを取ります。 またイルカなどと同様、エコロケーション(反響定位)を使って獲物や仲間の位置を正確に把握し、相互にコミュニケーションをとって戦略的に獲物を攻撃します。 スポンサーリンク 今回は北極圏近辺の海域で撮影されたシャチがミンククジラを捕食する狩りの動画をご紹介したいと思います。 シャチの群れはチームでそれぞれの役割分担を決め、長時間にわたってクジラを追いかけてクジラを疲労させる役割のシャチ、疲れ切ったクジラに噛みつき怪我をさせ、交代でクジラの上に乗っかかり窒息させる役割のシャチ、そして最後にとどめの一撃を体当たりするシャチなど、 流れるような一連の攻撃でミンククジラを仕留める、チームワークの取れたシャチの華麗な狩りの様子がよくわかる動画です。 シャチは英語で「Killer whale(殺し屋クジラ)」とも呼ばれますが、まさしくその名前の由来そのものに、巨大海洋哺乳類さえも捕食してしまう海に君臨する皇帝といえるでしょう。

次の