家賃 補助 制度 コロナ。 コロナ救済策「家賃支援給付金」が閣議決定!法人最大600万円、個人最大300万円の家賃補助

家賃補助コロナ対応を受け付けている都道府県は?

家賃 補助 制度 コロナ

家賃支援金(都道府県別) 新型コロナウイルス関連 家賃支援金(都道府県別) 新型コロナウイルスに関連した地域の家賃に対する支援についてまとめています。 北海道• 東北 青森県• )とする。 補助金額は最大10万円(1か月の賃借料が10万円未満の場合は実支出額となる) 岩手県• 補助金額は上限30万円(1か月あたりの上限額を10万円とし,連続する3か月分を上限とする。 補助上限額は15万円/月。 最大、4月以降連続する3カ月分まで。 補助率は、家賃(土地、建物)の2分の1(上限:月10万円)。 補助対象期間は、令和2年4月から9月までの連続する3か月間(最大30万円を補助)。 上限額は事業所ごとに1か月につき10万円(連続する3か月分まで)• 補助額は、家賃全額 (1か月あたり10万円を上限)。 連続する3か月分の補助となるので、補助金額の上限は30万円。 ) 補助対象期間:令和2年4月1日から9月30日まで連続する3カ月以内 山形県• ・自粛要請期間(令和2年4月25日(土)から令和2年5月10日(日))に休業をした場合、4月分の家賃を支援。 ・自粛要請期間(令和2年4月25日(土)から令和2年5月10日(日))を含み、31日以上休業した場合、4月・5月分の家賃を支援。 補助額は1店舗につき賃料月額の8割(上限10万円)(1事業者あたり5店舗まで、上限50万円)• 家賃等を免除した場合又は家賃等の減額に加え1ヶ月以上支払い猶予をした場合 1テナント等当たり、1万円を加算(1回のみ)• 新宿区内の店舗等の家賃について、減額した金額の二分の一を助成 助成上限額:1つの物件につき、月額50,000円 対象月:令和2年4月から10月分まで(うち最大6か月分) 物件数:1人の賃貸人につき、ひと月あたり5物件まで• 代表者が同一の場合は1回のみの申請を可とする。 【補助額】事業所賃借料相当額の3ヵ月分 【上限】1事業所につき、1ヵ月あたり10万円(3ヵ月合計30万円)• (利用回数は、1事業者につき1回まで)• ただし、次の金額が上限。 なお、支援回数は1事業所あたり1回限り。 1.常時使用する従業員(専従者を除く)が10人以下の場合15万円 2.常時使用する従業員(専従者を除く)が11人以上の場合30万円• ) 協力金受給者 家賃の30%(上限15,000円)の5か月分を支給 協力金非受給者 家賃の75%(上限40,000円)の5か月分を支給 ・光熱水費 電気、水道、ガス代の基本料金の合計金額(上限5,000円)の5か月分を支給• 補助金の額:家賃の3分の1以内の減免額(最大3箇月分)。 土地または建物の月額賃料の1/2(併用住宅の場合は1/4)を3ヶ月分(4~6月分)、1事業者あたり上限15万円までを補助 静岡県• 支援対象となる店舗が1の場合は10万円(家賃の範囲内) 支援対象となる店舗が複数の場合は20万円(家賃合計の範囲内)• 光熱水費は4月及び5月に支払う分の合計額(上限額:5万円)、家賃は、4月及び5月に支払う分の合計額(上限額:5万円)、申請期限8月31日 中国 島根県• 1事業者あたり上限30万円 岡山県• 補助額は、1か月あたり10万円を上限として計算し、3か月分の金額を一括補助(1店舗あたり最大30万円)ただし、3カ月の家賃の合計が20万円以下の場合は20万円を補助 四国 徳島県• ・市内に事業用として借り受けた建物に係る申請月の月額賃料相当額 ・1給付者当たり10万円を上限とする。 高知県• 事務所若しくは店舗の家賃1か月分実費相当の半額支援(2か月以内 上限15万円)• ・令和2年4月7日から同年5月6日まで(以下,「第1期」といいます。 )の分については上限額50万円 ・令和2年5月7日から同年5月31日まで(以下,「第2期」といいます。 )の分については上限額30万円 長崎県• 家賃の2分の1を補助(3か月・合計15万円が上限)• 家賃の2分の1を補助(3か月・合計15万円が上限) 熊本県• )の2分の1に相当する額(その額に千円未満の端数を生じるときは、これを切り捨てた額)とし、1事業者当たり5万円を限度• 賃貸借契約等に基づく家賃相当額3か月分 補助率:5分の4 補助限度額: 上限24万円(ただし、1か月あたり上限8万円)• 令和2年4月から6月分の支払済みの家賃、補助の対象となる家賃の10分の8(1月あたり上限5万円、3ヶ月分で最大15万円)• 既に支払った3か月分の家賃(3月、4月、5月分対象) 家賃の月額80%(上限20万円)• ・補助対象者が市内に住所を有する場合 1か月の家賃の10分の8(月額6万円を限度) ・補助対象者が市内に住所を有しない場合 1か月の家賃の10分の5(月額4万円を限度)• 宮崎県• ・通常の賃借料に対して1/2(上限2万円/月) ・申請の月から起算して3か月分• ・減額した賃貸料(減額分)の1/2(上限1万円/月) ・令和2年6月から9月までの間のうち連続した3か月分• 支援額は通常1か月の賃借料の1/2(上限3万円) 期間は3か月間(最大9万円)• 令和2年4月及び5月の賃料 1事業者につき、最大10万円•

次の

家賃支援給付金の申請方法とは?家賃補助制度【コロナ対策】個人事業主・中小企業・事業主

家賃 補助 制度 コロナ

家賃支援給付金とは 固定費の中で大きな負担となっている地代・家賃の負担を軽減することを目的として、テナント事業者に対して「家賃支援給付金」を支給します。 家賃支援給付金【申請方法】 家賃支援の申請方法は経済産業相のHPで発表されるという。 随時、をチェックしておこう。 「家賃支援給付金」事業は、令和2年度第2次補正予算の成立を前提としているため、国会で審議されるので、事業内容が変更等されることがあります。 そのため、申請開始は最速で6月下旬以降、給付は7月以降になる予定です。 給付開始が遅れたとしても大丈夫なように、他の給付金・補助金・助成金・融資制度等の各種支援策の活用もご検討ください。 本事業は令和2年度第2次補正予算の成立を前提としているため、事業 内容が今後変更等されることがあります。 詳細な条件や申請方法等につい ては、決定次第速やかに、経済産業省HP等で公表させていただきます。 meti. pdf 家賃支援給付金【給付対象者】 中堅企業、中小企業、小規模事業者、個人事業者等であって、 5月~12月において以下のいずれかに該当する者に、給付金を支給。 法人の場合 法人の場合、1カ月分の給付の上限額は100万円です。 下図の通り、支払家賃(月額)75万円までの部分が2/3給付、75万円を超える部分が1/3給付になるため、支払家賃(月額)225万円で上限の給付額(月額)100万円になります。 6カ月分では600万円が給付の上限額です。 「令和2年度第2次補正予算案の事業概要」 その他 「家賃支援給付金」事業は、令和2年度第2次補正予算の成立を前提としているため、今後の国会で審議されるので、事業内容が変更等されることがあります。 そのため、申請開始は最速で6月下旬以降、給付は7月以降になる予定です。 給付開始が遅れたとしても大丈夫なように、他の給付金・補助金・助成金・融資制度等の各種支援策の活用もご検討ください。 各種支援策につきましては、4月にオープンした日本政府公式Webサイトである中小企業向け補助金・支援サイト「中小企業庁 ミラサポPlus 」で横断的に検索いただけます。 会員登録(無料)いただくと、給付金・補助金・助成金・融資制度等の各種支援策に関する最新情報をメールで受け取れます。

次の

新型コロナウイルス感染症関連 (METI/経済産業省)

家賃 補助 制度 コロナ

家賃支援金(都道府県別) 新型コロナウイルス関連 家賃支援金(都道府県別) 新型コロナウイルスに関連した地域の家賃に対する支援についてまとめています。 北海道• 東北 青森県• )とする。 補助金額は最大10万円(1か月の賃借料が10万円未満の場合は実支出額となる) 岩手県• 補助金額は上限30万円(1か月あたりの上限額を10万円とし,連続する3か月分を上限とする。 補助上限額は15万円/月。 最大、4月以降連続する3カ月分まで。 補助率は、家賃(土地、建物)の2分の1(上限:月10万円)。 補助対象期間は、令和2年4月から9月までの連続する3か月間(最大30万円を補助)。 上限額は事業所ごとに1か月につき10万円(連続する3か月分まで)• 補助額は、家賃全額 (1か月あたり10万円を上限)。 連続する3か月分の補助となるので、補助金額の上限は30万円。 ) 補助対象期間:令和2年4月1日から9月30日まで連続する3カ月以内 山形県• ・自粛要請期間(令和2年4月25日(土)から令和2年5月10日(日))に休業をした場合、4月分の家賃を支援。 ・自粛要請期間(令和2年4月25日(土)から令和2年5月10日(日))を含み、31日以上休業した場合、4月・5月分の家賃を支援。 補助額は1店舗につき賃料月額の8割(上限10万円)(1事業者あたり5店舗まで、上限50万円)• 家賃等を免除した場合又は家賃等の減額に加え1ヶ月以上支払い猶予をした場合 1テナント等当たり、1万円を加算(1回のみ)• 新宿区内の店舗等の家賃について、減額した金額の二分の一を助成 助成上限額:1つの物件につき、月額50,000円 対象月:令和2年4月から10月分まで(うち最大6か月分) 物件数:1人の賃貸人につき、ひと月あたり5物件まで• 代表者が同一の場合は1回のみの申請を可とする。 【補助額】事業所賃借料相当額の3ヵ月分 【上限】1事業所につき、1ヵ月あたり10万円(3ヵ月合計30万円)• (利用回数は、1事業者につき1回まで)• ただし、次の金額が上限。 なお、支援回数は1事業所あたり1回限り。 1.常時使用する従業員(専従者を除く)が10人以下の場合15万円 2.常時使用する従業員(専従者を除く)が11人以上の場合30万円• ) 協力金受給者 家賃の30%(上限15,000円)の5か月分を支給 協力金非受給者 家賃の75%(上限40,000円)の5か月分を支給 ・光熱水費 電気、水道、ガス代の基本料金の合計金額(上限5,000円)の5か月分を支給• 補助金の額:家賃の3分の1以内の減免額(最大3箇月分)。 土地または建物の月額賃料の1/2(併用住宅の場合は1/4)を3ヶ月分(4~6月分)、1事業者あたり上限15万円までを補助 静岡県• 支援対象となる店舗が1の場合は10万円(家賃の範囲内) 支援対象となる店舗が複数の場合は20万円(家賃合計の範囲内)• 光熱水費は4月及び5月に支払う分の合計額(上限額:5万円)、家賃は、4月及び5月に支払う分の合計額(上限額:5万円)、申請期限8月31日 中国 島根県• 1事業者あたり上限30万円 岡山県• 補助額は、1か月あたり10万円を上限として計算し、3か月分の金額を一括補助(1店舗あたり最大30万円)ただし、3カ月の家賃の合計が20万円以下の場合は20万円を補助 四国 徳島県• ・市内に事業用として借り受けた建物に係る申請月の月額賃料相当額 ・1給付者当たり10万円を上限とする。 高知県• 事務所若しくは店舗の家賃1か月分実費相当の半額支援(2か月以内 上限15万円)• ・令和2年4月7日から同年5月6日まで(以下,「第1期」といいます。 )の分については上限額50万円 ・令和2年5月7日から同年5月31日まで(以下,「第2期」といいます。 )の分については上限額30万円 長崎県• 家賃の2分の1を補助(3か月・合計15万円が上限)• 家賃の2分の1を補助(3か月・合計15万円が上限) 熊本県• )の2分の1に相当する額(その額に千円未満の端数を生じるときは、これを切り捨てた額)とし、1事業者当たり5万円を限度• 賃貸借契約等に基づく家賃相当額3か月分 補助率:5分の4 補助限度額: 上限24万円(ただし、1か月あたり上限8万円)• 令和2年4月から6月分の支払済みの家賃、補助の対象となる家賃の10分の8(1月あたり上限5万円、3ヶ月分で最大15万円)• 既に支払った3か月分の家賃(3月、4月、5月分対象) 家賃の月額80%(上限20万円)• ・補助対象者が市内に住所を有する場合 1か月の家賃の10分の8(月額6万円を限度) ・補助対象者が市内に住所を有しない場合 1か月の家賃の10分の5(月額4万円を限度)• 宮崎県• ・通常の賃借料に対して1/2(上限2万円/月) ・申請の月から起算して3か月分• ・減額した賃貸料(減額分)の1/2(上限1万円/月) ・令和2年6月から9月までの間のうち連続した3か月分• 支援額は通常1か月の賃借料の1/2(上限3万円) 期間は3か月間(最大9万円)• 令和2年4月及び5月の賃料 1事業者につき、最大10万円•

次の