コバエ を 退治 したい。 コンポストの虫を退治。すべて駆除?虫対策ってどうするの?

コンポストの虫を退治。すべて駆除?虫対策ってどうするの?

コバエ を 退治 したい

ですが、今回は「コバエ」です。 夏になってからすぐ、私の部屋にはコバエがうわんうわん出てくるようになりました。 原因はなんとなくわかります。 台所に放置した食器、捨ててない生ゴミ、湿気の多い風呂場。 どれもコバエの大好物でしょう。 コバエのシーズンになったことにも気づかず、生ゴミの処理を適切に行っていなかった自分を呪いたいです。 ですが、水回りを綺麗にしても一向に部屋のコバエはいなくなりません。 なぜだ。。 そこで、ありとの戦いに次いで、 私は部屋にいる小蝿を全滅させることにしました。 (しかも簡単) 用意するものはペットボトル、めんつゆ、水、食器洗剤のみ。 ペットボトルを半分に切り、3分の1程度の水を注ぎます。 あとはめんつゆ、食器洗剤を数的ずつ垂らせば終わり。 めんつゆの匂いにつられてきたコバエが、次々と罠にかかり窒息死してくれます。 めんつゆはワイン、酢などでも代替できます。 筆者はめんつゆトラップで5日間で壊滅に成功しました。 ビクトリー。

次の

コバエが大量発生!超簡単、コバエを駆除する方法。

コバエ を 退治 したい

スポンサーリンク 植木鉢のコバエ発生原因は何? 植木鉢の土の表面あたりに小さいコバエがうろうろしている…。 場合によっては土の表面だけでなく、植木鉢の下の方で涌いていたり、受け皿にいたりします。 鬱陶しいし気持ち悪いですよね。 お店で購入してから何も触っていないのに発生してしまった場合は、生産者さん、卸業者や花市場、販売店などを渡ってくる時にどこかでついてしまった可能性も考えられると思います。 有機物が多いとコバエが好む環境になってしまいます。 ご家庭で植物が元気になる為の肥料として生ごみ処理機などで処理した堆肥や、お米のとぎ汁を使うとコバエはわきやすくなります。 また、お店で買った土には堆肥や有機質の肥料等が配合されていますが、植木鉢などの容器栽培で水遣りを頻繁にしてしまい、有機物質が常に濡れた状態にいると、ジメジメした環境が好きなコバエが湧きやすくなります。 筆者の経験からも、風通しの悪い場所に長く置かれていた観葉植物は土にコバエが湧きやすい傾向にありました。 これらはコバエだけでなく、ハダニなどの他の害虫の発生率も高かったです。 お店に入荷してきた時点で既にコバエがついた状態の時もありました。 これはお店にやってくるまでの間の環境下に問題があると推測されます。 トラックに詰め込まれて運ばれていたり、市場にしばらく置かれていたりするため、風通しも日当たりも良いとは言えません。 スポンサーリンク 植木鉢に発生するコバエ退治はこうする では発生してしまったコバエはどうやって退治するのがいいのでしょうか? やはり一番は殺虫剤を使う! 虫退治といえば真っ先に頭に浮かぶであろう殺虫剤ですが、通常版のキンチョースプレーなどの殺虫剤を植物に直にかけては植物が痛んで弱ってしまいます。 コバエ専用の園芸殺虫剤は大きめの園芸店やホームセンターじゃないとなかなか見かけないような気がします。 それにこのような殺虫剤はコバエの成虫には効果ありかと思いますが、 土が原因の場合は その土中にコバエのタマゴや幼虫もいる可能性が高いです。 私が一番おすすめなのは、園芸用殺虫剤ではかなりメジャーで効果抜群な 「オルトラン」という殺虫剤。 花屋でも虫問題が発生した時はよく使われていましたし、私の家でも植物を沢山育てていますがこれだけは常に常備しております。 顆粒タイプのものが店頭でよく売られていますよ。 私は害虫が付いたらオルトラン顆粒タイプを使うことが多いですが、使い方としては 虫が湧いている植木鉢の土の表面に適量をパラパラっと撒いて水をたっぷりと上げて数日間放置。 簡単ですよね。 水やりによって土の中に薬剤を滲み込ませ、 土中にいるであろうコバエのタマゴ&幼虫までもやっつけます。 植物本体も根っこから薬剤を吸収し茎や葉にまで有効成分をいきわたらせるので、ハダニやアブラムシ、その他の困った害虫の対処に幅広く使うことができますよ。 しかし、オルトランは少し匂いがきついのが難点。 筆者的には、たくあんに似てるようなニオイだなと感じます。 オルトランを使って暫くの間は臭いので、ベランダや玄関先などの屋外に出して、ニオイが消えるまで待ってから室内に入れてます。 もし屋外に出される場合は、直射日光が当たらない半日陰or日陰になるような場所に置いてあげてくださいね。 風通しよくする 風通しの良い場所に移動させてあげて、しばらく様子を見てみましょう。 コバエ数匹程度なら、これだけでだいぶ改善されることもあります。 移動させる場合は、直射日光の当たる場所だけは避けて下さい。 いきなり強い太陽光があたると、弱ってしまったり、葉焼けしてしまったりする可能性が高いです。 水やりにメリハリをつける 土が常に濡れている状態の場合は、水やりの頻度を今よりもぐっと減らしてみましょう。 特に室内に置かれている植木鉢は、置かれる環境によっても違いますが土の渇きが遅いことがあります。 表面は乾いているけど、土の中は湿っているということも多いです。 また、水のやりすぎは根腐れを起こす原因にもなるので注意が必要。 土が中までしっかり乾いてから、お水をたっぷりあげるというようにメリハリをつけるように変えましょう。 「水やり3年」という言葉があるように、水やりの感覚を掴むのは簡単ではありませんが、日頃から意識して植物の様子を見てあげることで段々掴めてきます。 スポンサーリンク 植木鉢の土を替えてコバエを根本から対策もあり コバエの発生原因である 土を丸ごと変えてしまうのもありです。 上記の方法をやってみてもコバエがいなくならない様子の時は、根本である土を綺麗な新しいものに変えましょう。 花屋でもコバエが居なくならない時は土替えをしていました。 土を買われる際は、100円均一や安い土はきちんと殺菌消毒されていない可能性が高く、モノによっては古い釘や廃材のようなものが入っている事もあるようなので安い土はなるべく避けましょう。 観葉植物用でなくても『室内用』と記載されている土や、きちんと焼成されている土なら清潔で安全なので虫が涌く可能性は低いです。 観葉植物の植え替えの季節はたいていの場合は、 春~夏の終わりくらいの間まで。 秋以降は、植物の成長が遅くなり、冬にはほぼ成長が止まってしまうので、植木鉢の中で根っこが十分に広がらず弱ってしまうことがあります。 暑い季節のうちにやりましょうー! まとめ コバエが湧くのは本当に気持ち悪いですが、殺虫剤を使って対策をしたり、土をまるごと入れ替える事で、ほとんどのコバエはいなくなると思います! 普段からの、水やりや風通しにも注意されてみて下さいね。 >> >>.

次の

飛び回るハエをどうにかしたい!ハエ退治にはこんな方法があります|ハエ退治に効果的なトラップの作り方などのコツをご紹介|生活110番ニュース

コバエ を 退治 したい

「コバエ」はハエの子どもではありません。 ハエの子は「ウジ」なので、「コバエ」は小さいハエなのです。 コバエが大きくなったら普通の大きさのハエになるわけではないので、成虫で2ミリ程度の大きさです。 日本では6種類ほどのハエのことをコバエと呼んでいますが、主に見られる種類はショウジョウバエ、ノミバエ、クロバネキノコバエ、クチキバエ、チョウバエなどです。 果物をむいた後の皮や種は、そのまま捨てずにビニールに入れて捨てましょう。 また、お酒の缶やビンは、一度洗ってから捨てるようにしましょう。 缶に残ったビールやアルコール類が腐ると、とたんにショウジョウバエが増えてしまいます。 ローストビーフや野菜スープが大好きで、汚水槽や、植木鉢にたまって腐った水、排泄物、生ゴミなどから発生します。 腐った水によって作られる細菌、雑菌が大好きで、お風呂や台所の水アカや、雨樋、下水からわいてきます。 殺虫剤に抵抗性を持つものもあり、あまり殺虫剤が効かないこともあるので厄介です。 ジャガイモやキュウリといった植物の根が大好きです。 窓際でよく死んでいるコバエです。 住宅地の近くの公園、植木鉢、腐葉土、畑などから発生して、家の照明をつけると集まってきます。 ハエ取り棒や、ハエ取りリボンといった物理的なトラップによる捕獲が有効です。 コバエは卵から成虫になるまでが約10日と、非常に速いスピードで大人になります。 卵から幼虫(ウジ)になり、コロコロした蛹(サナギ)になった後、羽が生えた成虫のハエになります。 繁殖のスピードが速いので、生ゴミを放置しているとコバエが卵を産んであっという間に増えてしまうのです。 発生時期は6、7月と9、10月が発生時期となっています。 8月はコバエにとってあまりに暑すぎるため、かえって育つことができません。 しかし、周辺の環境によって一年中コバエが発生してしまう家庭もあります。 手軽にできるコバエ駆除方法の1つに、お酢のニオイに反応したコバエを容器の中でキャッチし、窒息死させて退治する方法があります。 お酢トラップの作り方 ペットボトルを半分に切ったものや、不要な容器を用意して、容器の半分まで水を入れます。 お酢は、水の量に対して10分の1の量を入れましょう。 お酢を使ったコバエ駆除に使う容器は、口が広いものを使用した方がコバエが入りやすいでしょう。 また、長期間放置するものであるため、小さい容器や倒れにくい形状の容器を使用することも大切です。 交換の目安 容器にコバエが入っていなければ交換する必要はないですが、コバエが容器に入っているのであれば1日で交換することがおすすめです。 容器にコバエが入った状態で長期間放置すると、容器の中に卵を産むリスクがあるのでこまめに交換しましょう。 お酢トラップの置き方と注意点 お酢を入れたトラップは、コバエの発生源である台所や生ゴミを入れるゴミ箱、観葉植物の近くに仕掛ける、観葉植物といった場所に仕掛けることがおすすめです。 ペットや小さな子供が飲んでしまうといったトラブルがないように、十分に注意しましょう。 コバエによく効くのが【めんつゆトラップ】です。 ハエは食べ物のにおいに誘われてやってきます。 めんつゆの臭いに誘われてやってきたコバエを、洗剤の中に入っている界面活性剤で窒息させて退治するという方法です。 めんつゆトラップの作り方 作り方は簡単で、めんつゆに水と中性洗剤を入れます。 割合は適当で構いませんが、めんつゆ1に対して水1、中性洗剤数滴で良いでしょう。 入れ物ですが、細長いものよりも、なるべく平らで広い面積があるものが効果的です。 臭いが強ければ何でも良いので、ワインでもビールでもお酢でもかまいません。 これを、コバエが多く発生している所に置くのです。 10日置いたら新しいものと交換 めんつゆトラップを置いてすぐに退治できるのは、現在大人になって飛んでいる成虫のみです。 そのため今、卵、幼虫、サナギの状態で、生ゴミや排水口などに隠れているコバエをやっつけるには一週間から10日は待たなくてはいけません。 コバエが減ったり増えたりすると思いますが、辛抱強く置き続けましょう。 めんつゆトラップの置き場所 ゴミ箱や生ゴミの近くに置くのが一般的です。 ペットや子どもが間違って飲んでしまわないように、注意してください。 あまり人がいない場所のほうがコバエが取れやすいようです。 コバエも人間を警戒するからです。 キッチンに、缶や瓶を放置している家庭は多いでしょう。 しかし、中身が入っていない場合でも底の部分には液体が残るので、しっかりと水ですすいでおくことが大切です。 三角コーナーに生ゴミを捨てた場合、長期間不潔な状態にしてあるとコバエが卵を産み、大量発生につながります。 三角コーナーは不快なニオイも発生するので、コバエの発生予防だけではなくキッチンを快適に使うためにもこまめに洗うことがポイントです。 洗うのに手間がかかると感じる場合は、三角コーナーに使い捨てタイプの袋を設置して生ゴミを捨てると良いでしょう。 袋ごと処分できるので非常に楽であり、袋を閉じておけばゴミ箱の中にコバエが発生するのも予防できます。 また、排水口にゴミが溜まった状態で放置するとコバエが発生するだけではなく卵を産み付けられている可能性があります。 排水口を掃除するのには手間がかかりますが、コバエの発生を予防するために1週間に1度は掃除をする方法がおすすめです。 ゴミが蓄積してから一気に掃除をすると、ヌメリや臭いで不快な思いをするので、掃除をせず放置してしまうことにつながります。 そのため、汚れが目につく前に掃除をすることが重要です。 ほかにも、キッチンの調味料にコバエが発生する可能性が高いので、調味料はしっかりと蓋を閉める、もしくは冷蔵庫で保管しましょう。 調味料を詰め替えて利用しているケースも多いですが、蓋が壊れている場合には新しいものに買い換えて使うことが大切です。 調味料に卵を産む可能性もあり、健康面や衛生面でも悪影響を及ぼす場合があります。 網戸を設置するだけで、コバエが家の中に侵入するのを予防できると考えている人も多いのではないでしょうか。 しかし、正しい方法で網戸を利用しなければコバエが侵入するので注意が必要です。 最初に、使用している網戸の網目のサイズをチェックしましょう。 コバエの大きさは種類によって異なるものの、およそ1~2ミリ程度が一般的です。 網目の大きさが1ミリ以下のものを使用しなければ、コバエが侵入します。 極端に網目が小さいものは、コバエは侵入しないものの風も入らないので設置する意味がありません。 そのため、使用用途に適したサイズの網戸を選ぶことが重要です。 ホームセンターなどで販売されている網戸用の網で一般的なものは、16、18メッシュです。 この値が大きいほど細かい網になります。 風は少し入りづらくなりますが、虫が入らないように20、24、26、30メッシュといった細かい網に交換すると、虫対策になります。 さらに、網戸の配置を誤ることで窓を開けた際にコバエが室内に侵入する原因になるので注意しましょう。 使用している窓をしっかりとチェックして、網戸を正しい位置に配置します。 コバエの種類によっては飛び回らない種類もいるので、ベランダの方向に向けて扇風機を回しておくだけでも侵入を予防できます。 コバエ退治は何よりも家にコバエを入れないこと、そして清潔を心がけることが第一です。 時間が無くて、排水口やお風呂まわりといった水回りの掃除ができない場合には、プロに徹底的に掃除してもらうのも1つの方法です。 プロに頼むと2万円から4万5,000円程度で、キッチンやトイレ、お風呂場といった水回りのお掃除をしてもらえます。 母の日のプレゼントや、お母さんの誕生日プレゼントに、プロによる水回りのお掃除サービスを頼んでみるのも良いかもしれません。 また、コバエは発生の原因がつきとめにくいので、害虫駆除の専門家に相談してみるのも参考になります。 プロに害虫駆除をしてほしい場合は、「公益社団法人 日本ペストコントロール協会」にたずねると良いでしょう。

次の