発達支援 目黒区。 当院について|株式会社目黒総合リハビリサービス

「目黒区児童発達支援センター すくすくのびのび園」(目黒区

発達支援 目黒区

新型コロナウイルス感染症に関する対応について【5月26日更新】 世田谷区発達障害相談・療育センター「げんき」では、5月25日に国による緊急事態宣言が解除されたことを踏まえ、感染予防策を徹底した上で、順次業務を再開します。 【来所相談】 6月1日より再開します。 【通所サービス(療育)】 6月15日より再開します。 なお、再開後1か月間は月1回の療育(通常月2回)とします。 【講座等の地域支援事業】 感染拡大防止策を講じた上で、順次再開します。 詳しくは、「げんき」までお問い合わせください。 電話番号:03-5727-2235(代表) ファクシミリ:03-5727-2238 世田谷区発達障害相談・療育センター(愛称「げんき」) げんき外観 区では、発達障害支援基本計画(平成28年3月)に基づいて、発達障害支援の中核的拠点『世田谷区発達障害相談・療育センター(愛称「げんき」) 』を中心に、相談、療育、地域支援等を行っています。 1 施設の概要• 名称 世田谷区発達障害相談・療育センター 愛称「げんき」• 所在地 東京都世田谷区大蔵2丁目10番18号 大蔵二丁目複合型子ども支援センター2・3階• 電話番号 03-5727-2235 代表)、03-5727-2236 発達相談• ファクシミリ 03-5727-2238• 施設規模 敷地面積 約1,650平方メートル 延べ床面積 約950平方メートル 建物の2階の一部および3階部分• 施設内容 療育室、相談室、プレイルーム、事務室ほか• 開所日時 月曜日から土曜日 祝日及び年末年始を除く 午前9時から午後6時 のホームページ 2 利用対象者 世田谷区在住の発達障害者支援法に規定される発達障害者(自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害などの発達障害のある方)、又はその疑いがある方。 (療育は、18歳未満の児童を対象とします) (補足) 3 機能 1 相談 ライフステージを通したあらゆる年齢層の当事者、家族及び関係機関 保育園、幼稚園、学校等 から発達障害に関する全般的な相談に応じます。 2 療育 指導、訓練 療育 指導、訓練 の必要性の判断、療育 指導、訓練 方針の検討、医療機関への紹介(保険診療や確定診断は行いません)、18歳未満を対象としてグループや個別の指導・訓練を行い、主に社会生活への適応力を高める療育 指導、訓練 を行います。 療育は、児童福祉法に規定する児童発達支援・放課後等デイサービスに位置づけます。 3 地域支援 発達障害の特性がある当事者が地域で生活する上で関わる関係機関等に、研修や巡回支援の実施し、合理的配慮の内容や対応力のスキルアップ、必要な環境調整について、助言を行います。 また、広報誌やメールマガジンの配信等により、発達障害理解を促します。 4 運営方法 区立施設として運営し、業務については、社会福祉法人トポスの会に委託します。 5 自己負担• 相談、地域支援は、無料。 療育 指導、訓練 は、児童福祉法に基づく児童発達支援・放課後等デイサービスの法定料金。 6 利用申込 利用を希望される方は、直接「発達障害相談・療育センター『げんき』」へ電話にてお問合せください。 関連リンク•

次の

世田谷区発達障害相談・療育センター「げんき」

発達支援 目黒区

桐塾は、お子様が安心した環境で、生き生きと自分らしく人生を歩んでいくために、専門性を確保しながら、個々のニーズに応じた支援を行います。 主に、落ち着いた個室を使用し、有資格者の先生がマンツーマンで、担任制で支援することに特長があります。 目黒区に4つ、品川区に1つの教室があります。 都立大学駅前教室(徒歩1分)・・・・未就学児童対象 個別指導 学芸大学駅前教室(徒歩3分)・・・・未就学児童対象 個別指導 学芸大学駅前第2教室(徒歩3分)・・小学生以上・ 未就学児童対象 個別指導 祐天寺教室 (徒歩2分)・・・・小学生以上・ 未就学児童対象 個別指導 荏原教室 (徒歩8分)・・・小学生以上・ 未就学児童対象 個別指導 児童福祉法に基づく事業を実施しており、利用には受給者証が必要です。 基本的に、未就学児童クラスのお子様は、就学後、桐塾の放デイには優先的にご利用いただけますが、定員があるため、 必ずしもご利用をお約束するものではございませんことを、あらかじめご了承くださいませ。 お知らせ お知らせ• 新型コロナウイルス等の感染症への対応について 現在、拡大をみせている新型コロナウイルス等の感染症の対応について、ご利用者の皆様には、下記のとおり対応をお願いしています。 ご理解、ご協力のほど、お願い申し上げます。 ・通所前に検温していただき、発熱(およそ37. ・・教室にお越しいただいた際、手洗い、うがい、手のアルコール消毒をお願いします。 桐塾職員より直接お願いする場合もございますので、ご理解とご協力のほどお願いいたします。 また、通所前に検温されなかった場合は帰宅していただく場合がございますので、あわせてお願いいたします。 その他、詳細は教室にお問い合わせください。 (2020年3月1日)• 令和元年の夏季休業は以下の通りとなります 都立大学駅前教室 8月11日〜8月19日(9日間) 学芸大学駅前教室 8月11日〜8月15日( 5日間) 学芸大学駅前第二教室 8月11日〜8月19日( 9日間) 祐天寺教室 8月11日〜8月18日( 8日間) 荏原教室 8月11日〜8月19日( 9日間) (2019年7月31日)• 令和元年の夏季休業は以下の通りとなります 都立大学駅前教室 8月11日〜8月19日(9日間) 学芸大学駅前教室 8月11日〜8月15日( 5日間) 学芸大学駅前第二教室 8月11日〜8月19日( 9日間) 祐天寺教室 8月11日〜8月18日( 8日間) 荏原教室 8月11日〜8月19日( 9日間) (2019年7月31日)• 荏原教室を開校 東急目黒線「武蔵小山駅」より徒歩8分、東急池上線「戸越銀座駅」より徒歩8分の立地に、児童福祉法に基づく児童発達支援事業および放課後等デイサービスを実施する通所施設「桐塾 荏原教室」をオープンします。 営業開始は2019年4月1日となります。 (2019年3月16日)• 自己評価結果・保護者等向け児童発達支援評価表等の掲載を行います (2019年01月30日)• 平成30年の教室の夏季休業は以下の通りとなります 都立大学駅前教室 8月11日〜20日(10日間) 学芸大学駅前教室 8月10日〜14日( 5日間) 学芸大学駅前第二教室 8月11日〜17日( 7日間) 祐天寺教室 8月 5日〜12日( 8日間) (2018年8月1日) 桐塾(きりじゅく) 【問合せ用ダイヤル】 03-6412-8983 mail: info kirijuku.

次の

「目黒区児童発達支援センター」

発達支援 目黒区

新型コロナウイルス感染症に関する対応について【5月26日更新】 世田谷区発達障害相談・療育センター「げんき」では、5月25日に国による緊急事態宣言が解除されたことを踏まえ、感染予防策を徹底した上で、順次業務を再開します。 【来所相談】 6月1日より再開します。 【通所サービス(療育)】 6月15日より再開します。 なお、再開後1か月間は月1回の療育(通常月2回)とします。 【講座等の地域支援事業】 感染拡大防止策を講じた上で、順次再開します。 詳しくは、「げんき」までお問い合わせください。 電話番号:03-5727-2235(代表) ファクシミリ:03-5727-2238 世田谷区発達障害相談・療育センター(愛称「げんき」) げんき外観 区では、発達障害支援基本計画(平成28年3月)に基づいて、発達障害支援の中核的拠点『世田谷区発達障害相談・療育センター(愛称「げんき」) 』を中心に、相談、療育、地域支援等を行っています。 1 施設の概要• 名称 世田谷区発達障害相談・療育センター 愛称「げんき」• 所在地 東京都世田谷区大蔵2丁目10番18号 大蔵二丁目複合型子ども支援センター2・3階• 電話番号 03-5727-2235 代表)、03-5727-2236 発達相談• ファクシミリ 03-5727-2238• 施設規模 敷地面積 約1,650平方メートル 延べ床面積 約950平方メートル 建物の2階の一部および3階部分• 施設内容 療育室、相談室、プレイルーム、事務室ほか• 開所日時 月曜日から土曜日 祝日及び年末年始を除く 午前9時から午後6時 のホームページ 2 利用対象者 世田谷区在住の発達障害者支援法に規定される発達障害者(自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害などの発達障害のある方)、又はその疑いがある方。 (療育は、18歳未満の児童を対象とします) (補足) 3 機能 1 相談 ライフステージを通したあらゆる年齢層の当事者、家族及び関係機関 保育園、幼稚園、学校等 から発達障害に関する全般的な相談に応じます。 2 療育 指導、訓練 療育 指導、訓練 の必要性の判断、療育 指導、訓練 方針の検討、医療機関への紹介(保険診療や確定診断は行いません)、18歳未満を対象としてグループや個別の指導・訓練を行い、主に社会生活への適応力を高める療育 指導、訓練 を行います。 療育は、児童福祉法に規定する児童発達支援・放課後等デイサービスに位置づけます。 3 地域支援 発達障害の特性がある当事者が地域で生活する上で関わる関係機関等に、研修や巡回支援の実施し、合理的配慮の内容や対応力のスキルアップ、必要な環境調整について、助言を行います。 また、広報誌やメールマガジンの配信等により、発達障害理解を促します。 4 運営方法 区立施設として運営し、業務については、社会福祉法人トポスの会に委託します。 5 自己負担• 相談、地域支援は、無料。 療育 指導、訓練 は、児童福祉法に基づく児童発達支援・放課後等デイサービスの法定料金。 6 利用申込 利用を希望される方は、直接「発達障害相談・療育センター『げんき』」へ電話にてお問合せください。 関連リンク•

次の