次 世代 住宅 ポイント 期限。 申請は誰が行う?ポイント交換は期間内に!|次世代住宅ポイント徹底研究

新型コロナウイルスの影響により、次世代住宅ポイント期限延長へ

次 世代 住宅 ポイント 期限

消費税が10%になる影響を小さくするため、「次世代住宅ポイント制度」がスタートしました。 次世代住宅ポイント制度の特徴は、• 対象となる新築住宅(注文住宅・建売住宅・リフォームも可)を購入すると、最大35万ポイントがもらえる。 ポイントは、対応した商品(家電・インテリアなど)と交換できる。 ということ。 次世代住宅ポイントの受給条件は「家の性能」のみであり、収入などの条件はありません。 しかし、すまい給付金よりも家の性能の条件がややシビアであり、購入した住宅によっては対象外になってしまうこともあります。 ハウスメーカーと契約してから後悔しないように、事前にチェックしておきましょう。 次世代住宅ポイントとは? 次世代住宅ポイントは、消費税増税の影響を小さくする目的でスタートしました。 新築住宅だけでなく、リフォームでも次世代住宅ポイントがもらえることもあります。 この記事では、「新築住宅」を基準に解説していきます。 受給条件とポイント数 次世代住宅ポイントでもらえるポイント数は、「最大35万ポイント」です。 ポイントの算定は2段階で、それぞれ下記条件を満たすことでポイントがもらえます。 一定の性能を有する住宅? :30万ポイント• 高い性能を有する住宅? :35万ポイント• (人に貸す、賃貸用の住宅では受給できない) 【一定の性能を有する住宅? 】 次の1~4の「いずれか」に該当する場合、1戸あたり30万ポイント 1・断熱性・エコ性能 断熱等級4、または一次エネルギー等級4を満たす住宅 2・メンテナンス性 劣化対策等級3、かつ維持管理対策等級2等を満たす住宅 3・耐震性 耐震等級2を満たす住宅、または免震建築物 4・バリアフリー対策 高齢者等配慮対策等級3を満たす住宅 【高い性能を有する住宅? 】 次の1~4の「いずれか」に適合する場合、1戸あたり35万ポイント 1・認定長期優良住宅 バリアフリー性、可変性、耐震性、省エネ性など9項目 2・低炭素認定住宅 省エネルギー基準を超える、省エネ性があること 3・性能向上計画認定住宅 外皮の断熱性能、一次エネルギー消費量基準をクリアすること 4・ZEH 太陽光を設置し、断熱性・気密性の基準をクリアすること また指定された住宅設備を導入することで、それぞれの設備に対応したポイントが加算されます。 家事負担軽減設備 ビルトイン食器洗機 1. 8万ポイント 掃除しやすいレンジフード 0. 9万ポイント ビルトイン自動調理対応コンロ 1. 2万ポイント 掃除しやすいトイレ 1. 8万ポイント 浴室乾燥機 1. 8万ポイント 宅配ボックス 1万ポイント これらの設備のポイントも含めて、次世代住宅ポイントは、「最大35万ポイント」になります。 どんな商品と交換できるの? 次世代住宅ポイントは、対応する商品と交換できます。 次世代住宅ポイントで交換できる商品は、家電~食品・アウトドアグッズまで、幅広いラインナップがあります。 家電 省エネ家電 パソコン・プリンタ・液晶テレビ・レコーダーなど 省エネ照明 電球 健康家電 エアコン・ヒーター・ストーブ・空気清浄機など キッチン家電 冷蔵庫・炊飯器・電子レンジ・ 掃除・洗濯家電 掃除機・ロボット掃除機・洗濯機・高圧洗浄機 インテリア 家具 収納・机・テーブル・ソファ 寝具 ベッド・布団・毛布 カーテン カーテン・ブラインド 食品 食料品 肉・魚・米・スイーツ・野菜 飲料・お酒 ジュース・ビール・日本酒・焼酎 趣味 アウトドア用品 リュック・バーベキュー用品・テント スポーツ用品 ゴルフ用品・筋トレ用品・ランニングマシン その他、次世代住宅ポイントで交換できる商品は、に登録されています。 登録されている商品は、2020年3月31日まで、随時追加される予定です。 次世代住宅ポイントの対象となる期間 次世代住宅ポイントは、消費税の増税の影響を少なくするのが目的です。 そのため次世代住宅ポイントの対象となる期間は、原則的に「消費税10%が適用される2019年10月1日以降に引き渡し」となります。 ただし契約してから引き渡しまで期間のかかる注文住宅では、消費税8%のときの契約でも次世代住宅ポイントの対象となるケースがあります。 消費税10% 消費税8% 注文住宅 請負契約 2019年4月1日~ 2018年12月21日~2019年3月31日 着工 ~2020年3月31日 2019年10月1日~2020年3月31日 引き渡し 2019年10月1日~ 2019年10月1日~ 建売住宅 売買契約 2018年12月21日~2019年12月20日?? 対象外 引き渡し 2019年10月1日~ 対象外 注文住宅では、「請負契約」・「着工」・「引き渡し」の時期。 建売住宅は、「売買契約」・「引き渡し」の時期。 それぞれの時期が、次世代住宅ポイントの対象期間内に含まれていることが必要です。 次世代住宅ポイントの注意点 最大35万ポイントがもらえる、次世代住宅ポイント。 いくつか注意すべき点があるので、解説していきます。 次世代住宅ポイントによる、工事代金の値引はできない。 換金もできない。 次世代住宅ポイントでもらったポイントは、対象商品との交換でしか使えません。 ですので、 ・工事代金や住宅購入費用からの値引。 ・ポイントを換金して現金にする。 などの用途には使えません。 次世代住宅ポイントは、あくまでも「ポイント」としての利用であり、現金としては使えないのです。 対象となる商品は、に登録されているものです。 ただしカテゴリーはインテリア~食品・スポーツ用品と幅広く、入居後に必要な家電を選ぶだけでもかなりの種類があります。 非常に多くの種類から選ぶので、「欲しいモノがまったくない」、という心配は不要でしょう。 2万ポイント未満では、次世代住宅ポイントの申請ができない。 次世代住宅ポイントの申請は、1回につき2万ポイント以上になります。 2万ポイント未満の申請はできません。 「一定の性能を有する住宅」を満たせば、30万ポイントがもらえるので、2万ポイントの制限は問題ないでしょう。 しかし指定された「家事負担軽減設備」を導入しただけでは、場合によっては2万ポイント未満になる可能性があります。 次世代住宅ポイントを申請するつもりなら、合計2万ポイント以上になる選び方が必要です。 「耐震等級2級相当」では、次世代住宅ポイントの条件を満たさない。 別途オプションで耐震等級を取得するか、別の項目で次世代住宅ポイントの条件を満たす必要があります。 次世代住宅ポイントのまとめ 次世代住宅ポイントでは、指定された条件を満たすことで、最大35万円のポイントがもらえます。 ポイントは登録された商品と交換できます。 インテリア~家電、食品など幅広い種類から選べるので、ちょっとした住宅購入のお祝いになりますね。 せっかく住宅を購入するのですから、お得な制度は少しでも利用したいところ。 購入する物件の性能によって対象の可否が決まるので、ハウスメーカー・物件を選ぶときに確認してみてください。

次の

次世代住宅ポイントの交換方法は?申込み期限もチェック!

次 世代 住宅 ポイント 期限

2019年に消費税率引き上げの対策として導入された「次世代住宅ポイント制度」ですが、ポイント発行の申請や商品交換には期限があります。 この記事では、次世代住宅ポイントの申請期限や交換商品の期限について紹介するとともに、ポイントの申請・交換の手続き方法もご案内。 期限内に手続きを済ませて、せっかくのポイントを失効させてしまうことがないようにしましょう。 次世代住宅ポイントの申請期限は迫っている? 次世代住宅ポイントは増税後の景気対策を目的として掲げている制度なので、実施期間が長くはありません。 ポイント発行の申請期限が間近に迫っているので、早めに手続きを完了させましょう。 次世代住宅ポイントの申請期限 次世代住宅ポイント発行の申請期限は「2020年3月31日」です。 期限までの時間が残り少ないので、「今度にしよう…」と手続きを先延ばしにしていると、あっという間に期限を過ぎてしまうかもしれません。 また、次世代住宅ポイント制度は新築1,032億円、リフォーム268億円と、事業予算の上限が設定されています。 申請期限前に予算に達した場合は、その時点で申請が締め切られるので注意が必要です。 災害などのやむを得ない事情で期限までに着工できなかった場合は、着工期限が2020年6月30日に延長できますが、事前の申請が必要です。 また、着工期限を延長した場合でも、次世代住宅ポイント発行の申請期限が2020年3月31日から変更されることはありません。 次世代住宅ポイントの申請方法 次世代住宅ポイント発行の申請方法には、「窓口申請」と「郵送申請」の2種類があります。 郵送で申請した場合は、申請日が消印日ではなく「次世代住宅ポイント事務局が申請を受理して、システムに登録した日」になります。 期限ギリギリに書類を郵送すると間に合わなくなる可能性があるので、余裕を持って手続きを済ませておくと良いでしょう。 また、申請の際には「ポイント発行申請書」の他にも、複数の書類を提出する必要があります。 書類に不備があると手続きが遅れるので、次世代住宅ポイントの公式サイトで必要書類を確認しておきましょう。 公式サイト 申請方法についてのページはこちらです。 1度にすべてのポイントを使う必要はなく、まずポイントの一部をベビー用品に、後日残りのポイントを家電になど、複数の商品に交換することも可能です。 しかし、商品交換にも期限が設定されており、残された時間はあまり長くありません。 どの商品に交換するか迷っていると、期限を過ぎてしまうかもしれないので期日には注意が必要です。 次世代住宅ポイントの商品交換期限 次世代住宅ポイントの商品交換期限は、「2020年6月30日」です。 期限を過ぎると発行された次世代住宅ポイントはすべて失効してしまいます。 ポイント発行の申請よりも期限は長いですが、これからポイント発行の申請をして、その後交換商品の申し込みを行うとなると早めの対応をおすすめします。 次世代住宅ポイントの交換商品の申し込み方 次世代住宅ポイントを商品に交換する方法は、以下の2種類です。 公式サイトのカタログや商品検索サイトで商品を選ぶ• ポイント通知ハガキに記載された個人ID・パスコードを入力してログインする(2回目以降は自分で設定したパスワードを入力)• 申込内容を確認して完了する 郵送の場合は、以下の流れで手続きを進めます。 公式サイトのカタログ、またはポータルサイトで商品を選ぶ• ポイント交換申込書に必要事項を記入する• ポイント交換申込書を次世代住宅ポイント事務局に郵送する ポイント交換申込書はこちらからダウンロードできます。 なお、交換商品の申し込みができるのは、次世代住宅ポイントの発行を申請した本人のみです。 商品の届け先も、ポイント発行の際に登録した申請者の住所しか指定できません。 また、次世代住宅ポイント事務局が希望商品を特定できない場合は申し込みが無効になるので、期日までに再度申込手続きを行う必要があります。 ポイント交換申込書の記載内容は間違えないようにすること、丁寧に記入することがポイントです。 まとめ 次世代住宅ポイントの発行の申請と商品交換の期限は把握できたでしょうか。 もう1度日付を確認しておきましょう。 とくにポイントの申請期限は間近に迫っています。 事業予算の上限に達してしまうと上記の期限より早まる可能性もあるので、必要書類が準備できたら急いで申請をしてポイントと商品を獲得しましょう。 jisedai-points. jisedai-points. jisedai-points. pdf.

次の

次世代住宅ポイント制度【ポイント申請期限が近づいています】

次 世代 住宅 ポイント 期限

消費税が10%になる影響を小さくするため、「次世代住宅ポイント制度」がスタートしました。 次世代住宅ポイント制度の特徴は、• 対象となる新築住宅(注文住宅・建売住宅・リフォームも可)を購入すると、最大35万ポイントがもらえる。 ポイントは、対応した商品(家電・インテリアなど)と交換できる。 ということ。 次世代住宅ポイントの受給条件は「家の性能」のみであり、収入などの条件はありません。 しかし、すまい給付金よりも家の性能の条件がややシビアであり、購入した住宅によっては対象外になってしまうこともあります。 ハウスメーカーと契約してから後悔しないように、事前にチェックしておきましょう。 次世代住宅ポイントとは? 次世代住宅ポイントは、消費税増税の影響を小さくする目的でスタートしました。 新築住宅だけでなく、リフォームでも次世代住宅ポイントがもらえることもあります。 この記事では、「新築住宅」を基準に解説していきます。 受給条件とポイント数 次世代住宅ポイントでもらえるポイント数は、「最大35万ポイント」です。 ポイントの算定は2段階で、それぞれ下記条件を満たすことでポイントがもらえます。 一定の性能を有する住宅? :30万ポイント• 高い性能を有する住宅? :35万ポイント• (人に貸す、賃貸用の住宅では受給できない) 【一定の性能を有する住宅? 】 次の1~4の「いずれか」に該当する場合、1戸あたり30万ポイント 1・断熱性・エコ性能 断熱等級4、または一次エネルギー等級4を満たす住宅 2・メンテナンス性 劣化対策等級3、かつ維持管理対策等級2等を満たす住宅 3・耐震性 耐震等級2を満たす住宅、または免震建築物 4・バリアフリー対策 高齢者等配慮対策等級3を満たす住宅 【高い性能を有する住宅? 】 次の1~4の「いずれか」に適合する場合、1戸あたり35万ポイント 1・認定長期優良住宅 バリアフリー性、可変性、耐震性、省エネ性など9項目 2・低炭素認定住宅 省エネルギー基準を超える、省エネ性があること 3・性能向上計画認定住宅 外皮の断熱性能、一次エネルギー消費量基準をクリアすること 4・ZEH 太陽光を設置し、断熱性・気密性の基準をクリアすること また指定された住宅設備を導入することで、それぞれの設備に対応したポイントが加算されます。 家事負担軽減設備 ビルトイン食器洗機 1. 8万ポイント 掃除しやすいレンジフード 0. 9万ポイント ビルトイン自動調理対応コンロ 1. 2万ポイント 掃除しやすいトイレ 1. 8万ポイント 浴室乾燥機 1. 8万ポイント 宅配ボックス 1万ポイント これらの設備のポイントも含めて、次世代住宅ポイントは、「最大35万ポイント」になります。 どんな商品と交換できるの? 次世代住宅ポイントは、対応する商品と交換できます。 次世代住宅ポイントで交換できる商品は、家電~食品・アウトドアグッズまで、幅広いラインナップがあります。 家電 省エネ家電 パソコン・プリンタ・液晶テレビ・レコーダーなど 省エネ照明 電球 健康家電 エアコン・ヒーター・ストーブ・空気清浄機など キッチン家電 冷蔵庫・炊飯器・電子レンジ・ 掃除・洗濯家電 掃除機・ロボット掃除機・洗濯機・高圧洗浄機 インテリア 家具 収納・机・テーブル・ソファ 寝具 ベッド・布団・毛布 カーテン カーテン・ブラインド 食品 食料品 肉・魚・米・スイーツ・野菜 飲料・お酒 ジュース・ビール・日本酒・焼酎 趣味 アウトドア用品 リュック・バーベキュー用品・テント スポーツ用品 ゴルフ用品・筋トレ用品・ランニングマシン その他、次世代住宅ポイントで交換できる商品は、に登録されています。 登録されている商品は、2020年3月31日まで、随時追加される予定です。 次世代住宅ポイントの対象となる期間 次世代住宅ポイントは、消費税の増税の影響を少なくするのが目的です。 そのため次世代住宅ポイントの対象となる期間は、原則的に「消費税10%が適用される2019年10月1日以降に引き渡し」となります。 ただし契約してから引き渡しまで期間のかかる注文住宅では、消費税8%のときの契約でも次世代住宅ポイントの対象となるケースがあります。 消費税10% 消費税8% 注文住宅 請負契約 2019年4月1日~ 2018年12月21日~2019年3月31日 着工 ~2020年3月31日 2019年10月1日~2020年3月31日 引き渡し 2019年10月1日~ 2019年10月1日~ 建売住宅 売買契約 2018年12月21日~2019年12月20日?? 対象外 引き渡し 2019年10月1日~ 対象外 注文住宅では、「請負契約」・「着工」・「引き渡し」の時期。 建売住宅は、「売買契約」・「引き渡し」の時期。 それぞれの時期が、次世代住宅ポイントの対象期間内に含まれていることが必要です。 次世代住宅ポイントの注意点 最大35万ポイントがもらえる、次世代住宅ポイント。 いくつか注意すべき点があるので、解説していきます。 次世代住宅ポイントによる、工事代金の値引はできない。 換金もできない。 次世代住宅ポイントでもらったポイントは、対象商品との交換でしか使えません。 ですので、 ・工事代金や住宅購入費用からの値引。 ・ポイントを換金して現金にする。 などの用途には使えません。 次世代住宅ポイントは、あくまでも「ポイント」としての利用であり、現金としては使えないのです。 対象となる商品は、に登録されているものです。 ただしカテゴリーはインテリア~食品・スポーツ用品と幅広く、入居後に必要な家電を選ぶだけでもかなりの種類があります。 非常に多くの種類から選ぶので、「欲しいモノがまったくない」、という心配は不要でしょう。 2万ポイント未満では、次世代住宅ポイントの申請ができない。 次世代住宅ポイントの申請は、1回につき2万ポイント以上になります。 2万ポイント未満の申請はできません。 「一定の性能を有する住宅」を満たせば、30万ポイントがもらえるので、2万ポイントの制限は問題ないでしょう。 しかし指定された「家事負担軽減設備」を導入しただけでは、場合によっては2万ポイント未満になる可能性があります。 次世代住宅ポイントを申請するつもりなら、合計2万ポイント以上になる選び方が必要です。 「耐震等級2級相当」では、次世代住宅ポイントの条件を満たさない。 別途オプションで耐震等級を取得するか、別の項目で次世代住宅ポイントの条件を満たす必要があります。 次世代住宅ポイントのまとめ 次世代住宅ポイントでは、指定された条件を満たすことで、最大35万円のポイントがもらえます。 ポイントは登録された商品と交換できます。 インテリア~家電、食品など幅広い種類から選べるので、ちょっとした住宅購入のお祝いになりますね。 せっかく住宅を購入するのですから、お得な制度は少しでも利用したいところ。 購入する物件の性能によって対象の可否が決まるので、ハウスメーカー・物件を選ぶときに確認してみてください。

次の