エアコン 配管 水漏れ。 エアコンのトラブルを解決。水漏れ、ガス漏れの原因と対処法

エアコンから水漏れが起こる原因と対処方法

エアコン 配管 水漏れ

まったくの素人からエアコンを修理する「空調サービスエンジニア」として独立開業しました。 水漏れの修理依頼はよくある話で、空調サービスエンジニアの新人がまず対応する仕事で、実際にたくさんの水漏れを修理してきました。 技術も資格もない状態から独立開業したことに興味を持たれたかたはこちらの記事をご覧ください。 なぜエアコンから水が出てくるのか そもそもなぜエアコンから水が出てくるのか。 それは、エアコンの室内機の中には車のラジエーターのような見た目の「熱交換器」という部品があります。 その部品に「冷媒ガス」と呼ばれる冷たいガスが流れており、その部品自体がとても冷たくなっています。 そこに吸い込んだ空気を通すことによって冷たい空気が作られています。 その冷たい空気が作られる際に結露して水が出てくるのです。 要するに、夏場にキンキンに冷えた缶ビールを外に出してたら結露するのと同じことがエアコン内で起こっているのです。 その発生した水は通常、ドレンパンという部分に溜まりそこからドレンホースを通って家の外に排水されます。 しかし、 なんらかの原因で外に排出されずにドレンパンがあふれてしまって、エアコンの下あたりから水がしたたり落ちてきてしまうのです。 では、考えられる原因をみていきましょう。 ドレンホースの途中でゴミが詰まってしまうことで、排水されずにドレンパンがあふれてしまいます。 ・ドレンホース詰まりの直し方 サクションポンプとよばれる吸引器具をドレンホース先端に差し込み、あとはレバーを引いてホース内部を吸引して詰まったゴミを取り除きます。 たまにレバーを引いても抵抗感がないときがありますが、おそらくドレンホースが途中で外れているか穴が開いていて空気が入り込んでいると思われます。 そういった場合はホースの外れや破れを直してから再度サクションポンプで吸引してみてください。 ちなみにサクションポンプはそんなに高い物ではないので、一つ持っておいてもよいかと思います。 これもよくある話です。 エアコンの据付説明書には「ドレン勾配はこれだけとってくださいよ」と記されおり、エアコン取付業者の方はその通りに据付ています。 ですが、現場の状況によって逆勾配になってしまうのかもしれません。 ・ドレン逆勾配の直し方 逆勾配を直すには室内機をばらして配管接続部を触る必要があります。 さすがにこうなると専門業者に来てもらった方がいいです。 購入された販売店さん、もしくはメーカーのコールセンター等に電話してください。 滅多に割れる物でもないですが、冷媒ガスが漏れ出した場合にその成分が原因でドレンパンが劣化して割れてしまうことがあります。 ・ドレンパンの割れの直し方 エアコン本体を取り外しドレンパン自体を交換する必要があります。 専門業者にまかせましょう。 購入された販売店さん、もしくはメーカーのコールセンター等に電話してください。 どういう事かというと、エアコン本体の中には冷たい「冷媒ガス」が流れる「熱交換器」と呼ばれる部品があることを説明しましたが、その「熱交換器」まで「冷媒ガス」を送り込む配管があります。 通常その配管部分には断熱材が隙間なく巻かれており、むき出しになっていることはありません。 その断熱材が取れてしまって配管がむき出しになってしまうと、そこから結露して水が垂れてくるという訳です。 ・冷媒配管の断熱不足の直し方 冷媒配管の断熱材を直すには室内機をばらして配管接続部を触る必要があります。 さすがにこうなると専門業者に来てもらった方がいいです。 購入された販売店さん、もしくはメーカーのコールセンター等に電話してください。 自分で直せるのはドレンホースの詰まりだけ 結局自分で直せる領域はせまいじゃないかと思われたかもしれませんが、水漏れの原因のほとんどが「ドレンホースの詰まり」です。 水漏れしたなら、とりあえずサクションポンプでドレンホースをシュコシュコしてみてください。 気持ちいいぐらい汚れが取れて水漏れが解消されますよ。

次の

エアコンの水漏れトラブルと修理方法と修理費用の相場!もしものときの知恵袋

エアコン 配管 水漏れ

エアコンから水が出てくるおもな原因は「部品の汚れ」 エアコンから水が出てくる原因はさまざまですが、その多くは部品の汚れです。 この項目では、部品の汚れが原因である場合の掃除方法についてご紹介します。 ドレンホースが原因の場合の掃除方法 エアコンから水が垂れる原因のほとんどは、 ドレンホースの汚れによるものです。 ドレンホースとは、エアコン内部の水を外に排出するための排水管のことです。 ドレンホースは外に水を排出する部品であるため、汚れで詰まってしまうと 水が逆流してエアコンから室内に垂れてしまいます。 ドレンホースは細くて詰まりやすい形状をしているので、定期的に掃除をすることが大切です。 ドレンホースが詰まりを起こす原因は、おもに排出口付近の虫や枯れ葉、ごみなどです。 ドレンホースの排出口を確認し虫などが詰まっていた場合は、割りばしなどで取り除いておきましょう。 ごみを取り除いても詰まっている場合、内部に汚れがある可能性が高いため、掃除機などで奥のほうまで吸い取るのがおすすめです。 これらの掃除をするだけで、エアコンの水漏れを抑えることができます。 フィンが原因の場合の掃除方法 フィンはエアコンのフィルター付近に設置されている、温度調節をおこなう部品のことです。 このフィンは 結露しやすく、表面に水滴がつきやすくなっています。 さらにこのフィンが汚れていると、結露が発生しやすくなり結果的にエアコンから水が垂れるおそれがあります。 そのため、フィンの結露を抑えるために表面をきれいに掃除することが大切です。 まずエアコンを開けてフィルターを取り外します。 このときフィルターも汚れているのなら一緒に掃除しておきましょう。 フィルターで取りきれなかったごみが、フィンに付着してしまうのを防ぐためです。 次にフィンの表面に付着しているホコリを、掃除機で吸い取ります。 最後にフィンにクリーナーを吹きつけて、10分ほど放置すればお掃除完了です。 このようにエアコンから水が垂れる原因がドレンホースとフィンである場合、自分で掃除して解決することもできます。 ドレンホースとフィンを掃除してもエアコンから水が出てくる場合 ドレンホースとフィンを掃除してもまだエアコンから水が垂れる場合、そのほかの部分に原因があります。 以下がそのほかに考えられる原因です。 結露が原因である場合の対応 エアコンから水が垂れる原因が結露である場合、 エアコンの設定温度を確認してみましょう。 エアコンの設定温度を部屋の温度と大きく離れた温度に設定している場合、 エアコン内部に結露ができやすくなります。 また、エアコンの風向きを調節する ルーバーが汚れていないかどうかも確認しておくことが大切です。 エアコンの設定温度と部屋の温度に大きな差がある場合、 ルーバーの汚れを核として水蒸気が結露となるおそれがあるためです。 そのため、フィンだけではなくルーバーも一緒に掃除するようにしましょう。 ドレンパンの汚れ ドレンパンとはフィンで発生した結露や、ほかのエアコン内部で発生した水分をためる部品のことです。 ドレンパンの先は、ドレンホースにつながっているため、汚れて詰まっていると水をうまく排出できなくなってしまいます。 そのため、ドレンパンの汚れもきれいに掃除することが大切です。 しかし、 ドレンホースやフィンと違いエアコンを解体しなければ、掃除することができません。 ドレンパンを自力で掃除するのは困難であるという点にはご注意ください。 部品の故障が原因である場合の対応 フィンやドレンパンが故障している場合があります。 フィンが故障すると温度調節ができずに結露しやすくなりますし、ドレンパンが壊れていると水が排出されなくなってしまいます。 こういったエアコン内部に原因があるときは、自分で対処するのは難しいです。 無理に修理しようとするのは別の故障の原因にもなりますので、一度業者に相談してみてください。 ドレンホースの劣化が原因である場合の対応 ドレンホースは屋外にあるため劣化しやすく、長期間使用していると形状が変化していってしまいます。 形状が変化するとホースがたるみ、その部分に水や汚れがつまり水漏れの原因になってしまうのです。 以上の3つはいずれも、自分で掃除したり修理したりすることが困難な原因です。 メーカーやエアコン取りつけ業者などのプロに依頼して修理・交換してもらいましょう。 雨の日に限ってエアコンから水が出てくる場合は? 部品の汚れや故障がない場合でも、エアコンから水が垂れることがあります。 おもな原因としては、 雨水の侵入があげられます。 一見ほかの水漏れと区別がつかないように思えますが、ほかの水漏れはエアコンを使用するとき常に起こるものです。 しかし、雨水が侵入している場合は雨が降っているときに限られるため、日によって水漏れが起こる場合は天候を確認してみましょう。 雨水が入ってくる原因は、施工の仕方が関係していることが多いです。 通常ドレンホースは屋外に水を排出するように取りつけられますが、まれに雨水浸透管につなげて施工される場合があります。 雨水浸透管とは雨が降ったときに雨水を地中に排水するための管のことで、雨が降ると雨水でいっぱいになります。 このとき雨水浸透管にドレンホースがつながっていると、いっぱいになった雨水浸透管からドレンホースに逆流してきてしまうのです。 そのため、雨水浸透管にドレンホースがつながっている場合は、業者に依頼して外してもらうとよいでしょう。 エアコンの水はどこまで自分で対処できるの? エアコンから水が垂れる原因の大半がドレンホースといわれています。 ドレンパン、ドレンホースの掃除は自分でも可能な対処法ですのでぜひおこなってみてください。 「あまり気にならないけど、ちょっと水漏れしているなあ…」という場合は、エアコンの温度を少し上げることによって解決することもあります。 また、エアコンの前面にあるフィルターの汚れが原因になっている場合もあります。 エアコンを開けることによってすぐにわかるので、 軽く掃除してあげることで水漏れを抑えることができるでしょう。 これらの方法を試しても効果がない、対処しきれないという場合は、一度業者に相談してみましょう。 業者であれば、エアコンから水が垂れる原因を探し出し、的確に対処することが可能です。 生活110番にご連絡いただければ、エアコンの水漏れに対応できる業者をご紹介いたします。 「早朝・深夜だけど対応してほしい」「土日しか予定が開けられない」などのご要望にもお応えすることが可能です。 お電話によるお問い合わせは、24時間365日の対応となっておりますので、ぜひお気軽にご連絡ください。 まとめ 急にエアコンから水がポタポタたれてきたら焦ってしまいますよね。 その多くの原因は、汚れにあります。 ドレンホースやフィンの汚れは水漏れを引き起こすだけでなく、悪臭をまき散らし雑菌を飛散させるため衛生上よくありません。 水漏れがおきたときはまず掃除をしてみると、すんなり解決するかもしれません。 それでも解決できない雨水や故障の場合は、業者に依頼して解決してもらいましょう。 (この記事は2020年2月14日に加筆・修正しています).

次の

室内機・室外機から水漏れする

エアコン 配管 水漏れ

目次 [] 1 エアコンで水が出る理由 実は、エアコンは故障していなくても水が出ます。 そのため、まずはエアコンの仕組みを理解して、エアコンから出る水の原因がトラブルかどうかを確認してみましょう。 1 エアコンの仕組み エアコンは、室内にある「エアコン本体(室内機)」と家の外にある「室外機」のセットが基本。 この室内機と室外機をつなぐパイプの中には「冷媒」というガスが入っていて、この冷媒が機能することで、エアコンが冷房や暖房として使えます。 エアコン冷房では、室内機の中で冷媒ガスが「液体から気体」になって、室内の空気の熱を回収します。 液体から気体になって熱を奪える仕組みが気化熱。 夏などの暑い日に手に水をかけると、水が蒸発するときに涼しく感じることができます。 これが気化熱です。 この仕組みを利用して、エアコン冷房では冷媒ガスが室内の熱を回収します。 熱を回収した冷媒ガスはエアコンの室外機へ移動します。 室外機の中で冷媒ガスは「気体から液体」になって、持っていた熱を外へ放出するのです。 気体から液体になって熱を放出する仕組みが液化熱。 水蒸気が冷えると水になるのは多くの人が経験していますよね。 これを科学的に考えると、水蒸気という気体が熱を放出して水という液体になっているのです。 このときに放出される熱が液化熱です。 その後は冷媒ガスが再び室内機へ移動して熱を回収するという仕組みになっています。 この繰り返しによって、室内の熱を外へ出して部屋を冷やすのがエアコン冷房の仕組み。 そして、エアコン暖房ではエアコン冷房と反対のことが行われているだけです。 2 エアコンから水が出る理由 まず思い出してほしいのが、冬の窓に水滴がつく現象。 一般的に結露と呼ばれていますが、これは室内の空気中にある水蒸気が冷たい窓で冷やされて水になる現象です。 夏場に冷たい飲み物を入れたコップに水滴がつくのも同じ現象と言えます。 つまり、冷たいものと暖かいものという「温度差がある」と、そこに水滴ができるということが起こるのです。 これはエアコンでも例外ではありません。 エアコンでは冷媒ガスの熱を移動させるときに「熱交換器」を使います。 つまり、エアコンの室内機と室外機の中には熱交換器があって、それぞれの熱交換器は冷媒ガスによって冷たくなっていたり暖かくなっていたりします。 例えば、エアコン冷房の場合、冷媒ガスと部屋の空気の温度差などから熱交換器には「水滴」がつきます。 これも結露という現象。 さらに冷媒ガスが室外機に移動するときに配管の接続部分などを通ると、温度差によって水滴ができることもあるのです。 この場合、室外機の配管などに水滴がつき、それが室外機の周りに垂れることもあります。 要するに、エアコン冷房を使っていれば、室内機の中で結露による水が出たり、室外機の配管付近に水滴が垂れたりするのが普通なのです。 反対に、エアコン暖房を使っている場合、室外機へ移動した冷媒ガスは冷たくなっています。 しかし、室外機の中では、冷媒ガスが液体から気体になって空気の熱を回収しているのです。 つまり、室外機の中で温度ムラができてしまい、熱交換器などに少しの水滴が発生してしまいます。 この水滴が室外機の周りに垂れることがあるのです。 また、エアコン暖房を使っていると、室外機には霜がつくことがあります。 これは熱交換器に発生した水滴や室外機の周りで溶けた雪などが霜になるからです。 しかし、エアコンの室外機に霜がつくと、エアコンの能力は低下。 部屋を暖めることが難しくなるのです。 そこで、エアコンは室外機の霜を溶かす「除霜運転(霜取り運転)」を行います。 一時的に室内の熱を使ってエアコンの室外機の霜を溶かしますが、このときに大量の水が発生することがあるのです。 つまり、霜を溶かした水は室外機の下に溜まることもありますが、それはエアコンが正常に作動しているだけと言えます。 このようにエアコンでは暖房でも冷房でも水が出てしまいます。 そのため、エアコンから水が垂れたり水滴が落ちたりしていても、必ずしも問題があるとは限らないのです。 2 エアコンの室外機から水が垂れる原因と対処法 エアコンが正常運転をしていても水が出ることは理解できたと思います。 ここからはエアコンの正常運転なのか、それともエアコンに問題があるのかを見極めるポイントと対処法を紹介していきます。 1 冬に室外機から水が垂れる原因と対処法 冬にエアコン暖房を使っているとき、室外機から水が垂れたり室外機の下に水が溜まっていたりするのは、ほとんどはエアコンの正常運転。 すでに解説したように、エアコン暖房の霜取りが原因で室外機の下に水が溜まることがあります。 また、熱交換器などについた水滴が室外機から垂れただけということもあるのです。 つまり、エアコンの正常な運転なので、不安になる必要はありません。 ただし、エアコン暖房を使うだけで大量の水が垂れるのは困るという人もいますよね。 そういう場合の対処法がドレンホースの設置。 エアコンの室外機は、ドレンホースをつなぐことで室外機から出る水を任意の場所へ排出することができます。 また、室外機の下などにドレンホースをつなぐための接続部があるのですが、通常のエアコン設置工事に含まれないこともあるのです。 そのため、室外機にドレンホースが設置されていないこともあります。 エアコンのドレンホースは長さにもよりますが、数百円から千円程度でも販売されています。 室外機の取扱説明書などでドレン排水用の接続部の内径を確認して、ドレンホースを購入して接続するという対処法が有効ですよ。 2 夏に室外機から水が垂れる原因と対処法 夏にエアコン冷房を使っているときに室外機から水が垂れる原因は、冷媒ガスが配管などを通るときの温度差で発生した水滴がほとんどです。 つまり、エアコンの正常運転。 また、室外機の周りに大量の水がある場合、原因が室外機ということはほぼないと言えます。 ほとんどの原因は室外機の周りの雨水が蒸発していないだけだったり、エアコンの室内機のドレン排水だったりするのです。 特にドレン排水の問題ということが多いため、夏に室外機の周りが水浸しになっているような場合には、あとで紹介する「室内機から水滴が垂れてくるときの原因と対処法」の項目を参照してください。 3 エアコンの室内機から水滴が落ちる原因と対処法 エアコンの室内機から水滴が落ちたり、水漏れしたりする原因は様々。 どこから水が漏れているのかを確認して、それぞれの原因の対処法を試してください。 1 室内機のどこから水滴が落ちているかを確認 エアコンの室内機から水滴が落ちるときの対処法は、原因の場所によって異なります。 そのため、まずは室内のどこからどのように水滴が落ちるのかを確認して、それぞれの原因に合わせた対処法を試しましょう。 水漏れの場所や症状 主な原因 吹き出し口から水滴が垂れる• 風向板の向き• 室内の湿度 エアコンの風で水滴が飛ぶ• フィルターの汚れ• 熱交換器の汚れ 室内機から水滴が垂れる• ドレン排水の問題• ドレンホースの詰まり、汚れ• ドレンパンの汚れ• 配管や施工の問題 室外機の周りに水が溜まる• ドレンホースの詰まり、汚れ 室内機の水漏れの場所や症状ごとの主な原因です。 また、室外機の周りに大量の水が溜まる場合、室内機から水滴が垂れる場合と同じで「ドレンホースの詰まりや汚れ」が原因と考えられます。 そのため、室外機の周りに大量の水が溜まるときは、以下の室内機から水滴が垂れる場合の原因と対処法を参考にしてください。 2 室内機の吹き出し口から水滴が垂れているときの原因と対処法 エアコンは室内機の吹き出し口から風が出ます。 その吹き出し口付近からポタポタと水滴が垂れている場合、主な原因は風向板の向き。 例えば、風の向きを調節する風向板を下へ向けると、エアコンの風は風向板にあたります。 すると、エアコンの風が冷たい場合には風向板が冷やされて結露が生じてしまうことがあるのです。 その結露は水滴となって垂れてしまいます。 つまり、エアコン冷房で吹き出し口から水滴が垂れる原因は、風向板の向きなのです。 主に室内の湿度が高くてエアコン冷房を使っているときの症状です。 この場合の対処法は、風向板の向きを変えることです。 吹き出し口から出るエアコンの風が風向板に当たらないような向きにしてみましょう。 また、エアコン冷房をしばらくつけていると、室内の湿度が下がって結露が生じなくなることも考えられるので、ある程度の時間が経過したら風向板の向きを戻してみても良いですよ。 もしも対処法を試しても水滴が落ちてくる場合は、別の原因が考えられます。 もう一度水滴が垂れる場所を確認するか、エアコンの点検を専門業者に依頼しましょう。 3 エアコンの風と水滴が一緒に飛んでくるときの原因と対処法 エアコンの風で水滴が飛んでくる場合、主な原因は2つ。 一つ目がフィルターの汚れで、もう一つが熱交換器の汚れです。 エアコンのフィルターが汚れてしまうと、エアコン内部の空気の流れが乱れてしまいます。 すると、エアコンから吹き出す冷たい風が出にくくなったり、エアコンが吸い込む室内の空気が少なくなったりして、エアコン内部に温度ムラができるのです。 その結果、エアコンの内部で冷たくなりすぎた風が結露を生じさせて、エアコン内部に水滴を生み出します。 その水滴がエアコンの風で飛ばされることが主な原因。 エアコンのフィルターが原因で水滴が飛んでくる場合、対処法はフィルターの掃除です。 エアコンのフィルターをキレイに掃除して、水滴が飛ばなくなれば、フィルターが原因。 それでも水滴が飛ぶようであれば、熱交換器の汚れが原因かも知れません。 エアコンの熱交換器の汚れが原因の場合、フィルターが汚れている場合と同じでエアコン内部に温度ムラが生じます。 同様にエアコン内部に結露ができて、その水滴がエアコンの風で飛ばされているのです。 エアコンの熱交換器に汚れがある場合は掃除機などで表面のゴミを吸い取ります。 また、エアコンの熱交換器は繊細な部品ですので、無理な掃除はやめましょう。 汚れがひどい場合には、エアコン清掃業者に掃除してもらうことが最も安全。 年に一度くらいはエアコンの清掃を依頼すると良いですよ。 4 室内機から水滴が垂れてくるときの原因と対処法 室内機から水滴が垂れてくる場合、ほとんどはドレンホースの詰まりが原因。 エアコンの水漏れのときに最も多い原因で、自分で改善できる場合もあるので、状況をよく調べてみましょう。 エアコンのドレンホースは、エアコンの室内機で発生した水滴(結露水)を外へ排出するための仕組み。 すでに紹介したように、エアコン冷房では室内機の中で水滴が発生して水が出るのがエアコンの正常運転です。 その水を回収して外へ排出するためにあるのが、ドレンホースなのです。 このエアコンのドレンホースが詰まると、室内機で発生した水の行き場がなくなって室内機から水滴が垂れてしまうことがあります。 また、ドレンホースが詰まったことで、ドレンホースの途中から水が漏れることもあるのです。 その漏れた水が室外機の周りを水浸しにすることもあります。 つまり、ドレンホースの汚れや詰まりは、室内機からの水滴を垂らすこともありますし、室外機の周りに大量の水を出すことにもつながっているのです このドレンホースの詰まりや汚れが原因の場合の対処法は、ドレンホースの掃除などです。 例えば、ドレンホースが折れ曲がっていたり、ドレンホースの先端に物が置いてあったりする場合は、折れ曲がりの解消や物を退けるだけでも原因を取り除くことができて水漏れを解消できる場合もあります。 しかし、一般的にはドレンホースの先端は地面から数センチ離して設置されるため、このようなケースはほぼないと言えます。 一方で、ドレンホースの詰まりや汚れがある場合には「ドレンホース用サクションポンプ」を使うことで、簡単に汚れを掃除することができます。 専門業者に依頼して掃除してもらうと、出張費用を含めて数万円が必要。 しかし、ホームセンターなどでドレンホース用サクションポンプを買ってくれば、三千円前後で済みます。 使い方もポンプを引くだけで良いので、とても簡単ですよ。 このほか、エアコンのドレンパンが汚れている場合も室内機から水滴が垂れることがあります。 この場合は自分で掃除ができないため、専門業者に依頼してください。 また、エアコンの施工不良、配管の不良や劣化などでも、ドレンホースへ室内機の結露水が流せずに水漏れが生じます。 ただし、いずれの場合も自分で処置することができないため、初期不良の場合はエアコンの設置業者、それ以外のケースは専門業者に依頼して対応してもらいましょう。 4 まとめ エアコンの室内機から水滴が落ちる場合、ほとんどはドレンホースの詰まりが原因です。 ドレンホース用サクションポンプで掃除するか、専門業者に依頼しましょう。 また、室外機から水が垂れるのはエアコンの正常運転がほとんどなので、不安になる必要はありません。 ただし、室外機の水が気になるときはドレンホースを購入して室外機につなぐと、任意の場所へ排水することができて便利ですよ。

次の