広島市立大学 シラバス。 県立広島大学

開設大学とシラバス

広島市立大学 シラバス

社会が変化する大きな時代のうねりを受けて、ビジネススクールにも変革が迫られています。 これまで企業は、経済効果を高め、利益の最大化を追求してきました。 しかし、個々の利益の最大化をはかることは、むしろ社会全体の価値の低下を招きかねないという危機感から、地域社会や関連する組織、個人と一体となって持続、発展する方法論を模索することに重心が移りつつあります。 同時に、価値観の多様化と加速的な社会変化の中で、現代社会の課題はより複雑になってきており、従来の縦割り思考では立ち行かなくなってきています。 未来を拓くビジネスリーダーには、多様な人々との対話と協働を通して、総体としての共有価値をシステマティックに高めていくための高度なマネジメント力が求められています。 Mission Statement HBMS(Hiroshima Business and Management School)では、<起業する>、<イノベーションを起こす>、<マネジメント力を高める>、<事業を承継・発展する>といったビジネスパーソンのニーズを応えたマネジメント力の育成に加え、社会の大きな変化を捉えた先端的マネジメント力の開発によって、日本の地域あるいは世界で求められる次世代型リーダーを育成、輩出することを目指します。 本研究科の教育課程において所定の修了要件を満たすなかで、上記の能力を涵養した学生に経営修士(専門職)の学位を授与します。 学位名称 経営修士(専門職) Master of Business Administration MBA 教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー) 本研究科は、修了認定・学位授与の方針に掲げる学修成果を達成するため、基礎科目、応用科目、専門科目、実践科目を編成します。 各プログラムに必要な科目を段階的・体系的に配置し、講義・演習などの授業形態より、各科目の目標到達を目指します。 基礎科目 当該科目に配置される授業科目は、経営系各分野の人材養成の基本となる授業科目です。 具体的には、マネジメント機能の基礎となる「経営戦略」、「マーケティング」、「ファイナンス」、「アカウンティング」「経営組織と人材マネジメント」、「マネジメントの法と倫理」などです。 応用科目 当該科目に配置される授業科目は、リーダーシップを発揮できる高度な専門能力を高めるための授業科目です。 具体的には、イノベーションを起こす力を養う「イノベーション戦略」や「戦略としての社会システムデザイン」、事業を承継・発展するための「事業承継マネジメント」や「スモールビジネスのファイナンス」などです。 専門科目 当該科目に配置される授業科目は、多様性を活かしながら単体の企業だけでなく、地域、コミュニティとともに総体としての価値を持続的に高めていくマネジメント能力を養成します。 専門科目は大きく4つの領域に分かれています。 農林水産業を含む地域の自然資源のマネジメント力を養う「地域資源マネジメント」、人々の多様なニーズに応えた持続的な医療介護保障のマネジメントを学ぶ「ヘルスケアマネジメント」、インターネットを含めた共有の場〈コモンズ〉のありかたを学ぶ「コモンズマネジメント」に加え、専門的かつ先端的なビジネスやマネジメントを極めるための時代を捉えたテーマを取り上げる「特別テーマ」です。 実践科目 当該科目に配置される授業科目は、ビジネスを具現化する力や、やり抜く力など、事業創造ができる能力を高めていきます。 ビジネスプランを作成し、その実効性を検証することによって実践力の向上を図ります。 具体的には、「プロジェクト研究1」、「プロジェクト研究2」です。 学修成果の評価については、能動的な学修を促す手法を積極的に導入し、適正な学修時間を確保した上で、研究科案内・シラバスに配点割合をあらかじめ示した多面的な評価基準により厳正に行います。 具体的には、授業で発展・向上をはかる「知識」、「分析力」、「思考力」、「事業創造力」、「実践力」について、判断する基準を各科目において設けた上で、開講中や期末に行うレポート・筆記試験等のほか、授業への能動的な参加度や貢献度を観察したり学生相互に評価させたりするなどの方法を用い、総合的に評価します。 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー) 本研究科は、創造的で活力のある経済社会を持続・発展させるために不可欠な、企業等組織の経営改革や新たな事業創造を絶え間なく実践していくビジネスリーダーを目指す学生を求めています。 ビジネスリーダーを目指すにふさわしいチームリーダーを一定期間以上務めるなど、実務経験と社会経験(学生時代の活動も一部含まれる)を持つことを前提としています。 次のような意思を持った社会人等の入学を想定しています。 マネジメントの知識と実践力を高め、新たなビジネスを創造したい人• イノベーションを起こし、広島から世界に発信したい人• 地域創生に向けて自ら企画し、リーダーシップを発揮したい人• 広く人脈を築くために、コミュニケーション能力を向上させたい人• 人生の可能性を広げるために、高い意欲を持って経営学を学びたい人 以上のような学生を選抜するために、「小論文型」「プロジェクト提案型」「企業等推薦」の各入学選抜試験において、理解力・判断力、プレゼンテーション力、着眼点・発想力・課題設定力、意欲・積極性を測ります。 また、小論文型入試では、読解力、思考力、論理力・表現力、日本語力を、プロジェクト提案型入試では、提案されたプロジェクトの論理的一貫性、独創性、具体性、経済性を加味して総合的に判断します。

次の

開設大学とシラバス

広島市立大学 シラバス

社会が変化する大きな時代のうねりを受けて、ビジネススクールにも変革が迫られています。 これまで企業は、経済効果を高め、利益の最大化を追求してきました。 しかし、個々の利益の最大化をはかることは、むしろ社会全体の価値の低下を招きかねないという危機感から、地域社会や関連する組織、個人と一体となって持続、発展する方法論を模索することに重心が移りつつあります。 同時に、価値観の多様化と加速的な社会変化の中で、現代社会の課題はより複雑になってきており、従来の縦割り思考では立ち行かなくなってきています。 未来を拓くビジネスリーダーには、多様な人々との対話と協働を通して、総体としての共有価値をシステマティックに高めていくための高度なマネジメント力が求められています。 Mission Statement HBMS(Hiroshima Business and Management School)では、<起業する>、<イノベーションを起こす>、<マネジメント力を高める>、<事業を承継・発展する>といったビジネスパーソンのニーズを応えたマネジメント力の育成に加え、社会の大きな変化を捉えた先端的マネジメント力の開発によって、日本の地域あるいは世界で求められる次世代型リーダーを育成、輩出することを目指します。 本研究科の教育課程において所定の修了要件を満たすなかで、上記の能力を涵養した学生に経営修士(専門職)の学位を授与します。 学位名称 経営修士(専門職) Master of Business Administration MBA 教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー) 本研究科は、修了認定・学位授与の方針に掲げる学修成果を達成するため、基礎科目、応用科目、専門科目、実践科目を編成します。 各プログラムに必要な科目を段階的・体系的に配置し、講義・演習などの授業形態より、各科目の目標到達を目指します。 基礎科目 当該科目に配置される授業科目は、経営系各分野の人材養成の基本となる授業科目です。 具体的には、マネジメント機能の基礎となる「経営戦略」、「マーケティング」、「ファイナンス」、「アカウンティング」「経営組織と人材マネジメント」、「マネジメントの法と倫理」などです。 応用科目 当該科目に配置される授業科目は、リーダーシップを発揮できる高度な専門能力を高めるための授業科目です。 具体的には、イノベーションを起こす力を養う「イノベーション戦略」や「戦略としての社会システムデザイン」、事業を承継・発展するための「事業承継マネジメント」や「スモールビジネスのファイナンス」などです。 専門科目 当該科目に配置される授業科目は、多様性を活かしながら単体の企業だけでなく、地域、コミュニティとともに総体としての価値を持続的に高めていくマネジメント能力を養成します。 専門科目は大きく4つの領域に分かれています。 農林水産業を含む地域の自然資源のマネジメント力を養う「地域資源マネジメント」、人々の多様なニーズに応えた持続的な医療介護保障のマネジメントを学ぶ「ヘルスケアマネジメント」、インターネットを含めた共有の場〈コモンズ〉のありかたを学ぶ「コモンズマネジメント」に加え、専門的かつ先端的なビジネスやマネジメントを極めるための時代を捉えたテーマを取り上げる「特別テーマ」です。 実践科目 当該科目に配置される授業科目は、ビジネスを具現化する力や、やり抜く力など、事業創造ができる能力を高めていきます。 ビジネスプランを作成し、その実効性を検証することによって実践力の向上を図ります。 具体的には、「プロジェクト研究1」、「プロジェクト研究2」です。 学修成果の評価については、能動的な学修を促す手法を積極的に導入し、適正な学修時間を確保した上で、研究科案内・シラバスに配点割合をあらかじめ示した多面的な評価基準により厳正に行います。 具体的には、授業で発展・向上をはかる「知識」、「分析力」、「思考力」、「事業創造力」、「実践力」について、判断する基準を各科目において設けた上で、開講中や期末に行うレポート・筆記試験等のほか、授業への能動的な参加度や貢献度を観察したり学生相互に評価させたりするなどの方法を用い、総合的に評価します。 入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー) 本研究科は、創造的で活力のある経済社会を持続・発展させるために不可欠な、企業等組織の経営改革や新たな事業創造を絶え間なく実践していくビジネスリーダーを目指す学生を求めています。 ビジネスリーダーを目指すにふさわしいチームリーダーを一定期間以上務めるなど、実務経験と社会経験(学生時代の活動も一部含まれる)を持つことを前提としています。 次のような意思を持った社会人等の入学を想定しています。 マネジメントの知識と実践力を高め、新たなビジネスを創造したい人• イノベーションを起こし、広島から世界に発信したい人• 地域創生に向けて自ら企画し、リーダーシップを発揮したい人• 広く人脈を築くために、コミュニケーション能力を向上させたい人• 人生の可能性を広げるために、高い意欲を持って経営学を学びたい人 以上のような学生を選抜するために、「小論文型」「プロジェクト提案型」「企業等推薦」の各入学選抜試験において、理解力・判断力、プレゼンテーション力、着眼点・発想力・課題設定力、意欲・積極性を測ります。 また、小論文型入試では、読解力、思考力、論理力・表現力、日本語力を、プロジェクト提案型入試では、提案されたプロジェクトの論理的一貫性、独創性、具体性、経済性を加味して総合的に判断します。

次の

HBMS 県立広島大学大学院経営管理研究科|広島でMBAが取得できる

広島市立大学 シラバス

講義・授業の満足度 3. 88 42件• 様々な分野の専門の教授がおり、自分のやりたいことができるから。 (在校生 2018年入学)• 経済から異文化理解についてなど、種類豊富である。 国際学部はほかの学部に比べると、比較的単位は取れやすいと言われているが、しっかりテストなどは勉強して臨むべきだと思われる。 (在校生 2017年入学)• 教授と学生の距離が近い。 相談所にのってくれるし、面倒見がよい。 奨学金、英語学習やキャリア、学問の相談も一年次のときからたくさんお世話になった。 とくに国際政治、平和学などは充実していてよい。 言語はやる気ない雰囲気が蔓延しており、教授もそんな学生に埋もれてただフレンドリーな教授が多いイメージ。 適当に大学卒業したいもよし、国際系統行きたいもよし、いい意味でみんな群れないそんな大学の雰囲気。 (在校生 2015年入学) 就職・進学の満足度 3. 29 37件• 広島市の就職先が多く、関東圏や大手企業に弱いと思うから。 もう少し選択の幅を広げてほしい。 (在校生 2018年入学)• 教員をめざす人は教職をとる必要がある。 四年生を見る限り、内定式が終わったりしている人が多いので、サポートは手厚いように感じられる。 (在校生 2017年入学)• 基本的にただの地方公立大学です。 おたふくソースなどのローカル企業にいって大満足してる人が多いです。 CAになりたかったら講座が短期で開かれます。 少数派の東京の有名大学の学生に混ざって就活し、外資系や国際機関、商社、コンサルタントになってる人は大学のサポートなど無視で、自分で頑張って大学院に行ったり、自分で努力した人しかいない。 基本は自分次第です。 (在校生 2015年入学).

次の