年金 追納 確定申告。 国民年金を追納したら年末調整すべき!確定申告で控除を受けられる [労務管理] All About

未払いの年金は追納・後納して確定申告(年末調整)で社会保険料控除を受けよう

年金 追納 確定申告

<目次>• 年金額400万円以下は、もともと確定申告が不要 確定申告会場で高齢者の姿が少なくなっているような気がします。 インターネットで申告する人は少ないと思われる層ですので、「」制度を利用する人が増えているということなのでしょうか。 厚生労働省年金局「平成30年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」によると、老齢厚生年金(老齢基礎年金を含む)の平均受給月額は約15万3000円です。 これに企業年金を加えた 公的年金等の平均的な受給総額は250万~300万円程度と考えられますので、年金受給者の多くは確定申告をする必要がない、ということになります。 確定申告をすると年金生活者も還付金がもらえる? 公的年金は、年間支給額が65歳未満は108万円以上、65歳以上は158万円(老齢基礎年金を受けているときは80万円)以上の場合、 所得税が 源泉徴収されて支給されます。 そして、その 所得税の過不足は確定申告によって精算します。 確定申告が必要ない年金受給者にとって、この精算を行わないということが本当に「得」に繋がるのか、少し不安を感じます。 公的年金から源泉徴収される税額の計算式 公的年金等の源泉徴収税額は、次の計算式で算出されます。 105%」になる。 人的控除額• 一般の控除対象配偶者3万2500円(年間39万円)、老人控除対象配偶者4万円(年間48万円)• 所得税10%+復興特別所得税0. 105% 年金額240万円、扶養配偶者ありのケースで試算 源泉徴収税額は、「扶養親族等申告書」を提出しているかどうかで大きく変わります。 240万円の公的年金を受給していて、扶養配偶者がいる人で比較してみましょう。 社会保険料は、65歳未満は20万円、65歳以上は16万円とします。 21% = 16万8500円 「扶養親族等申告書」を提出していない人は、提出した人より実に約15万円(65歳以上では約16万円)も多く源泉徴収されます。 本来、納めるべき所得税額と比べてみよう 前出の「年金額240万円、扶養配偶者あり」の年金受給者が、本来納めるべき所得税はいくらなのでしょう。 扶養控除以外に、社会保険料控除20万円(65歳以上は16万円)と生命・地震保険料控除7万円を受ける場合で計算してみましょう。 公的年金等の雑所得の収入: 240万円• 75-37万5000円」で算出する• 所得控除: 基礎控除38万円、配偶者控除38万円、社会保険料控除20万円、生命・地震保険料控除7万円 =計103万円• 課税所得: 142万5000円-所得控除103万円 =39万5000円• 公的年金等の雑所得の収入: 240万円• 公的年金等の雑所得の所得: 240万円-120万円(*3) =120万円(*3)公的年金等の雑所得合計額が329万9999円までは「公的年金等の雑所得合計額-120万円」で算出する• 課税所得: 120万円-所得控除99万円 =21万円• 105% = 1万円(所得税率は5%)<年金支給時の源泉徴収税は約1万2000円 (*3)公的年金等の雑所得の所得を算出する計算式は、65歳未満と65歳以上では異なりますので、注意が必要です。 同じ要領で、65歳以上で公的年金等の受給総額が300万円、「扶養親族等申告書」を提出した人(扶養配偶者あり、国民健康保険税18万円、生命・地震保険料控除7万円)のケースでも計算してみました。 すると、「源泉徴収税額約4万1000円、本来納めるべき所得税額は約4万円」になりました。 どうやら、 や・などを受ける場合は、年金額によりますが 確定申告をするほうが「お得」になる人が多いようです。 年金400万円以下でも確定申告をした方がいい年金生活者はこんな人 年金400万以下でも確定申告をした方がいい年金生活者はこんな人! 確定申告が必要ない年金受給者で、それでも確定申告したほうがいいのはどういう人でしょうか。 目安は以下のとおりです。 国民健康保険税などの社会保険料を納めている• 生命保険料控除や地震保険料控除を受ける• 「扶養親族等申告書」を提出していない• 「扶養親族等申告書」を提出した後に扶養親族等が増加した なお、一般的に確定申告した方がいい人については「」で解説しています。 前出の試算でお分かりのように、確定申告が必要ない年金受給者であっても、確定申告をするほうが「お得」なケースが多くありそうです。 確定申告の手順で納めるべき所得税額を算出して、年金支給元が発行する「公的年金等の源泉徴収票」に記載されている源泉徴収税額と比較しましょう。 ちょっとの手間で、外食1回分くらいの税金還付を受けることができるかもしれませんよ。 最後に、この2点は注意しておいてください。 確定申告が必要ない場合でも、住民税の申告が必要な場合があります。 65歳以上の人は、公的年金等から所得税、介護保険料、個人住民税、国民健康保険税、が天引きされます。 【関連記事】•

次の

国民年金を追納したら、年末調整での保険料控除が受けられる?

年金 追納 確定申告

電子マネーnanacoを利用すると更にお得! 追納保険料はクレジット払いが出来ないのですが、セブンイレブンから電子マネーnanacoでの支払は可能です。 お得になる理由は、「nanacoにクレジットカードからチャージすると、クレジットカードのポイントが付く」からです。 nanacoチャージ対応でポイント還元率1%のクレジットカードを例にシュミレーションしてみました。 更にお得に追納するポイント3つ 最後に、更にお得に追納するためのポイントを3つご紹介させていただきます。 1.入社1年目の追納は避けた方が無難! 入社1年目は4月から働き出し、5月に社会人1回目の給与支給になるため、5~12月までの8か月分が年収となります。 つまり入社1年目は年収が低くなるわけです。 年収が低いと、そもそも税金がかからない。 または、追納保険料の控除を使い切れない。 といった可能性があるので、出来るだけお得に追納したい場合は入社2年目以降のほうが無難です。 2.入社2年目の追納がおススメ! 社会人2年目だと生活的に厳しいかもしれませんが、金額だけでいえばおススメです。 猶予期間から3年目以降は、追納保険料に加算金がプラスされてしまいます。 次の表は平成27年度の加算金額です。 2年目だと加算金がかからないので一番お得ですが、無理をしても仕方ないので、なるべく早く追納した方が加算金が少なくてすむ!という意識でいいと思います。 3.収入が高い年に追納する。 これは営業の人など、「歩合給が高い」人におススメです。 年収が高くなると、所得税の税率が変わってきます。 先ほどは一律5%で計算しましたが、所得により5%~45%で所得税率は変わりますので年収が高い年の方が、節税効果は高いです。 終わりに 年末調整で社会保険料控除を受ける場合は、会社に国民年金の支払証明書を添付する必要があります。 (自分で確定申告する場合も必要です。 )年末調整で添付する書類について良くわからない場合は、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

次の

確定申告が必要なケースと不要なケースとは?確定申告の対象者について

年金 追納 確定申告

つまり、会社員やアルバイト、パートなどで働いていて、毎月の給料から所得税や住民税が天引きされている場合には、国民年金保険料の支払い証明書を持って、確定申告をすることで、多めに天引きされた所得税・住民税が返金されるのです。 その確定申告について、下記のような質問をいただきましたので、回答したいと思います。 国民年金の追納による節税の手続きを教えて下さい <質問> 国民年金の追納の件で教えて下さい。 学生納付特例制度 182,160円を、平成22年12月27日に納入しました。 節税になるとのホームページを見たのですが、どのような手続きをすればいいのか教えて下さい。 宜しくお願いします。 <終わり> 国民年金の追納を行った場合には、その年 1〜12月 に支払ったと、節税をしたい人 天引きされ過ぎた税金を返還してもらいたい人 の収入を証明する書類を添付して、確定申告をすることで、税金が返ってきます。 国民年金の控除証明書は、上記のようなハガキで、だいたい、12月頃に送られてきます。 ただし、質問のように、 年末に支払った場合には、控除証明書は送られてきませんので、代わりに、年金の納付書が控除証明書となります。 ですので、年末に支払った方は、忘れずに、納付の日付の印が押された納付書を保管しておくようにして下さいね。 もし、納付書や、年金の控除証明書ハガキをなくした場合には、に行くことで、再発行をしてもらうことできますので、確定申告ができる翌年2月15日〜3月15日までの間に、 身分証 免許証など と年金手帳を持って、必ず、再発行をしてもらいに行って下さい。 節税のために確定申告時に必要な書類 まず、 確定申告をしなくても良い場合があります。 それは、 年金の控除証明書を会社に堤出することで、会社が代わりに年末調整を行ってくれて、天引きしすぎた税金を還付してくれる場合です。 この場合には、会社から、「所得から控除するものがある場合には、控除証明書類を提出して下さい」などと言われて、案内があると思います。 ですから、年金の控除証明書、もしくは、支払いの領収印が押された納付書を提出して下さい。 これだけで終わりです。 確定申告をする必要は、ありません。 会社が代わりに税金の申告・還付を行なってくれない場合、もしくは、会社への提出締切日までに間に合わなかった場合、また、退職しているような場合には、自分で確定申告をすることで、税金が還付されます。 ・ 国民年金 社会保険料 の控除証明書 ・ 年収を証明するもの 会社からもらう源泉徴収票 ・ ・ 身分証 免許証など ・ 印鑑 国民年金を節税に使う場合の確定申告については、わざわざ、税理士に相談するまでもないことですから、 上記の書類と印鑑を持って、管轄の税務署に、確定申告の相談に行くことをお勧めします。 確定申告書も用意されていますし、どのように記入すれば良いのか、個人の確定申告を担当する税務署員の方が丁寧に教えてくれるはずです。 なお、 でも説明したように、所得が多い人ほど、還付される税金が多くなります。 ですので、無職やアルバイトなどで年収が少ない子供が払うよりも、会社員の親が代わりに払い、親が確定申告にて、子供の控除証明書を使った方が、より多くの税金が還付されることになります。 一番得をするように、年金の控除証明書を使うことをお勧めします。 個人の確定申告は、毎年、2月15日〜3月15日となっています。 この期間に、前年の1月〜12月分の確定申告を行います。 <例> 2011年1月〜12月分の収入の確定申告は、 2012年2月15日〜3月15日の間に行う。 国民年金保険料の控除証明書を利用した節税は、会社に代わりにやってもらうか、もしくは、自分で確定申告をすることでしか実現できませんので、注意して下さい。

次の