木村 拓哉 weibo。 木村拓哉、工藤静香とのツーショットは20年前のもの? SMAPファンは「冷や水浴びせられた」とゲンナリ|日刊サイゾー

木村拓哉、工藤静香とのツーショットは20年前のもの? SMAPファンは「冷や水浴びせられた」とゲンナリ|日刊サイゾー

木村 拓哉 weibo

こんな旦那になるなんて思ってなかったよ…… 近年、家族ネタを解禁しはじめ、SMAP時代とは違った姿を見せている木村拓哉。 4月14日に妻で歌手・工藤静香が49歳の誕生日を迎えると、木村は中国版Twitter「Weibo(微博)」に「happy birthday 拓哉」と投稿。 工藤への祝福メッセージとみられる内容に、ファンの間では賛否両論が飛び交っている。 「SMAPが解散した翌年の2017年1月、工藤はインスタグラムを開設して手料理や自宅の様子など私生活を公開するように。 昨年5月、次女の光希が『Koki,』の名でモデルデビューを果たして以降は、互いのインスタグラムに登場しており、母娘の仲良しぶりを披露しています。 そんな中、4月14日にKoki,は工藤の誕生日に母とのツーショット写真をインスタグラムにアップし、英文で「愛情のある家族に生まれ、スーパーママを持つことができたことに感謝していてラッキーです!」といった文章を載せた上で、「I think dad is the most luckiest man for having you as his partner! (あなたをパートナーにしたパパはもっとも幸せな人だと思う)」と、父に触れながら祝福。 さらには木村も、工藤の名を伏せた形でWeiboに「happy birthday」と記した。 これを受け、ファンは「木村くん、それはやっちゃダメ……家庭の匂いを出さないから、ファンもついてきたんだよ」「家庭を見せない拓哉のことをプロだなと尊敬してたけど、これはもう無理だなぁ……」と、失望の声が続出。 「お祝いならプライベートでやって」「家族へのメッセージを世界に発信しなくてもいい」「嫁に直接言え! わざわざWeiboで言う必要ある?」と、怒りや疑問が飛び交う状況だ。 「SMAP解散後のファンは、木村のみを支持する人と、グループ全体を見守る人で二分してしまいました。 木村ファンは、工藤をはじめとした家族に理解がある人がほとんどで、今回のKoki,と木村の投稿も温かく受け入れている様子です。 ネット上で、木村を非難する人に対し『木村さんがお祝いしたら、また外野がうるさい。 家族なんだから普通でしょう。 こんなうるさいファンがいるなんて、解散してよかった』『静香さんにもKoki,ちゃんにもファンがいる。 なぜ木村ファンだけに配慮が必要と思ってるのか』と呆れています。 木村ファンとSMAPファンがSNS上で対立しているような状況です」(同) 木村ファンの間でも、工藤の誕生日をめぐる投稿への感想は、歓迎一色というわけではない。 グループが解散したとはいえ、アイドル・木村の姿に夢を見ていたファンが戸惑うのも無理はないが、この様子では親子・夫婦共演も近いうちに実現するのかもしれない。

次の

木村拓哉 Weiboの日本語翻訳&毎日投稿の確認方法!オフショット写真も素敵!

木村 拓哉 weibo

出典: 氏名:木村 拓哉(きむら たくや) 生年月日:1972年11月13日(46歳) 出身地:東京都 身長:176㎝ 血液型:O型 所属事務所:ジャニーズ事務所 1987年、ジャニーズ事務所入所。 1988年、他のメンバーと共に、SMAPの一員となる。 1991年、メジャーデビュー。 その後、俳優として「ロングバケーション」「HERO」「ビューティフルライフ」など、数々の高視聴率作品に主演し「視聴率男」の異名を持つ。 2000年、歌手の工藤静香と結婚。 2016年、SMAPが解散し、個人の俳優活動のみとなる。 日本のキムタクファンが見たことのない投稿が沢山! 木村さんがWeiboのアカウントを開設したのは2018年12月。 そこから現在まで、かなりの頻度で投稿をしています。 木村さんがWeiboを使用している、と聞いた日本のファンは次のように思った様です。 何故、Weibo?TwitterでもInstagramでもやればいいのに… 多くの人がそう思ったことでしょう。 更に、木村さんが所属する ジャニーズ事務所は、インターネットに所属タレントの画像が使用されることを極度に嫌ってきました。 それが、いきなり中国のSNSにアカウントを持った訳ですから、日本のファンもあまりいい気はしない筈です。 雑誌「 AERA」1月28号の取材に対して、木村さんは次のように答えています。 皆さんがSNSを熱心にやる感覚がわかりました。 離れていても仲間やファンの皆さんと繋がっている感覚が持てるのはいいよね。 今になってSNSを通してファンと交流を持つことに喜びを感じている様です。 ならば、日本でもSNSをやればよいのでは? と思いますが、芸能関係者いわく、 木村さんは日本でSNSをやるメリットが無い様で… 実際にKoki,のインスタはコメント欄を開放していない。 一方の工藤は開放していますが、インスタで画像をあげるたびにバッシングの嵐が巻き起こる。 つまり、Kokiさんと工藤静香さんの印象が良くない為、日本でSNSをやればバッシングに合う。 中国ならそうした心配もなく、更に、日本より多くのユーザーの目に触れて、中国進出のチャンスも巡ってくる。 こうした背景で、木村さんはあえてWeiboを選んでアカウントを開設したと考えられます。 現在は、 127万人ものフォロワーを抱えています。 (2019年4月6日現在) さらに、122投稿しており、かなり頻繁に更新している様です。 下記に添付した画像は、木村さんのWeiboの画面です。 出典: こちらは2019年4月4日にアップされた写真です。 美容室でパーマを当てているところまでファンに公開しています。 こんな木村拓哉を見たことがあったでしょうか? 木村さんも少し、日本ではないからと安心して投稿しているのかも知れませんね。 キムタク以外にも続々、Weiboに投稿? Weiboを利用しているのは木村拓哉さんだけではありません。 こんなに有名な人が? という方まで、続々と中国SNSのWeiboに参加しています。 赤西仁(フォロワー 257万人) 赤西さんは、早くから中国市場に目をつけて活動していました。 木村さんよりもフォロワーが多いです。 そしてこんなセクシーな写真も、Weiboには投稿していました。 出典: 何故、彼らは中国市場を狙うのか? 日本でも十分人気のある木村さん、そしてWeiboで投稿を続ける日本の芸能人たち。 何故、わざわざ中国のSNSを利用するのでしょうか? 女性自身によれば、 Weiboの利用者は現在 7憶人もいるそうです。 7憶人のうち、たった1%でも関心を持ってもらえれば、700万人に見てもらえるわけです。 これ程巨大な市場を見過ごす手は無い、ということなのでしょう。 そして、木村さんの様に、 日本国内でSNSをやればバッシングされる可能性が有る芸能人でも、人気さえあれば中国市場に打って出ることが出来るのです。 これからも多くの芸能人がWeiboを利用することが予想されます。

次の

中国版Twitter(ツイッター微博(weibo・ウェイボー)木村拓哉さん(キムタク)も利用

木村 拓哉 weibo

[以下引用] 木村拓哉は昨年末にウェイボーを開設したばかりだが、以来、ほぼ毎日更新している。 1月15日には「ドラマ・プライドのときの服を今も他兄貴ているよ」と、私服の写真を公開。 旧正月の2月5日には「新年おめでとうございます!」という祝辞とともに、自分で釣り上げたと見られる特大の鯛を船上で揚げる写真を披露している。 さらに、3月6日にはジムでワークアウトしている写真をアップ。 その姿はタンクトップにハーフパンツ姿で、肉体美が見られる貴重なプライベートショットだった。 「木村くんは自宅で使っているサンダルを紹介したり、自撮りも頻繁にアップしています。 しかも、ユーザーとの交流もあるみたいで、積極的にコメントを残しています。 2月5日には、中国語で旧正月の新年の挨拶を行う動画をアップし、「私たちと交流するために頑張ってくれているのね」と中国人ファンを感激させた。 その一方で、3月8日には文法を間違い、「僕一緒に頑張ろう!」という不自然な中国語で投稿。 これが「かわいい!」とフォロワーたちから大絶賛を浴びた。 一方、女性では福原愛さんが約450万人(3位)、水原希子さんが約370万人(4位)、浜崎あゆみさんが約282万人(7位)ということで、さすが7億人以上のユーザーがいると言われるSNSだけあって、そのフォロワー数も日本のツイッター(利用者数4500万人程度)とは桁が違うなあと。 ちなみに、福山さんはすでに7年前からWeiboをやっているそうですが、キムタク&山Pはまだ1年も経っておらず、そのフォロワー数増加スピードは「異例の早さ」なんだそう。 最近では佐藤健さんや小栗旬さん、米津玄師さんなども始めたそうですが、やはり中国でのジャニタレ人気はずば抜けているのかもしれません。 [関連商品] さて、中国版SNSでは頻繁にプライベートなどを明かしているキムタク&山Pですが、これについて日本のファンから不満も噴出しているといいます。 そりゃ、そうですよね。 ジャニーズは基本的にネット上での写真掲載などはNGで、日本国内ではツイッターやインスタ、ブログすらありません。 それなのに、どうして外国ではOKなのか… 「ウチの理不尽なダブルスタンダードは、昔からの伝統なのよ!」という声も聞こえてきそうですが、ジュリーさんが実質的なトップに就任してからは急速にデジタル化を進めているわけですし、日本のファン向けにそろそろ公式SNSを開設してもいいはず。 [以下引用] 「マーケットとして中国は重要であり、市場規模を考たうえでのサービスだとわかります。 しかし、日本のファンからすれば、自分たちへのサービスはないがしろなのかという気持ちになるのは当たり前。 日本のファンへの裏切りだと取られても仕方ないでしょう」(芸能ジャーナリスト) [アサジョ] 市場規模が大きいとか、海外進出のためとか、そういうのは分かりますけど、やっぱり納得はできないですよね… もちろん、日本からも「木村拓哉 Weibo」や「山下智久weibo」などとで検索すれば閲覧できますけど、中国語(もしくは英語)のメッセージを見せられて、意味は調べれば分かるにしても、どうしても「生の声」には思えないというか。 まあ、福山さんなどは現在撮影中の主演ドラマ「集団左遷」のネタを頻繁に呟いていて、ロケ現場なども写真入りで公開しているそうですが、それを日本のツイッターやインスタでやっちゃうと「ファンが殺到してヤバイ」という事情はあるみたい。 でも、他愛ないプライベートショットなら問題ないですし、うーむ。。 もしかして、日本で公式SNSを始めちゃうと、ファンやマスコミが勝手にフォロワー数で競い始めて、いろいろ面倒なことが起きてしまうのを危惧している? 「キムタクが〇〇に負けた!」とか、「嵐メンバーで一番人気ないのは〇〇だ」とか、確かに最初の頃はありそうではありますけど、スルーしていればそのうち飽きて誰も気にしなくなると思いますけどね。 とにかく、こういうファンサービスは時代の流れでもありますし、ぜひ前向きに検討して欲しいところです。

次の