グッバイミスターブラック 相関図。 平行世界相関図・・・ザ・キング:永遠の君主 ep8まで

TWO WEEKS韓国版のキャスト相関図!登場人物を画像有で詳しく紹介!

グッバイミスターブラック 相関図

2020. ミンホは高校の同級生ミリ(キム・ミニ)を好きだと公言しているが密かに親友ジアン(イ・ハン)の彼女スヒを想っていた。 ミリはそれを見抜いて二人をくっつけようとするが、ミンホはスヒへの想いを認めようとしない。 ミリはチンピラのホチョル(イ・ジェリョン)と付き合っているが、本気になりかけているミリに対し、ホチョルはクールになれと彼女の想いを交わしている。 そんなある日、ミンホはジアンに頼まれてスヒの済州島出張に同行することになる。 偶然、スヒが男を何度も変える母親のために泣いているのを見たミンホは、気持ちを抑えきれずにキスをしてしまう。 この日以来、スヒはミンホを愛してしまうがミンホはスヒを心から愛するジアンのことを考えると本音を隠すしかない。 実はミンホはジアンに遠慮しなければならないある事情を隠していたのだ。 一方、ミリを愛しながらも結婚を避け続けるホチョルも大きな秘密を隠していた。 そんな時、ミリが妊娠して・・・・・。 出典: 相関図 画像出典: キャスト チョン・ジョンミョン キム・ミンホ役 カフェスカイの従業員。 ミリとは高校の同級生。 ミリが彼の初恋の人。 ユン・ソイ チョン・スヒ役 ジアンの彼女、設置美術家。 自分は冷情で理知的だと思うがミリには彼女は熱情的で愛には鈍い女の子に見える。 キム・ミニ チェ・ミリ役 ミンホの高校の同級生であると同時に初恋の人。 カフェ「スカイ」の雇われ社長。 たまにスヒの作品のモデルにもなる。 性格は明るくて熱くて、まっすぐで気さくな性格。 イ・ジェリョン ホチォル役 ヤクザ。 体は小さいけれど度胸一つで若い頃は裏通りで活躍した。 ナ・ムニ ミヨンおばさん役 カフェスカイ近くの食堂のおばあさん。 ミンホがお婆さん家で下宿をしている。 話せない。 首に小さなホワイトボードをかけて歩き、それで人と疏通する。 キム・ナムギル ユ・ジアン役 スヒのボーイフレンド、シャープで能力がある。 ミンホの友達で現在ミンホの家で暮している。 1話目を観た時は、ゾロゾロと若者が出てきて、それぞれの境遇や生活をセリフとシーンだけだったので「群像劇かな」と思ってしまいました。 今までの韓国ドラマになかった始まり方だったので、「どんなドラマになるのか」とても興味を得ることができました。 最後まで見終わってからわかったのですが、最初のこの群像劇で、誰と誰がどういう関係なのか理解しておいた方が、後々楽に観れるかもしれません。 自分は、理解せずに流してしまったので、ドラマを観ながら「誰?」「どんな関係?」とパニクってしまいました。 グッバイ・ソロの簡単なあらすじとしては、母の不倫によって生まれてしまった「ミンホ チョン・ジョンミョン 」は、家を出てバーテンをしています。 ミンホは、高校生の時に同級生であった「ミリ キム・ミニ 」のことを好きだと公言しているのですが、密かに親友の「ジアン イ・ハン 」の彼女「スヒ」を想っていました。 ミリは、それを見抜いており、なんとか二人をくっつけようとしますが、ミンホはスヒのことを好きだと認めません。 そんなある日、ミンホはジアンに頼まれて、スヒの済州島出張に同行することになってしまいます。 そこで、スヒの相談を受けている時に、気持ちが抑えられずミンホはスヒにキスをしてしまいます。 この日以来、スヒはミンホのことを愛してしまいますが、ミンホはスヒのことを心から愛しているジアンのことを考えると本音を隠していくしかありません。 そんな中、ミリが妊娠したことが発覚してしまいます。 その妊娠が3人に大きく展開していきます。 韓国ドラマ「グッバイ・ソロ」の良かったシーンとしては、ミヨンのおばあちゃん役をしていた「ナ・ムニ」です。 観ていて、本当に優しいおばあちゃんだなと感じました。 このドラマの中で、ナ・ムニのおばあちゃん役が一番光っていたなと感じました。 演技としては圧巻と言ってもいいほどです。 ぜひ、グッバイ・ソロを観る時は、始まりとナ・ムニの演技を注目して観てください。

次の

韓国ドラマ 【グッバイミスターブラック】の相関図とキャスト情報

グッバイミスターブラック 相関図

グッバイ・ミスターブラック ソヌ建設の会長の息子で海軍将校のジウォン(イ・ジヌク)は、幼くして父親と別れたソンジェ(キム・ガンウ)と家族のように育つ。 軍隊でも苦楽を共にした2人はかけがえのない親友同士だったが、ジウォンがマリ(ユ・イニョン)にプロポーズすると、彼女に密かに想いを寄せていたソンジェは軍隊を離れ、ジウォンの父の会社に入社することを決意する。 しかし、ソンジェは成果を求めるあまり不正を働いてしまい、それが原因でジウォンの父は何者かに殺されてしまう。 一方のジウォンは派遣先のタイで殺人の濡れ衣を着せられ追われる身に。 窮地に陥ったジウォンは市場で生きる孤児のカヤ(ムン・チェウォン)に助けられる。 逃亡を図るため、カヤと偽装結婚したジウォンは、復讐を胸に韓国に戻り、ジウォンを追ってカヤもスワンという名で渡韓する。 そんな中、ジウォンはソヌ建設の社長の座にソンジェが就くことを知る。 予告編 この作品は、「FODプレミアム」で観ることできます! 公式サイト>> 2週間無料トライアルキャンペーンでの視聴方法については、この記事の最後にご紹介しています。 参考記事: なぜかはまるイ・ジヌク イ・ジヌクと言えば、私が観たのは「君を愛した時間」 このドラマで、イ・ジヌクは客室乗務員の役を演じていました。 ぱっと見た印象は、「トレンディエンジェルの齋藤さん」にちょっと似ているな。 だったので、 ドラマを見ていると、斉藤さんがちらちらするんですが。 で、どんな人なのかなとネットで調べると、すぐ出てくるのが、女性とのスキャンダル もしくは チェ・ジウさんの元カレだってネタばかりで、え、大丈夫なんかな、この人って思っちゃうんですが。 この間、ソウルへ行ったときに、空港の本屋さんで韓国の雑誌を買ってきたのですが、斉藤さん。 違う、イ・ジヌク表紙でしたし。 やっぱり、韓流スターなんですね。 でも、テーブルに靴のまま乗っかっている写真があって、「それは、いくらスターでもあかんの ちゃうんか」と思ったんですが、スターのやることは私みたいな庶民の感性ではついていけないところがあるのかもしれません・・・。 ドラマの見どころ 舞台が、タイと韓国になるんですが、タイでは、爆破シーンがあったりで、ドラマにしては割と派手な展開です。 なんていうか、ジウォン(イ・ジヌク)の幼馴染ソンジェがすごかったですよね。 人ってこんなに悪くなれるのか・・って言う感じでした。 ネタバレになるので書けないですが、会長の遺言には泣かされます。 これ、ソンジェは血縁でないジウォンのおうちに幼い頃引き取ってもらって、何不自由なく暮らさせてもらうんですよね。 (いろいろ葛藤はあるでしょうが) マリも幼馴染で、ジウォンの妹と4人は、兄弟のように(ジウォンとマリは恋人ですが)育つんですが、最近みたドラマ「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」でも、特に血縁というわけではなく、 兄弟が財閥の家に引き取ってもらって、そこの家の子供と一緒に育ててもらうんですが、 どちらも、大人になったら子供の頃のように仲良く幸せに暮らすということができない。 マリ役は、オー・マイビーナスのスジン 全然気づいてなかったです。 マリ(ユ・イニョン)きれいな人だなと思ってみていたんですが、 オー・マイビーナスでスジン役やっていた人なんですね。 結われてみれば、顔はそうですね。 髪型が全然違ったので、気づかなかったです。 マリの雰囲気の方が好きですが笑 スワンは字が読めない スワン(カヤ)役のムン・チェウォンさんは、優しい男の方ですね。 子どもの時に、タイで津波にのまれ生き残ったところを助けられたんですが、それ以前の記憶をなくしてしまい、字も読めないという設定でした。 終盤で、スワンの記憶がよみがえってきて、えらいことになります。 男の嫉妬は怖い 韓国特有のドロドロ系といえばそうなんですが、今回は、「男(ソンジェ)の嫉妬」なので、 怖いですね。 ソンジェが悪い奴になればなるほど、ジウォンがんばれ!ジヌクがんばれ!ってなります。 グッバイ?ミスターブラック グッバイ ミスターブラックですよ。 グッバイ?っていうことは・・・意味深なタイトルですよね。 最終話まで、目が離せない展開で、気づけばいっきに見終わっていました。 「グッバイミスターブラック」の無料視聴方法 この作品は、動画配信サービス 「 」 でスマホ・タブレット・PCから視聴することができます。 1.韓国ドラマが続々配信中!またフジテレビの動画も豊富!しかも独占タイトルが5,000本以上! 国内ドラマだけでなく、海外ドラマ・韓流ドラマも視聴できます。 フジテレビの現在放送中のタイトルだけでなく、『コード・ブルー』『リッチマン、プアウーマン』『昼顔』などの過去の名作ドラマを中心に5,000本以上の独占タイトルを配信しています! 2.動画以外にも雑誌やコミックも楽しめる! FRIDAYやFLASHなど100誌以上の人気雑誌が読み放題で15万冊以上のコミックも楽しむ事が出来ます。 期間限定で無料で読めるコミックもありますよ。 3.手ごろな月額料金(888円(税別))で見放題!しかも、初月無料キャンペーン実施中 FODプレミアムは、月額888円(税別)と手ごろな値段で動画見放題となっています。 しかも、初めて「FODプレミアム」を利用する人は、 初回2週間トライアル( 無料)で視聴することができます。 無料視聴の方法 無料視聴は、下のリンクからFODプレミアム公式ページに飛びます。 FODプレミアム公式サイトへ>> 「今すぐ無料おためし」のボタンを押して、次の画面でAmazonのID・パスワードで 登録すればOKです。 Amazonのアカウントがない方も、無料アカウントを次の画面で発行できます。 また、ここで言ってる「Amazonアカウント」はプライム会員である必要などはありませんので、簡単に発行できます。 クレジットカードなど支払方法を登録しますが、トライアル解約すれば、月額は請求されません。

次の

アバウトタイムキャスト相関図は?出演者を画像付きで紹介!

グッバイミスターブラック 相関図

グッバイミスターブラック 全24話(2016年 MBC) 「太陽の末裔」と同時期に放映されていた軍隊ものというか不死身に強い主人公が登場するストーリーのドラマでした。 「太陽の末裔」はヒューマンメロドラマで「グッバイミスターブラック」は復習ロマンス劇というカテゴリーに分類されていますね。 衛星劇場のHPでは….. 両方を見ての感想は、「太陽の末裔」はソン・ジュンギさんのかっこよさを堪能させていただき、OSTも映像も素敵で、視聴している間はその空間に浸っている時間を味わえました。 それに反して、「グッバイミスターブラック」は、24話という日本仕様のドラマを見てしまったせいでしょうか、話がまとまりがなく、流れにのれないまま(私がですが)ダラダラとしたテンポで見終わってしまったので、感想が湧きません。 私の理解力の無さが原因かもしれませんが、次から次へのどんでん返しの流れで、疲れました。 モンテ・クリスト伯爵をモチーフにした復讐劇の展開だそうですが、チャ・ジウォン(イ・ジヌク)とミン・ソンジェ(キム・ガンウ)の復讐劇を軸にカヤ(ムン・チェウォン)とのロマンスが描かれます。 子供の頃から共に育ち、友達だった、大企業の父親を持つジウォン、前科者の父を持つソンジェ。 そのソンジェは、ジウォンの彼女だった、マリ(ユ・イニョン)とジウォンの父を、奪ってしまいます。 ジウォンは、あっという間にあの真っ白な素敵な軍服姿から、ブラックな姿で自らを隠さなければならない世界に堕とされてしまいました。 ジウォンの父親は、二人を愛情を持って分け隔てなく育てたのに、やはりソンジェに眠っていた嫉妬心があったのでしょうか。 全てソンジェの自身の問題なのに、ジウォンを取り巻く人間に対して敵対心を持って行きます。 どんどん嫉妬心から生まれた欲望を抑えられずにモンスターになっていくソンジェです。 タイで濡れ衣を着せられて殺人犯にされてしまうジウォン。 これもソンジェの悪巧みだったのですが、窮地に陥ったジウォンを助けたカヤと偽装結婚してジウォンとカヤは離れられなくなります。 タイのスラム街に住むカヤ。 カヤは名前がありませんでした。 そこでジウォンが「スワン」と言う名前をカヤにつけます。 「ブラック」「スワン」…. ドラマが複雑になる予感がしましたね。 真っ白な海軍将校の制服が似合うジウォンは生きていることを隠して生きる真っ黒な世界へ… 「ゴミ」という意味の「カヤ」という名前から「スワン」と名付けてくれたジウォンとの出会い。 ダークなゴミだめの世界から白鳥という名前をもらった女… ジウォンも父の死もジウォンをどん底に落としたのも、マリを奪ったのもソンジェだと知った時からジウォンの復讐劇が始まるわけです。 「太陽の末裔」ユ・シジン大尉も不死身でしたが、ジウォンもこれでもかっていうくらい生き残ります。 ジウォンは脳に障害を抱えて生きているようですが、そんなことにびくともしません。 マリ役のユ・イニョンさんは、今回も愛している人を奪われるという役柄でした。 「奇皇后」「仮面」「オーマイビーナス」すぐに思い出すドラマでもいつも一番欲しい愛が手に入らない、もがき苦しむ役どころばかりですね。 カヤの父だと思っていたら、本当は、カヤの両親を殺した悪者だったというオチにはついていけません。 ソンジェを動かした悪者はこのペク・ウンド爺、ジウォンの父もカヤの両親を殺したのもこの爺。 そのペク・ウンドに撃たれてしまったカヤ。 でも助かります。 ジウォンも余命わずかだと暗示していましたが、あっさり手術をして回復。 ペク・ウンドにとどめを刺したジウォン。 思い出のタイで愛を誓ってハッピーエンドの幕引きになりました。 とにかく信じられないドンデン返しの連続、突然のラブモーション、ラブシーン…… イ・ジヌクさんとムン・チェウォンさんはあまり相性の良いカップルには見えなかった。 特に最後の方のラブシーンで。 てんこ盛りの内容でお疲れモードの視聴状態でした。 キム・ガンウさん好きな俳優さんなんですが、今回は惹きつけさせてくれませんでした。 途中リタイアしたかったドラマだったので、感想も支持滅裂ですね。 Category•

次の