和歌山 県 高校 野球 秋季 大会。 秋季近畿地区高校野球 和歌山県大会

秋季近畿大会 高校野球速報

和歌山 県 高校 野球 秋季 大会

2回に3点適時二塁打を放った平田晃将(智辯和歌山) 6季連続の甲子園出場を目指すが和歌山商を下して、近畿大会出場に王手をかけた。 試合は序盤からペースで進んだ。 1回裏、1番の(2年)が四球で出塁すると、続く(2年)の2球目に盗塁を決めて、二塁に進む。 ここで綾原が左前適時打を放ってまずは1点を先制。 さらに二死後から5番・(2年)の左越え適時三塁打で追加点を挙げた。 は2回にも二死満塁から3番・(2年)の走者一掃となる中越え適時三塁打で3点を追加。 さらに4番・(1年)、5番・川上にも適時打を飛び出し、先発の松尾英聖(2年)をノックアウトした。 そして3回には髙嶋仁名誉監督の孫である(1年)が代打で登場。 3-1から和歌山商2番手左腕・宮田率生(1年)が投じた高めのストレートを振り抜き、左翼席へソロ本塁打を放った。 公式戦ではこれが初本塁打。 これまでも得意な左投手相手に代打起用されることが多かったようで、「いつでも打てる準備をしてきたので、良かったです。 このまま打ち続けてレギュラーを掴みたいです」と笑顔で話してくれた。 代打本塁打を放った髙嶋奨哉(智辯和歌山) 3回までにが8点のリードを奪って、このままコールドで試合が決まるかと思われたが、宮田率を打ち崩せずに追加点を奪うことができない。 投手陣は(2年)、(2年)と繋いで、5回までは無失点で抑えたが、6回に登板した(2年)が誤算だった。 二死一、二塁から4番・宮田樹(1年)に左前適時打を浴びると、5番・池田光我(2年)、6番・加瀬田賢志郎(1年)にも適時打を許して4失点。 昨秋はセンバツ出場の立役者になったが、この試合では苦戦を強いられた。 にとっては嫌な流れとなったが、7回から登板した(2年)が3回を無失点に抑えて、何とか逃げ切った。 序盤の先制攻撃は見事だったが、相手投手が代わってから打線が湿ったのは少し不安要素か。 これから対戦相手のレベルが上がった時に対応力を発揮できるかが、センバツ出場を勝ち取れるかどうかのカギとなりそうだ。 敗れたは選手17人ながら、攻守にまとまりのある野球を見せていた。 春以降も上位進出の可能性を感じさせた。 (写真=馬場 遼).

次の

2020年 春季和歌山大会

和歌山 県 高校 野球 秋季 大会

大阪 (大阪桐蔭、履正社、初芝立命館) 第1代表の大阪桐蔭は投打のかみあったハイレベルな野球が持ち味だ。 「2季連続で甲子園を逃した悔しさがこのチームの原動力」と西谷浩一監督。 第2代表の履正社は今夏の甲子園で全国制覇したメンバーが多数残り強力打線は健在。 同大会で優勝投手になった岩崎峻典選手にも期待がかかる。 18年ぶり3度目の出場となる初芝立命館が第3代表。 上位打線と1年生の林一八投手の成長が上位進出の鍵を握る。 強力打線が看板で、県大会の平均得点は6・7に上る。 主戦・坂口翔颯投手は制球力が光る。 第2代表の明石商は3年連続の出場。 最速151キロの中森俊介投手、甲子園通算3本塁打の来田涼斗中堅手を軸に初優勝を狙う。 神戸国際大付は第3代表で2年連続の出場。 打線は切れ目がなく、県大会3位決定戦では17安打を放った。 島滝悠真、本間遥大の両投手を中心に県大会5試合で1失点と守りが堅い。 俊足巧打の土田龍空、勝部風雅両選手が打線を引っ張る。 第2代表の立命館守山は何度も接戦を制し、初出場を果たした。 捕手と投手をこなし、主軸も担う景山透唯選手が攻守の要となる。 12年ぶり3回目の出場となる第3代表の綾羽は軟投派の主戦・早津康生投手を中心に、粘り強い守りで戦い抜いた。 県予選では前川右京選手を中心とした強力打線で、準決勝まで全てコールド勝ちだった。 第2代表の奈良大付の出場は4年ぶり。 緩急を付けて打ち取る矢野一希投手や鋭い変化球が持ち味の東大地投手など多彩な投手陣がそろう。 2年連続33回目の出場となる第3代表の天理は、下林源太主将を中心に攻守がどれだけ機能するかが鍵となる。 主将で捕手の森岡大輔選手を軸とした強力打線が特長で、府大会7試合の平均得点は6・3に上る。 第2代表は3年ぶり出場となる東山。 府大会準決勝では、延長十一回に主将で遊撃の田中陸選手らの適時打で3点を奪うなど粘り強さが持ち味だ。 数人が今夏の甲子園を経験し、緻密な攻撃と豊富な投手陣による継投で着実に勝利を積み重ねた。 第2代表の和歌山南陵は創部4年目で初出場。 浜新之介、古家一輝の2投手がチームを引っ張り、粘り強く勝ち上がってきた。 いずれも府県大会の決勝または3位決定戦時点のメンバーで、近畿大会の登録メンバーとは異なります。

次の

2020年 春季和歌山大会

和歌山 県 高校 野球 秋季 大会

6月12日、独自開催の「夏季北海道高等学校野球大会」の日程を発表。 地区大会は7月11日の函館、室蘭を皮切りにスタート。 南北海道大会(札幌円山)は8月3日から、北北海道大会(旭川スタルヒン)は同5日から開催され、いずれも各地区代表16校で争う。 試合は無観客で行われる。 南北はいずれも16代表で競うことを決めた。 感染拡大防止対策として、南大会は函館、北大会は十勝、北見、釧根と名寄の一部を除き、原則日帰りで移動は貸し切りバス、宿泊する場合も個室、個別の食事にするなど確認事項が盛り込まれた。 なお軟式の全道大会は7月28~30日、釧路市民で開催。 7地区の代表が出場し、札幌、函館、空知は地区大会で代表を決める。 青森=7月14日から独自大会開催 6月5日、独自大会の開催を発表。 開幕は7月14日、決勝は同28日。 トーナメント方式で優勝校を決める。 試合は9イニング制(コールドゲームもあり)、延長13回からはタイブレーク制と、できる限り例年通りのルールを適用。 新型コロナと熱中症対策も徹底し、青森市営球場など5球場を使用。 1日の試合数は1球場につき2試合まで。 原則として無観客試合だが、控えメンバーと選手の保護者の応援は認められる方向性。 ベンチ入りメンバーは20人で、最終決定は抽選会が行われる6月30日午前。 青森県では5月7日以降、新たなコロナ感染者は出ていないが、今後の状況次第で大会要項を見直していく。 開会式は行わず、閉会式で優勝旗の授与はない。 高橋聡理事長は「メダルやトロフィーなどを考えています」と、形に残る記念品の準備を進めていることを明かした。 抽選会は責任教師だけが参加する予定。 春季大会が中止になったことから「フリー抽選」で決める方針。 6月17日、青森銀行の有志職員と青森県高野連は、決勝戦などで使用予定の青森市営球場に甲子園球場と同じ土を整備するためのクラウドファンディングを始めた。 目標金額は300万円。 阪神園芸からの土購入代金や運搬費、整備費に充てる。 内野一面に相当する計30万~40万トンを球場に入れられる。 岩手=7月1日から独自大会開催 6月9日、常任理事会を開催し独自大会の開催を発表。 日程は地区予選が7月1日から。 県大会が7月11~25日。 原則として無観客で行う。 9イニング制(コールドゲームあり)で、延長13回からタイブレーク方式を採用。 また、今年から導入された投手の球数制限(1週間500球)と申告敬遠も適用。 「3密」を避けるため開会式は中止。 試合前のシートノックも省略し、試合後の勝利チームの校旗掲揚も行わない。 1日の試合数は1球場につき最大2試合とするなど、感染予防を徹底する。 試合は無観客とするが、控え部員の入場は認める。 また保護者については、ベンチ入りメンバー1人(記録員を含む)につき2人までを許可し、最大42人が入場可能。 登録選手は20人(記録員1人は別)で、各試合ごとに登録変更を可能にする。 地区予選の抽選会は15~19日の期間に実施され、各校の責任教師が出席する。 県大会については、すでに「枠組み抽選会」が行われており、同予選を勝ち上がった31チームで行われる。 県大会日程は7月11、12日が1回戦、18日が2回戦、21日が準々決勝、23日が準決勝、25日が決勝(岩手県営野球場)。 秋田=7月9日から独自大会開催 6月5日、運営委員会を開催し、独自大会の開催を発表。 大会名は「山形県高等学校野球大会2020」。 阿部稔会長は「甲子園への道はなくなりましたが、3年生が積み重ねてきた努力の確認の場として戦う今大会が、いつまでも記憶に残り、長く語り継がれるような思いを込めて『2020』をつけた」。 同大会はトーナメント方式で7月11日に開幕し、決勝戦は県営球場で8月1日を予定。 学業を優先し、土日祝日を利用した日程で行う。 村山、置賜、最北、庄内の各4地区で6月26日以降に抽選会を行い、同地区内で1、2回戦を勝ち上がった計16校が7月23日からの県大会に臨む。 昨秋県大会4強の鶴岡東、日大山形、東海大山形、山形中央は、3回戦進出でシード扱い。 他校は再抽選をして頂点を争う。 試合は延長10回からのタイブレーク制、1週間500球以内の球数制限を導入。 登録人数は選手20人(記録員1人は別)だが、3年生が20人を超える3校を配慮し、各試合ごとの登録を可能とした。 開会式は行わず、閉会式も簡素化し、優勝校と準優勝校には記念盾の贈呈を検討。 宮城=7月11日から独自大会開催 6月11日、理事・運営委員会を行い「東北地区高校野球宮城大会」(仮称)の開催を発表。 期間は7月11日~8月1日で楽天生命パーク宮城を含む6球場を使用。 連合チームなどを視野に、加盟73校中68チームの出場を想定したトーナメント方式で行う。 組み合わせは26日、各校顧問による代理抽選で決定する。 感染予防を考慮し、開会式は行わない。 各球場1日2試合とし、すべて無観客を原則にする。 現時点でテレビ中継の予定はないが、ウエブサイト「アマチュア野球 一球速報」の協力を得て各球場の試合経過をリアル配信する。 70周年記念プログラムの製作も延期し、大会運営費にあてる。 選手ほか、来場の関係者全員に検温と入場申請書の提出を義務付け、体温37・5度以上(平熱より1・5度以上)の場合は入場させないなどの予防対策を講じる。 一方でベンチ入り選手20人は試合ごとに入れ替え可能とし、原則1人の記録員も3年生に限り最大3人にするなど、高校最後の大会になる最上級生たちに配慮する。 福島=7月18日から独自大会開催 5月26日、臨時理事会を開き、県独自の大会を無観客で開催することを決めた。 6月9日、理事会で大会要項を審議し発表。 大会名は「2020年夏季茨城県高等学校野球大会」。 7月11日から8月4日までの土曜、日曜、祝日を中心に、ノーブルホームスタジアム水戸など、6球場を使用し行う。 雨天などで試合が延期になった場合でも、平日のナイター設備などを使用し、決勝まで行うとした。 また、昨秋の県大会ベスト8のチームをシードにトーナメント形式で行うが、1、2回戦は同地区内での対戦とし、3回戦からは再抽選し対戦を決定する。 試合は9イニング制で10回からタイブレーク。 5回10点差、7回7点差のコールドを採用するなど、できるだけ通常、行われる公式戦と近い形での試合となる。 また、1度にベンチ内に入れるのは、密を避け選手15人と監督、責任教師、マネジャー1人を上限とするが、登録人数に制限は設けない。 野球部員は全員が出場可能とする独自の方針を示した。 榎戸努専務理事は「1人でも多くの生徒が背番号をつけて試合ができるようにしたい」と話した。 試合は原則、無観客試合とするが、試合に出場しない野球部員、野球部員の保護者2人まではスタンド入場可。 選手の活躍を、チームメート、保護者も見守ることができる。 抽選会は6月23日、役員、監督らによる代理抽選。 開会式、閉会式はともに行わない。 栃木=7月18日から独自大会開催 6月12日、理事会と運営委員会を開き、8月8日から23日まで「夏季埼玉県高等学校野球大会」を開催すると発表。 1試合7イニング制で同点の場合は決着がつくまでタイブレーク方式を採用する。 1週間で500球の投球制限を設ける。 県優勝校には、独自の優勝旗を授与する。 大会は東西南北の4ブロックのトーナメント制。 それぞれの優勝チームが再びトーナメントを行い、県優勝校を決める。 選手登録は20人だが、1試合ごとの選手変更を認める。 新型コロナウイルス感染防止策として、原則無観客で開催。 試合後、関係者すべてが球場から退場してから、次の試合の関係者は入場を認める。 試合間は消毒を徹底する。 抽選会は7月21日、ブロックごとに各校の教諭のみで行う。 また、感染状況によっては、大会の日程変更、中止もあるとした。 センバツ出場予定で、8月に甲子園での交流試合も決まっている花咲徳栄については、日本高野連との相談の上、どちらも出場できるように調整を進めていく。 6月17日、運営委員会を開き、準決勝と決勝を、メットライフドームで開催すると発表。 坂上節会長は「選手たちに記憶に残る大会となるよう、そして甲子園を目指したような気持ちで大会に臨んで欲しい」。 千葉=8月2日から独自大会開催 6月16日、責任教師会議を行い、8月2日から独自大会「2020 夏季千葉県高等学校野球大会」を開催することを発表。 8地区に分かれた地区トーナメントを8月2日から10日までに行い、各地区優勝校8校による決勝トーナメントを8月15日から3日間で行う。 登録は選手20人以内、試合ごとの登録変更を認める。 原則無観客での開催となるが、ベンチ外の部員は入場を認められる。 スタンドから声を出しての応援は禁止。 9イニング制で10回からタイブレーク方式。 今年から採用予定だった、投手の1週間500球以内の投球制限や、申告敬遠を適用する。 また、開会式や閉会式は行わない。 渡辺範夫会長は「3年生の最後の締めくくりとしてそれぞれの思いを大会で出してほしい」と期待した。 3年生のための大会と位置付け、極力最上級生を試合で起用するように責任教師に促した。 大会期間中に新チーム同士の練習試合を行うことも認めた。 地区トーナメントの抽選は7月19日までに、責任教師によって地区ごとに決定。 決勝トーナメントの組み合わせは、8月10日に理事による代理抽選で決まる。 東京=7月18日から東西で独自大会、8月10日に東西V対抗戦 6月12日、横浜市で会見を開き「令和2年度 神奈川県高等学校野球大会」の開催に向け、準備を進めると発表。 8月1日から23日まで、参加校の夏季休業日と週休日を利用する。 トーナメント方式で行うが、試合形態は未定。 出場校数や球場確保数に応じて検討する。 今年の連盟加盟校数は191で、全国でも屈指の多さ。 出場校数が多く、球場も十分確保できない場合は、決勝まで行えない可能性もある。 いずれにせよ、チームの移動距離を極力少なくする方向で計画する。 無観客で行い、保護者の入場も認めない方針。 組み合わせ抽選は、同連盟による代理抽選で行う。 開、閉会式は行わない。 6月中に参加校を取りまとめ、開催要項を作成する予定。 山梨=7月23日から独自大会開催 6月25日、「県高校夏季野球大会」の開催要項を発表。 7月18日に開幕し、決勝は8月6日。 出場は73チームで、抽選は7月1日に役員による代理で行われる。 開閉会式は実施しない。 女子部員の大会参加についてはボールガール、ノッカー、シートノック補助として届け出を提出すれば参加できる。 またスタンド入場は控え部員および保護者(部員1人に対し2人まで)に限定し許可する予定(変更の可能性あり)。 応援は拍手を基本とし、組織的な応援や大声での声援が行わない。 選手登録は25人でベンチ入りは20人までで登録選手内で試合ごとに選手の入れ替えができる。 延長10回からタイブレークを実施し、12回終了時点で同点の場合は選手9人ずつによる抽選。 1週間500球の投球制限も実施する。 富山=7月23日から独自大会開催 6月5日、「2020夏季静岡県高校野球大会」の開催を決定。 7月11日に開幕し、8月1日に草薙球場で決勝戦を行う(雨天順延)。 組み合わせは、参加校を東西2ブロックに分け、6月27日に代理抽選が行われる。 ベンチ入りは25人まで。 観客席への入場は、控え部員全員と、事前に申請された保護者が最大5人まで。 試合の2週間前からの行動歴を記録し、当日朝の検温と健康チェックが条件となる。 日本高野連のガイドラインに沿って、座席は一定の間隔を空け、応援は拍手のみとなる。 人数が多い場合は、外野席も開放される見込み。 6月12日、運営委員会を開き、今月5日に開催が発表された全国高校野球選手権静岡大会の代替大会の日程案について、話し合った。 7月11日に開幕を迎え、1回戦は草薙、愛鷹、富士、清水庵原、焼津、島田、掛川、浜岡、磐田、浜松球場の10球場で行われる予定。 6月22日に参加校数が確定する。 その後、球場ごとの試合数など、詳細な大会日程が正式に決まる見通し。 県高野連の渡辺才也理事長は「全109チームが出場する前提での案。 参加校が確定次第、調整していく」と話した。 新型コロナウイルス感染予防策についても議論され、1試合ごとにベンチを消毒し、取材対象者(選手と監督)の人数も制限することが決まった。 安全な大会運営に向け、入念な準備を進めていく。 「56 焼津中央」以降が西側。 熱海、金谷、浜松湖北佐久間分校の3校連合チームは、東側に入る。 愛知=7月4日から独自大会開催 6月5日、今夏の県独自大会の要項発表。 大会名は「夏季愛知県高等学校野球大会」。 7月4日から8月2日までの計11日間(7月24日、8月8、9日を予備日)で土日祝を使用し、ノーシード制を用いてトーナメント方式で開催。 決勝戦は8月2日、岡崎市民球場で午後2時から。 開会式は行わないが、閉会式のみ決勝戦後に行う予定。 試合は無観客、控え部員や保護者の入場は許可。 選手のベンチ入り上限は20名とするが、試合ごとのメンバー変更は可能。 10回からタイブレーク制を導入する。 抽選会は6月20日、午後1時から刈谷市総合文化センターで、野球部長のみ参加する形で行う。 準々決勝以降は後日抽選とし、4回戦までは地区ごとに地元球場での組み合わせとなる。 部活動再開日が遅い学校には、初戦の日を大会4日目以降に配慮する。 使用球場は熱田愛知時計120スタジアム、パロマ瑞穂野球場、春日井市民球場、小牧市民球場、一宮市営球場、阿久比球場、刈谷球場、豊田球場、岡崎市民球場、豊橋市民球場の10球場。 6月5日時点で加盟校189校のうち、186校182チームが参加予定。 うち4つが連合チームで、名古屋商が不参加となっている。 岐阜=7月11日から独自大会開催 6月6日、府独自大会を行うと発表。 日程は7月18日から8月10日。 トーナメント形式で無観客で行う。 球場借用期間の関係で、雨天などで試合が8月11日以降となる場合は、8月10日で打ち切る。 大会期間は、平日も使用するが、平日を使用する場合は午後からの1試合のみ。 照明のない球場は午後3時から、照明がある球場は午後4時から開始する。 土曜日は午後から2試合、日曜祝日は午前から3試合行う。 開閉会式は行わない。 登録部員は例年より10人増やして30人とするが、試合当日のベンチ入りは20人。 会場では試合当該校のチーム部員のみ入場を認め、保護者の入場は許可しない。 会場は大阪シティ信用金庫スタジアムなど7球場。 大阪府の吉村知事は代替大会の甲子園開催を発案していたが、同連盟の伊原登理事長は「考えておりません」と、大阪府も兵庫県同様に甲子園球場は使用しない。 抽選会は7月3日、同連盟役員による代理抽選となる。 兵庫=7月18日から独自大会開催 6月4日、支部長会と理事長会を開催し、独自大会「令和2年度夏季兵庫県高校野球大会」を開催すると発表。 7月18日に開幕し、8月7日まで。 ベスト16までは地区単位のトーナメント。 決勝まで行わず最大で8強止まり。 会場はほっともっと神戸など14の球場を使用。 井戸敏三兵庫県知事が甲子園球場の使用を希望する発言をしていたが、福留和年理事長は「使わない。 使えない」と独自大会での使用はしないことを明言した。 田靡(たなびき)幸夫会長は「(甲子園使用は)非常にありがたい話で、できたら一番いいが、ただ兵庫県だけが、たまたま近いからというだけではと考えている。 全国の生徒のことを考えると難しいかなと思います」と説明。 無観客で開催するが、控え部員や3年生部員の保護者(1部員につき2名までとし祖父母、兄弟は不可)観戦可能とする。 また、感染予防の観点から、試合会場、試合時間などは非公開にする予定。 奈良=7月18日から独自大会開催 6月4日、「2020 夏季岡山県高等学校野球大会」の開催を発表。 7月18日から8月10日の日程で土日祝を中心に、トーナメント方式で実施。 ベンチ入りの上限を25人に拡大し、試合ごとの入れ替えを可能とする。 今春の春季大会が中止となったことを受け、昨秋の県大会の成績を加味し、同大会の8強を2回戦から参加のシード校とした。 試合は9イニング制とし、10回からタイブレーク制を採用。 決勝戦でも10回からタイブレークを適用する。 原則無観客だが、控え部員によるスタンド応援は認める。 現段階では保護者の観戦は承認していないが、同連盟の多田一也会長は「最終的には入れてあげたい」と前向きな姿勢を示した。 大会開幕2週間前の県内の新型コロナウイルス感染状況を見ながら検討する。 開会式は行わないが、今春のセンバツに出場予定だった、倉敷商の主将が選手宣誓を行うセレモニーを予定している。 倉敷マスカットスタジアムでの大会初日の試合前に執り行う予定。 抽選会は6月27日。 各校監督か部長の代表者1人が参加する形で行われる。 広島=7月11日から独自大会開催 6月5日、今夏の県独自大会の詳細を発表。 大会名は「2020年夏季鳥取県高等学校野球大会」。 7月11日から7月27日にかけ、トーナメント方式を用いノーシード制でコカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク野球場で開催。 大会期間中、平日を2日間使用することになるが、他県より休校解除が早く、学業への支障も少ないことや、他団体も使用する兼ね合いから日程を決定した。 7月30日までは球場を確保しているため、雨天順延で開催する。 ベンチ入り上限は例年通り18人で試合ごとの入れ替えは許可しない。 1回戦から準決勝までは10回から、決勝は13回からタイブレークを導入する。 大会は無観客とするが、控え部員、3年生の保護者、部の3人目以降の顧問の入場は認める。 開会式と閉会式は行う予定。 抽選会は6月26日、責任教師のみが出席する。 島根=7月17日から独自大会開催 6月6日、今夏の県独自大会の開催を決定。 7月11日から8月1日まで土日を中心にトーナメント方式で開催する。 昨秋の県大会8強がシード校となり、決勝は8月1日午前11時から萩スタジアム(萩市)で行う。 ベンチ入りは例年より5人増の25人までとし、試合ごとの登録変更はできない。 東堂昌治理事長は「熱中症対策や(休校の影響で)練習できていないので控えを多くする方が良い。 3年生のベンチ入りを増やしてあげるのも理由です」とコメントした。 今大会は10回からタイブレーク制を導入し、決勝も含め全試合でコールドを採用する。 8月9日まで球場を確保し、一雨天などで大会が8月9日以降に延びた場合は打ち切りとなる。 試合は原則無観客とし現時点では控え部員のみが入場でき、保護者の観戦に関しては検討中。 開会式は行わず、閉会式のみ簡素化した形で行う予定。 組み合わせ抽選は6月20日午前10時から実施。 徳島=7月11日から独自大会開催 6月5日、今夏の独自県大会の詳細決定。 大会名を「令和2年度香川県高等学校野球大会」とし、大会期間は7月23日から8月13日の計9日間。 トーナメント方式で、土日祝で開催する。 昨秋の県大会4強がシード校。 延長は10回までとし、11回からタイブレーク制を導入。 ベンチ入りの上限は20名。 試合ごとに入れ替えは可能だが、変更して入る場合は3年生部員に限ることとした。 試合は原則無観客。 控え部員のスタンド応援は許可とするが、保護者の観戦に関しては検討中。 抽選会は7月10日に各校の主将がクジを引く形で行う。 その際に簡単な開会式を行う予定で、中止となった今春のセンバツに出場予定だった尽誠学園の主将が選手宣誓を務める。 愛媛=8月1日から独自大会開催 6月12日、常任理事会を開き、独自の代替大会を開催断念する方針を一転し、開催することを決めた。 5月25日に全国で初めて開催断念を発表していた。 5月22日の理事会で代替大会の開催について協議。 消毒液の確保や感染防止マニュアル作成など準備を進めたが、感染リスクを払拭できないことなどから断念に至った。 6月に入って県高野連は県教育委員会から代替大会開催を検討するよう文書で依頼された。 これを真摯に受け止め、野口敦弘理事長は「教育委員会からの文書は重たいことで、当然無視はできない。 要請を受けているわけで、検討する事項の中の1つだと思う」と再検討を示唆していた。 6月5日には、福岡地区に所属する福岡大大濠や筑陽学園などの監督有志が立ち上がり、福岡市や近郊の33校による「福岡地区高校野球交流戦」を7月11日から行うと発表していた。 6月18日、福岡県独自の代替大会に不参加校の救済策として、公式戦「がんばれ福岡2020 筑後地区高等学校野球交流大会」を開催することを発表。 代替大会は、7月18日から8月上旬の土日祝日を軸に、4地区に分けて原則無観客で実施される。 だが中には、筑後地区大会に出場できない高校があることから、急きょ原則1校1試合の交流試合が企画された。 期間は6月21日~7月19日で予定。 6月22日に独自大会の日程を発表。 4地区に分け、福岡地区と筑後地区は4日、北九州市内と福岡中央地区は18日に始まり、8月初旬まで実施する予定。 佐賀=7月11日から独自大会開催 5月23日、独自の大会を7月4日からトーナメント方式で開催することを決定。 同30日、臨時理事会を行い、出場チームの登録人数とベンチ入りを、それぞれ60人と25人まで拡大する方針を固めた。 前年はともに20人で、ベンチ入りは試合ごとに入れ替えが可能。 中村健理事長は「ベンチ入りを多くして戦いやすいように。 練習不足もあって、体力の心配もあるので交代要員のことを考えました」と説明。 部活動再開となる6月1日から大会開幕まで約1カ月と準備期間が短く、チーム状態が整わない可能性を考慮した。 無観客とし、開会式は行わない。 決勝は8月2日にタピックスタジアム名護で開催。 6月23日の組み合わせ抽選会は代表者のみ出席する形で調整中。

次の