キングダム 641。 キングダムネタバレ最新第641話深刻な問題 考察 信が李信に変信

キングダム641話ネタバレ将軍李信誕生?「深刻な問題」レビュー考察

キングダム 641

スポンサーリンク 2020年4月30日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』 今回は、キングダムのネタバレ、641話最新話の確定速報を前回の話を振り返りながら予想・考察をしていきます。 前回640話では、列尾を制し、秦国は趙国の南側を制覇する展開となりました。 さらには趙国王・ 悼襄王(とうじょうおう)の愚行ぶりが、見事に発揮されていましたね。 扈輒(こちょう)や舜水樹(しゅんすいじゅ)の軍は約30,000人、対して謄将軍の軍隊は約40,000人ほどでした。 この人数差なら耐えられるだろうと、扈輒将軍は判断していました。 なぜなら、李牧がしっかりと趙国北部から軍を南下させているだろうと読んでいたからです。 ところが、李牧は悼襄王の名により、趙国へ連行されていましたね。 今回の話で李牧は斬首になることが確定しました。 そのため北部の軍が南下することなく、鄴から秦国の郡が列尾へ進軍を開始することになりました。 列尾が挟まれたことと、李牧が邯鄲(かんたん)に連行された事実から、扈輒将軍は列尾を捨てて、軍をほぼ無傷のまま邯鄲まで引き下げ、万全の準備をして、秦国と対峙する事に決めたのです。 そして漫画の最後には実に69日ぶりに再開する、信と壁将軍の姿がありました。 ここから秦国へ帰還するのでしょうか? いよいよ論功行賞が始まるのではないでしょうか。 また、 Contents• キングダムネタバレ641話最新話確定速報!李牧救出戦とはいったい? 毎週楽しみにしているキングダム ネタバレはイヤなので…一言。 — TSKH TSKH19 さてでは前回の話を振り返っていますが、考察と予想もしていきましょう。 どのように予想できるかを根拠も含めて話していくので、よかったら皆様も考察してみてください。 それではご覧ください! 李牧救出戦の話し合い 640話では、扈輒(こちょう)将軍が列尾を捨てることを決断しましたね。 列尾を捨てて、王都南部を秦国に占領されるが、現在の戦力をそのまま生かすには、邯鄲まで下がるのが優先だと判断した上での決断でした。 またこの扈輒将軍も「 王を殺してでも李牧様を助ける」という発言が聞かれました。 舜水樹も今の趙王を「クソだ」と言い放っていましたね。 この流れから考えると、ただ邯鄲に戻るというわけではなく、李牧を救出しようとしているのは間違い無いでしょう。 それなら、帰路についてる途中のシーンで、趙国の武将たちがどのように李牧が捕われているところまで入り、攻めていくのかという話し合いの描写が描かれていくと考えられますね。 なので今回は計画について話し合いが行われるのでは無いでしょうか。 趙王の殺害?趙国の内部 趙王は臣下に公然と愚かだと評価されていますね。 状況判断が的確ではなく、現在の趙は李牧がいないと持たないことを趙王は分かっていないのでしょう。 ただ他の人のことは見えていても自分のことほど分からないのが人の常なのかもしれませんね。 計画を立てながら帰る一行ですが、逆に悼襄王の目線でも考えてみましょう。 趙国王からしてみれば、鄴を奪われただけでも大問題ですよね。 さらに今回は、列尾まで捨て、王都の南側を占領された事になります。 李牧を処刑するぐらいなので、扈輒将軍も何らかの刑罰を受ける可能性はあるでしょう。 しかし 李牧は斬首にしても、元々王都を守っていた扈輒将軍まで処分してしまえば今度は自分自身が危うくなります。 だから列尾撤退に関して、怒りはするものの扈輒将軍はなんの処罰もないでしょう。 もし扈輒将軍まで処分してしまったら、趙国の滅亡はもう免れられないでしょう。 また李牧斬首の報を聞いて、舜水樹は我を忘れたように怒り狂っていましたね。 さて趙国はぐちゃぐちゃです。 ここからどうやってまとまって、秦国と戦うか見ものですね。 信たちは咸陽に帰る? 飛信隊や壁も秦国内に戻っていきますね。 戻るのは政のいる咸陽(かんよう)でしょうか。 そうなるとここから論功行賞が行われると思いますが、誰が鄴攻めの第一功になるのか?そして龐煖(ほうけん)を倒した信がどれだけ評価されるのか?ここでの評価が気になるところですね。 戻るとすれば、ここから秦国で論功行賞が執り行われるでしょう。 第一功は誰になるのか、また鄴攻めの論功行賞はどうなるのでしょうか? さらに列尾から橑陽(りょうよう)と鄴から橑陽もつながり、趙国の南側を奪う事に成功しました。 ここでやはり気になるのが 論功行賞ですね。 大一功はまず間違いなく王翦だと予想します。 鄴攻めが始まる前には、軍の全滅を覚悟し、また楚国の媧燐(かりん)が言っていたように、この戦いで趙の邯鄲(かんたん)の王都軍が出てくれば秦国は敗戦していたかもしれません。 ただ王翦も王都軍が動かないことを読み切っていました。 その中での相手は・三大天の李牧でした。 李牧を相手に鄴を制したことは他の誰よりも大きな戦果なのではないのでしょうか。 そこを考えると王翦が第一功なのは間違い無いでしょう。 それでは信たちはどうなのでしょうか? 武功の大きさ 『信』 信に関しては朱海平原で目立った功績がありましたね。 信はまず、慶舎の側近の一人だった岳嬰を討ち取り続いて、王都の重要な将軍・趙峩龍を討ち取りました。 さらに信は、 武神である龐援を討ち取っています。 この戦で信は3人の武将を討ち取った事になりますね。 武功の大きさ 『蒙恬』 麻鉱が早々に李牧に討たれてしまいます。 これによって朱海平原の秦国左軍は絶望的な危機にさらされる中、左軍をすぐさま立て直し、持ち堪えるだけの手腕を見せたのは蒙恬ただ一人でした。 王翦も今回、蒙恬にだけは『臨時の将軍』としてその役割を担わせていました。 また 王翦本陣が狙われた時、馬南慈の軍に追撃したのも蒙恬でした。 これがなければ王翦本陣は壊滅していた可能性もあります。 よって今回の大きな役割を担った蒙恬も大きな功をあげたと言えるでしょう。 武功の大きさ 『王賁』 王賁の大きな功績は、 尭雲を討ち取った事ですね。 王都における強大な力であったことは間違いありません。 一度は打たれてしまいましたが見事に討ち取る事に成功しました。 あの兵力差で負けるリーボックが悪いよこれは。 — きりたそ kiryutantan 今週のキングダム流石に李牧上げがキツすぎた — たこ丸 naQ4Trr5OB7N96m みなさん、李牧を連行して下げたことがキツかったという反応がとても多かったですね! それでは、キングダムコミュニティの声も見てみましょう。 キングダムコミュニティの声 三大天 倒してたから とうとう将軍では。 こうなってみると、李牧は王翦の誘いに乗って、秦で才能を発揮して欲しかった。 みんな趙王に愛想尽かして秦に寝返ってくれれば平和なのに。 こちらの皆さんは、信の武功に興味があるようですね! 次回の話はこの論功行賞が話題になりそうですね! 『キングダムネタバレ641話最新話確定速報!李牧救出戦』まとめ 羌瘣(きょうかい)の初登場の時はそれほど美人って感じでも可愛いって感じでもないなぁ。 まあそれでも目がクリっとしてて美形でありそうな雰囲気はあるけど。 ただこの時はお姉ちゃんの敵討ちに必死の時。 そんな気持ちだったら他の人を寄せ付けない感じだったのも納得って感じがするなぁ。 キングダムのネタバレ641話最新話確定速報の中には次回どんな話が展開されるか、非常に面白いネットの声もあったと感じます。 また次回は4月30日にヤングジャンプが発売となりますので、発売した瞬間に読みに行けるように準備しておかないといけませんね笑 それでは以上『キングダムネタバレ641話最新話確定速報!李牧救出戦』まとめでした! よかったらまた次回のネタバレもご覧ください! また、.

次の

キングダム641話ネタバレ考察~信、咸陽に凱旋!「李」の姓を賜る! | 8ラボ(はちらぼ)

キングダム 641

スポンサーリンク 2020年4月30日発売の週刊ヤングジャンプ掲載漫画『キングダム』 今回は、キングダムのネタバレ、641話最新話の確定速報を前回の話を振り返りながら予想・考察をしていきます。 前回640話では、列尾を制し、秦国は趙国の南側を制覇する展開となりました。 さらには趙国王・ 悼襄王(とうじょうおう)の愚行ぶりが、見事に発揮されていましたね。 扈輒(こちょう)や舜水樹(しゅんすいじゅ)の軍は約30,000人、対して謄将軍の軍隊は約40,000人ほどでした。 この人数差なら耐えられるだろうと、扈輒将軍は判断していました。 なぜなら、李牧がしっかりと趙国北部から軍を南下させているだろうと読んでいたからです。 ところが、李牧は悼襄王の名により、趙国へ連行されていましたね。 今回の話で李牧は斬首になることが確定しました。 そのため北部の軍が南下することなく、鄴から秦国の郡が列尾へ進軍を開始することになりました。 列尾が挟まれたことと、李牧が邯鄲(かんたん)に連行された事実から、扈輒将軍は列尾を捨てて、軍をほぼ無傷のまま邯鄲まで引き下げ、万全の準備をして、秦国と対峙する事に決めたのです。 そして漫画の最後には実に69日ぶりに再開する、信と壁将軍の姿がありました。 ここから秦国へ帰還するのでしょうか? いよいよ論功行賞が始まるのではないでしょうか。 また、 Contents• キングダムネタバレ641話最新話確定速報!李牧救出戦とはいったい? 毎週楽しみにしているキングダム ネタバレはイヤなので…一言。 — TSKH TSKH19 さてでは前回の話を振り返っていますが、考察と予想もしていきましょう。 どのように予想できるかを根拠も含めて話していくので、よかったら皆様も考察してみてください。 それではご覧ください! 李牧救出戦の話し合い 640話では、扈輒(こちょう)将軍が列尾を捨てることを決断しましたね。 列尾を捨てて、王都南部を秦国に占領されるが、現在の戦力をそのまま生かすには、邯鄲まで下がるのが優先だと判断した上での決断でした。 またこの扈輒将軍も「 王を殺してでも李牧様を助ける」という発言が聞かれました。 舜水樹も今の趙王を「クソだ」と言い放っていましたね。 この流れから考えると、ただ邯鄲に戻るというわけではなく、李牧を救出しようとしているのは間違い無いでしょう。 それなら、帰路についてる途中のシーンで、趙国の武将たちがどのように李牧が捕われているところまで入り、攻めていくのかという話し合いの描写が描かれていくと考えられますね。 なので今回は計画について話し合いが行われるのでは無いでしょうか。 趙王の殺害?趙国の内部 趙王は臣下に公然と愚かだと評価されていますね。 状況判断が的確ではなく、現在の趙は李牧がいないと持たないことを趙王は分かっていないのでしょう。 ただ他の人のことは見えていても自分のことほど分からないのが人の常なのかもしれませんね。 計画を立てながら帰る一行ですが、逆に悼襄王の目線でも考えてみましょう。 趙国王からしてみれば、鄴を奪われただけでも大問題ですよね。 さらに今回は、列尾まで捨て、王都の南側を占領された事になります。 李牧を処刑するぐらいなので、扈輒将軍も何らかの刑罰を受ける可能性はあるでしょう。 しかし 李牧は斬首にしても、元々王都を守っていた扈輒将軍まで処分してしまえば今度は自分自身が危うくなります。 だから列尾撤退に関して、怒りはするものの扈輒将軍はなんの処罰もないでしょう。 もし扈輒将軍まで処分してしまったら、趙国の滅亡はもう免れられないでしょう。 また李牧斬首の報を聞いて、舜水樹は我を忘れたように怒り狂っていましたね。 さて趙国はぐちゃぐちゃです。 ここからどうやってまとまって、秦国と戦うか見ものですね。 信たちは咸陽に帰る? 飛信隊や壁も秦国内に戻っていきますね。 戻るのは政のいる咸陽(かんよう)でしょうか。 そうなるとここから論功行賞が行われると思いますが、誰が鄴攻めの第一功になるのか?そして龐煖(ほうけん)を倒した信がどれだけ評価されるのか?ここでの評価が気になるところですね。 戻るとすれば、ここから秦国で論功行賞が執り行われるでしょう。 第一功は誰になるのか、また鄴攻めの論功行賞はどうなるのでしょうか? さらに列尾から橑陽(りょうよう)と鄴から橑陽もつながり、趙国の南側を奪う事に成功しました。 ここでやはり気になるのが 論功行賞ですね。 大一功はまず間違いなく王翦だと予想します。 鄴攻めが始まる前には、軍の全滅を覚悟し、また楚国の媧燐(かりん)が言っていたように、この戦いで趙の邯鄲(かんたん)の王都軍が出てくれば秦国は敗戦していたかもしれません。 ただ王翦も王都軍が動かないことを読み切っていました。 その中での相手は・三大天の李牧でした。 李牧を相手に鄴を制したことは他の誰よりも大きな戦果なのではないのでしょうか。 そこを考えると王翦が第一功なのは間違い無いでしょう。 それでは信たちはどうなのでしょうか? 武功の大きさ 『信』 信に関しては朱海平原で目立った功績がありましたね。 信はまず、慶舎の側近の一人だった岳嬰を討ち取り続いて、王都の重要な将軍・趙峩龍を討ち取りました。 さらに信は、 武神である龐援を討ち取っています。 この戦で信は3人の武将を討ち取った事になりますね。 武功の大きさ 『蒙恬』 麻鉱が早々に李牧に討たれてしまいます。 これによって朱海平原の秦国左軍は絶望的な危機にさらされる中、左軍をすぐさま立て直し、持ち堪えるだけの手腕を見せたのは蒙恬ただ一人でした。 王翦も今回、蒙恬にだけは『臨時の将軍』としてその役割を担わせていました。 また 王翦本陣が狙われた時、馬南慈の軍に追撃したのも蒙恬でした。 これがなければ王翦本陣は壊滅していた可能性もあります。 よって今回の大きな役割を担った蒙恬も大きな功をあげたと言えるでしょう。 武功の大きさ 『王賁』 王賁の大きな功績は、 尭雲を討ち取った事ですね。 王都における強大な力であったことは間違いありません。 一度は打たれてしまいましたが見事に討ち取る事に成功しました。 あの兵力差で負けるリーボックが悪いよこれは。 — きりたそ kiryutantan 今週のキングダム流石に李牧上げがキツすぎた — たこ丸 naQ4Trr5OB7N96m みなさん、李牧を連行して下げたことがキツかったという反応がとても多かったですね! それでは、キングダムコミュニティの声も見てみましょう。 キングダムコミュニティの声 三大天 倒してたから とうとう将軍では。 こうなってみると、李牧は王翦の誘いに乗って、秦で才能を発揮して欲しかった。 みんな趙王に愛想尽かして秦に寝返ってくれれば平和なのに。 こちらの皆さんは、信の武功に興味があるようですね! 次回の話はこの論功行賞が話題になりそうですね! 『キングダムネタバレ641話最新話確定速報!李牧救出戦』まとめ 羌瘣(きょうかい)の初登場の時はそれほど美人って感じでも可愛いって感じでもないなぁ。 まあそれでも目がクリっとしてて美形でありそうな雰囲気はあるけど。 ただこの時はお姉ちゃんの敵討ちに必死の時。 そんな気持ちだったら他の人を寄せ付けない感じだったのも納得って感じがするなぁ。 キングダムのネタバレ641話最新話確定速報の中には次回どんな話が展開されるか、非常に面白いネットの声もあったと感じます。 また次回は4月30日にヤングジャンプが発売となりますので、発売した瞬間に読みに行けるように準備しておかないといけませんね笑 それでは以上『キングダムネタバレ641話最新話確定速報!李牧救出戦』まとめでした! よかったらまた次回のネタバレもご覧ください! また、.

次の

【キングダム】641話ネタバレ!信が改名!モデルはやはり李信だった

キングダム 641

漂 作画引用:原泰久先生 作 キングダム第641話 ) 李信という史実名…。 信に李の李が付いていることから想像していたけど、全く李牧の進退とは全く関係なかったんだな。 (笑) さてさて今回のキングダム、戦闘シーンはゼロで久々の平時モード。 凱旋からの飛信隊の姿が描かれえていて、神 作者 も相当凝った絵のかき方してますね。 力作の神回だったような気がします。 また、それだけにもう気になるコトが盛りだくさんの今回のキングダム第641話。 政は『将軍になる前にお前は姓を持つ必要がある。 』とかサラッとったけど、 それだったら壁に騰にキョウ達はどうなってんだ?と全国の読者は疑問に感じているハズです。 これが、政の口にしてたものが豆とか芋だったらどうなっていたことやら。 (笑) そして、本編の内容もさることながら、より重大なのは今週から6月4日まで約1月半近くの休載宣言です。 新編構想の為の一時休載なワケですが、一気に数年後に話が飛ぶんじゃないでしょうか? そうじゃないと神 作者 の自身の寿命が尽きる前にまだ一国も滅んでねえ!?とかいう憂き目に遭うことも考えられます。 では、さっそく今週のキングダムについて詳しく振り返っていきましょう。 キングダムネタバレ-飛信隊の凱旋 まず、論功行賞は当分先ってコトが分かりましたね。 休載期間にも入ったので、そもそも描かれるかも微妙になってきました。 とは言え、先ずは読者としても今回の飛信隊の皆さんの凱旋シーンを楽しみたいところです。 戦士たちの華やかなる凱旋というコトで、細かい部分までしっかり描きこんだ見開きからさっそく神 作者 の気合が伝わってきます。 そして楚水さんはしっかりモテるんだなというコトをさっそく確認。 人気度から言っても名実ともにコレから信が秦国の武将の顔役を張り出すのも確かでしょう。 この凱旋シーンは見どころ満載で、河了貂が何故かジジイに告白されたりしていますが、だったらこの爺さんも何故、孫の雲君を紹介したのでしょう?(笑) そして安定の尾平。 相も変わらずのこのイキリっぷりには脱帽です。 昂君が可愛くてモテるのは何となくわかります。 尾平にツッコミ役の慶さんですが、城戸村のメンツのなかでは格段にイケメンの部類なのでもっとモテても良さそうなのにと思います。 干斗と弓矢兄弟もご多分にも漏れずモテまくりです。 もう飛信隊のメンバーってだけで、あるいは鄴攻めからの帰還者ってだけでも、もうオラが村の英雄状態なのでしょう。 さて、そんな場面においても、崇原にも出迎えの女の子たちが集まる傍ら、松左にも花束を渡そうと駆け寄っている女の子もいます。 崇原 『後で渡しておくから頂きます…。 』 女の子『あ、お願いします。 』といっただけの簡単な場面だったのですが、光の中には影があるコトを忘れちゃいけない場面だったと思います。 で、その後の尾平は一体に何をやっているのでしょうか? これは、マジで去亥の霊症なのでしょうか? 尾平が単に女の子から花束を貰いたいからやっているのだとしたらコレはさすがに失笑モノです。 どちらがホントなのか神 作者 の真意も測りかねるのですが、 私から尾平個人に対して花束に代えてミルコの画像をはなむけに送りたいです。 さて、そんな凱旋シーンですが、僕らの嬴政大王もお出迎えに到来。 信とは後程ユックリ会合することを期待してその場を後にします。 キングダムネタバレ-信のお家で宅吞み 帰還兵たちは論功行賞に先んじてそれぞれが武功に合わせて褒賞をもらったとあります。 確かに命がけで戦ってさらに全軍撤収後だと何か月先だよ!って話なので、このあたりは秦国本営も話が早いです。 飛信隊の一同もどうやら出陣からではなく練兵期間を通して家に帰っていない人が殆どだったようなので家路が楽しみです。 そして、また、ここでも尾平です。 東美さんの胸をもむ妄想に駆られつついやらしい手つきでコウ君を困らせます。 ホント、マジでなぜ尾平如きに東美ちゃんの如き彼女がいて、信や王賁が未だに童貞なのがか分かりません。 (笑) ここで新人とはもう呼べない干斗がナイスな質問を信に投げかけます。 いい質問です干斗!! 山陽戦の褒賞を機に拡張された風里の地といわれる信の領地は読者としていっぺん拝んでみたかったという読者は多いハズです。 どんな屋敷か豚兄弟が問いかけたトコロ、信本人もお金だけ大工の田有あずけた切りで、現物を確認してさえいないというのが信らしいところです。 当の田有曰く、鄴攻めの期間の間に見事に完成したとのことで、話は一気に、一同ともに信の完成した屋敷を見に行くことになりました。 何気に、この時点で信本人が池の傍の、あのボロ小屋しか想像できていないのが笑えます。 (笑) 信も信で、自分の家を覚えていないのか? 『おー何か材木が変わったか田有? 前より渋くなっている気がする』とか言っていますが、田有が信の頭を掴んで首を向けた方角にはとんでもない豪邸が広がっていました。 池の周りが切り開かれていて、一体の地形も様変わりしているようです。 信が留守の間に河了貂と喋っていた川ばーちゃんなどはどこかに強制移住させられたのでしょうか? (参照:第5巻の巻末番外編) 信の屋敷で使用人にでもなって働いているのかもしれません。 そして、これだけの建築物を作れる田有組って大工としても超一級の腕前だったワケですね。 (笑) 信のお宅で繰り広げられる宴会では、隊士だけでなく、その家族たちも呼ばれているのが特徴です。 尾平の呼び出しで久々に登場の東美ちゃんに友里さん、友里さんを見ると尾到を思い出してなりません。 河了貂と竜有のコンビはここでも料理バトルを展開、田有組の家のつくりは厨房設計においても非凡な設計を実施していたコトが分かります。 羌瘣は足が回復していないのか? 布団ごと持ち込んで無言で潜り込んでの食事を楽しみ中、お行儀が悪くてもコレはコレで良しです。 ここで政が言っていたように、信から王宮に論功行賞に先んじて王宮に呼び出されていることが語られます。 そしてここで我呂が悪酔いしてますね~(笑) 『い~や、ちょっと待て、そういうのは(将軍に昇進)論行のトキでいいはずだ、(中略)それなのに呼ばれるのは逆かもしれねェ。 』 と、悪酔いしているのに何故か急に冴えたコトを言い出します。 長く軍にいる我呂だからこそ、今まで実力の裏付けのある武将であっても何故か5千将止まりの人間がいることなど、厳しい現実も見てきたワケです。 だから、武功は十分でも将軍にはしてもらえないという話が我呂の中に浮かんできたことが語られます。 とは言え、流石にそんなことはないのは読者としては十分に理解できる話なので、一体何の為に信が先んじて呼ばれたのかは気になってきます。 キングダムネタバレ-李信の誕生 まさかここで信が李信に進化するとは思いませんでした。 何やら今週の神 作者 は冴えています。 政と再会した信。 河了貂もしっかり付いてきています。 我呂が言うように別に信が将軍になれないというワケではないようなのですが、どうやら少し問題があるようです。 それは政曰く、信には姓を持つ必要があるという提案でした。 政が『無いとさすがに変、何となく変だから姓を与えるので何か考えろ。 』とか言いだしているのですが、 何となく決めるものなのか? だったら、騰とか壁とか、かつての六将であったキョウなんかはどうだったんだ??って部分は全ての読者が気になるトコロでは無いかと思わせます。 そんな感じなんだっけ?姓って?などとリアクションを示しているあたりの信とテンが読者の気持ちを代弁しているような気にさせてくれます。 (笑) まあ、無茶ブリしてきても相手が政なのでアホな話には感じさせないあたりが流石です。 信はろくに字を知らないということで、政が考えてみるもダメです。 全く候補すら上がってきません。 そして、そんな折に政がなんともタイミングよく実は漂と出会ったトキにも同じ問題で軽く悩んだという話が思い返されました。 実は、この場で初めて明かされる後日談になったワケですが、どうやら漂が嬴政の影武者を務める際に姓を与えられることになっていたコトが分かりました。 今はもう懐かしい王都奪還編の最中で、恐らくはコミックス収録の第6話の名言『友と二人、身の程をわきまえぬ大望が…』での周辺の出来事かと推察されます。 信とおなじ質問を投げかけられた漂が、同じように悩むも、大王政が食していたものは何かを問い返した漂。 ふと、嬴政が『これは李だ。 実は漂には既に李漂という姓が成立していた事実が明かされます。 昌文君と河了貂は驚いていますが、 漂のエピソードを持ち出されたら信にとっては他の姓にする理由がありません。 そして、今週のキングダム本編の内容もさることながら、さらに気になるのはラストページの煽り文です。 『秦趙連合軍編、終結!次シリーズ設計のため、キングダムは3号分休載します。 』 次回の再開は6月4日からというコトで、その間は各週のヤングジャンプの個別企画にて特集掲載が組まれるとのことです。 なので、次回の予想としては、キングダムがどの時点で物語が再開されるのか? 神 作者 がどのように助走期間にて構想を建てられるのか? 長期の予想に論点を広げてネタバレ予想を進めていく必要が出てきました。 次週のキングダム公開まで…。 さて、ここからは来週までの暇つぶしの話です。 毎週毎週、我々はキングダムを読むためにヤンジャンを買うので他の漫画や娯楽に金をかける気が起きません…。 笑 次週、キングダム第639話が公表されるまで、とりあえず他の何かで暇つぶしがしたい人には、 映画、ドラマ、アニメなど充実してて、マンガ、ラノベ、書籍、雑誌なども豊富で見放題のU-NEXTで待機するもいいんじゃないでしょうか。 作画がカナリ微妙なキングダムアニメ第1期や…、 逆に一気に絵が良くなってけっこう見れるアニメ第2期なんかも、レンタルで金をかけずにここで見てしまうもアリ。 映画版もワザワザ映画館まで行ってまで見る気がしなかったケド、やはりファンとして義務的に見ておかなくてはアカンかな…、 とか悩んでいる人もココで無料期間のウチにサクッと見てまうでいいと思います。 皆さんの予想やコメントもいただけると嬉しいです。 どうぞお気軽に。 窮地にありながらも中華を見据える若く幼い大王嬴政と無名の少年であった下僕の漂と信。 相応わしい姓を与える際に機転の良い漂のエピソードを信に話して聴かせる嬴政。 漂は咄嗟に嬴政の好物〝すもも〟を自身の姓にと望み〝李漂〟となっていた! 信と漂の二人の絆、二人の夢、二人で天下の大将軍になる! 信は迷うことなく〝李漂〟の姓を名乗ることを望み、嬴政も迷うことなく信に〝李姓〟を与えた。 まさかの、すもも。 「李下に冠を正さず」という故事より、「すももが『り』と読むこと」を知らんではなかったですが、まさかココにきて名前の謂れ・所以が『すもも』だとは思いませんでしたねー。 キングダム連載当初より一番の「ヤラレタ」だったかも知れません。 いやー、みんな400%「李牧の『李』」だと思ってましたよね。 いやー、信もこっそりポンプフューリー履いてるのかと思ってたわー。 李牧が最後に不遇の死を遂げ、「王騎の仇ではあるけれど、ヤツもまた強敵(とも)だった」的に、名前継承するのかと思ってたら、まさかの「すもも」。 マッタク、カンケェー、ヒデトシ・ナカータ、ワケデスモノネ。 いやー、痛恨の一撃 むしろ、会心の一撃(by RADWIMPS)でした。 いやー「飛信隊の信」が「李信大将軍」になるのは、或る意味キングダム史上最大の謎のヒトツであったワケですが、ココでサックリ解消。 いやー神回ですね。 泣く子も黙る天下の李信大将軍が、まさかの「すもも」だとは。 コレはもう「すももちゃん」として フォルテッシモでも熱唱してもらうしかないっすね。 りんごちゃんの隣で。 はい、お後がよろしいようで。 バハハーイ。 マンガが休載からの時系列進めは常套手段だけど、ウマく端折って、熱いトコはちゃんと熱く描いてほしい。 韓とか燕とかアッサリ滅んでエエけど、それこそ魏や楚、まぁ趙とも最後の最後、むしろサイゴンの最期まで、ズブズブに描き切ってもらいたいものです。 例えグインサーガ(by栗本薫)状態になったとしても・・・、、、。。。 亜桜錦様 コメントありがとうございます。 おっしゃる様に、私も神の見事な釣り(?)というか勝手に李牧との因縁有木だろうなと、 李信の李の字は利朴の李!とまんま安易に予想しつつ初めて李牧が登場した、 馬陽編からこの数年間ず~とそう考えて生きていました💦 それにしても嬴政大王が李が好きでよかったです。 (笑) 食べ物がそのまま名前になるのはドラゴンボールか~い!とか漂に内心突っ込みたいと思っていたのですが、 まあ、ふつうに李と名の付く武将はたくさんいるので、彼も思い付き易かったのかもしれませんね。 天下の大将軍がすももで可愛いとは、このあたりの命名の事情を尾平やらが聞いたら上手く冗談にしてくれるかもしれません。 信も思った以上に気に入っているようなので、飛信隊にも早く浸透すれば嬉しいです。 こんにちは。 松左と漂のくだりは目頭が熱くなりました。 戦死者の亡骸はどうなったんでしょうかね。 臨武君のように火葬なり土葬なりで葬られたのでしょうか。 個人的には端和側近のトッヂがしっかり葬られたのか心の片隅にずっと引っ掛かってます。 主君を護るためにあんな見知らぬ森の中で独りぼっちと思うと… こういう影の部分に思いを馳せるのも忘れないようにしたいものです。 しんみり感を和らげてくれた新居の宴。 いつもと違う最たるは郭備兵の裸躍りが見当たらないことかとw テンは元々同居ですが、そういえば羌瘣はどこに居があるんでしょうね。 三千将ならどこかに土地をもらってるんでしょうが。 干斗、次は羌瘣んち見たいと言え! さて暫く休載とのことですが、「設計」ですと?では今後は突如森林が現れたり国境レベルで地形がゴニョゴニョしたり万の兵が出たり消えたりなんてことは無くな…おや?誰か来たみたいだ。 こんな夜更けになんだろう M国様 コメントありがとうございます。 戦場の戦死者の埋葬は?と考えると確かに措置が難しい局面の戦闘が多かったのでなんともですよね~💦 とくに楊端和の持ち場は広く山間部にも及ぶので、遺体の改修も難しいかも?とは言え犬戎を一旦は糾合しているわけですから、かつての敵味方含めての合同葬儀などが実施されてその過程で、トッヂの遺骸も確保されたものとカナリ無理筋と言えども脳内補完しておきたいトコロです。 そういう意味では征服した鄴から一定の距離で離れている朱海平原戦での戦死者である松左と去亥なんかの埋葬の方が難しそうですね。 なので、田里弥たちを筆頭に隊を分離した局面で、渕さん達が略式ながら葬式みたいな行為をして、その場で埋葬を済ませてから鄴に向かって南下したと考えるようにします。 羌瘣んち!?確かに謎ですね。 バアたちがいる羌族の里以外に住まいがあれば見てみたいです。 (笑) 設計…については、この休載期間に予想を進めますが…、 そうですか、夜中の来客には気を付けます。

次の