モンステラ 水 耕 栽培。 冬に楽しめるチューリップは「お部屋で楽しめる水栽培」 #GlassBulbs #水耕栽培 #インテリア球根 #ミニチューリップ #テタテ

モンステラを水栽培で増やす方法とは?水差しの増やし方のコツとは?

モンステラ 水 耕 栽培

タグ 100均 アスパラガス アデニウム アレンジ アンスリウム ウンベラータ おしゃれ オベスム オリーブミッション ガジュマル カビ カポック グランデ コウモリラン コツ サイン サボテン サンスベリア タイミング テーブルヤシ デンドロビウム ドラセナ バーク パキラ フィカス フランスゴム ベタベタ ペペロミアホープ ベンジャミン ベンジャミンバロック ポイント ポトス ポニーテール ポポラス メリット モンステラ やり方 ユーカリ ユッカ ユッカ・ロストラータ ラン レモンライム 便利 切り戻し 初心者 剪定 原因 土 地植え 培養土 基本 増やし方 変色 多肉植物 大型 失敗 実 実生 室内 対処 対処法 対策 幸福の木 手作り 挿し木 方法 旅行 時期 木 枯れる 根 根元 根腐れ 植え替え 植木鉢 気根 水やり 水栽培 注意点 特徴 環境 症状 種類 穴なし 簡単 肥料 育て方 胡蝶蘭 花 葉 葉水 蘭 虫 見分け方 観葉植物 観賞用 造花 選び方 鉢 鉢植え 髪飾り モンステラを増やすなら、剪定を行う時には気根を気にかけながら行うのがおすすめです。 気根がついたままの状態で水に挿して置くと根が生えやすいので、簡単に水栽培を楽し無事ができるからです。 モンステラの剪定に向いている時期は、5~7月頃 生命力が強いのでこの時期の剪定で弱ることはあまりありませんが、気温が低いと熱帯に自生するモンステラにとっては厳しい環境になるので、剪定後に弱ってしまうこともあります。 気温20度以上を目安にしましょう。 また、この温度は水栽培にとってもポイントになります。 モンステラが元気に活動できる温度で剪定や水栽培を行えば、経過が悪くなることは少ないでしょう。 モンステラの剪定と水栽培の方法について どのような観葉植物でも、剪定は必要になりますね。 特に室内で育てている場合にはスペースに限りがありますから、限られたスペースの中でいかにバランス良く、インテリア性を高められるかということは、剪定デザインを考えるうえでのポイントになるでしょう。 しかし、不思議なことに地中に潜ると、土の中の根と同じ機能を果たすようになるのです。 これは土だけでなく水の中に気根が入ったときも同じです。 ですから、剪定後の枝を水栽培で育てたい時には、 気根を含めて枝をカットしてあげる方が水栽培の成功率がUPします。 カットした枝を容器に挿して、気根が隠れるくらいの水を注ぎます。 少なくとも2~3日置きに水換えをしていると、根が生えてきます。 剪定したモンステラを水栽培した後の植え替え方法について 剪定後のモンステラを水挿ししていると、どんどんと根が生えてきます。 そのまま水栽培していても良いのですが、葉が育って大きくなってくるとどうしても倒れやすくなってしまうので、鉢に植え替えるのが一般的です。 鉢に植え替えた方が株が大きく育ちやすいとうメリットもある 植え替えには、他の植物同様に鉢と鉢底石、土が必要になりますが、 ポイントは鉢の重さです。 軽い鉢では水挿し同様に大きな葉でバランスを崩し倒れてしまう可能性が高くなります。 ずっしりと重みのある鉢を選ぶと多少アンバランスに育っても鉢が転倒しないのでおすすめです。 鉢に底石と土を用意したら、根の生えたをモンステラを植え付けます。 仕上げにたっぷりの水を与えましょう。 土が沈み込んだら、追加してくださいね。 もしも大きな葉でバランスがとれずモンステラの茎が倒れてしまうなら、支柱を使って支えてあげてください。 土に根が張れば、支柱は取り除いても問題ありません。 剪定したモンステラを水栽培した後に植え替えるなら、こんな方法も 根が生えたモンステラは土で鉢植えにするのが一般的ですが、そのまま水栽培をすることもできます。 モンステラを水栽培で育てる時に必要なのがハイドロボール ハイドロボールは無機質な素材なので、臭いもせず清潔、そして虫が寄ってこないというメリットがあります。 ただし、 モンステラの場合には小さなものに限ります。 葉の大きなモンステラは大きく育ってしまうと、どうしてもアンバランスになってきてしまうのです。 土に比べると大きく育ちにくいので急に植え替えが必要になることはありませんが、 ある程度鉢に重さがないと転がってしまうので、いずれは土に植えることが必要になるでしょう。 ハイドロボールを使って水栽培する時に必要なものは、穴の空いていない容器と根腐れ防止剤、そしてハイドロボールです。 根腐れ防止祭の他に、イオン交換剤樹脂材も用意すると更に安心です。 容器の底に根腐れ防止剤やイオン交換樹脂材を入れて、ハイドロボールを注ぎいれ、モンステラを植え付けます。 水やりの量は毎回同じで、容器の水がすっかり無くなって乾いた時が与えるタイミングです。

次の

ダイソーのミニ観葉を100均グッズで楽しもう vol.5|水栽培できるガジュマルはゼリーボールとグラスで納涼気分に! 残暑お見舞い申し上げます… 【oyageeの植物観察日記】

モンステラ 水 耕 栽培

モンステラを水差しで増やす!増やし方は? モンステラを手軽に増やす時は、水差しでの増やし方がおすすめです。 水差しは、その言葉通り水に差すだけですので、差しておくガラス瓶・コップさえあれば、後は何の用意も要りません。 では、切り方ですが、 モンステラの茎を2~3節の長さでカットします。 この茎を、水を入れたガラス瓶・コップに差して、完了です。 この茎に、気根が付いていても、まったく問題ありません。 また、葉が付いていても、こちらも関係ありません。 注意することは、 水を腐らせないこと。 これ1つのみです。 水の交換は、毎日がベスト。 水道水で構いませんので、1日1回、忘れずに水を交換してくださいね。 スポンサードリンク 1ヶ月ほど様子を見れば、白い根が生えてきます。 根がガラス瓶・コップにいっぱいになる前に、専用土、または培養土を用意し、鉢に植え替える準備を行います。 しっかりとした根が出てきたら、土を入れた鉢に植え替えましょう。 水差しの注意点は水を腐らせないことですが、水が腐る原因は、湿度、気温です。 湿度の高い梅雨時は、要注意です。 また、気温が高くなる夏場も要注意です。 モンステラの剪定に適した時期は5~9月となっており、この梅雨時、夏場を越さなければなりません。 この時期の水のチェックは、色はもちろんですが、臭いにも気をつけておきましょう。 水に浸かっている茎の変色を発見する前であれば、新しい水に交換することで生き返らせることができるかもしれませんが、臭いが発生している場合は、難しいかもしれません。 水差しで失敗したくない時は、水にメネデール液を入れておきましょう。 メネデール液とは、植物に活力を与える液体肥料になります。 植物の生長に欠かせない栄養が配合されており、モンステラの生長をサポートしてくれます。 まとめ 水差しはモンステラに限らず、手軽に増やしたい時におすすめの方法になります。 ガラス瓶やコップに入れただけの水差しは、玄関、リビング、トイレ等、どこに置いてもOK。 モンステラのもつリラックス作用が癒しの空間を演出してくれます。

次の

水耕栽培で液体ハイポネックスを使って失敗><

モンステラ 水 耕 栽培

ツヤのある大きな葉に、切れ込みが入っているのが特徴のモンステラ。 おしゃれな見た目から、インテリアグリーンとして人気のある観葉植物です。 まずは モンステラの育て方からお伝えします! 今回は多くの事をお伝えするので、下記の目次からきになる物からみてくださいね。 適した用土が準備できたら、次は肥料を用意しましょう。 次は、 モンステラに必要な肥料についてお伝えします! モンステラの育て方!肥料はどうする? 春~秋は、2ヵ月に1回を目安に、緩効性固形肥料を置き肥します。 冬は肥料は必要ありません。 室内があたたかく、新芽が出るような場合は、冬も肥料を施しましょう。 モンステラは季節によって、水の量を変えましょう。 では次は、 モンステラの水やりポイントについてお伝えします! モンステラを育てる際の水の量はどうする? 春と秋は土が乾いたら、たっぷり水やりを行います。 夏は水切れになりやすいので、毎日水を与えましょう。 乾燥している時期は「葉水」も行い、葉にも水分を与えてください。 冬は、水やりの回数を控えて、やや乾燥気味に管理します。 葉から水を垂らしているときは、水が多いサインです。 その時は量を減らして、土が乾いてから水やりをしましょう。 以上で基本的なモンステラの育て方については終わりです。 次は モンステラの花についてお伝えします! モンステラの花を咲かせるポイントは?実がなるのはいつ? モンステラの花は、円錐状の黄色い花を、白い葉が包み込むような形をしています。 真ん中の花の部分が実になり、食べることもできます。 熟したモンステラの果実は甘く、南国フルーツに例えられる味です。 果実には「シュウ酸」が含まれているため、食べ過ぎには注意しましょう。 品種によっては花が咲かないものもあるので、購入する際に確認してみてください。 モンステラは成長が早いので、定期的に剪定を行い形を整えてあげましょう。 次は モンステラの剪定についてお伝えします! モンステラの剪定 切り戻し や手入れのやり方は? モンステラは、5~9月が剪定に適した時期です。 葉がこみ合っている部分を、茎の途中から切り落とします。 枯れ葉や傷んでいる葉の場合は、茎の根元から切りましょう。 モンステラの草の樹液にも「シュウ酸」が含まれています。 触るとかぶれることがあるので、剪定を行うときは手袋をして、樹液に触らないようにしましょう。 モンステラの茎が、異常に伸びてしまうことを「徒長」といいます。 徒長する原因は何でしょうか? もし徒長してしまったら、次のような方法で、元気な姿に戻してあげましょう。 次は モンステラの徒長についてお伝えします! モンステラが徒長したらどうすればいいの? 徒長する原因は「日照不足」が考えられます。 日光のよく入る、明るい日陰で管理することで予防できます。 生育期である5~9月の時期に「水や肥料が多すぎる」のも徒長の原因です。 水やりや肥料は、量に注意して適量を与えます。 徒長してしまった茎は、根元近くから切って、新しい葉を育てましょう。 モンステラはつる性植物なので、成長してくると、葉が下がって形が崩れてしまいます。 支柱を立てて、きれいな形に保ちましょう。 次は モンステラの支柱の立て方についてお伝えします! モンステラの支柱の立て方は? 太めの支柱を1本、株の近くに立てます。 高さはモンステラのサイズに合わせたものを用意してください。 麻ひもなどで支柱と葉茎をやさしく結んで、茎を誘引しましょう。 成長したモンステラは支柱を立てても、葉が大きくて鉢が倒れやすくなることがあります。 鉢植えで育てる場合は、次のような鉢を選びましょう。 次は モンステラを鉢植えで育てるポイントについてお伝えします! モンステラを鉢植えで育てるポイントは? モンステラは「大きめの鉢」で育てるのがポイントです。 鉢底に底石をしっかり敷くことで、倒れるのを防ぎ、水はけをよくすることもできます。 大きめの鉢に植えることで、花も咲きやすくなるのでおすすめです。 モンステラの花は、地植えの方が咲きやすいと言われています。 次は モンステラを地植えで育てるポイントについてお伝えします! モンステラを地植え 屋外 で育てるポイントは? モンステラは凍らない場所で、霜や雪に当たらなければ、地植えで育てることもできます。 あたたかい地域では、むしろ地植えにすることで、大きくよく育ちます。 直射日光があたらない場所に植えて、鉢植え同様に、太めの支柱を用意しましょう。 定期的な剪定で、すっきりした形を維持することで、病害虫を防ぐことができます。 鉢植えで育てているモンステラは、鉢内のトラブルを防ぐために、次のような時期に植え替えを行いましょう。 次は モンステラの植え替えの時期についてお伝えします! モンステラの植え替えの時期はいつ? モンステラの植え替えに適した時期は、7~9月です。 2年に1回を目安に行います。 鉢底から根が出ていたり、土の水はけや水もちが悪くなったら、植え替えのサインです。 根をやさしくほぐして、古い土を3分の1ほど落とします。 一回り大きな鉢と新しい土へ植え替えして、たっぷり水やりを行いましょう。 観葉植物を水耕栽培で育てると、インテリア性があって、とてもおしゃれですよね。 モンステラは水耕栽培することができるのでしょうか? 次は、 モンステラの水耕栽培で育てるポイントについてお伝えします! モンステラの水耕栽培で育てるポイントは? モンステラの小さな株や、剪定で切り落とした茎を、水耕栽培で育てることができます。 小さな株はハイドロカルチャーを使い、水耕栽培用の鉢に植えましょう。 切り落とした茎は、水を入れたガラスの容器に挿しておくと根が出てくるので、ある程度の大きさまで育てることができます。 水耕栽培のポイントは、水を常にきれいな状態にすることと、水を冷やし過ぎないことです。 ある程度大きくなったら、土植えにすることをおすすめします。 モンステラが枯れる原因と対策は? モンステラが枯れる原因で最も多いのが「水切れ」「水のあげ過ぎ」です。 夏の時期は土が乾きやすいので水切れに注意しましょう。 土が乾かないうちに水やりを続けると、鉢の中が蒸れて「根腐れ」を起こしてしまいます。 定期的な植え替えも、根腐れを防ぐポイントです。 直射日光で「葉焼け」を起こしてしまいます。 遮光して日光が直接当たらないようにしましょう。 「過肥」は株を弱らせてしまいます。 肥料は適した時期に、適した量を施してください。 寒い地域では「寒害」に注意が必要です。 冬は室内で管理し、霜や雪が当たらないように注意しましょう。 「乾燥」で枯れてしまうこともあります。 エアコンや暖房の風が、直接当たらない場所に置きましょう。 乾燥の強い時期は「葉水」を行って乾燥を防ぎます。 上記の他にも、病気や害虫によって枯れてしまうことがあります。 次は モンステラがかかりうる病気や害虫についてお伝えします! モンステラがかかりうる病気や害虫には何がある? 注意する病気に「立枯病」があります。 環境を頻繁に変えたり、風通しの悪い環境でかかりやすい病気です。 通気性がよく、置き場所をあまり変えずに管理しましょう。 害虫には「カイガラムシ」「ハダニ」があります。 見つけ次第すぐに駆除しましょう。 剪定を行い、通気性をよくすることが予防になります。 「葉水」を行うことで、ハダニを防虫できます。 モンステラは耐寒性があるので、冬も管理がしやすいです。 次は モンステラの冬越しのポイントについてお伝えします! モンステラの冬越しのポイントは? 土が凍らなければ、屋外でも越冬できます。 寒い地域では、冬は室内で管理しましょう。 土の中を冷やさないようにすることがポイントです。 冬の水やりは控えめにして、与える場合は常温の水を使いましょう。 上手に育てるポイントがわかってきたら、次はモンステラを増やしてみませんか? 次は モンステラの増やし方についてお伝えします! モンステラの増やし方は? モンステラは「茎伏せ」「株分け」「挿し木」で増やすことができます。 茎伏せは、剪定で落とした葉茎を、2~3節に切り分けます。 浅めの鉢に川砂を入れて、その上に水ゴケを敷きます。 切った茎を横にして、半分埋まる程度に置いて、水ゴケが乾燥しないように管理しましょう。 発芽したら埋めたまま、ハサミで1芽ずつ茎を切り分けます。 本葉が出てきたら、鉢に定植させてください。 次は モンステラの株分けのやり方についてお伝えします! モンステラの株分けのやり方は? 植え替えの時期に合わせて行います。 傷んでいる根を取り除き、大きく育った株を分け、それぞれを新しい土に植え替えします。 植え替え後は日陰で落ち着かせて、徐々に明るい場所へ慣らしていきましょう。 次は モンステラの挿し木のやり方についてお伝えします! モンステラの挿し木のやり方は? モンステラの挿し木ですが、剪定した際に落とした葉茎を使います。 15cmほどの長さに切って、大きな葉は3分の1に切ります。 挿し木用の土に挿して、土が乾燥しないように管理しましょう。 根がしっかり張ったら定植させます。 上記のような方法で増えたモンステラは、運気の上がる場所に置いてみましょう! 次は モンステラの風水効果についてお伝えします! モンステラの風水効果はなに? モンステラは昔から「幸運が訪れる木」とされてきました。 次のような場所に置くことで、家の運気を上げることができます。 「玄関」 玄関は幸運が入る場所です。 ここに置くことで、更に幸運の気が流れるようになります。 「リビング」 部屋の隅に置くことで、悪い気を浄化して、よい気を流すと言われています。 「寝室」 寝室は運を吸収する部屋なので、モンステラのよい気を流しましょう。 南の方角に置くことで、金運アップの効果もあります。 「トイレ」 健康運を上げてくれます。 モンステラを含めた観葉植物には、空気を浄化する効果もあります。 モンステラは、ホームセンターの園芸コーナーや観葉植物専門店、ネット通販などで購入することができます。 次は モンステラの値段についてお伝えします! モンステラの値段はどのくらい? モンステラの苗木は、5号ポットで500円前後で販売されています。 株立ちしているものは、4号鉢で1,000円前後です。 サイズが大きくなるにつれて、値段が上がります。 モンステラには「鳳来蕉 ホウライショウ 」という別名があります。 では花言葉にはどのようなものが、あるのでしょうか? 次は モンステラの花言葉についてお伝えします! モンステラの花言葉は? モンステラの花言葉は「うれしい便り」「壮大な計画」「深い関係」です。 過酷な環境でも大きな葉を広げて、たくましく育つ様子から、このような花言葉がつけられたと言われています。 モンステラは葉の形が違うものや斑が入るものなど、さまざまな種類があります。 次は モンステラの種類についてお伝えします! モンステラの種類は何がある? 人気のある品種を、一部ご紹介しようと思います。 「モンステラ・デリキオサ」 モンステラの代表的な品種です。 成熟すると花を咲かせます。 「マドカズラ」 窓のような切込みの入った小さな葉が特徴の品種です。 高温多湿を好むので葉水を行って、乾燥しないように管理しましょう。 オススメ記事 モンステラのまとめ! いかがでしたでしょうか?今回お伝えした重要なポイントは19個ありました。 水はけがよく肥沃な土で育てましょう。 春~秋に2ヵ月に1回、緩効性固形肥料を置き肥します。 春と秋は土が乾いたら、たっぷり水やりを行います。 冬は、水やりの回数を控えて、やや乾燥気味に管理しましょう。 モンステラの花は、円錐状の黄色い花を、白い葉が包み込むような形をしています。 真ん中の花の部分が、花後に実になります。 枯れ葉や傷んでいる葉の場合は、茎の根元から切りましょう。 支柱と葉茎を麻ひもなどで、やさしく結びましょう。 鉢底に底石をしっかり敷くことで、倒れるのを防ぎ、水はけをよくすることもできます。 定期的な剪定で、すっきりした形を維持することで、病害虫を防ぐことができます。 2年に1回を目安に行いましょう。 ある程度大きくなってきたら、土植えにすることをおすすめします。 「葉焼け」は遮光して日光が直接当たらないようにします。 「過肥」は株を弱らせてしまうので、肥料は適した時期に、適した量を施してください。 「寒害」を防ぐには、冬は室内で管理し、霜や雪が当たらないようにしましょう。 「乾燥」で枯れてしまうこともあります。 乾燥の強い時期は「葉水」を行って乾燥を防ぎましょう。 通気性がよく、置き場所をあまり変えずに管理しましょう。 害虫には「カイガラムシ」「ハダニ」があります。 見つけ次第すぐに駆除しましょう。 土の中を冷やさないようにすることがポイントです。 傷んでいる根を取り除き、大きく育った株を分け、それぞれを新しい土に植え替えします。 挿し木用の土に挿して、土が乾燥しないように管理しましょう。 金運、健康運をあげる効果もあります。 それでは今回はこれで失礼します。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の