杏 実母。 杏の実母由美子の顔画像!訴訟内容が酷すぎる!現在も宗教に心酔?

杏と実母の“12億円ギャラ裁判”の一因は東出昌大で泥沼の三角関係に!?

杏 実母

杏と実母が骨肉裁判!訴訟内容が酷い 杏、実母・由美子氏から提訴されていた 事務所の所属巡りトラブルか — ニフティニュース niftynews 杏さんと実母の由美子さんの骨肉裁判が行われていると週刊新潮で発表がありましたが、その訴訟内容が酷いものでした。 以下が母親の書いたという陳述書の内容です。 杏には、母親だからこそ、虚偽の事実を述べて、その場逃れのような生活を行うのではなく、しっかりと、自らの行動を見つめ、後ろめたさのない人生を送って、本当の幸せをつかんでもらいたいと考えております。 週刊新潮より また、それに対して杏さんはこう記しています。 T社は、被告(杏)の「個人事務所」のような形態をとりながら、その実質は、被告の努力によって得られた経済的な利益を原告(実母)が収奪する機能を果たしてきたと言っても過言ではない。 被告は原告の子であるがゆえに、これを甘受してきたが、その継続は到底正当化しえないものである 週刊新潮より 杏さんの文章では、実の母親を「自らの財産を奪う収奪者」と記述。 それだけ実母の事について思うところがあるということですよね…。 スポンサーリンク 訴訟がはじまったのは2017年のクリスマス この訴訟がはじまったのは、2017年のクリスマスのこと。 杏さんを訴えたのが実の母の由美子さんと、由美子さんが社長を務める杏さんの個人事務所だそうです。 そして2020年になっても訴訟が続いており、もうすぐ由美子さんの尋問が開かれるのだとか。 騒動の発端は2007年 騒動の発端となったのは2007年。 杏さんはモデル事務所に所属していましたが、ギャラを巡って不満を抱き、母の由美子さんに相談しました。 その結果、母のつてで弁護士を紹介され、2008年に現在所属しているトップコートへ移籍が実現。 それを機会に、母親の由美子さんは仕事を辞めて、杏さんの個人の事務職員となり、杏さんから月35万円も給与を受け取っていたのだそうです。 また、売り上げが年間1億円を超えていたため、節税目的で2008年に個人事務所「T社」を設立。 由美子さんは代表取締役に就任し、トップコートからT社にギャラが入り、そこから杏さんに給与が支払われるというシステムになったのだそうです。 そしてT社では杏さんのギャラを巻き上げて、自身の借金返済に充てていたのだとか…。 2014年、退職すると宣言した杏 2014年、杏さんは弁護士を立てて母親に「退職し、トップコートと直に契約する」と通告、それに対して母親の由美子さんは弁護士を立てて無効であると主張。 2015年、由美子さんが東京簡易裁判所に調停を申請し、裁判がはじまったそうです。 訴訟で杏さんは実母の由美子さんについて以下のように主張したそうです。 「母は『女性霊能者』に心酔している。 その『霊能者』は飲食店を経営しているが、自宅には祭壇があり、太鼓を叩いて祝詞をあげ、神に祈祷しながらお告げを聞く、という儀式を行うという。 母は彼女に洗脳されていて、毎月2回は日本酒の一升瓶を「お神酒」として届けていた。 自分に対しても「今度の仕事が決まったのは神様のおかげだよ」と言う事もあり、挙句、毎年、T社から多額のコンサル料を支払い、しかも増額することも検討していた。 」 週刊新潮より 由美子さんは宗教団体「釈尊会」の教祖の小野兼弘さんに心酔したことがある 由美子さんは過去に宗教団体「釈尊会」の教祖、小野兼弘さんに心酔したことがあるのだそうです。 夫の渡辺謙さんが白血病になり闘病していた時に、不明朗なお金のやり取りを行い、借金の総額は4億円。 しかも杏さんが通う学校の友達の保護者からもお金を借りていて、裁判に敗れたあとは離婚し、借金返済のために昼はお勤め、夜は赤坂や銀座で水商売をしながら返済していたのだとか。 そんな過去があるからこそ、杏さんは母の由美子さんが霊能者に心酔しているのが嫌だったのかもしれませんね。 というか誰でも嫌ですよね…自分の母親が宗教団体や霊能者に心酔だなんて。 スポンサーリンク 杏さんの母親、由美子さんは、杏さんも霊能者に頼っていたと主張 なんと杏さんの母親、由美子さんは裁判で杏さんも霊能者に頼っていたと主張しているそうです。 『霊能者』は多少、宗教がかかったところはあるものの、単なる飲食店の経営者であり、コンサルタントに過ぎない。 そもそも、彼女を頼り、相談を持ち掛けていたのは杏の方で、娘も承知の上でコンサル料を支払っていた。 借金の返済も杏が望んだことであり、了解の上で行っていた」 週刊新潮より これは酷いですね…。 それに対して杏さんは 「霊能者」に相談したのは、母が彼女の言う事なら聞くからである。 借金の返済も事前に聞いていない 週刊新潮より と応戦したのだそうです。 すると母親は…。 被告はコンサルタント(霊能者)に対して、恋愛、交際相手の暴力、結婚、子供を作るべきか否か、不倫問題等についても、逐一報告及び相談をしていたものである 週刊新潮より とまで言い出したそうで…。 前の事務所で起きた出来事などを暴露するような形になっていて、杏さんは「プライバシーの侵害だ」と第三者による閲覧の制限を裁判所に申し出したそうですが、酷いですね。 東出昌大さんだけでなく、お母さんにも恵まれなかったなんて…可哀相です。 杏さんの母親、由美子さんが心酔している霊能力者は誰? 週刊新潮では杏さんの母親、由美子さんが心酔している霊能力者について以下のように書かれています。 杏さんの個人事務所(母親が設立)のコンサルタント• 飲食店を経営し、自宅には祭壇がある• 杏さんからの身の上相談のメールを証拠として裁判所に提出 調べてみましたが飲食店経営の霊能力者が誰なのか分かりませんでした。 お母さんは、以前も宗教団体の方に心酔していたということで、霊能力者や宗教関係の人を信じやすい方なんですかね。 それにしてもご自身の借金を杏さんの収入から勝手に返してしまうだけでなく、霊能力者の方にも多額のコンサル代を…杏さんが可哀相です。 スポンサーリンク 杏の個人事務所のT社の名前は? 杏さんの実母、由美子さんが設立したという、杏さんの個人事務所のT社の名前は何でしょうか? 昔の芸能事務所などは分かりましたが、お母さんの個人事務所については分かりませんでした。 なんと訴訟では、杏さんに名誉棄損の慰謝料1000万円とT社に所属し続けたら得る事ができたはずの利益20年間分、約12億円を計算し、まずは3000万円をT社に払うようにと請求しているとのこと。 借金を返しただけで良いんじゃないんですかね…実の娘にそこまでするのは、霊能者のせいでしょうか、それとも由美子さんがそういう方なんですかね。 もう杏さんには東出昌大さんからもお母さんからも自由になって欲しいと思いました。 スポンサーリンク 杏さんを母親が提訴したことについてのネットの反応 なんか杏ちゃんかわいそうすぎるな。 不倫を繰り返す父、宗教にお金をつぎ込む母、不倫する夫…なんとかならんの?この状況でよく仕事頑張れたし子育てもしてるなぁ。 よくグレないな…東出と別れて誰か幸せにしてくれよー。 頼むよー。 — ひみつの夢子ちゃん himitunoyumeko 実の母に訴えられる…宗教団体にお金を渡すために…。 発狂するわ。 そりゃ優しい男についていくわ。 結婚、出産、私だけはしっかりした家庭を…。 杏さんの実母の女性霊能者やお母さんの由美子さんのT社…杏さんからお金を巻き上げるだけ巻き上げるだけでなく、娘を訴えて更に何千万とお金を取ろうとするなんて…。 しかも杏さんの過去の恋愛などについてまで暴露しようとするとか、実のお母さんのすることなのでしょうか。 杏さんの今までの事を考えてすごく腹が立ちました。

次の

杏と実母の“12億円ギャラ裁判”の一因は東出昌大で泥沼の三角関係に!?

杏 実母

今年1月に女優・ 唐田えりかとの不倫が『週刊文春』(文藝春秋)にて報じられた俳優・ 東出昌大。 報道直後は東出と唐田に批判が殺到していたが、数カ月経ったことで世間の注目は妻で女優の 杏との弁護士を挟んだ調停の行方に集まっている。 そんな中、4月16日発売の『女性セブン』(小学館)にて、杏が実母から12億円を請求する裁判を起こされていることが報じられた。 記事によれば、2009年に実母が代表、杏は従業員となり、個人事務所を設立。 しかし、杏は14年に所属している芸能事務所・トップコートと直接契約すると通達し、これに実母は激怒。 東出と唐田の不倫が始まる17年に、杏を相手に12億円の損害賠償請求裁判を起こしたのだという。 「この件は4月9日発売の『週刊新潮』(新潮社)でも報道されています。 いまだ決着がついていないようなので、かなり深刻な状況となっているようですね。 東出さんとの調停も始まったようですし、杏さんにとってはWパンチでキツいはず。 杏さんのメンタル面が気がかりですね」(芸能ライター) また、記事では気になる点がもうひとつある。 実母が提出した陳述書には、杏は東出と結婚する前に妻子ある男性と不倫関係となっており、それを霊能者に相談していた、ということも暴露されているとも伝えているのだ。 「宗教に心酔しているのはお母さんだけかと思っていましたが、実は杏さんもという点にもびっくりしましたが、それ以上に杏さんも東出さんと結婚する前に不倫していたことにも驚きです。 「そうはならない可能性がやはり高い」という別の芸能ライターは、こう語る。 「お母さんとの裁判があってから杏さんは、お父さんである俳優・渡辺謙さんと和解。 現在は渡辺さんの舞台を観に行くほど深い親交があるようです。 また、渡辺さんは杏さんに対して贖罪の気持ちがあるようで、いろいろと杏さんの相談に乗っているそう。 渡辺さんは東出さんにかなり激怒しているとの報道もありますし、『許すな』と杏さんにアドバイスするでしょうね。 離婚しかないのでは?」 杏も不倫していたとはいえ、それは東出と出会う前の話。 東出にとって希望にはならないのかもしれない。

次の

杏と実母の“12億円ギャラ裁判”の一因は東出昌大で泥沼の三角関係に!?

杏 実母

騒動はこの人の「好感度」の高さを改めて浮き彫りにした。 その彼女が実はもう一つ苦悩を抱えていたことは知られていない。 夫との離婚危機の陰で、実母との「骨肉裁判」を戦っていたのである。 *** 〈今の裁判を起こした状況は、他人様からは鬼母のように見えるかもしれませんが〉 その訴訟で実母が提出した「陳述書」にはこう記されている。 〈杏には、母親だからこそ、虚偽の事実を述べて、その場逃れのような生活を行うのではなく、しっかりと、自らの行動を見つめ、後ろめたさのない人生を送って、本当の幸せをつかんでもらいたいと考えております〉 杏 娘を嘘つきと述べる母。 それに対して、杏側の提出した書面にはこう記されている。 〈「T社」(=仮名)は、被告(=杏)の「個人事務所」のような形態をとりながら、その実質は、被告の努力によって得られた経済的な利益を原告(=実母)が収奪する機能を果たしてきたと言っても過言ではない。 被告は、原告の子であるがゆえに、これを甘受してきたが、その継続は到底正当化しえないものである〉 母を、自らの財産を奪う収奪者と述べる娘。 法廷という、公の場で互いを罵り合う実の母娘。 『家族という病』という本がベストセラーになったこともあるが、血を分けた間柄だからこそ、その愛憎はより激しい。 渡辺謙 父・渡辺謙の度重なる不倫。 母・由美子さんの借金。 それに端を発する両親の離婚。 杏は人一倍、「家族」には苦悩してきた身である。 人気女優となり、東出昌大と結婚、3人の子どもに恵まれた後も、この1月には夫の「3年不倫」が発覚。 離婚危機が叫ばれている。 しかし、それに加えて、実は彼女にはまだ表沙汰になっていない、更なる「闇」があった。 東出との夫婦関係が崩壊するのと同時並行で、実母との「骨肉裁判」を戦っていたのである。 その精神的負荷たるや、察するにあまりある。 「この訴訟が東京地裁に提起されたのは、2017年のクリスマスのことです」 と言うのは、本件訴訟に詳しいさるジャーナリストである。 「杏を訴えたのは母・由美子さんと、彼女が社長を務める杏の個人事務所。 以来、訴訟は3年も続き、まもなく由美子さんの尋問が開かれる予定。 いよいよ大詰めを迎えています」 杏は1986年、渡辺謙と由美子夫人の間に生まれた。 父は白血病を克服し、実力派俳優として活躍するが、2001年、妻の巨額の借金が発覚し、家を出る。 そして妻を相手どって離婚訴訟を起こすのである。 スポーツ紙のベテラン芸能デスクが回想する。 「お母さんの借金は4億円とも言われていました。 夫が白血病で闘病した際、釈尊会という宗教団体の教祖・小野兼弘さんに心酔。 不明朗な金のやり取りをしていたのです。 問題発覚後、杏はそれを苦にして、高校を中退、モデルの道へと進みます。 お母さんは渡辺との裁判に敗れ、離婚を余儀なくされたばかりか、借金返済に追われます。 昼はお勤め、夜は赤坂や銀座で水商売をしながら返済していましたが火の車で、また借金を申し込む悪循環となっていました」 他方、杏はブレイクし、パリコレにも出場。 女優デビューも果たす。 訴訟に繋がる個人事務所がスタートするのは、ちょうどその頃であった。 訴訟記録によれば、騒動の発端は2007年のこと。 当時、杏はさるモデル事務所に所属していたが、ギャラを巡って不満を抱いていた。 それを母に相談したところ、彼女の伝手(つて)で弁護士を紹介され、その交渉によって、2008年、現在の所属事務所「トップコート」に移籍が実現したという。 これを機に、母はそれまでの仕事を辞め、杏個人の事務職員となり、娘から月35万円の給与を受け取るようになる。 この時期、杏の売り上げは年間1億円を超えていた。 そこで、翌2009年、節税目的で個人事務所「T社」を設立。 由美子さんが代表取締役に就く。 その後も杏の芸能活動は順調そのもので、 「連続ドラマに立て続けに出演。 2013年秋から放映されたNHK朝ドラ『ごちそうさん』で主役を務め、若手トップ女優の仲間入りをします」(同) 会社設立の年に約7千万円だった売り上げは、2013年には約1億8千万円にも上っていた。 由美子さんも社長として、多い時には2千万円超の年収を得ていたという。 借金1億円 ところが、だ。 そんな絶頂期の2014年夏、杏は突如、弁護士を立て、母親に「退職し、トップコートと直に契約する」と通告するのである。 仰天したのは母親だ。 慌てて弁護士を立て、無効であると主張するが、杏は聞く耳を持たなかったという。 仕方なく翌2015年、由美子さんは東京簡裁に調停を申請。 ここから始まる係争の中で、杏側は大要、以下のように主張したのである。 「母は『女性霊能者』に心酔している。 その『霊能者』は飲食店を経営しているが、自宅には祭壇があり、太鼓を叩いて祝詞をあげ、神に祈祷しながらお告げを聞く、という儀式を行うという。 続けて、杏は、母は自分に無断で、会社の金を使い、自らの借金を返済しているのだと主張した。 「会社設立の時点でも債務がまだ1億円は残り、弁護士を入れて債務整理をしていた。 弁済資金として母はT社から約6500万円を借り入れ、更には、娘である自分の預金からも2900万円を返済に使っている。 借用書は作っているものの、自分にはひと月5万円しか返済がない」 すなわち、T社は、自分が努力して稼いだ金を母が収奪する装置。 そのことに気が付いた。 これらのおかげで母は2014年の時点で借金を完済しているため、これを機に退職することにした、と主張したのである。 この主張を由美子さんは全否定。 調停は不調に終わる。 そして、2017年の年末、ついに訴訟に打って出たというワケなのだ。 由美子さんが請求したのは、まずは、雇用契約上の地位、すなわち、杏がT社の従業員であることの確認。 そして調停の席などで自らの名誉を毀損した慰謝料として1千万円。 そして後に、杏がこのままT社に所属し続けたとして、得ていたはずの利益を20年間で約12億円と計算。 本来はそれを求めたいが、まずは3千万円をT社に補填せよ、との請求も付け加えたのである。 先のデスクによれば、 「渡辺謙が由美子さんと別居を始めた際、当時中学生だった杏も連れられて家を出ているのですが、すぐに母親の元へと戻っています。 『杏』という名でデビューしたのも、渡辺謙の七光りは嫌だという理由もありましたが、当時同居していたお母さんへの遠慮もあったのです」 それがこの骨肉裁判である。 ボタンの掛け違いはかくも恐ろしいが、訴訟が進行するにつれ、両者の対立は激しさを増す一方。 母・由美子さんは娘の訴えに対し、おおよそ以下のように反論した。 「『霊能者』は多少、宗教がかったところはあるものの、単なる飲食店の経営者であり、コンサルタントに過ぎない。 そもそも、彼女を頼り、相談を持ち掛けていたのは杏の方で、娘も承知の上でコンサル料を支払っていた。 借金の返済も杏が望んだことであり、了解の上で行っていた」 これに対して杏も、 「『霊能者』に相談したのは、母が彼女の言うことなら聞くからである。 借金の返済も事前に聞いていない」 と応戦。 互いの主張はまったくかみ合わないまま、真相は藪の中。 裁判は進行していったのであるが、母・由美子さんの心中では、自らを捨てた娘への憤りが煮えたぎっていたのか、あえて公開の法廷の場に持ち出すのは不必要と思えるような「暴露」も行っているのである。 (2)へつづく 「週刊新潮」2020年4月16日号 掲載 外部サイト.

次の