プラチナ ボーイズ。 ゲストは…プラチナボーイズ 小池成さん&小川拓哉さん

プラチナボーイズ定期公演 vol.5 @原宿駅前ステージ 11月2日(土) のチケット購入・予約は TIGET から

プラチナ ボーイズ

今年の春に結成されたプラチナボーイズは モデル、役者、ダンサーの5人からなるグループ。 スタジオには長野県出身で最年長メンバーの小池成さんと 教員免許を持っているという小川拓哉さんが登場。 あさって10月30日にファーストシングル 「君に届け」でデビューされます! 作詞・作曲はSPEEDのプロデューサーで知られる 伊秩弘将さんが手掛けています。 小池成さん 「SPEEDさんは、学生時代に歌って踊って真似を していたので、デビュー曲から伊秩さんって 正直ビビりました…。 (楽曲は)YouTubeでもMVとか 流しているんですけど、1回聞いたら覚えてくれる方が 多くて。 」 小川拓哉さん 「この前のLIVEでも、帰っていくお客さんのなかに 鼻歌で口ずさんでくださっている方もいて。 覚えやすいのかなって思いましたね。 用意した商品にいる質問に答えて頂きます。 小池成さんへの質問… <好きな街は?> 「福岡!何回か行ったことがあるんですけど… 田舎でもあれば都会でもある。 ご飯が超おいしい! 山もあるし海もある。 (出身地の)長野は山はあるけど 海がないので…老後は絶対に福岡に住もうって(笑) プラチナボーイズでも福岡に行きたい!」 小川拓哉さんへの質問… <このアーティストのココがすごい!> 「事務所の先輩でもある、三浦大知さん。 圧倒感というか、お一人なのに、たくさんのバックダンサーを 引き連れてもなお三浦大知さんが引き立つオーラというか… 何人いても、やっぱり三浦さんに目が行く。 佇まいやパフォーマンスが、今でも心のなかに熱く残って。 僕らもみんなを盛り上げられるような、掻き立てられる ようなLIVEができたらいいなって。

次の

プラチナ文庫

プラチナ ボーイズ

旭川冬まつりは北海道を代表する冬のイベント! 旭川冬まつりは、北海道旭川市で、毎年2月上旬に行われるお祭りです。 1960年(昭和35年)に第一回が開催されました。 北海道を代表する冬のイベントの一つで、 入場者数約100万人を誇る大規模のお祭りであり海外からの観光客も多いです。 1947年(昭和22年)から行われていたイヨマンテ(熊祭り)が現在の冬まつりの前身です。 メイン会場は、当初は旭川市内の常磐公園であったが、1986年(昭和61年)から隣接する石狩川の河川敷(旭橋のたもと)に移されました。 会場が広くなったことにより巨大な雪像の政策が可能になり、翌年1987年(昭和62年)のメイン雪像のガリバー城は、 世界一大きな雪像ということでギネスブックに掲載されました。 その後、1994年(平成6年)には、旭川市の姉妹都市である韓国水原市にある世界遺産・華城の雪像が記録を更新しています。 これほど大きな雪像が作られる背景には、敷地が広いという条件だけではなく、同時期に開催されるさっぽろ冬まつりがマスコミなどを通して全国的な注目を集めるのに対して知名度が及ばないため、雪像の大きさで道外に旭川冬まつりの存在をアピールしたいという主催者側の思惑があるといわれています。 これらの大雪像は、市内に駐屯する陸上自衛隊第2師団の諸部隊が中心となって約1ヶ月の時間をかけて制作するが、その周辺には、市民グループが制作する小雪像が立ち並びます。 大雪像前にはステージが設けられ、期間中音楽、舞踊、お笑い、ラジオの公開収録などのイベントがおこなわれ、 最終日の夜には花火がフィナーレを飾ります! 周辺には氷の滑り台、チュービング、巨大迷路、スノースクート、ミニ列車、馬そり試乗などのアトラクションも用意され、冬マルシェと称される飲食店や土産物販販売の出店も見所である。 近年では小学校や地域の通りに雪だるまの他、光や紙細工を使ったオブジェを設置し、幻想的な世界を演出した、あさひかわ雪あかりが好評を博しています。 2004年(平成16年)からは氷神輿の制作と渡御が行われています! また、サブ会場としては平和通買物公園や七条緑道なども利用され、特に買物公園は1973年より毎年開催されている氷彫刻世界大会の会場として旭川市民や観光客になじみの存在となっています。 第61回冬まつり2020のゲストにりんごちゃんとプラチナボーイズの出演が決定! 第61回旭川冬まつり2020のゲストがりんごちゃんとプラチナボーイズに決定! りんごちゃん、プラチナボーイズと歴代ゲストについて紹介します。 第61回冬まつり2020のゲストのりんごちゃん りんごちゃんは、今かなり人気のある芸人さんでありテレビでも良く見かけますよね。 可愛らしい外見と声では、想像出来ないギャップある声でクオリティ高いモノマネが人気の理由ではないでしょうか? りんごちゃんは、青森県十和田市出身で、実家は中華料理店なんだとか。 地元の高校を卒業後18歳で上京してアルバイトやテレビドラマのエキストラをしながら芸能界を目指します。 エキストラ時代には、貧乏男子ボンビーメンなどに出演していたことがあります。 子供の頃は、近所の人達などから、おとなしく動物好きの優しい子というイメージを持たれていたそうです。 その子供の頃からモノマネをやっていたそうです。 そして、モノマネタレントとして活動を始め、武田鉄矢・大友康平・吉幾三といったモノマネを野太い歌声で披露するギャップモノマネを得意としており注目されています。 そして、モノマネを披露する前には必ずミュージックスターティン!の掛け声が印象的である。 井上陽水のモノマネを始めたきっかけは、通っていた高校の数学の先生の声質が井上陽水に似ていたことで、先生の挨拶にモノマネするように返していたら、自分の声質が井上陽水にそっくりだと気づいたからだそうです。 りんごちゃんのモノマネシステムは、モノマネする人が自分の身に降りてきて出てくるものだそうですよ。 2014年には、モノマネグランプリに出演し、井上陽水のリバーサイドホテルのモノマネを披露したが、この時はその後のブレイクには至らなかった。 この他には、2015年9月有田チルドレン、2018年1月にちようチャップリンなどにそれぞれ出演し出したばかりの頃は、りんごという名前で出演していた。 2019年1月に出演したウチがガヤがすみません!がきっかけとなりモノマネタレントしてブレイクしました。 それ以降は、企業の発表会などの仕事も殺到したそうです。 尚、年齢・性別ともに不詳としているが、年齢については2019年9月時点でりんご31個分と表現しています。 また、りんごちゃんは浜崎あゆみの大ファンだそうです。 しかし、共演についてはもし会ってしまったら目標がなくなっちゃいそうなので…逆に大好き過ぎて会いたくないかもと発言している。 なんだか分かるような気がします。。。 そんな、人気を誇るりんごちゃんが第61回旭川冬まつり2020に来てくれると事がきまりとても楽しみですね。 そして、第61回旭川冬まつり2020では、一体どんなモノマネを披露してくれるのでしょうか? たくさんの人に笑いや笑顔をもたらしてくれること、間違いなしです! 第61回冬まつり2020のゲストのプラチナボーイズ プラチナボーイズは、2019年にデビュー曲、君に届けでこちらも今、キているグループです。 モデル、役者、ダンサーの5人からなるボーイズポップスグループで写真を見て分かるように爽やか系のイケメングループですね。 メンバー紹介! 左:和田光太郎 左から2番目:小川拓哉 中央:牧田一成 右:小池成 右から2番目:長田光平 皆さん大変爽やか系イケメンで羨ましいか限りです! デビュー曲、君に届けを聞きましたが 色気とキレのあるダンス、甘い声でありながら明るい曲が魅力的だと感じました! 第61回旭川冬まつり2020を盛り上げてくれること間違いなしです! 旭川冬まつりの巨大雪像とアクティビティと冬マルシェ 旭川冬まつりといえばギネス登録にも掲載された巨大雪像や雪国ならではの子供から大人まで楽しめるアクティビティと寒く厳しい冬を忘れさせてくれる暖かく美味しい食べ物や飲み物が数多く楽しめる冬マルシェが醍醐味と言えるでしょう。 ギネス記録にもなった大迫力の巨大雪像!! ギネス記録にもなった旭川冬まつりの迫力ある巨大雪像は、圧巻です! 第61回旭川冬まつり2020の巨大雪像は、一体どんな盛大な雪像なのか楽しみですね。 子供から大人まで楽しめるスノーアクティビティ 子供から大人まで大はしゃぎのロングすべり台は毎年大人気で何度も並び笑顔で滑っている子供たちが印象的です! こちらは、子供から大人まで楽しめる巨大迷路です!雪国ならではの発想ですよね。 これは、私も子供の頃大好きでした思い出深きチュービングです!大人になっても忘れる事ない思い出となるでしょう! まだまだ紹介しきれないほどのアクティビティやクオリティの高い雪像など、見どころ満載です! 寒い冬の厳しさを吹き飛ばす美味しグルメを満喫できる冬マルシェ! 旭川冬まつりの醍醐味は雪像やスノーアクティビティだけでは、ありませんよ! たくさん遊んでお腹が空いた時は、 北海道各地のグルメが満喫できる冬マルシェを満喫しましょう! 北海道各地のグリメを満喫出来る冬マルシェが目当ての方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。 冬の澄んだ空気、雪像、夜のライトアップの中で食べる北海道各地のグルメは格別です! 冬マルシェ:10時〜20時•

次の

プラチナボーイズ、唯一無二のボーイズポップスグループとしてデビューへの期待を募らせるパフォーマンスを披露! (2019年10月3日)

プラチナ ボーイズ

今年の春に結成されたプラチナボーイズは モデル、役者、ダンサーの5人からなるグループ。 スタジオには長野県出身で最年長メンバーの小池成さんと 教員免許を持っているという小川拓哉さんが登場。 あさって10月30日にファーストシングル 「君に届け」でデビューされます! 作詞・作曲はSPEEDのプロデューサーで知られる 伊秩弘将さんが手掛けています。 小池成さん 「SPEEDさんは、学生時代に歌って踊って真似を していたので、デビュー曲から伊秩さんって 正直ビビりました…。 (楽曲は)YouTubeでもMVとか 流しているんですけど、1回聞いたら覚えてくれる方が 多くて。 」 小川拓哉さん 「この前のLIVEでも、帰っていくお客さんのなかに 鼻歌で口ずさんでくださっている方もいて。 覚えやすいのかなって思いましたね。 用意した商品にいる質問に答えて頂きます。 小池成さんへの質問… <好きな街は?> 「福岡!何回か行ったことがあるんですけど… 田舎でもあれば都会でもある。 ご飯が超おいしい! 山もあるし海もある。 (出身地の)長野は山はあるけど 海がないので…老後は絶対に福岡に住もうって(笑) プラチナボーイズでも福岡に行きたい!」 小川拓哉さんへの質問… <このアーティストのココがすごい!> 「事務所の先輩でもある、三浦大知さん。 圧倒感というか、お一人なのに、たくさんのバックダンサーを 引き連れてもなお三浦大知さんが引き立つオーラというか… 何人いても、やっぱり三浦さんに目が行く。 佇まいやパフォーマンスが、今でも心のなかに熱く残って。 僕らもみんなを盛り上げられるような、掻き立てられる ようなLIVEができたらいいなって。

次の