ふ けい さん と あん さ つ さん。 [ なじらね?新潟 ]

韓国籍の元タカラジェンヌ・安蘭けいさんが話題に!過去の熱愛報道や性格、現在の年収などの話題まとめ

ふ けい さん と あん さ つ さん

新着ソフトレビュー 2010. 四則演算を練習するための算数学習支援ソフト。 1問あたりの平均解答時間や苦手な計算なども確認できる。 「けいさんのたつじん」は、基本的な四則演算の反復練習を行うための学習支援ソフト。 問題は一問一答式で出題され、正解すると次の問題に進める仕組み。 解答時間は記録され、次回以降は正解までに時間のかかった問題が優先的に出題される。 選択できる問題は「たしざん」「ひきざん」「かけざん」「わりざん」「かんたんなたしざん」「かんたんなひきざん」の6種類。 問題数はいずれも25問。 解答履歴は記録され、各問題ごとの1問あたりの平均解答時間や解答レベル、苦手な計算を確認することが可能。 1問あたりの平均解答時間は、折れ線グラフで表示される。 レベルは1問あたりの平均解答時間に応じて決定され、1秒以内で「きんメダル」、1〜1. 5秒で「ぎんメダル」、1. 5〜2秒で「どうメダル」、以下「もうすこし」「よちよち」「ぴよぴよ」「たまご」となっている。 苦手な計算では、正解までに時間のかかった問題の上位10問を確認することが可能だ。 「ちょうせんしゃ」(ユーザ)は4人まで登録することが可能。 成績はユーザごとに管理される。 ソフトライブラリからのおすすめソフト reviewer's EYE 小学校低学年もしくは入学前の子どもを対象にした、計算の基礎を身につけるための学習ソフト。 出題される問題は一桁同士の足し算やかけ算など、四則演算の初歩的な内容なので、計算が苦手な子どもの練習用として役立つ。 ただひたすら計算をさせるのではなく、計算の速さに応じてレベルを設け、子どものやる気を引き出すための工夫がなされている点がよい。 タイムアタックというゲーム的な要素を加えることで、「計算は嫌い」という子どもにも自然と計算の習慣を身につけさせることができる。 こうした苦手な計算が次回以降で優先して出題され、覚え込むまで練習できる点は「けいさんのたつじん」というソフト名にふさわしい徹底した機能だ。 少々贅沢な要望だが、キャラクタイラストを使用するなど、デザイン面に工夫が加わると、子どもの学習意欲がより一層向上するのではないだろうか。 (八木嶋 慶) ソフト作者からひとこと ソフトを開発したきっかけ 毎日、小学生の娘たちが宿題を持ち帰ってきました。 それが「百マス計算の問題と答えを暗唱して、家の人に聞いてもらう」というものでした。 娘は問題の数字を読み違えたり、答えを間違ったり、私も計算が苦手で答えが怪しかったりで、お互いにイライラ……。 これじゃ勉強が嫌いになっちゃうかも……。 ということで、楽しく勉強ができ、習熟度を親がチェックできるようなソフトを開発することにしました。 お勧めの使い方 このソフトを使うようになって、子どもたちはゲーム感覚で挑戦するようになりました。 成績や履歴を「せいせき」画面でチェックできるので、サボっていたらすぐにわかってしまいます。 また、苦手な計算も一覧表示し、弱点を認識することができます。 今後のバージョンアップ予定 「『ちょうせんごとのレベル』と『けいさんごとのレベル』が違っていて、わかりにくい」と娘から指摘を受けているので、表示を工夫しようと思っています。 また、「せいせき」のグラフをもっと増やす予定です。 少しPR SE引退後、在宅で細々と開発しています。

次の

激レアさん!来栖けい 宝くじで2億円当選して食費で使い果たす

ふ けい さん と あん さ つ さん

「いとはん(いとさん)」が上の娘。 下の娘は「小さいいとはん」で「こいとはん(こいとさん)」転じて 「こいはん(こいさん)」。 三姉妹だと「いとはん(もしくは、おおいとはん)」「なかいとはん」「こいとはん」だったと思います。 ちなみに、70過ぎになったうちの父ですが、田舎に行くと「ぼんちゃん」叔父は「こぼんちゃん」 私は「ぼんちゃんとこのいとちゃん」妹は「ぼんちゃんとこのこいちゃん」祖母は「ごりょうさん」と呼ばれてます。 祖父はとっくに亡くなっているのですが、祖母がいるから代替わりしたということにはならないのでしょうか。 父が「ぼんちゃん」と呼ばれる場面に立ち会ったうちの夫が絶句していました(笑)。 ユーザーID: 3943892749• なかいとさん >中の娘は中いとさんでなかんさん、でも、これはめったに使わず、 >とうさんが普通。 ちょっと違うと思います。 一般的に「娘さん」のことを「いとさん(いとちゃん、いとはん)」と 言いますが、それが姉妹のいる家の場合、長女を指すいい方に特に 限定されたのではないかと思います。 また、「とうさん(とうはん)」と言うのは、「いとさん」の「と」を 延ばしたいい方なので、「いとさん」の意味と同じだと思いますし、 小説や船場をモデルにした舞台でも、女衆(おなごし=女性のお手伝い さん)さんが、長女に「とうはん」と言ってる場面がよく出てきます。 末娘は、小さいいとさんなので「こいとさん」もしくは「こいさん (こいちゃん)」です。 最後になりましたが、次女の私は、古い格調高い大阪人である 祖母の友人のご近所のおばあさん達に「なかんちゃん」と 呼ばれてました。 「中いとさん」の略称です。 また、私が何番目かを知らないおばあさんからは、「こいちゃん」と 呼ばれていました。 ユーザーID: 7563641663•

次の

激レアさん!来栖けい 宝くじで2億円当選して食費で使い果たす

ふ けい さん と あん さ つ さん

2019年11月30日放送のテレビ朝日系列『激レアさんを連れてきた。 』のゲストは、宝くじで2億円当選したことがある 来栖けい(クルスケイ)さんです。 宝くじの高額当選者がテレビ番組に出演することはたまにありますが、羨まし限りですね。 というか、「来栖けいってあの来栖けい? 」と思った方も多いことでしょう。 来栖けいさんは、たまにテレビ番組にも出演する美食家で、自身の著書名である「美食の王様」を名乗っています。 しかも、来栖けいさんは、宝くじ2億円が当選したことを誰にも言わず、すべて美食のための食費として使い果たしたというから驚くしかありません。 見た目によらず、破天荒な人生を歩む来栖けいさんの素顔に迫ります。  来栖けいってどんな人? 来栖けいさんのプロフィールは、次のとおりです。 【名前】 来栖けい(くるすけい) 【生年月日】 1979年9月26日 【出身地】 埼玉県 【身長】 163cm 【体重】 47kg 【趣味】 食べ歩き 【職業】 美食家、レストランオーナー 来栖けいさんは、埼玉県でガソリンスタンドを営む両親の元に生まれ、両親が食べることが好きだったことで、自身もグルメになりました。 10代の頃には、食べた料理の特徴や感想をメモするようになり、いつしか1万軒以上の飲食店のデーターを所有するようになります。 このメモを友人が編集者に見せたことで、『美食の王様』の出版が決まり、この本をきっかけに美食家として有名になったのです。 しかし、ここで疑問が生じます。 「バイトで稼いだお金で食事していた」「大学卒業後は実家のガソリンスタンドを手伝っていた」と言われていますが、それだけでは1万軒以上の飲食店で食事する金額を稼げません。 実は、来栖けいさんは、神奈川県で一人暮らししながら大学に通っていた20歳の時に、何気なく買った宝くじで2億円が当たったのです。 来栖けいさんが、宝くじで2億円当選の事実を隠していた期間は20年以上ということで、2019年まで内緒にしていたため、ネット上にもほとんど情報はありません。 事実は、次のとおりです。 ある日、道端で電車の回数券を拾って東京に行くと、「新橋によく当たる宝くじ売り場があるって聞いたから買ってみよう!』と思い、バラで10枚購入します。 その後、宝くじのことを忘れていましたが、ふと思い出し、古い新聞で調べると2億円当たっていました。 しかし、1日の食事で10kg食べられ、1日にラーメンを30杯食べたことがある大食いの胃袋の持ち主・来栖けいさんは、宝くじで2億円当たったことを誰にも言わず、ひたすら高級店で食事し続けます。 そして、年間4000万円を食費に費やし、5年で残金200万円になりました。 2億円分食べた経験がきっかけで美食家としての現在があり、また、2011年3月26日に元女優で料理研究家の松見早枝子さんと結婚しているので、「有意義に宝くじで2億円を使った」と言えるでしょう。

次の