足 の 疲れ ツボ。 足の疲れに良く効くツボ

【目の疲れをとるツボ】自分でも簡単にツボを見つけて圧す方法。

足 の 疲れ ツボ

こうした首から上に出る不調の解消も、足裏の反射区を知っていると便利だ。 もちろん、首、肩、目にはそれぞれに関連しているとされる「反射区」(イラスト)はあるが、リフレクソロジストの市野さおりさんによれば「肩や首の凝りには、目の反射区を加えてマッサージするのがお薦め」だという。 「首や肩の凝りは目の疲れが原因だったり、反対に肩凝りから頭部への血流が悪くなり、目の疲れを生むこともある」(市野さん)。 該当する反射区に触れてみて、コリコリとした所を見つけたら、重点的にマッサージをしてみよう。 肩や首の凝りに加えて、手が届きにくい肩甲骨まわりの凝りが足裏の反射区からほぐせるのも、足裏マッサージならではの特徴だろう。 FEATURES of THEME テーマ別特集• 激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。 今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。 中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。 前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。 前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。 今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。 健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。 異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。 数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。 では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。 今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

次の

太ももにある5つのツボ!美脚・腰痛改善・足の疲労回復を望むあなたに|feely(フィーリー)

足 の 疲れ ツボ

夜勤明けの足のむくみも即解消! 「夜勤明けは足がパンパン!」「むくみでワンサイズ上の靴を履くようになった」「最近、勤務が続くと足の疲れがまったくとれなくって……」そんなお悩みはありませんか? もちろんむくみ知らず、疲れ知らずの、元気な足の人もいるでしょう。 でも立ち仕事が多くなりがちでハードな仕事柄のせいか、足に違和感を覚えても『仕方ない』と諦めている人が少なくないようです。 ここでは、鍼灸や整骨だけでなく、芸能人や口コミで評判の美容鍼灸も行う『竹田竜太鍼灸整骨院』院長で鍼灸師・柔道整復師の竹田竜太先生に、休憩中に気軽にできる、むくみや疲れをとるためのツボ&マッサージ&ストレッチについてお聞きしました。 疲れ&むくみを解消して美脚美人をめざしましょう! 3)足のむくみに効く!《太衝(たいしょう)》 太衝は、両足の甲にあるツボです。 気血の巡りをスムーズにしてくれるため、むくみに効きます。 太衝は足の親指と人差し指の間をなぞっていった時に骨にあたって止まる場所にあるくぼみです。 押してみると鋭い痛みを感じる人もいるかもしれませんが、痛すぎない程度の力加減で、ゆっくりと垂直に押してみてください。 竹田竜太先生からのワンポイント! 「ツボによっては押すと痛みを感じるものもありますし、その日の体調によっても押したときの感覚が変わったりします。 痛みを感じる時は無理やり押し続けたりせず、あくまでもイタ気持ちいい程度で止めておきましょう。 押し過ぎると、さらに疲れが出てしまうなど逆効果になることもあります」.

次の

太ももにある5つのツボ!美脚・腰痛改善・足の疲労回復を望むあなたに|feely(フィーリー)

足 の 疲れ ツボ

そうすることによって、血管が広がったり細くなったりすることで 血行が促進され、マッサージをしたのと同じ効果が得られます。 熱すぎたり、冷たすぎる必要はありませんよ。 1分くらいずつを交互に何回か繰り返してくださいね。 シャワーを持つ手と反対の手で押す、ということもできます。 ツボの位置は上の画像を参考にしてくださいね。 回す方の足を、もう一方の足のひざの上に置いて回すとやりやすいです。 日中は靴の中でかなり窮屈な状態になっている足ですから、相当疲労がたまっています。 先の細い靴や、ヒールの高い靴を履いている方は、特にそうでしょう。 手の指を足の指の間に入れて足首を回すことで、硬くなった足先や足首をほぐし、たまっている疲労を回復させることができます。 ついでに 足の裏を刺激して、硬くなった部分をほぐすのもオススメです。 足の裏には体の各臓器につながっている反射区が集まっていますので、痛みのあるところを特に優しく丁寧にほぐしてあげると 不調が改善できますよ。 また、かかとにある眠気を誘うツボを押すとぐっすり眠れます。 足のツボ 反射区 に関しては、こちらで詳しくご紹介しています。 炭酸ガスが皮膚に浸透し、 血管を広げてくれますので、血行がよくなるからです。 また、入浴前に炭酸水を飲んでも同じ効果が得られます。 脱水症状を防ぐこともできるので、一石二鳥ですね。 炭酸水は、普段から水やお茶のかわりとして飲むと、いろんな効果があるので、おすすめですよ。 やり方は簡単です。 床に足を伸ばして、左右の足をぴったりつけて座ります。 足の先を大きく逆八の字に広げ、次にお互いの足をトンと合わせます。 これを早く何回も繰り返すのです。 この運動はちょっときついかもしれませんが、慣れれば足の疲労回復にとても効果がありますよ。 足フリフリ運動です。 仰向けに寝ころび、足と体が90度になるように、足を真上に伸ばします。 この状態で、足をぶらぶらフリフリします。 これもちょっとハードかもしれませんが、疲労回復に役立ちます。 手も上にあげて同時にすると、手の疲労も回復できますよ。 特に足の後ろを伸ばすストレッチをおすすめします。 足の後ろ側はしっかり伸びていないことが多く、 エネルギーがしっかり通っていないことが多いからです。 冷え性の方や、かかとがカチカチになってしまう方は、 歩くときに足の後ろが伸びていない、ということが考えられます。 足の後ろが伸びていない歩き方は、バランスが悪く、太ももにぜい肉がたくさんついたり、腰をいためたりすることにもなります。 ヒールの高い靴を履いている方は特に注意してくださいね。 上のイラストにあるような姿勢で、足が床に着くくらい足をしっかり延ばして、足首も90度に曲げると、凄く効果があります。 できる方は、手で足の先をもって、さらに足の裏を伸ばしてみてください。 足の先から 腎臓にかけての血流がよくなるだけでなく、 背中や首の筋肉も伸ばされるので、全身の疲労を回復する効果があります。 座った姿勢で、足を延ばし上体をたおす、という方法でも大丈夫です。 ストレッチのやり方はこちらでもいろいろご紹介しています。 ですが、ヒールの高い靴を履いている方には、ちょっと不向きです。 やり方は、 かかとを軸にして、つま先を、1、2、1、2とリズミカルに上下させるだけです。 立っているときにも座っているときにもできますよ。 左右両方の足で同時にやった方が、 ふくらはぎの疲労回復には効き目がありますので、頑張ってやってみてくださいね。 座っている姿勢から、片方の足を曲げてお尻の横に置きます。 人は足がだるくなると、足を組みたくなりますが、それを少し大胆にした形が、足をお尻の横に置く、という方法です。 これは、ふくらはぎの疲労回復になるだけでなく、太ももの筋肉が伸ばされることで、太ももの血行もよくなりますよ。 片方ずつ、交互に1分くらいずつ乗せましょう。 中でも「 飛陽 ひよう 」というツボは、疲れがたまると痛みが現れやすいツボです。 逆に足が疲れているときにこの「飛陽」を刺激することで、疲労を回復することができるのです。 「 飛陽」の位置は、外くるぶしの後ろにあるへこみから、指の巾4本分上にあがったところです。 初めは軽く押して、慣れてきたら少し力を入れて押してみてください。 両足を同じように押してくださいね。 まとめ いかがでしたか。 足の疲労は回復しそうですか。 一日頑張った足の疲労を回復する方法のおさらいです。

次の