アベ の マスク 届か ない。 アベノマスクがいらない人はどうする?寄付先や受け取り拒否など

アベノマスク「届いてない」の声も 空き家にも配達 「使わない」は8割弱 S編アンケート | 熊本日日新聞

アベ の マスク 届か ない

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。 50人の購読者に加わりましょう メールアドレス アベノマスクの発注先 政府発表によると、アベノマスクの発注先は、 興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーション、ユースピオ、横井定の5社です。 ユースピオはベトナム生産のマスクを1枚135円で350万枚納入しています。 他の4社は、海外で生産されたマスクという事は分かっていますが、生産枚数や1枚あたりの単価は公表されていません。 当初政府はアベノマスクにかかる費用は466億円と述べていましたが、4社との契約金額はおよそ95億円です。 日本郵政の受注金額は26億円。 合計121億円となります。 この大きな差額は一体どうした事でしょう。 国内業者への発注 配布が始められたのは4月17日ですが、その9日前にアパレル会社にメールが送信されました。 そのメールを取引先を経由して受け取った、 東海地方のあるアパレル会社の社長によると、加工賃は1枚80円で、という事だったそうです。 別のアパレル会社も、同じように取引先を通してA社からオファーがありました。 5月20日納期で50万枚という依頼だったそうですが、単価が安すぎて引き受ける業者がなかなか見つからなかったようです。 そこでA社が単価を100円に引き上げた所、受注する業者が少し出て来たらしいです。 東海地方の小さなプレハブの作業場で働く自営業者は、 知り合いの会社を通してアベノマスクを請け負いました。 緊急事態宣言で仕事がなく倒産の危機に面していたので、 布、ゴム紐を支給してくれるならと安い単価でも引き受けた、との事でした。 でも安い単価なので、赤字が出なければ良いけれど、と不安を隠せない様子でした。 ここで不思議なのは、どうしてA社はあべのマスク配布直前の4月8日に国内の業者に製造、加工を依頼したのか、という事です。 実は、A社の担当者は、 「海外生産で問題ある製品が出てしまった」、「不良品が多く出そうだ」 と言っていたそうです。 つまり、配布する前から不良品が出る事が分かっていたのです。 それで、国内で追加生産する事を決めたのです。 興和と伊藤忠商事は、不良品が発見された事を受け、今後は検品作業を強化し、未配布のマスクを全て回収する事にしました。 今回の国内生産への動きは、不良品続出への対策なのでしょう。 A社は、政府に納入したマスクは海外生産されたもので、今後は国内生産も予定している、と述べています。 スポンサーリンク 感染防止出来ないマスク 中国等の海外で作れば1枚10円かからないのに比べ、国内生産は10倍くらいかかります。 生産、加工した後、医療用品専門の検品料などもかかり、最終価格は120円から150円になってしまいます。 マスク生産を依頼された自営業者の方は、A社から送られてきた仕様書を見て驚きました。 ・縦27cm、横63・3cmの1枚のガーゼを折りたたんで15重にする ・左右の端の1列ずつを縦に縫う ・ゴムをかけて完成 出来上がりは、縦9. 5cm、横13. 8cm 業者によると、左右1か所ずつの縫製で、耐久性は乏しく、すぐに縮んだり型崩れするだろう。 コロナ感染防止としては使えるとは思えない、との事でした。 聖路加国際大大学院の大西一成准教授(公衆衛生学)が 届いたアベノマスクを調べた所、5回の計測で5回とも100%の漏れ率だったそうです。 つまり、外に浮遊している粒子が全て内側に入ってしまうという事なのです。 ウイルスの取り込みを防ぐという観点から言うと、これではほとんど効果がありません。 布はフィルターの役割を果たしていないし、サイズが小さいので隙間ができやすく、人からの感染を防ぐ効果は期待できません。 自民党議員も警鐘 ある野党議員は、感染防止の為のマスクなので一日も早く全所帯に配布されなければならない。 そこで海外生産で間に合わせようとした。 国内生産に切り替えるなら、追加費用はどうするのだ、と憤りを見せています。 自民党幹部のある議員も、安倍首相がどうしても、というので始めたアベノマスクだが、466億円は別の対策に使うべきだ、という意見も多かった。 そこに不良品問題が起こり、加えて情報公開も不透明で批判される材料ばかり。 これではやらなかった方が良かった。 安倍政権の命取りになりかねない、との声も上がっている、と述べています。 スポンサーリンク.

次の

アベノマスクいらない人が寄付する方法は?

アベ の マスク 届か ない

新型コロナウイルス対策として、政府が約260億円をかけて全国約6300万カ所に配った布マスク2枚。 熊本県内は5月23日から約81万カ所への配布が始まり、厚生労働省は6月11日に「おおむね完了した」と発表した。 賛否が割れる「アベノマスク」に対する県民の声を聞いた。 熊日のSNSこちら編集局(S編)は19〜22日、公式LINE登録者を対象にアンケートし、回答した2608人の96・2%が「届いた」と答えた。 一つの家に複数世帯が住む家族からは「数が足りない」との声が。 熊本市東区の主婦(40)は夫の両親と2世帯7人家族。 5月末にマスク2枚が届き、郵便局に問い合わせると「1住所に2枚です」。 厚労省に申請すれば増配されるが、主婦は「いらなくなった頃に届いても…」と申請しないつもりだ。 一方で、空き家にも届いた。 熊本市南区で不動産業を営む女性(47)は管理する空き部屋八つのうち、四つのポストにマスクが届き、回収した。 女性は「空き部屋にまで配る余裕があるなら、もっと違うところに税金を使ってほしい」。 空き店舗にも届いている。 熊本市中心部で800〜1000店舗を管理する不動産会社の「美創」や「光輝不動産」では、5月末以降、社員が空き店舗に届いたマスクを回収する事態が続いた。 配達を巡るトラブルも。 熊本市と山都町の2カ所に家を持つ農業の男性(68)は両方の家にマスクが届いた。 男性は「大切な税金を使った事業」と、後で届いた分を返そうと郵便局に連絡したが、「受け取り拒否か」と言われ、「拒否ではなく返還だ」とトラブルに。 日本郵便調査広報部の村田秀男部付部長は「差出人の政府に返すため意思確認させてもらった。 ご理解いただきたい」と話す。 厚労省マスク等対策班は、本来なら各自治体の協力を得て、住民基本台帳などに基づき各世帯に必要な枚数を配るべきだとの認識を示した上で、「今回は首相発言にあった『より迅速に』という点を重視した」と説明。 日本郵便の全住所配布システムを活用した時点で、枚数不足や空き家・空き店舗への配達は想定していたという。 一方、S編のアンケートに「届いていない」と答えた人も98人(3・8%)いた。 この中には、「学生寮全体に届いておらず、厚労省に問い合わせている」(熊本市、20代男性)、「届いても税金の無駄遣いだと怒りが湧くと思う」(同市、30代女性)との声も。 「病気で一年中マスクを着用するので早く届いてほしい」(大津町、40代女性)と待ち望む声もあった。 厚労省は追加や未配布の場合、専用窓口TEL(0120)551299へ連絡を求めている。 19〜22日に質問し、県内在住者を中心に2608人が回答。 「使う(使っている)」(7・1%)と「たぶん使う」(14・7%)の合計が21・8%に対し、「使わない」(33・1%)と「たぶん使わない」(45・1%)が計78・2%だった。 見込みを含めて「使わない」との回答は、男性で80・8%、女性で77・3%。 年代別では、20代(91・2%)、10代以下(84・5%)、60代(80・7%)の順で多かった。 「使う」は、最多の70歳以上でも28・4%にとどまった。 使わない理由は「大人には小さい」「市販も手作りも多い。 届くのが遅すぎた」「衛生面が気になる」などの声が目立った。 「寄付する(した)」も多かった。 熊本市の30代女性から「マンション設置の回収箱に入れた」という回答もあった。 一方、使うと答えた人からは「ガーゼが気持ちいい」「子供の通学用や給食用に使う」「第2波や災害に備えて保管する」「無駄にしたくない」などの意見があった。 山鹿市の50代男性は「いろんな方の苦労を経て届いた」と感謝する声を寄せた。 「リメークして使っている(使う)」という声も相次いだ。 S編のアンケートは、無作為抽出で民意を把握する世論調査とは異なる。 (デジタル編集部・岩下勉) 【布マスク全戸配布】 安倍晋三首相は4月1日、「マスク需要を抑えるため」として、全世帯への布マスク配布の方針を示した。 日本郵便が日々の配達や転居届を基に、把握している全住所へ配る宛名不要の「タウンプラス」というサービスを利用。 官公庁や学校、医療機関や大型商業施設などを除く世帯や事業所に配った。 政府は当初、費用を466億円と見積もったが、6月に入り総額が約260億円になるとした。

次の

アベノマスクで日本郵便大打撃!「再配達中止」のウラに「マスク返品」大騒動

アベ の マスク 届か ない

「アベノマスク届かない場合の問い合わせ先は?ツイッターで届かない理由を調査!」と題してお届けします。 政府が、アベノマスクの配布を開始してすでに1ヶ月以上経過します。 アベノマスクいつ届くのか、届かない理由は何なのかと気になっている方も多いのではないでしょうか。 配送方法や届かない時の問い合わせ先はどこなのか、など様々な疑問の声が上がっています。 安倍首相は、今回の布マスク配布に関して、急拡大するマスクの需要の抑制を図ることで国民の不安解消に少しでも資するようにと話しています。 今回は、アベノマスクいつ届くのかについて、 万が一届かない場合の問い合わせ先と、厚労省の最新の配送状況ページもあわせてご案内していきます。 手元にまだない人はなぜ届かないのか、届かない理由をツイッターでも検証していきましょう。 アベノマスク届かない理由は?いつ届くのか調査! アベノマスク届かないのに、固定資産税やら車両の税金の通知はくる。 10万円給付案内も無論届いていない。 荷物が増えているという理由は通らないと思う。 発送をやっていないだけ。 郵便局は頑張って配達してくれている。 発送を怠っているのは配達の問題ではない。 こうやってちゃんと納税は届く。 byT — IronHorse doublenuts00 アベノマスクがいつ届くのか、配送が開始される日程や支給日について詳しくみていきたいと思います。 今はマスクがどこも手に入らない状況ですし、ネット上ではかなり高額になっています。 マスクが不足している方にとっては、今回の布マスクを大切に活用していきたいですよね。 マスクが届くタイミングが各地で同じなのか、優先的に配布される地域や施設があるのかどうかについても調べてみました。 支給いつから? 厚生労働省のホームページ上では、 マスクの配布は、4月12日(日)の週後半以降と発表されています。 感染者数が多い都道府県から順次、配送を開始する予定だそうです。 今後は都道府県別のおおよその配送スケジュールが分かるような情報を発信していくことを検討中とのことです。 しかし、自分が住んでいる地域にはいつごろ届くのか、大まかな目安だけでも早めに知りたいところですね。 すでにニュースで報道のあった感染地域には配られていると思いますが、全世帯に行き渡るまでにはまだまだ時間がかかりそうな気がします。 優先は医療機関? 布マスクが優先的に配布される場所としては、各施設において以下のようなスケジュールで配布すると記載がありました。 それ以外に、なお不足する世帯への対応については、現在検討中とのことです。 予定としては、全世帯向けに1住所当たり2枚を配布し終える5月中旬を目途に受付を開始すると案内されていますので、家族が多い世帯の方は5月中旬以降の案内を待ちましょう。 1住所あたり2枚では、多くの世帯で全員に行き渡らないと思います。 5月中旬以降に問い合わせが殺到しそうな予感ですね。 それまでは、ご自宅に残っている使い捨てマスクや手作りの布マスクで対応していきましょう。 (反論は結構です。 ) — 104 とよ 天象っ子 ragou002 アベノマスクが届かない理由 郵便局が余力で配達しているそうです。 リンク 涼しい素材で洗って何度も使える夏マスク、Amazonにピンク、楽天に黒があります。 アベノマスク配送方法は日本郵便? 順次配送が開始されていますが、実際の配送方法はどうなっているのでしょうか。 配送の場合、対面で受け取らなければならないのかどうかも気になります。 気になる配送方法ですが、日本郵便で配送されます。 具体的には、日本郵便の全住所配布のシステムを活用し、一つの住所につき2枚ずつ届きます。 配送に関しても、日本郵便が対面の配達ではなく、ポストに投函して届けるそうです。 対面で受け取らなくても良いのは、嬉しいですね! 最近は、ネット通販でショッピングをする人も増えているので、対面で受け取らなくてもいいようにと、各配送業者の受け取り方法に工夫が見られています。 では、まだ届かない場合の問い合わせ先をご紹介していきます。 布マスクの全戸配布に関する電話相談窓口 電話番号:0120-551-299(9~18時:土日や祝日も実施しています) 全国の配布状況検索ページはこちら こちらの厚労省のページから全国の配布状況を検索することもできます。 まだ届いていないという方は、電話の前に配送状況をチェックしてみるといいですね。 こちらは随時更新されていますので、常に最新情報をご覧になりたい方は、そちらもあわせて参考にしてみてくださいね。 興和のマスク入荷情報の記事はこちらです。 各地域でアベノマスクいつ届くのかという声が上がっています。 それぞれの地域で支給日はバラバラですが、自分の地域ではいつ頃手に入るのかについて、大まかな目安が知りたいですね。 配送方法も日本郵便で非対面で受け取れるというのは安心ですが、中には届かない世帯もあるのではという不安もあります。 こちらの記事で掲載している問い合わせ先を参考に、布マスクに関して質問やお問い合わせがある場合は、相談窓口へ相談しましょう。

次の