エクセル グラフ 吹き出し。 データラベルの位置と引き出し線の書式を設定する

グラフのデータラベル:エクセル2010基本講座

エクセル グラフ 吹き出し

エクセルの文字と数字をグラフに挿入する方法について説明します。 の章でグラフを入れましたが、その時にエクセルのデータを使用しました。 そのエクセルのデータを変更する必要がある場合には初めにグラフをクリックします。 その後に「グラフツール」の中の「デザイン」の中の以下の「データの編集」をクリックして、エクセルを起動してからデータを変更します。 データを変更した後は、グラフに文字や数値を入れますので、以下の手順で進んでください。 次は以下の「グラフのレイアウト」グループの中の赤枠をクリックします。 クリックしますとメニューが表示されるので、この中から今回は以下の赤枠をクリックします。 結果は以下のように文字と数字がグラフに入ります。 その後に「ラベル」グループの中から「データラベル」をクリックします。 「データラベル」をクリックしますと以下のメニューが表示されますが、今回は「内部外側」を選択します。 結果は以下の通り、文字がグラフの中に入りました。 初めに「挿入」タブの中の「図形」をクリックしてください。 「図形」をクリックしますと以下のメニューが表示されますので、「吹き出し」のどれかをクリックします。 次に以下の図のようにドラッグしながら、必要な大きさまで吹き出しのサイズを調整します。 次に吹き出し部分をクリックしてから、その上で右クリックしますと以下のメニューが表示されますので、その中の「テキストの編集」をクリックします。 この後に次の通り文字を書いていきます。 吹き出し部分の文字を変更したい場合には以下のように文字の部分をドラッグしてから、「ホーム」タブの中の「フォント」グループで文字の色やサイズを変更することができます。 例えば以下のように文字の部分を黄色に変更できます。

次の

図や図形やグラフが印刷されない?:エクセル2010基本講座

エクセル グラフ 吹き出し

Sponsored link Excelでグラフを作成している際、通常はグラフタイトルや凡例、軸ラベル、データラベルでグラフへの説明は事足りるはずですが、たまに注釈を入れたい場合があります。 読み手に正確に情報を伝える上で、その一言を添えるだけで理解度が格段に異なる場合もあるため、何気に重要な作業となります。 今回はExcel2010で グラフの任意の場所に文字を入れる方法について解説していきます。 操作手順• グラフを選択• グラフツール「レイアウト」タブをクリック• 「テキストボックス」をクリック• 「横書きテキストボックス」をクリック 4. の手順は任意で縦書きにしてOKです。 任意の場所へテキストボックスをドラッグ 5. まとめ 今回のテクニックはグラフの基本部分が完成してから行いましょう。 また、グラフのデータを別途強調したり、分析コメントを入れたい場合は他の図形(オートシェイプなど)を入れたりする方が分かりやすい場合もあります。 たとえば、グラフの上に吹き出しを入れるなどですね。 必要に応じて使い分けを行なうようにしていきましょう。 運営者:森田貢士(Koushi Morita) 「」(秀和システム)著者。 Excel関連の資格は以下を保有。 Excel2010スペシャリスト(一般)• Excel VBA ベーシック• Excel VBA スタンダード 通信会社勤務の現役サラリーマン。 心が安らぐ瞬間は2人の娘といちゃいちゃする時間。 趣味は読書。 ビジネス書や漫画が大好き。 好きな食べ物はラーメン。 特に二郎や蒙古タンメンがお気に入り。 Excelを10年間以上ほぼ毎日数時間触り続け、本業でも複数の業界・業種のバックオフィスの設計~運営に携わってきた森田が、業務効率・精度を高めるExcelの活用方法を発信していきます。 詳細プロフィールは.

次の

図や図形やグラフが印刷されない?:エクセル2010基本講座

エクセル グラフ 吹き出し

データラベルは表示する位置やデータラベルに表示される内容を細かく指定することができます。 また手動で任意の位置へ移動させることもできます。 ここではデータラベルの位置を設定する方法と引き出し線の表示に関する設定方法について解説します。 データラベルをどこに表示するのかを設定する方法です。 最初に次のような棒グラフを例に試してみます。 現在は棒グラフの上にそれぞれ表示されています。 表示する位置の設定はグラフ全体に対してすることもできますし特定のデータ系列やデータ要素を指定して設定することもできます。 今回はグラフ全体のデータラベルの表示位置を変更してみます。 グラフをクリックして選択して下さい。 グラフの右上に表示されている「グラフ要素」を表すアイコンをクリックして下さい。 グラフにどの要素を表示するかどうかの設定を行う画面が表示されます。 現在データラベルはグラフに表示されていますので「データラベル」にはチェックが入っています。 「データラベル」にマウスを合わせると矢印が表示されますのでクリックして下さい。 サブメニューがいくつか表示されます。 この中で「中央揃え」「内側」「内側下」「外側」がデータラベルの表示する位置に関するものです。 表示したい位置のサブメニューをクリックして下さい。 棒グラフのデフォルトは「外側」が選択されており棒グラフの上にデータラベルが表示されています。 「中央揃え」「内側」「内側下」を選択した時にどのように表示されるのかは次を参照して下さい。 -- -- データラベルで指定できる表示位置はグラフの種類によっても異なります。 先ほどは棒グラフで試してみましたが折れ線グラフでは表示位置として「中央揃え」「左」「右」「上」「下」の5種類から選択します。 先ほどはデータラベルの大まかな位置の設定方法について解説しましたが、1つ1つのデータラベルは手動で任意の位置へ移動できます。 他のデータラベルと重なってしまったりした場合などは手動で位置を調整して下さい。 データラベルを移動させるには、移動させたいデータラベルをクリックして下さい。 同じデータ系列のデータラベルが選択されます。 データラベルをマウスでドラッグして任意の位置へ移動して下さい。 データラベルの移動が完了しました。 データラベルを手動で移動するとデータラベルとデータ要素の間に引き出し線が表示されます。 引き出し線について詳しくはこの後の解説を見て下さい。 引き出し線はデータラベルとデータ要素を線で結んだものです。 データラベルを移動してしまうとどのデータ要素に対するものか分からなくなってしまいますので引き出し線が表示されます 表示しない設定も可能です。 引き出し線については線の種類や色など書式設定を行うことができます。 書式設定を行うには対象の引き出し線をクリックして下さい。 グラフツールの中の「書式」タブをクリックして下さい。 「現在の選択範囲」グループの中の「選択対象の書式設定」をクリックして下さい。 画面右側に「引き出し線の書式設定」を行うエリアが表示されました。 現在は「線 単色 」となっています。 線を非表示にすることや線の色としてグラデーションを指定することもできます。 今回は「線 単色 」のままで色を変更したり線の種類などを変更してみます。 設定可能な項目として線の色や幅、実線か点線、線の先端の形状、などです。 対象の引き出し線が太さが変更になり点線で表示されました。 次に線の色を「赤」、「始点矢印」の選択を「矢印」にしてみました。 対象の引き出し線の色が赤ににあり線の先端が矢印で表示されました。 -- -- データラベルの位置を変更する方法と、データラベルを手動で移動させた時に表示される引き出し線の書式設定を行う方法について解説しました。

次の