重ね重ね感謝。 このメールにおかしいところはありませんか?『度重なるお電話ありが...

「重ね重ね」の意味、ビジネスでお礼・お詫び・お願いする時の使い方と例文

重ね重ね感謝

「重ね重ね」の意味 「重ね重ね」という言葉は、相手に対して非常に申し訳なく思うときや、難しい案件をお願いする際に使用します。 念入りに頼み込む自分の心情の深さを、相手に重々しく伝えることができる言葉です。 「重ね重ね」という言葉を日常会話で使うことはほとんどありませんが、ビジネスメールではときどき見かけます。 ビジネス用語として覚えておきましょう。 「重ね重ね」の類語 「重ね重ね」の類語はたくさんありますが、ビジネス用語として使われているのは、「心から」「幾重にも」「重々」「重ねて」「たびたび」「くれぐれも」などです。 これらは、悪い状況にならないように念を押してお願いするときに添えられる副詞です。 「くれぐれ」の語源は「繰れ繰れ」で、繰り返し繰り返しという意味だといわれています。 「重ね重ね」の使い方 非常に助けになった相手の行動・言動に対する感謝の思いや、たくさんのお礼の気持ちを表すときに「重ね重ね」を使います。 冒頭から使用するのは適切ではありません。 まずは冒頭でお礼の言葉を述べてから、その締めくくりで「重ね重ね」を使用した文章を添えます。 例文:「重ね重ねになりますが、この度は誠にありがとうございました」「重ね重ね厚く御礼を申し上げます」 お詫び たいへん申し訳なく思うときに使います。 ミスやクレームに対して謝罪した上で、もう一度最後に念を押す意味で使用します。 何度お詫びしても納得してもらえないときにも、「重ね重ね」が使われることがあります。 まずはお詫びの言葉を述べ、最後に「重ね重ね~」の文章で締めくくります。 疑問文にすることで、こちらは低姿勢を保ちとても恐縮しているが、強いお願いの気持ちがあることを相手に伝えられます。 例文:「重ね重ね恐縮でございますが、~していただきますようお願いいたします」「重ね重ね恐縮に存じますが、~していただけませんでしょうか」 「重ね重ね」の例文 例文2「重ね重ね御礼申し上げます」 「重ね重ね御礼申し上げます」は改まった場所で使われる代表的な定型句で、たいへんポピュラーな表現です。 普段の取引先との会話では使用されませんが、フォーマルな場の挨拶や謝辞では口頭で使われます。 通常は文書内で使用します。 「御礼」は「おんれい」と読みます。 「重ね重ね」を付けることで、感謝の気持ちをより強く大きく伝えることができます。 例文3「重ね重ね申し訳ございません」 「重ね重ね申し訳ございません」は深いお詫びの言葉ですが、後ろに助詞の「が」を付けることでクッション言葉になります。 相手に何かお願い事をするときに、「重ね重ね申し訳ございません」に「が」を付けて、後ろに依頼の文句を続けます。 その場合、「重ね重ね申し訳ございませんが」は「恐れ入りますが」や「よろしければ」のような意味になります。 例文4「重ね重ねお詫び申し上げます」 「重ね重ねお詫び申し上げます」はもっとも深い謝罪の言葉です。 何度謝っても相手が納得しない場合に使われます。 最終手段の言葉として使用されます。 「重ね重ねお詫び申し上げます」は最後の方で使うとたいへん効果的なフレーズです。 なかなか相手にお詫びの気持ちが伝わらない場合は、謝罪する人を変えて何度も使用するとよいでしょう。 例文5「重ね重ねのお願いで恐縮ですが」 「重ね重ねのお願いで恐縮ですが」は、複数回、相手にお願いをしている場面で使われます。 前回の頼みごとに対して対応がされた後でも前でも、気にせず使えるフレーズです。 「またお願いします」「お願いばかりですみません」というニュアンスで使えるからです。 前回の頼みごとが解決してから時間が経過したときは、「重ね重ねのお願いで恐縮ですが」は使えません。 例文6「重ね重ね恐縮に存じますが」 「重ね重ね恐縮に存じますが」は、角が立たないようにへりくだりながら依頼をするときに使われます。 少し切羽詰まった状況を表現するために「重ね重ね」を使っているので、恐縮しながらもお願いしたい気持ちを強く伝えることができます。 「重ね重ね恐縮に存じますが」は、ビジネスの場ではクッション言葉や枕詞としても活用できます。 離婚を連想させる単語は縁起が悪いので、結婚式では「忌み言葉」と呼ばれて避けることになっています。 「重ね重ね」などのように同じ言葉を重ねた言葉も再婚を連想させるため、良くない単語とされています。 「忌み言葉」の語源は「斎宮の忌み詞」です。 伊織の斎宮は神教なので、仏教用語や不浄に関する語を、違う言葉に言い換えて呼んでいました。 離婚を連想させる言葉 離婚を連想させる「忌み言葉」は縁起が悪いので、結婚式では使わないようにしましょう。 離婚を連想させる「忌み言葉」とは、別れに関する語句です。 新郎新婦の晴れの門出を祝う結婚式のスピーチなどで、離婚を連想させる「忌み言葉」を使用しないように十分に注意をしてください。 「切れる」 「切れる」は結婚式の忌み言葉の中でもっとも有名なフレーズです。 「切れる」という言葉をどうしても使わなければいけない場面では、上手に言い換えて使用しましょう。 「切れる」の言い換え:スタートラインに立つ。 「別れる」 「別れる」は離婚を連想させる露骨な表現の忌み言葉です。 最近は忌み言葉にあまりこだわらない傾向にありますが、「別れる」のように直接的な離別の言葉は避けたほうが無難です。 忌み言葉を発した人の品性が疑われますし、皆に不快感を与えてしまうからです。 「別れる」の言い換え:新たな道を進む。 独立する。 「割れる」 「割れる」は夫婦が割れると連想されるため、離婚を暗示する忌み言葉になります。 御祝儀も偶数は割れる数なので、二人が別れると連想してしまい、縁起が悪いとされています。 「割れる」の言い換え:変化する。 形が変わる。 「離れる」 「離れる」は互いが離れ離れに割かれてしまうことが連想されます。 離婚を連想させる直接的な表現の忌み言葉です。 結婚式での使用は避けてください。 離れるの「離」は、離別や離婚と直接関係のある漢字なので、特に注意が必要です。 「離れる」の言い換え:新たな道を進む。 独立する。 距離を置く。 遠のく。 再婚を連想させる言葉 「重ね重ね」などのような重ね言葉は、結婚披露宴のスピーチでは避ける必要があります。 言葉を重ねる表現が、再婚を連想させるからです。 重ね言葉は会話の中でよく使われる語句です。 気をつけましょう。 重ね言葉以外にも、「再度」「相次いで」「再び」「繰り返し」などの語句も再婚を連想させる言葉なので、結婚式ではタブーとされています。 「重ね重ね」 「重ね重ね」は良い意味では使われません。 重ね言葉であるという理由だけではなく、結婚式などのお祝いの席にはふさわしくない語句です。 おめでたいことが重なったからといって「重ね重ねおめでとうございます」という表現は絶対にしません。 「重ね重ね」の言い換え:重ねて。 「しばしば」 「しばしば」のように再婚や辛い事の再来を予想させる重ね言葉は、お祝の席では嫌われます。 が一スピーチで「しばしば」を使ってしまった場合は、「失礼しました」とひとこと詫びてから話を続けましょう。 「しばしば」は「たびたび」と同じ意味ですが、文章に使われるケースが多い言葉です。 「しばしば」の言い換え:よく。 しげく。 いつも。 「再再」 「再再」は「さいさい」と読み、ある動作を何回も繰り返す意味の副詞で忌み言葉です。 「再」はもういちど・重ねて・ふたたび・また・二つ・再びする・重ねるなどの意味をもつ漢字です。 「再三再四」や「再度」も忌み言葉です。 「再再」の言い換え:頻繁に。 「たびたび」 「たびたび」は何度も繰り返し行われるという意味の言葉で、良い表現にはあまり使われません。 再婚を連想させる重ね言葉でもあり、お祝いの席では忌み言葉です。 人生経験が豊かな上司や主賓の方が忌み言葉を使ってしまうと、特に間違いが目立ちます。 重ね言葉の使用には十分に注意をしてください。 「たびたび」の言い換え:何度も。 幾度も。 頻繁に。 「重々」 「重々」は同じことを何度も繰り返すときに使われる重ね言葉で、幾重にも重なっていることを表しています。 結婚を繰り返す再婚を連想させる忌み言葉です。 結婚に関するメールや手紙の中でも、忌み言葉の使用は避けてください。 「重々」の言い換え:十分に。 どうぞ。 「重ね重ね」の意味を理解して、正しく使おう.

次の

「重ね重ね」の意味とは?メールでの使い方も例文つきで解説

重ね重ね感謝

「重ね重ね かさねがさね 」とは、「同じようなことが繰り返されるようす」「たびたび」を意味する言葉です。 相手に対して何らかの影響を与えることを重ねて申し入れしたり、重ねて起こしてしまったときに使います。 また、「重ね重ね」はメールや文書などの主に文章語として使われたり、ビジネスやフォーマルな場で発話されるかしこまった語です。 すでにお詫びやお礼など何らかの表明をした後に、強調のため、もしくは念入りに同様の表現を繰り返すときに使うほか、メールや手紙の締めくくりとして使うのが通例となります。 さらに、文頭に使うのは不適当で、文章の末尾など、あくまで1つのメールや文章内で同様のことを繰り返し述べる際に使うことを心がけましょう。 「重ね重ね」の正しい使い方 「重ね重ね」は相手が顧客か社外の人か、社内の地位の軽重に関わらず、改まって何かを伝えなくてはならない場合に、念入りに、もしくは強くこちらの気持ちを伝えるために使うものです。 「重ね重ね」が使えるのは「お詫び・謝罪」「感謝」「依頼」する際になります。 「お詫び・謝罪」で使用が想定される場面は2つです。 謝罪をする元となったことに加え、新たに謝罪が必要な場面が生じた場合の2度目のお詫びの際、また、複数回詫びる必要があったり、1回の落ち度しかなかったとしても内容が重い場合に、最後の挨拶や表明として「重ね重ね」とする使い方もあります。 「感謝」の場面では、相手の行為に謝意を伝え、最後の挨拶として「重ね重ね」とするのが適切です。 「依頼」の際は、用件をいったん述べた後、最後に念押しのために「重ね重ね」を使用します。 「重ね重ね」を使った丁寧な例文 お詫び・謝罪で使われる「重ね重ね」の例文 「再三」とは「ある言動を何度も繰り返すこと」「たびたび」、また行為が行われる間隔が近いことを問題視する意味も含む語です。 「重ね重ね」は複数の行為について述べたり、1回しか起きていないことでも強調のために使ったりするのに対し、「再三」は同じような行為が複数回以上行われてはじめて使います。 「再三」が使えるのは何回目からなのかについては、「3回以上でないと大げさ」という意見があるほか、重篤性の高い事件報道では2回でも「再三」とする例が多いです。 非難を意味する度合いが強いので、お互いビジネスライクな関係であればいいですが、関係性を大事に長く保ちたい相手には使用を控えたほうが無難でしょう。 「再三」の使い方.

次の

重ね重ねの正しい使い方|ビジネスメールにおける重ね重ねの例文

重ね重ね感謝

「重ね重ねお詫び申し上げます」という言葉は、ミスに対する心からの謝罪の意味を表します。 「重ね重ね」と繰り返していることからも、何度もお詫びしたいきもちでいっぱいということです。 「重ね重ねお詫び申し上げます」は、自分が犯したミスだけでなく、自分の部下のミスや会社全体のミスに対しても使うことができます。 「本当に申し訳ない」という気持ちを何回も伝える意味合いになります。 「重ね重ねお詫び申し上げます」の使い方は? 「重ね重ねお詫び申し上げます」という言葉は、自分のミスや全体の代表としてのミスに対する謝罪・申し訳ないという気持ちを表す時に使われます。 単に「申し訳ありません」や「お詫び申し上げます」よりも、より心の底から反省しているニュアンスが相手に伝わります。 また、何回か似たようなミスをした場合も使えます。 「また失敗してしまった、申し訳ない」という意味で「重ね重ねお詫び申し上げます」とも使います。 メールではどう使う? 「重ね重ねお詫び申し上げます」という言葉は、丁寧でかしこまった言い方なので日常生活で用いるということはほとんどありません。 日頃は「申し訳ありません」「お詫びします」のような言い方がされますが、丁寧な言い方にして「何度も謝罪する」意味が込められています。 同じミスを繰り返したり同じ取引先の人に再度迷惑をかけたりしたときは繰り返しの謝罪が必要です。 その際は、「重ね重ね」という言葉が非常に適しています。 忌み言葉なので注意 汎用性の高い「重ね重ねお詫び申し上げます」という言葉ですが、「重ね重ね」という言葉は忌み言葉と言われています。 忌み言葉というのは、災いが降りかかって来ないようにいうのを慎む言葉です。 冠婚葬祭の場では忌み言葉とされることが多いです。 結婚の場合では、「結婚が重なる」という意味になり「何度も結婚する」の意味を含みます。 これはおめでたいことではありません。 お葬式でも「不幸が重なる」ことを表すので厳禁です。 申し訳ありませんとは違う? 謝罪やお詫びの言葉と言い換えることのできる「重ね重ねお詫び申し上げます」ですが、正確には「申し訳ありません」とは異なる意味を持ちます。 「申し訳ない」という言葉は、弁解の余地がなくごめんなさい、すみませんという気持ちを表しています。 「重ね重ねお詫び申し上げます」は迷惑をかけたときや重大な過失があった場合に使われます。 一般的な謝罪や普段使う場合には「申し訳ありません」の方が適しています。 「重ね重ねお詫び申し上げます」の例文 「重ね重ねお詫び申し上げます」を用いる謝罪の場合、メールでの謝罪や口頭での謝罪にかかわらず、まず謝罪を行い、その原因について説明し、今後の対策を述べ、最後に最後にもう一度謝罪するという流れになります。 最後にもう一度謝罪を行う際に、締めの言葉として使うのが一般的です。 実際に例文を見てみよう これまで「重ね重ねお詫び申し上げます」の意味や使い方、特にビジネスでの用法についてお伝えしてきました。 次に説明するのは類語です。 「重ね重ねお詫び申し上げます」というのは謝罪・お詫びの意を表すので、反省や謝罪の言葉は基本的に言い換えとして適しています。 細かく分けると正確にはニュアンスが異なる言葉もあります。 しかし、ほとんどの場合は謝罪やお詫びを表す際に使う言葉と言い換えられるので覚えやすいです。 謝罪を表す言葉 謝罪を表す意味の言葉は、ほとんど類語となります。 ただし「重ね重ね」と何度もお詫びを重ねていることから、「重ねてお詫び申し上げます」や「重ね重ね恐縮でございます」が類語として適切です。 さきほども述べましたが一般的なすみませんという謝罪を表すわけではないので、普段使いとしては向きません。 むやみにどのような場面でも使って良い言葉ではありません。 場面によってどのような謝罪が適しているかを考えましょう。 重ね重ねの他の表現 「重ね重ね」という言葉は「同じようなことを繰り返すさま」という意味だけでなく、「くれぐれも、じゅうじゅう」という意味があります。 念を入れていうニュアンスが含まれているので、何度も謝罪する意味だけでなく、念入りに謝るという意味もあります。 「重ね重ね」の他の表現として、重ねて、くれぐれも、重々、心より、幾重にもなどが挙げられます。 いろいろな言い方を知っていることで、バリエーションが増えます。 「重ね重ねお詫び申し上げます」の文末 「重ね重ねお詫び申し上げます」と文の最後に締めの言葉として用いることはできますが、言葉を続ける場合、申し上げるという言葉の語尾が変わります。 いくつか使い方はありますが、最も頻繁に使われるのは「重ね重ねお詫び申し上げますとともに」という用法です。

次の