栗原 はるみ レシピ。 栗原はるみさんの【肉まん】レシピ

2種の春巻 レシピ 栗原 はるみさん|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

栗原 はるみ レシピ

お菓子初心者の私でもうまくつくれた、ボウル1個でできる失敗しない簡単チーズケーキです。 甘すぎず重すぎずで手作り感ならではのおいしさがあり、胃もたれしにくく食べられた時は少し感動してしまうほどで、既に何度か作っています。 出来立てはスフレのように柔らかさのある食感で軽い食べ上がりになり、冷やすとぎゅっと詰まって濃厚さが出て二度楽しめます。 冷凍保存しておいても良いので、食べたいときに解凍できる点も良いです。 簡単でおいしいチーズケーキを作ってみたいという人にはイチオシのレシピです。 クリームチーズも生クリームも使いきりできるキリの良い量なので、挑戦しやすいです。 柔らかさのあるお肉に濃いめの醤油ベースのタレをからめて食べると、お店にでてきてもおかしくないくらいのおいしさでした。 漬けこんだりする必要がないので時間もかからず作りやすいです。 チャーシューレシピの中でもかなり手軽で、かつおいしいレシピと言えるでしょう。 私が作るときはしっかり目に火を通しています。 お肉が好きな人や、まだチャーシューを作ったことがないという人にもおすすめのレシピです。 豆板醤は大1と多めなので、苦手な方は少し減らして作っても良いでしょう。 オーブンを使うことで、大きくても硬くなったり焦げたりせずに火が通るので、1個でも見た目の贅沢感や食べごたえが増し、中のふっくらした柔らかさはフライパンで作るものよりワンランク上の仕上がりになります。 まだオーブンでハンバーグを作ったことがない方や、いつもとちょっと違うごちそうハンバーグを作ってみたいという人にもおすすめのレシピです。 半日以上漬けておく必要はあるのですが、それ以外の手順は漬けて焼くだけなので簡単です。 マグロの部分は少しの弾力としっとりさがあって、グリルで焼き色がついた部分は焦がし醤油のような香ばしさがあり、白いご飯と少しずつゆっくり噛みたくなるような、味わい深さを感じさせます。 「マグロといえば漬け!」という人にも一度は試してもらいたい、静かにじっくり食べたくなるレシピです。 麺にふた手間を加えておいしさ割増。 ただ、麺の下ごしらえに二手間をかける分作りやすさには欠けるので、気持ちや時間に余裕があるときによりおすすめのレシピです。 「あんかけ焼きそばをもっと極めたい!」という人にも試してもらいたいレシピです。 ユリ根との相性の良さに驚き。 柔らかくてとろみのあるお餅は小さいながらも存在感があり、少量だけ食べたい人にも満足感を感じられます。 そして何よりも印象的だったのが、ユリ根と茶わん蒸しの相性の良さです。 ユリ根のほっくりした食感と茶わん蒸しの優しさに、ほっとすると共に心を動かされるおいしさでした。 卵液の部分のふるふる具合も満足な出来上がりで、あんかけを乗せることで手作り感の中に本格さも感じさせます。 ユリ根のレパートリーを増やしたい方、正月の餅は少量でいいという方 、品の有る茶わん蒸しが好きという方にもおすすめです。 居酒屋さんで出てくるようなものよりも一回り大きくて食べごたえとごちそう感もあります。 串に刺したり、小麦、卵、パン粉につけたり・・と、揚げ物の中ではひと手間かかってしまうところはあるのですが、衣の揚げ具合や組み合わせは良く、ひと手間に見合うおいしさのあるレシピでした。 普段串カツを作らない家庭なら、きっと食卓がにぎやかになると思います。 ひと手間かけて家族を喜ばせたい方や、串カツ作ってみたい!という人にもおすすめできるレシピです。 バーニャカウダーソースの中でもかなり食べやすい方で、アンチョビの臭みが苦手な私でも、食べやすくておいしいと感じました。 逆にガツンとにんにくとアンチョビが効いているものが好きな人には物足りないでしょう。 具はキャベツのみですが歯ごたえと甘みが出ていて、シンプルなおいしさがあり良かったです。 「匂いが気になりにくい女性向きのバーニャカウダー料理を探しているの。 」という人にもおすすめです。 あじはすり鉢を使ってすり混ぜます。 ベースの部分はだしと素材の風味やうまみで静かに味わうような、ゆっくり飲みたくなる汁物なのですが、仕上げに入れる生姜とみょうがで後味が引き締まるので、爽やかさもあり夏に合う味わいになっていて良かったです。 下ごしらえにひと手間をかけるので頻繁にとはいきませんが、また来年の夏に作ろうと思えたレシピでした。 また、ふわふわ卵とシャキッとしているチンゲンサイとの食感の組み合わせが良く、このチャーハンならではの魅力がありました。 香味醤油はあらかじめ作っておく必要がありますが、切って混ぜておくだけなので用意は簡単です。 そのひと手間を考えても「また作りたい!」と思わせる手間に見合うおいしさでした。 卵好きな人にはぜひ試してみてほしい一品です。 そのままおかずにしてもよし、パンにのせて食べてもおいしかったです。 年代を問わずに好かれそうな、身近なおいしさがバッチリ決まった組み合わせと味でした。 錦糸卵は失敗しても切ればごまかせるので気負いせずに作れます。 ゆったりできるときや週末に作りたいレシピです。 トマトソースは分量通りだと少し多めにできるのですが、オムレツやトーストにのせても使えます。 しかし時間をかけるだけあって、味はお店で出てくる料理の様なおいしさです。 大きく切った贅沢な見た目と、染みたタレと素材本来の甘みを十分に味わえる満足感は、思わず食べてうなずきたくなる一品でした。 工程自体は基本煮ながらたまにチェックで作れるので、時間が取れるときやおもてなし、家族にいつもの料理とは違う自分を見せつけたいとき! にもいいレシピです。 味付けはすこし甘めな分、醤油の味も浸透している肉じゃがになっていて、ジャガイモにも味が入っているところが良かったです。 甘めの肉じゃがが好きな人や、どちらかというと濃い味が好きな人に合いやすい肉じゃがのレシピでした。 ほとんどの具材を細切りにして食べやすく。 食べる人をいたわりたい時に。 中華スープベースにほんのりキノコの深みが乗った秋にも合う味で、ひと口で色々な具材を一緒に食べられます。 お鍋というよりは大きなスープのような見た目と味なので、がっつり食べたい人よりは 疲れ気味の家族や大切な人をいたわりたいときや、おもてなし、大人家族でゆったりと食べるのに向いているレシピでした。 シメは春雨で、最後まで比較的軽い食べあがりになります。 小腹がすいたときのお洒落なブランチ。 作り方は特に難しいところもなく、レシピ通りに作って綺麗な形と焼き色がつけられます。 薄力粉や片栗粉で作るにらまんじゅうやいももちと違って、ナイフで切ると糸を引くような伸びもあり、お餅寄りの食べごたえです。 ご飯とは少し存在がかぶってしまうところがあるので、 どちらかというとおかずよりはちょっとした朝食兼昼食や、軽食のメインにするのに向いている料理でした。 最後にゴマ油のひと手間をかけると、より色が綺麗について、表面がパリパリに仕上がります。 短時間で仕上げることでお肉の噛み切りにくさを感じさせにくいような、比較的柔らかい仕上がりになります。 また強火で焼くので焼き色がついて、少しだけ香ばしさが出る所も良かったです。 ハチミツ入りで手作り感のある味に。 後味にはちみつの甘さとコクが残るところがなかなか市販品では買えない味わいで、手作りならではの味わいがあって良かったです。 山椒の実が後に残る、大人向けのしっかり味煮魚。 下ごしらえはセロリとしょうがをみじん切りにするくらいで、あとは鍋一つで煮ていくだけだったので簡単に作れます。 味の主役は実ざんしょうで、かむとレモンのような、柑橘系の酸味に近い味が広り、後味にずっと残ります。 なのでどちらかというと大人向き。 さんしょうの実が元から好きな人やお酒のお供にあう料理が良いという人なら、このクセがかえって強い魅力に感じるレシピでしょう。 余った佃煮部分は、ご飯に乗せて食べるとまたおいしかったです。 胸肉は基本弱火で焼くので柔らかくて少しふっくらとしていて、パサつきもなくおいしかったです。 レモンバターは食べやすいというよりは酸味、塩気ともに強めの味付けになっていたので、好みで加減しても良かったです。 付け合わせを作る場合は、並行調理か早めに用意しておくと、できあがりがそろって良いです。 ツナ缶、ワインビネガー、粒マスタード、玉ねぎ、にんにくなど、それぞれの材料を少しずつ使って作るので、一言では言い表せないような、味に奥深さのある一品になります。 王道の味付けではない分、気に入った人は何度も作りたくなるような個性のあるレシピで、そのまま食べるほか、パンと一緒にワインのおつまみにも使えます。 いんげんのおかずと言ってもいいくらいたっぷり入っていて食べごたえがあるので、半量で作ってちょっとした副菜にしても良いようなおかずでした。 いんげんにはあまり味が染みていない分、ひき肉には濃いめの味付けでバランスをとっているので、その濃さが好みの別れる部分になっていました。 味付けはどちらかというと気持ち薄めで、ダシと素材自体の味で楽しむシンプルな基本に近いおこわの味になっています。 レンジ調理なのできちんと蒸したものには適いませんが、ちょっと食べたい時などには気軽に作れるレシピです。 二度揚げしているのでカラッとあがっていて、食べた時はまるでテレビのCMのような良い音がなりました。 私にとっては少し味が濃く、作るのが大変に感じたのでリピにはならず。 骨付き肉はスーパーによっては入手しにくかったので、あらかじめ売っているか確認しておいても良いでしょう。 個性的な組み合わせの白和え風。 豆腐は数時間以上水切りして、黒酢卵も作って味をなじませるところから始まるので、個性がある一品である反面、作りやすさには少し欠けるレシピでした。 白和えのバリエーションを増やしたい方には、試してみるのも面白いレシピです。 絞り出す工程があるのでお菓子初心者には少し難しいでしょう。 また、形は焼くと少し広がってしまうので、きれいな形でしっかり焼きあがるタイプのクッキーではなかったです。 とはいえ、手作り感のある見た目とジャム味のアクセントはいつもより少し贅沢な気持ちになれます。 茹で卵を醤油+酢+砂糖で。 酢は少量なので酸っぱさなどは全然なく、気持ちすっきりとした味の味付け卵になっています。 ただ、クリームチーズトッピングをしたりカレーやサラダなど幅広く使えると紹介されていたので、味が気に入った人には色々使いまわしができて便利なレシピでしょう。 まだまだ色々なレシピを作りたいので、随時更新していきます。 栗原さんのレシピもどんどんレビューしていくので、気になる方はぜひもぐろぐもチェックしてみてください。

次の

レシピ|ゆとりの空間

栗原 はるみ レシピ

ひき肉ベースのやさしい味付け。 かわいい大きさの 【肉まん】で、栗原はるみさんも「ペロリと食べられる」とのことです。 市販よりも生地がモチッ、ズシッとしてます。 大きく作ったこともありますが、全体的に重量感のある 【肉まん】が出来上がりました。 ラードが手に入らなくて、サラダ油代用で私は作ってみました。 持つ手が少々油っぽくなりましたが、そんなことは気にならなくなるほど、うまい!!!肉だねからジュワーと旨味が出てきて感激ですーっ!そのままで十分においしい。 2.ボウルに強力粉(100g)、薄力粉(250g)、砂糖(30g)、ベーキングパウダー(小さじ2)、塩(少々)をふるい入れ、1を少しずつ加えて混ぜ合わせます。 3.粉っぽさがなくなったらラード(15g)を散らして混ぜ合わせます。 (私は、サラダ油を加えてみました) 4.生地がまとまったら軽く強力粉で打ち粉(分量外)をふった台に取り出し、なめらかになるまで5分くらいこねます。 ラップをふわっとかけ、温かいとろこに1時間くらいおいて発酵させます。 こぶしでつぶしてガス抜きをします。 7.8等分して丸め、かたく絞ったぬれ布巾をかけ、10分ほどベンチタイムをとります。 ショウガはみじん切りにします(小2)。 *成形し、蒸す* 10.クッキングペーパーは8cm角くらいに切り、8枚用意します。 11.7の生地のきれいな面を下にして手で軽くおさえてから、めん棒で直径12㎝くらいに伸ばします。 12.生地の真ん中に9の肉あんをのせ、生地の縁をつまんでひだをとるようにして包み、最後はしっかり閉じます。 お好みで和がらし、しょう油(各適宜)をつけてどうぞ。 (私は、つけダレを省略。

次の

栗原はるみ流!簡単「梅ジャム」の作り方や食べ方、長期保存の方法について

栗原 はるみ レシピ

人気の定番中華「麻婆豆腐」、基本に学んで極上の中華料理をマスターしませんか。 中華料理は下準備をして加熱調理を手ぎわよく進めるのがコツ。 本日は、栗原はるみさんの「麻婆豆腐」のレシピをお届けします。 中華料理の基本をマスター! 栗原はるみさんの「麻婆豆腐」 「四川料理の麻婆豆腐は、今や日本でも家庭の味です。 材料はシンプルに豆腐とひき肉。 あとは薬味や調味料次第で味が広がり、私も試作するうちについ楽しくなって本格派から和風味まで麻婆豆腐のレシピが増えました。 ここでご紹介するのは、まろやかなうま味の後に花椒のしびれる辛さが鼻に抜ける本格麻婆豆腐で、私が長年作り続けている味です。 仕上げのポイントは水溶き片栗粉でつけるおいしいとろみ。 片栗粉は沈殿するので使う直前にもう一度混ぜ、煮立ったところに少しずつ加えて混ぜながらツヤと透明感が出るまでよく火を通します。 2 水溶き片栗粉の片栗粉は分量の水で溶いておく。 3 小鍋に Aの材料を合わせておく。 4 豆腐は1. 5cm角に切る。 ここから加熱調理 5 塩少々(分量外)を加えた熱湯で豆腐を1~2分ゆで、ザルに上げる。 6 (3)の合わせ調味料を火にかけて温める。 7 深めのフライパンにサラダ油を熱し、にんにく、しょうが、長ねぎを入れて炒め、香りが出たら豚ひき肉を加えて炒める。 色が変わってきたら豆板醤を入れて炒め、紹興酒を加えて混ぜる。 8 (6)を加え、煮立ったら(5)の豆腐を加えて軽く混ぜ、(2)でとろみをつける。 火を止め、仕上げにごま油を回しかけ、(1)の花椒を加える。 片栗粉と水は同量を目安に、早めに混ぜておきます。 調理中慌てないためもありますが、片栗粉がしっかりと水に溶けているとダマになりにくく、とろみがきれいにつきます。

次の