豊明 母子 4 人 殺害 放火 事件。 【愛知県豊明市】 母子4人殺人放火事件① : ひとりごと 検証ブログ

「私はなぜ家族を殺めたのか」 日立妻子6人殺害事件 夫である犯人「悔恨の手記」

豊明 母子 4 人 殺害 放火 事件

未解決事件ファイル 愛知・豊明母子4人殺人放火事件 2004年9月 2004年9月9日午前4時25分ごろ、愛知県豊明市沓掛町石畑、会社員加藤博人さん(当時45歳)方から出火、 全焼した2階から妻利代さん 当時38歳 と中学3年の長男佑基君 当時15歳 、中学1年の長女里奈さん 当時13歳 が、1階から小学3年の二男正悟君 当時9歳 がそれぞれ他殺体で見つかった。 博人さんは 残業により帰宅していなかったため無事だった。 事件当時、1階南側の窓のシャッターの一部が開いていたことが分かった。 利代さんは用心深く、普段は戸締まりが厳重なことから、犯人はこの窓から侵入した可能性がある。 凶器は利代さんと里奈さんに対しては刃が頑丈で硬い大型ナイフ、佑基君と正悟君の2人はバー ルのような鈍器と判明。 男女で殺害方法に違いがあった。 一部の部屋がわずかに物色されていたものの、最も高価な貴金属や通帳、現金は 残されており、放火に使われた灯油や凶器も犯人が準備して持ち込んだとみられている。 こうした状況から、金品狙いでなく恨みによる計画的な犯行の疑いが強まっているが、一家をめぐる目立ったトラブルは浮かんでおらず、捜査幹部は「トラブルにしても、なぜ親子ともども4人も殺す必要があるのか」と疑問を示す。 灯油を運んだ犯人が現場近くまで車を利用したのは確実だが、目撃につながる人通りがほとんどない時間帯な上、放火で証拠隠滅が図られ足跡の採取や侵入経路の特定も難しく、具体的な犯人像は絞り込めていない。 加藤さんが事件が起きる明け方まで勤務先で残業することは事前に予定されていなかったとみられ、犯人が加藤さんの不在時を狙ったのか、当初は一家全員の殺害を画策したのかも不明だ。 事件から約半年が過ぎた05年3月、加藤さんは勤め先の会社からパソコン代金を計1000万円騙し取った疑いで逮捕された。 その後、約5500万円の手形詐欺を01~04年にかけて行っていたことが発覚し、5月に再逮捕される。 その際、先の放火殺人事件について容疑者扱いを受け、警察から厳しい追求を受けたという。 だが、加藤さんは事件については否認を続けた。 加藤さんは詐欺罪で懲役3年、執行猶予4年の判決を受けた。

次の

【今日の事件簿】犯人はどこへ。動機は?何も盗られていない愛知豊明母子4人殺人放火事件とは

豊明 母子 4 人 殺害 放火 事件

今からさかのぼること 16年前、 2004年9月に加藤さん一家( 夫・加藤博人さん(当時45歳)、 妻・加藤利代さん(当時38歳)、 長男・加藤佑基くん(当時15歳)、 長女・加藤里奈さん(当時13)、 次男・加藤正悟くん(当時9歳))の内、何者か(複数人と思われる)の手によって夫以外の全員が殺害されました。 こちらの家が 加藤さん一家が住まれていた自宅であり、 愛知県豊明市 で発生した殺人放火事件の現場となっている。 pref. aichi. しかし、何記事も読んでいくうちに不可解な謎がいくつか見つかったので、1つずつ話していこうと思います。 殺害のされ方と場所の謎 母親(寝室)と長女(寝室)は 刃渡り約20センチほどのサバイバルナイフで顔や背中など十か所以上を刺されて亡くなっている。 しかし、 長男(二階寝室)と次男(居間)は 鈍器のような物(バールのような物)で頭部を殴られ亡くなっている。 まあここまでは、犯人が複数人いたのかもしれないと予測が立つ。 がしかし、同じ鈍器で殴られている 長男と次男の居た場所が違ったことが謎。 そして、 男性と女性で殺害のされ方が違うのが偶然なのか必然的なのか謎である。 次男の殺害された場所の謎 通報が早朝の4時25分だった、それを考えると犯行が行われた 推測時間は4時前後。 しかし、 世間一般的に4時前後ならばまだ夜中である。 なのに何故、 9歳(小3)の次男が1人だけ居間で遺体が発見されたのだろうか? 家族全員(母・長男・次女)が二階で就寝しているにも関わらず、小学3年生の子が居間で1人で寝ていたとは考えにくい。 移動させたのか? 移動させたにしても動機がよくわからない。 加藤博人(夫)さんの兄と携帯電話の謎 事件当日、近所に住んでいた博人さん兄が、博人さん宅の火事に気付き博人さんの会社に電話で連絡を入れているようです。 ここでも、不思議な事があります。 普通、兄弟なら会社ではなく弟の携帯電話に直接かけないだろうか? 携帯電話にかけれない何か理由があったのか? 携帯電話を持っていなかったとは考えにくい。 何故なら、 世間にはもうすでに携帯電話は一般的に普及していた。 そして、 妻の利代さんは携帯電話を持っていると断定できる内容があったため、妻が持っているのに夫が持っていないというのは余計に考えづらい。 犬の存在の謎 加藤家は防犯の意味もあって犬を飼っていたそうで、普段はよく吠えていたらしい。 しかし、事件後の事情聴取で不可解な事が発覚する。 近所の方の証言によると、事件当日の午前4時頃に女性の悲鳴が加藤さん宅(事件現場)から聞こえたそうです。 ですが、 誰一人として 犬の鳴き声は一切聞いていないそうです。 家主の悲鳴が聞こえたら危険を察知して吠える犬がほとんどではないでしょうか? もう1つ犬について謎があります。 首輪が外されていたという事です。 そして、車の下で震えながら燃え上がる自宅を見ていたそうです。 何故、首輪が外されていたのか? 何故、犬は逃げなかったのか? 恐怖のあまり動けなかったのだろうか? 犯人は何処から入ってきたのか謎 事件当日、 普段から用心していたようで 戸締りは玄関までしっかりしていたようです。 ただ、二階の長男の部屋だけ網戸だったとのこと。 しかし、 現場検証の結果では梯子をかけた後などもなかったそうです。 そうなると、犯人の侵入経路は 合鍵で入った可能性がある。 夫は鍵を持ち歩く習慣が無かったらしく、仕事で遅くなる時はいつも合鍵を奥さんに所定の場所に置いてもらっていたそう。 事件当日も 奥さんにメールで遅くなるからいつもの所(物置)に勝手口の合鍵を置いておいてくれと頼んでいたそう。 実際、合鍵は所定の場所にあったようです。 殺害動機が謎 犯人は、 金品や通帳類は一切盗んでいないようでした。 ということは、もちろんお金目当てではなかったことが分かる。 しかし、母親と長女の殺害の仕方があまりにも残虐すぎる。 2人とも十数か所刺されている。 母親は肺に達するほどの深い刺し傷が、長女にいたっては助骨まで折れるほどの強い衝撃を受けている。 こんなに力が強いのは 男性の可能性が大いにある。 そして、 かなりの憎しみがあるように感じ取れる。 逆に、長男と次男がバールのような鈍器で殴られて殺害されている。 この差は一体何なのか? そして、 灯油まで持ち込み、マッチや新聞紙、それに着替え、準備が良すぎる。 何より、 犯行の手際が良くあまりにも犯行が早い。 手慣れた感じがするのは気のせいだろうか? これは、 もしかすると誰かが何者かを雇った可能性があるかもしれない。 テレビとは異なる情報が謎 テレビでは尾張小牧ナンバーの青色の軽自動車が目撃されたと言っていたが。 ネット上にある記事にある目撃情報のある車はワゴン車と書いてあることが多い 現場付近で消火作業にあたっていた地元の消防団員が不審なワゴン車(トヨタ・ハイエースのスーパーGL、緑色、尾張小牧ナンバー)が目撃されている。 30 ~40代の男が運転していたそう。 という情報が多い。 どちらも 尾張小牧ナンバーだったことは一致しているため、何か関係があるのか? ブルーの軽自動車は火災 前、グリーンのワゴン車は火災 後、になるため時間差は1時間ぐらいですね。 犯行日と時間の謎 犯行日に夫がいない事が分かっていたかのような犯行。 もしくは、いてもいなくても関係なかったのか、あるいは留守を狙った計画的犯行なのか。 そして、 事件当日が次男の誕生日だったことは偶然なのか? 何かおかしいような気がする。 必然的な気がしてならない。 何より、 時間帯が不自然だと思う。 午前4時前後は狙っていないとできない時間帯だと思う。 何か目的が考えがあったと思われる。 じゃないと 0時~3時ぐらに犯行に及ぶ可能性があるだろう。 そう考えると ただ4時前後に家を燃やしただけで、実はもう早い時間に殺害されていたのかもしれない。 4時頃に 聞こえた悲鳴は、あらかじめ録音した声を流したのかもしれない。 証拠を残さずに出入りする人物の謎 火災により証拠薄なのはわかるが、さすがに犯人の証拠が一切無いのが不可解である。 この事件は様々な謎を追いかけていくと、 複数人関わっていることが有力視される。 そして、 犬が全く吠えない人物、 簡単に出入りできた人物、 首謀者は犯人と疑われない身近な人物の可能性も多いにある。 断定は出来ないので、誰が怪しいとかは言えませんが可能性はあるという事です。 ですが、事件当時も厳しく事情聴取されたでしょうからね。 今回の事件の謎を辿っていくと、 私の見解で は犯人は二種類の組み合わせになっていると思います。 1・雇われた人物(手慣れた者)、又は頼まれた人物(未熟な者) 2・身近な人物、又は顔馴染み(主犯格) この組み合わせの 複数犯だと思います。

次の

【今日の事件簿】犯人はどこへ。動機は?何も盗られていない愛知豊明母子4人殺人放火事件とは

豊明 母子 4 人 殺害 放火 事件

概要 2004年の未明、愛知県豊明市沓掛町の民家に何者かが侵入して母子4人を殺害後、建物に放火した。 殺害されたのは母親(当時38歳)、長男(同15歳)、長女(同13歳)、次男(同9歳)。 父親は仕事のため家におらず、無事だった。 また、父親が前日の午後11時頃に母親へ残業の電話をした際には、被害者宅に異変はなかった。 午前4時25分頃、近隣の住人から通報があった(出火は午前4時すぎと思われる)。 当初は事件性のない民家と思われたが、室内の灯油を撒いた跡やにもの痕跡があったことなどから、はすぐさま殺人放火事件のに切り替え、が設置された。 の侵入経路は正確には分かっていない。 玄関や勝手口(台所および風呂場前の通路に繋がる)の他、1階の窓は全て鍵が閉まっており(高熱で変形し確認できない窓もある)、唯一2階の長男の部屋の窓は網戸だったことから入ることは可能だったが、2階に上るためのをかけた跡など犯人の侵入した形跡は見つからなかった。 車庫内の所定の場所(物置)に勝手口の鍵が隠されていた(仕事で帰宅時間が遅くなるため、父親が母親にメールで置くよう頼んだもの)が、この鍵は同場所から発見されており、犯人が入出時に使用したか不明である。 宅ではを飼っていたが、事件発生時に「犬の吠える声」は近隣住人に聞かれていない(普段はよく吠えていた)。 また、首輪も外されており、火災時には被害者宅の車の下に隠れ生存している。 の撒かれた跡は遺体周辺の他、被害者宅の広範囲に及ぶが、一方で被害者宅には灯油が元々なかったとされており、犯人が持ち込んだものとみられている。 被害者宅から散乱したマッチの燃えかすや灯油が染みこんだ新聞紙も発見されており、火をつけて逃走し逃げる時間を稼いだ可能性も考えられる。 また、被害者宅周辺(庭や犯人が逃走したと思われるなど)からは犯人のが出ておらず、殺害時に返り血を浴びた犯人が着ていた衣類なども現場で一緒に焼却した可能性がある。 その他、犯人のなどは見つかっていない。 犯人が類やなどに触れた形跡はない。 また、被害者宅から見つかったにはが入っていなかったが、犯人により抜き取られたかは不明である。 被害者宅から燃え残った現金が発見されたという報道もある。 被害者宅周辺はではあったが、事件当時はが少なくは比較的暗かった。 遺体の状況 被害者の性別によって殺害方法が異なっていた。 母親と長女は刃渡り約20センチので顔や背中など十か所以上を執拗に刺されたことによる性および性死とみられる。 幅は3センチ程だが、母親は一部が肺に到達している深い傷もあり、長女は刺されたときの強い衝撃で肋骨が折れていた。 刃こぼれの形跡はない。 長男と次男には刺し傷がなく、金属製(など)ののようなもので殴られたことによる頭部の損傷(数センチほどのあり)が確認され、それぞれ急性、が死因となっている。 何度も殴られた痕跡はない。 被害者の遺体には抵抗した痕跡(防御傷など)がなく、寝ているときに襲われた可能性が高い。 肺に溜まったの状況から4人は放火後もある程度生きていた可能性がある。 また、同じく煤の状況から次男・母親・長女・長男の順に死亡したと考えられるが、上記殺害行為がこの順序で行われたかは不明である。 午前4時頃、女性の悲鳴が近隣住人に聞かれたとするもある。 犯行は30分ほどと比較的短時間で行われたものと思われる。 この他、2階で発見された母親・長男・長女の遺体には発見時、布団がかけられていた(次男の遺体は1階の居間で発見されている)。 不審者等の情報• (平成15年)7月下旬の午後8時半頃に、何者かが被害者宅の玄関のドアを「ガチャガチャ」と無理やり開けようとしている。 また、2004年(平成16年)に入ってからは被害者宅方を見る不審者も目撃されており、などに気を配り一家の防犯意識は高まっていた。 消火作業をしていた地元の消防団員が、現場付近で不審なワゴン車(のスーパーGL、緑色、ナンバー)を目撃している。 30 - 40代の男が運転していたという。 出火時刻より少し前の午前3時40分頃、被害者宅付近(約200m)の脇道から県道に出てきた(青っぽい車体、尾張小牧ナンバー)が目撃されている。 なお、事件のあった豊明市は「名古屋ナンバー」の区域である。

次の