さよなら 僕 を 今日 まで 支え て くれ た 人 歌詞。 「さよなら。」といえば君の傷も少しは癒えるだろう?

SMAP『オレンジ』は名曲

さよなら 僕 を 今日 まで 支え て くれ た 人 歌詞

切ない色 オレンジ オレンジは、心を切なくさせる色だ。 なぜなら、1日の終わりを告げる「夕焼け」を連想させるからだ。 実際、秋の季節になると夕焼けを見てセンチメンタルな気分になる人は多いはずだ。 SMAPの名曲「オレンジ」 SMAPの32枚目のシングル 「ライオンハート」のカップリング楽曲である名曲『オレンジ』もそのうちの1つだろう。 学生時代の学校からの帰り道、友人や恋人とオレンジ色に染まった空を見上げながら帰リ道、それらの思い出もあわさって、心が切なくなる。 そもそも、この曲はシングルカット曲ではなく、カップリング曲として発売された曲。 それなのに、カラオケランキングでも常に上位に食い込むほど高い人気を誇っている。 SMAPファンの間でならば、なおさらではないだろうか。 この楽曲だけでも十分楽しむことができるが、実は単体ではなく 「Song2~the se quel to that」「夏日憂歌」と続きがある。 初めての彼氏・彼女の存在に人目を気にせずイチャイチャしたり、 四六時中べったりしていることもある。 気持ちが有頂天になって毎日、メールで言葉で「好き」と伝え合う。 しかし、その 幸せが長く続くことはあまりない。 相手の嫌なところが見えた瞬間に気持ちが冷めてしまうこともある。 卒業に限らず言えることだが、進路が違えばすれ違いが多くなる。 新しい出逢いによって、価値観も変化していく。 すると当然ながら、これまでと同じ気持ちではいられなってしまう…。 相手を想い終わりを告げる ---------------- 「さよなら。 」と言えば 君の傷も少しは癒えるだろう? 「あいたいよ・・・。 でもそれは、相手のためを想ってのことでもある。 気持ちが空の状態で付き合い続けていてもお互いに辛い結末を迎えることになる。 急に 変わってしまった態度は恋人を不安にさせる。 やがて、相手を傷付けてしまうことにもなる…。 そうなる前に、相手を想い「別れ」を告げるのだ。 ---------------- 「さよなら。 胸を締め付けるこの「切なさ」は、年を重ねて気付くことがあるからだろう。 口先では「相手のため」と言いながら本当は自分の気持ちに一区切りをつけたかっただけなのかもしれない。 いつか先に相手の気持ちが離れて自分が傷付いてしまう前に、相手を想う気持ちを誤魔化したかっただけなのかもしれない。 そんな気付きが切なさを生むのだ。 学生時代の恋愛は独占欲や嫉妬、愛おしいという想いなど初めて経験することばかりだ。 別れも同じことで、切なさと共にすぐには忘れることなんてできないだろう。 けれど、いつかは切ない思い出から卒業できるときがくる。 その時には、きっと相手へ贈る言葉も代わっているはずだ。 TEXT:空屋まひろ.

次の

オレンジ/SMAPの歌詞

さよなら 僕 を 今日 まで 支え て くれ た 人 歌詞

SMAP オレンジ 小さな肩に背負い込んだ僕らの未来は ちょうど今日の夕日のようにゆれていたのなかぁ。 イタズラな天気雨がバスを追い越して オレンジの粒が街に輝いてる 遠回りした自転車の帰り道 背中にあたたかな鼓動を感じていた 「さよなら。 」と言えば君の傷も少しは癒えるだろう? 「あいたいよ・・・。 」と泣いた声が今も胸に響いている 不器用すぎる二人を季節を越えれば まだ見ぬ幸せな日に巡り合うかなぁ。 なんとなく距離を保てずはにかんでは 歯がゆい旅路の途中で寝転んだね 「さよなら。 」と言えば君の傷も少しは癒えるだろう? 「あいたいよ・・・。 」と泣いた声が今も胸に響いている 人波の中でいつの日か偶然に 出会えることがあるのならその日まで・・・ 「さよなら。 」僕を今日まで支え続けてくれた人 「さよなら。 」今でも誰よりたいせつだと想える人 そして 何より二人がここで共に過ごしたこの日々を となりに居てくれたことを僕は忘れはしないだろう 「さよなら。 」消えないように・・・ ずっと色褪せぬように・・・ 「ありがとう。

次の

華麗なる逆襲~彼らの真実~10「オレンジ」5人でともに過ごしたこの日々を決して忘れない

さよなら 僕 を 今日 まで 支え て くれ た 人 歌詞

SMAP『オレンジ』は名曲 TVディレクターが「『歌い継がれる名曲』を残したアイドルは意外と少ない」 TechinsightJapan 2019年5月10日 21:00 61 『7. 2 新しい別の窓』で令和を迎えた香取慎吾、草なぎ剛、稲垣吾郎(画像は『香取慎吾 2019年5月1日付Instagram「#令和 最初の #ななにー」』のスクリーンショット) 「人生はコントだ。 」を座右の銘にするTVディレクターが『いーやま。 (SHIKAMARUKUN050)ツイッター』で5月10日、「やっぱ名曲だ。 オレンジ」とつぶやいた。 フォロワーからは「オレンジ。 涙が溢れて止まりません、大好きな曲です」などの反響を呼んでいる。 いーやま。 ディレクターは4月30日、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾のレギュラー番組『7. 2 新しい別の窓』(AbemaTV)で行われた新元号「令和」へのカウントダウンライブで「祝『#吾郎剛慎吾のプリほしい』トレンド世界1位」と表示された画面を見ながら「いえ~い」とツイートしていた。 また、番組が終ってから「ご視聴ありがとうございました! 令和も楽しく前向きに!」と呼びかけたところ、視聴者より「令和も幾久しく #ななにー が続きますように。 世界の片隅でもこの番組が続きますように。 全力で応援します」、「いーやま。 さんななにー楽しかったです! ありがとうございました。 またいつかつよぽんとユースケさんと番組もよろしくお願いします」といったコメントが寄せられている。 その盛り上がりから数日経った5月10日に「やっぱ名曲だ。 オレンジ」とつぶやいたのは、『ななにー』のなごりだろうか。 フォロワーからは「名曲ですが、自ら聴くことができません。 かなりつらいです」、「つらくてちょっと聞けないのです」、「5人が歌うからこそ名曲」という声も届いた。 さらにいーやま。 ディレクターは「売れた アイドルは多いけど。 『歌い継がれる名曲』を残したアイドルは、意外と少ない気がする」と投稿して、「やっぱ、あのユニゾン聴きたい…。 そう思わせる事がまたスゴイ…。 あ~聴きたい。 という独り言」とつぶやいている。 それには「その独り言 心の中で毎日言ってます」、「私も聴きたいなぁ 5人が40代の内に…50になる前に…と言う独りごと」と反響があり、「私もそう思います。 色々ありますが、音楽性を、たくさん語られたアイドルグループもいないと、思います。 特に、ユニゾンについて」、「本当にあのユニゾンは奇跡ですね! 令和はbeautiful harmonyの時代なんだからまた聴けると信じてます」という声も見受けられた。 5月7日に放送されたNHK総合『うたコン』ではデーモン閣下、氷川きよし、山内惠介、石丸幹二、福田こうへいの5人でSMAPの『ありがとう』を歌い話題になった。 この日のテーマは「令和だョ!名曲リフレッシュ祭」で母の日が近いことから『ありがとう』を披露したものだが、「歌い継がれる名曲」となってしまうのは寂しいようでもある。 画像は『香取慎吾 2019年5月1日付Instagram「#令和 最初の #ななにー」』のスクリーンショット(TechinsightJapan編集部 真紀和泉) 【歌詞コラム】切ない思い出からの卒業。 SMAP「オレンジ」、さよならに代わる言葉 男性アイドル 歌詞コラム SMAP ランキング オレンジ色を見ると切なくなる。 1日の終わりを告げる、夕焼けを思い出すからだ。 実際、秋の季節になると夕焼けを見てセンチメンタルな気分になる人は多い。 公開日:2016年3月13日 更新日:2019年3月28日 切ない色 オレンジ オレンジは、心を切なくさせる色だ。 なぜなら、1日の終わりを告げる「夕焼け」を連想させるからだ。 実際、秋の季節になると夕焼けを見てセンチメンタルな気分になる人は多いはずだ。 学生時代の学校からの帰り道、友人や恋人とオレンジ色に染まった空を見上げながら帰リ道、それらの思い出もあわさって、心が切なくなる。 そもそも、この曲はシングルカット曲ではなく、カップリング曲として発売された曲。 それなのに、カラオケランキングでも常に上位に食い込むほど高い人気を誇っている。 SMAPファンの間でならば、なおさらではないだろうか。 この楽曲だけでも十分楽しむことができるが、実は単体ではなく「Song2~the se quel to that」「夏日憂歌」と続きがある。 夏日憂歌 歌詞 SMAP 作詞 市川喜康 作曲 市川喜康 今回は、ひとまずその話は置いておき、オレンジに注目をしていく。 初めての彼氏・彼女の存在に人目を気にせずイチャイチャしたり、四六時中べったりしていることもある。 気持ちが有頂天になって毎日、メールで言葉で「好き」と伝え合う。 しかし、その幸せが長く続くことはあまりない。 相手の嫌なところが見えた瞬間に気持ちが冷めてしまうこともある。 卒業に限らず言えることだが、進路が違えばすれ違いが多くなる。 新しい出逢いによって、価値観も変化していく。 すると当然ながら、これまでと同じ気持ちではいられなってしまう…。 相手を想い終わりを告げる ---------------- 「さよなら。 」と言えば 君の傷も少しは癒えるだろう? 「あいたいよ・・・。 でもそれは、相手のためを想ってのことでもある。 気持ちが空の状態で付き合い続けていてもお互いに辛い結末を迎えることになる。 急に変わってしまった態度は恋人を不安にさせる。 やがて、相手を傷付けてしまうことにもなる…。 そうなる前に、相手を想い「別れ」を告げるのだ。 ---------------- 「さよなら。 胸を締め付けるこの「切なさ」は、年を重ねて気付くことがあるからだろう。 口先では「相手のため」と言いながら本当は自分の気持ちに一区切りをつけたかっただけなのかもしれない。 いつか先に相手の気持ちが離れて自分が傷付いてしまう前に、相手を想う気持ちを誤魔化したかっただけなのかもしれない。 そんな気付きが切なさを生むのだ。 学生時代の恋愛は独占欲や嫉妬、愛おしいという想いなど初めて経験することばかりだ。 別れも同じことで、切なさと共にすぐには忘れることなんてできないだろう。 けれど、いつかは切ない思い出から卒業できるときがくる。 その時には、きっと相手へ贈る言葉も代わっているはずだ。 TEXT:空屋まひろ...

次の