れいわ新選組 youtube。 決意

決意

れいわ新選組 youtube

2011年4月に行われた第17回統一地方選挙三鷹市議選に、市民の党の公認候補として 森大志が立候補し、落選した。 森大志の父親はよど号ハイジャック事件を起こしたよど号グループ元リーダーの田宮高麿、母親は石岡亨・松木薫を欧州から北朝鮮に拉致した結婚目的誘拐容疑で国際手配を受けている森順子容疑者である。 森大志は1983年に北朝鮮で生まれ、『日本革命村』と呼ばれる、田宮を含む、よど号グループの家族8世帯が生活し、革命村本部の周囲には、射撃練習場や格闘技場、研究所、アパートなどがあり、「 日本を金日成主義化するため青春も生命も捧げて闘う」「 金日成同志の教示と金正日同志の教えを無条件、徹底して遂行する」「 組織の秘密を命懸けで守りながら活動する」「 日本革命の偉業を代を継いで最後まで継承し完成させていく」といった『10の誓い』を毎朝、全員で唱えるなど、金正日総書記直轄の連絡部56課の指導のもと、 家族全体で日々、革命教育が行われ、日本を金日成主義化するための革命教育が行われていた、平壌中心から車で約1時間の三石区域元新里の大同江沿いの場所で育ち[8]、田宮を校長として、子供らを立派な金日成主義革命家にするための洗脳教育がなされた『日本革命村小学校』で思想教育をうけたとされ、2004年に日本に入国していた[9][4]。 ただこの部分、Wikipediaの出典を読もうにもリンク切れで、実質出典なしなので若干信頼に足りません。 また、森大志氏が立候補時も革命思想を持って立候補したのかも定かではありませんから、抑制的に言えばこれだけで疑いをかけたり騒いだりするのは、倫理的に問題があります。 そこでもう少しわかりやすいものを出しましょう。 役員陣営は、大手ドラッグストアの潤沢な資金を背景に、買収などの工作を行った。 公職選挙法で禁止されている告示前の選挙活動(事前運動)として、告示前の3月下旬ごろ、二十数人に静岡駅前でのチラシ配りなどの選挙運動を依頼した。 また、この運動員にアルバイトとして計500万円余の報酬を支払い、買収を企てた。 選挙結果は現職・田辺の当選となり、役員の得票は田辺の4割程度である6万8千票余であった。 これに関わったのが斎藤まさしで、現在は公民権停止中、ということになっています。 しかし、この斎藤まさし・市民の党と山本太郎が何の関係があるんでしょう。 繋がり ここから先は事実の列挙です。 私は何も言わないので淡々と読んでください。 なお、偶然同姓同名の可能性もなくはないのでご注意ください。 過去にそういう勘違いで無関係の人が非難された例もあります。 ・れいわ新選組の会計責任者は「岡田哲扶」である。 ・斎藤まさしは次のように述べている。 山本太郎くんの衆議院選挙、前の日の夜ですよ。 告示日の、あの12月の突然の解散の、前の日の夜、夕方決めたんだよねあれ。 衆院選に出るって彼が。 岡田てつおはその証人の1人なんですよ。 前の日の夜まで、俺と太郎くんと、てっちゃんと、もう1人、代々木の喫茶店で、前の日の夜まで、出る出ない、どこで出るっていう話をずーっとしてたわけ。 山本太郎にとって初めての衆院選であった2012年の選挙は、告示前夜に斎藤まさし、岡田哲扶の同席下で相談し決められた。 ・ 斎藤まさし 公民権停止中 はれいわの選挙カーに乗っていた。 画像の出典はです。 なお、山本太郎本人は昨今は年に数回やり取りする程度だと話している。 ・斎藤まさしはれいわ新選組の演説に訪れていると思われる。 ただし持っているうちわ? は昨年参院選の際のものですからこの時期に撮られたものであることは確かです。 れいわ新選組の組織性格は「国政政党」。 地方選挙においては、公認候補は擁立しません。 よって、所属地方議員というのはありません。 私は、先の参議院選挙で選対事務局に関わったことから、 引き続き、れいわ新選組事務局の仕事もすることになりました。 しばらく「二足のわらじ」状態ですが、どちらの活動も力を尽くしたいと思っています。 ・沖永明久は れいわ新選組の事務局長である。 「大西発言」で揺れる れいわ の党本部を訪ねた。 コメントできる立場にある幹部は不在。 沖永明久事務局長に携帯電話で連絡が取れた。 同事務局長は「今のところ代表から(記者会見開催の)指示は受けていない」と答えた。 =8日、18時39分頃、赤坂 撮影:田中龍作= — 田中龍作 tanakaryusaku ・沖永明久はかつて市民の党に所属している。 ・沖永明久は平成28〜30年度、 市民の党に複数回の寄付を行なっている 、、3。 献金額は個人献金の限度額150万円に近い144万円と134万円と118万円。 ・れいわ新選組事務局近畿ブロック担当に 川口秀輔という人物がいる。 ・ 川口秀輔は平成21年度、市民の党に107万円を献金している。 ・吉田みな子は山本太郎の応援を受け海老名市議会選挙に立候補している。 ・吉田みな子と沖永明久には親交がある。 記事中では田中龍作氏より次のような疑問が提示されている。 「海老名の市議選に出てる吉田みな子(いちごの会)は、れいわの公認でも、推薦、支持でもないのに、 どうして山本太郎が応援に行くんだよ?」 ・市民の党と同系列の団体に「政権交代をめざす市民の会」がある。 この二団体は代表や事務担当者に共通項がある。 かつてこの団体に 菅直人の資金管理団体が多額の献金を行い問題になっている。 実際、山本氏の周囲では、こんな変化も。 「彼はこの選挙で、 これまで活動をともにしてきた極左系の活動家の力を借りようとしなかった。 ファクトだけで良ければこれ以降は読まないで平気です。 これらの情報から、れいわ新選組には、少なくとも二人の「市民の党」関係のスタッフがいることがわかります。 一人は会計責任者、もう一人は事務局長という重要なポストです。 少なくとも事務所の一部は市民の党関係の人物に握られている、と考えるのが妥当でしょう。 支持者の方はこういうかもしれません。 「山本太郎は斎藤まさしと関わっていないと言っている!」と。 確かに彼は演説で「年2回ほど意見交換する程度で、選挙のやり方について直接話を聞くようなことはない」と明言しています。 それなら安心できますか? いいえ、まず彼らがスタッフである以上お給料が出ているはずです ボランティアだとしたらそれはそれで闇。 その給料は支持者の皆さんの寄付から捻出されていますね?そんな使い方をされることを望んでした寄付でしたか?彼らの懐に入った皆さんの寄付金は、そのうち市民の党関係の団体に寄付されるかもしれません。 良いんですか? もっと悪いこともあり得ます。 「山本太郎はヒトラーにはならない!」と支持者の方は言います。 それはそうかもしれませんが、 周囲に山本太郎を利用しようとする人物がいれば話は別です。 山本太郎は日々の街宣で疲労していますし、目的のためには手段を選ばない危うさは以前からあります。 山本太郎本人の意思として、それとなく彼を誘導していくことは難しいことではないはずです。 抑制的に言っても、もっと透明性を確保して、もっと支持者が党の方針に意見できる体制を整えることを要求する必要は、絶対にあるのではないでしょうか?でなければ、捻出した寄付金がどう使われるかもわかりませんよ。 情報提供待ってます より詳しい情報をご存知の方がいたら、是非教えてください。

次の

【開票当日会見リアルタイム字幕入れ UDトークVER.】【都知事選投開票日 記者会見】山本太郎 東京都知事選挙 2020年7月5日 / れいわ新選組 公式チャンネル / YOUTUBE VIDEO / NO ADS DOWNLOAD!

れいわ新選組 youtube

2011年4月に行われた第17回統一地方選挙三鷹市議選に、市民の党の公認候補として 森大志が立候補し、落選した。 森大志の父親はよど号ハイジャック事件を起こしたよど号グループ元リーダーの田宮高麿、母親は石岡亨・松木薫を欧州から北朝鮮に拉致した結婚目的誘拐容疑で国際手配を受けている森順子容疑者である。 森大志は1983年に北朝鮮で生まれ、『日本革命村』と呼ばれる、田宮を含む、よど号グループの家族8世帯が生活し、革命村本部の周囲には、射撃練習場や格闘技場、研究所、アパートなどがあり、「 日本を金日成主義化するため青春も生命も捧げて闘う」「 金日成同志の教示と金正日同志の教えを無条件、徹底して遂行する」「 組織の秘密を命懸けで守りながら活動する」「 日本革命の偉業を代を継いで最後まで継承し完成させていく」といった『10の誓い』を毎朝、全員で唱えるなど、金正日総書記直轄の連絡部56課の指導のもと、 家族全体で日々、革命教育が行われ、日本を金日成主義化するための革命教育が行われていた、平壌中心から車で約1時間の三石区域元新里の大同江沿いの場所で育ち[8]、田宮を校長として、子供らを立派な金日成主義革命家にするための洗脳教育がなされた『日本革命村小学校』で思想教育をうけたとされ、2004年に日本に入国していた[9][4]。 ただこの部分、Wikipediaの出典を読もうにもリンク切れで、実質出典なしなので若干信頼に足りません。 また、森大志氏が立候補時も革命思想を持って立候補したのかも定かではありませんから、抑制的に言えばこれだけで疑いをかけたり騒いだりするのは、倫理的に問題があります。 そこでもう少しわかりやすいものを出しましょう。 役員陣営は、大手ドラッグストアの潤沢な資金を背景に、買収などの工作を行った。 公職選挙法で禁止されている告示前の選挙活動(事前運動)として、告示前の3月下旬ごろ、二十数人に静岡駅前でのチラシ配りなどの選挙運動を依頼した。 また、この運動員にアルバイトとして計500万円余の報酬を支払い、買収を企てた。 選挙結果は現職・田辺の当選となり、役員の得票は田辺の4割程度である6万8千票余であった。 これに関わったのが斎藤まさしで、現在は公民権停止中、ということになっています。 しかし、この斎藤まさし・市民の党と山本太郎が何の関係があるんでしょう。 繋がり ここから先は事実の列挙です。 私は何も言わないので淡々と読んでください。 なお、偶然同姓同名の可能性もなくはないのでご注意ください。 過去にそういう勘違いで無関係の人が非難された例もあります。 ・れいわ新選組の会計責任者は「岡田哲扶」である。 ・斎藤まさしは次のように述べている。 山本太郎くんの衆議院選挙、前の日の夜ですよ。 告示日の、あの12月の突然の解散の、前の日の夜、夕方決めたんだよねあれ。 衆院選に出るって彼が。 岡田てつおはその証人の1人なんですよ。 前の日の夜まで、俺と太郎くんと、てっちゃんと、もう1人、代々木の喫茶店で、前の日の夜まで、出る出ない、どこで出るっていう話をずーっとしてたわけ。 山本太郎にとって初めての衆院選であった2012年の選挙は、告示前夜に斎藤まさし、岡田哲扶の同席下で相談し決められた。 ・ 斎藤まさし 公民権停止中 はれいわの選挙カーに乗っていた。 画像の出典はです。 なお、山本太郎本人は昨今は年に数回やり取りする程度だと話している。 ・斎藤まさしはれいわ新選組の演説に訪れていると思われる。 ただし持っているうちわ? は昨年参院選の際のものですからこの時期に撮られたものであることは確かです。 れいわ新選組の組織性格は「国政政党」。 地方選挙においては、公認候補は擁立しません。 よって、所属地方議員というのはありません。 私は、先の参議院選挙で選対事務局に関わったことから、 引き続き、れいわ新選組事務局の仕事もすることになりました。 しばらく「二足のわらじ」状態ですが、どちらの活動も力を尽くしたいと思っています。 ・沖永明久は れいわ新選組の事務局長である。 「大西発言」で揺れる れいわ の党本部を訪ねた。 コメントできる立場にある幹部は不在。 沖永明久事務局長に携帯電話で連絡が取れた。 同事務局長は「今のところ代表から(記者会見開催の)指示は受けていない」と答えた。 =8日、18時39分頃、赤坂 撮影:田中龍作= — 田中龍作 tanakaryusaku ・沖永明久はかつて市民の党に所属している。 ・沖永明久は平成28〜30年度、 市民の党に複数回の寄付を行なっている 、、3。 献金額は個人献金の限度額150万円に近い144万円と134万円と118万円。 ・れいわ新選組事務局近畿ブロック担当に 川口秀輔という人物がいる。 ・ 川口秀輔は平成21年度、市民の党に107万円を献金している。 ・吉田みな子は山本太郎の応援を受け海老名市議会選挙に立候補している。 ・吉田みな子と沖永明久には親交がある。 記事中では田中龍作氏より次のような疑問が提示されている。 「海老名の市議選に出てる吉田みな子(いちごの会)は、れいわの公認でも、推薦、支持でもないのに、 どうして山本太郎が応援に行くんだよ?」 ・市民の党と同系列の団体に「政権交代をめざす市民の会」がある。 この二団体は代表や事務担当者に共通項がある。 かつてこの団体に 菅直人の資金管理団体が多額の献金を行い問題になっている。 実際、山本氏の周囲では、こんな変化も。 「彼はこの選挙で、 これまで活動をともにしてきた極左系の活動家の力を借りようとしなかった。 ファクトだけで良ければこれ以降は読まないで平気です。 これらの情報から、れいわ新選組には、少なくとも二人の「市民の党」関係のスタッフがいることがわかります。 一人は会計責任者、もう一人は事務局長という重要なポストです。 少なくとも事務所の一部は市民の党関係の人物に握られている、と考えるのが妥当でしょう。 支持者の方はこういうかもしれません。 「山本太郎は斎藤まさしと関わっていないと言っている!」と。 確かに彼は演説で「年2回ほど意見交換する程度で、選挙のやり方について直接話を聞くようなことはない」と明言しています。 それなら安心できますか? いいえ、まず彼らがスタッフである以上お給料が出ているはずです ボランティアだとしたらそれはそれで闇。 その給料は支持者の皆さんの寄付から捻出されていますね?そんな使い方をされることを望んでした寄付でしたか?彼らの懐に入った皆さんの寄付金は、そのうち市民の党関係の団体に寄付されるかもしれません。 良いんですか? もっと悪いこともあり得ます。 「山本太郎はヒトラーにはならない!」と支持者の方は言います。 それはそうかもしれませんが、 周囲に山本太郎を利用しようとする人物がいれば話は別です。 山本太郎は日々の街宣で疲労していますし、目的のためには手段を選ばない危うさは以前からあります。 山本太郎本人の意思として、それとなく彼を誘導していくことは難しいことではないはずです。 抑制的に言っても、もっと透明性を確保して、もっと支持者が党の方針に意見できる体制を整えることを要求する必要は、絶対にあるのではないでしょうか?でなければ、捻出した寄付金がどう使われるかもわかりませんよ。 情報提供待ってます より詳しい情報をご存知の方がいたら、是非教えてください。

次の

れいわ新選組と「斎藤まさし・市民の党」に関するファクト|みかん|note

れいわ新選組 youtube

UDトーク 音声文字化機能 を用いて、オペレーターが補正をしながら字幕をお出ししています。 最善を尽くしておりますが、若干の誤字脱字はご了承ください。 ・れいわ新選組 ウェブサイト ・れいわ新選組 Twitter ・れいわ新選組 Facecook ・れいわ新選組 Instagram -------------------------------------- 【れいわ新選組所属 YouTubeチャンネル】 ・山本太郎(代表) ・舩後靖彦事務所(参議院議員) ・木村英子事務所(参議院議員) ・大石あきこ(大阪5区・比例近畿ブロック、次期衆院選公認予定者) ・北村イタル(東京2区・比例東京ブロック、次期衆院選公認予定者) ・竹村かつし(山口4区・比例中国ブロック、次期衆院選公認予定者) ・辻村ちひろ(東京8区・比例東京ブロック、次期衆院選公認予定者) ・三井よしふみ(千葉9区・比例南関東ブロック、次期衆院選公認予定者) ・安井みさこ(愛知10区・比例、東海ブロック、次期衆院選公認予定者) ・大西つねき(参院選2019候補) ・安冨歩(参院選2019候補) 東京都知事選挙 東京都知事選 選挙 ここに述べることは、「れいわ新選組=山本太郎」の支援者としての意見です。 「れいわ新選組」が完敗となりかねない事態が生じている。 「 」というシリーズの7月3日にライブ配信された「『正しさ依存症』とそれを生み出す教育について」という回における発言がそれだ。 一部引用すると以下の通り。 「高齢者を長生きさせるのかっていうのは、我々真剣に考える必要があると思いますよ。 ・・・順番として、その選択するんであれば、もちろん、高齢の方から逝ってもらうしかないです」 これは、同氏がネットで公開されていることもあり、無視することはできない。 現に「れいわ新選組」に問い合わせが届いている。 繊細な問題であるためか、現時点で「れいわ新選組」からの公的表明がないものの、「れいわ新選組」は、早晩見解を公に明らかにする必要がある。 「れいわ新選組」ホームページにささやかな表明はあるが、このような小さな扱いでは、むしろ傷口を拡げるだけだ。 少なくとも「れいわ新選組」動画サイトで代表自らの表明はされるべきだろう。 これをしないことは「れいわ新選組=山本太郎」の大きな躓きとなることは明白である。 by 5 days ago.

次の