筍の冷凍保存。 たけのこの冷凍保存方法とレシピをご紹介【写真付きで解説!】

たけのこの冷凍保存方法。砂糖を入れると長持ち!

筍の冷凍保存

【スポンサードリンク】 たけのこはそのまま保存できる? まず、たけのこをそのまま保存する場合、どのくらい持つのでしょうか。 実は、たけのこはそのまま保存することはほぼ不可能です。 たけのこは元々成長が早く、旬の時期もとても短い食べ物。 その上、たけのこを切断して収穫すると、急激にえぐみが増加していき、時間が経てば経つほどアクが強くなっていくという特徴があります。 そのため、収穫したたけのこをそのまま何の処理も行わずに保存することはできません。 基本的には、何らかの加工をしてから保存することになります。 スーパーなどでほとんど皮つきのたけのこを見かけず、水煮で販売されていることが多いのはこのためです。 たけのこを保存するための下処理は? そのまま保存することが難しいたけのこは、手に入れたらすぐに茹でて下処理をしなければいけません。 まず、外側の皮を2~3枚ほどはがして、付着している汚れを洗い流します。 汚れが落ちたら、穂先の部分5センチほどを斜めに切り落とし、更に縦に包丁で切り込みを入れましょう。 その後、鍋にたけのこが完全にかぶるくらいの水を入れ、米ぬかひとつかみ、鷹の爪1~2本を入れて、火にかけます。 お湯が沸騰したら、弱火で50分ほど煮て、たけのこに竹串がすっと通るくらい柔らかくなったらOK。 火を止めてたけのこを茹で汁に漬けたままの状態で冷まし、完全に冷めたら皮をはいで水洗いして水にさらしておきましょう。 1週間程度で使い切れるのであれば、この水煮の状態のまま、保存容器に入れて冷蔵庫で保存することが可能。 ただし、この状態でもアクが出てくるため、水は毎日取り換えることが重要です。 【スポンサードリンク】 砂糖を使ったたけのこの冷凍保存方法は? 1週間以上保存したい場合には、下処理をした状態で、冷凍保存するのがおすすめです。 冷凍保存する場合には、たけのこの水気をしっかり切っておきましょう。 そしてここで重要なのは、砂糖を使うことです。 たけのこの水気を切った状態でそのまま保存すると、たけのこに含まれている水分がそのまま冷凍され、解凍した時にはスカスカになってしまいます。 そうなると、たけのこの独特の食感が得られないので、あまり旨みを感じることができません。 そこで、冷凍する前に砂糖をまぶすと、たけのこの食感を損なわずに冷凍保存することができます。 たけのこを少し小さ目に切り、砂糖をまぶしてから冷凍します。 そして調理の際にも、解凍せず、凍ったまま調理するのが重要。 これで、冷凍保存したたけのこがスカスカにならず、美味しく食べられるのです。 砂糖がすでに含まれているので、調理方法は少し限られるので注意しましょう。

次の

[きのこの冷凍保存]うまみを堪能!冷凍でおいしく、便利に食す

筍の冷凍保存

筍ご飯は冷凍できる? 筍ご飯自体、 冷凍保存することは可能です。 ただ、 筍は冷凍に向かない食材なので、 炊きたてのご飯と比べると食感が悪くなってしまう可能性があります。 筍ご飯はシャキシャキとした歯ごたえが特徴ですが、 冷凍することによってそのシャキシャキ感が失われてしまうんです。 筍ご飯を夜炊いて翌朝食べるのであれば、冷蔵庫で保存する方が良いかもしれませんね。 ただ、 一晩以上時間が空く場合には冷凍しちゃいましょう。 そのときは ラップに包み、冷凍臭が移らないように ジップ付きのビニール袋に入れるのがおすすめです。 ちなみに、「 一晩だけなら大丈夫でしょ」と常温で置いてしまう人もいるかもしれませんが、これは絶対に避けてくださいね。 筍ご飯に限らず、炊き込みなど味が付いているご飯は白米に比べて水分を多く含んでいるので、菌が繁殖しやすく傷みやすいんです。 夏じゃないから大丈夫と思わず、必ず 冷凍もしくは冷蔵で保存してください。 スポンサードリンク 筍ご飯を冷凍保存する時のコツは? 筍ご飯を冷凍保存する時のコツ:ラップで包む 筍ご飯を冷凍保存するときは 1食分ずつラップで包むようにしましょう。 筍ご飯が冷めてからラップするよりも、 炊きたてのものをラップすることがおすすめです。 その理由は、 炊き立てをラップで包むことで内側に水滴が付き、温めた時にこれがスチーム効果になるのでふっくら美味しく仕上がるからです。 ラップで包むときは ふんわりではなく、 しっかり密閉するようにして包んでくださいね。 さらにジップ付きのビニール袋に入れたり、タッパーに入れるとより良いです。 筍ご飯を冷凍保存する時のコツ:筍ご飯をペタンコにしてラップで包む 筍ご飯以外にも、お米を冷凍するときって意外と 冷凍庫内でかさばってしまうんですよね。 ご飯ばっかりが冷凍庫のスペースを取ってしまうなんてことも。 しかも電子レンジで解凍すると、 解凍にムラが出来て中まで温まっていないなんて経験ありませんか? そのときに役立つ ちょっとした一工夫がラップの包み方なんです。 筍ご飯をラップで包むとき、 薄くペタンコ状態にしてみてください。 イメージとしては スマートフォンくらいが丁度良いかもしれません。 逆に、おにぎりを作って冷凍保存すると解凍が大変になり、 電子レンジを使ったときに加熱のし過ぎになる可能性もあります。 筍ご飯でおにぎりを作りたい場合は、 薄くペタンコ状態の筍ご飯を解凍してから握るのがおすすめです。 筍ご飯を冷凍保存する時のコツ:筍は薄くスライスか千切りする 筍ご飯を冷凍すると、筍のシャキシャキ感が失われてしまうとお伝えしましたね。 じゃあ食べきらないといけないの?と思った人に朗報です! 筍ご飯をたくさん炊くときは、筍を 薄くスライスするか 千切りにしてください。 シャキシャキ感を楽しむために大きめな筍を入れたい気持ちもわかるのですが、 分厚い筍を冷凍すると食感が落ちてしまいます。 スカスカ、パサパサになってしまうので、冷凍保存することが事前にわかっているのであればスライスか千切りがおすすめですよ。 スポンサードリンク 冷凍した筍ご飯を美味しく解凍する方法は? 冷凍した筍ご飯を解凍するときはラップを剥がして茶碗にご飯を移します。 その後、 料理酒を振りかけましょう。 茶碗1杯に対し小さじ1程度で大丈夫です。 そして剥がしたラップをふんわりとかけて電子レンジで温めましょう。 子供に筍ご飯を食べさせるのに、 料理酒をかけるのが不安という人もいると思いますが、 筍ご飯を電子レンジで加熱する際にアルコールは飛ぶので安心してくださいね。 もちろん、 加熱が足りなかったり半解凍の状態だとアルコールが残ってしまう恐れがあるので、筍ご飯が ホカホカになるまでしっかり加熱してください。 料理酒を振りかけて解凍すると、 筍ご飯がふっくらとするのでそのまま解凍するよりも美味しく食べられますよ。 スポンサードリンク 筍ご飯の日持ちはどのくらい? 筍ご飯を冷凍保存した場合の日持ち 筍ご飯の保存方法で一番おすすめなのは 冷凍です。 冷凍保存であれば 1ヶ月ほど日持ちし美味しく食べられますよ。 ただ、この1ヶ月という期間は しっかりとした保存方法が出来ている場合に限ります。 ラップやタッパーで密閉して保存するということ、そして 筍の切り方をスライスか千切りにするということの2点です。 この2つさえ守っていれば1ヶ月ほど冷凍庫に入れておいても問題ありません。 炊きたての筍ご飯が何よりですが、たくさん作ったときや余らせてしまったときは是非冷凍で保存するようにしてくださいね。 筍ご飯を冷蔵保存した場合の日持ち 筍ご飯は筍やその他の具材や調味料によって、 白米に比べて傷みやすいです。 なので、冷蔵庫で保存する場合には 2~3日で食べきるようにしましょう。 ただ、 作ったときの水加減によっては2~3日以内でも傷んでしまったり、乾燥してご飯が固くなってしまう場合もあります。 不安な場合は少し 匂いを嗅いでみて、 酸っぱい臭いがしたときには傷んでいるので食べるのはやめましょう。 また、箸で筍ご飯を持ち上げたとき、 糸を引いてしまったときもアウトです。 乾燥でパサパサしているだけの場合は、料理酒を小さじ1振りかけて電子レンジで加熱すれば美味しく食べられますよ。

次の

【たけのこ】筍の賞味期限と保存方法!水煮や冷凍保存方法は?

筍の冷凍保存

風味が落ちるのを避けるため、洗わない 風味を生かすため、きのこは洗わずに保存するのが基本です。 汚れやほこりが気になる場合は、水で湿らせたキッチンペーパーで拭き取りましょう。 冷蔵と冷凍を使い分ける その日のうちに使いきる場合は、生のまま冷蔵保存してOK。 それ以外は、鮮度が落ちるのを避けるため冷凍保存しましょう。 冷凍してから加熱すると、細胞膜が壊れ、酵素の働きによってうまみが増すといわれます。 下ごしらえしてから保存すれば、調理時に便利です。 種類別、きのこの冷凍保存法 きのこは種類によって、適した保存方法が異なります。 それぞれをマスターして、おいしさを長持ちさせましょう。 ・椎茸 軸を根元で切り落とし、かさだけの状態にします。 かさのみを冷凍用保存袋に入れて冷凍します。 保存の目安は約1カ月です。 凍っていても包丁で切れるので、丸ごと冷凍するのがおすすめです。 ・しめじ 石づき(軸の先端部分)を切り落とします。 小房にほぐして冷凍用保存袋に入れ、密封します。 保存の目安は約1カ月です。 ・なめこ 脱気パック(加工品)の場合は、袋ごと冷凍しましょう。 上の写真のように、袋に折り目をつけて冷凍すると、調理時に折って使えるので便利です。 株(生)の場合は、塩を加えたお湯にほぐした状態のなめこをサッとくぐらせます。 粗熱を取ってから冷凍用保存袋に入れて冷凍しましょう。 そのまま味噌汁などの具として使えます。 いずれの場合も、保存の目安は約1カ月です。 ・まいたけ カットするか、手で小房にほぐします。 冷凍用保存袋に入れ、密封します。 保存の目安は約1カ月です。 ・えのき 石づき(根元部分)を切り落とし、使いやすいサイズに手でほぐします。 冷凍用保存袋に入れ、平らにならして密封します。 保存の目安は約1カ月です。 ・マッシュルーム 軸がついたまま(軸の切り口が変色している場合は切り落とす)、薄切りにします。 冷凍用保存袋に平らになるように入れ、密封します。 保存の目安は約1カ月です。 ひとつにまとめて便利!ミックスきのこの保存方法 数種類のきのこをまとめ買いしたり、少しずつ余ったりした場合は、「ミックスきのこ」にして保存しておくと便利です。 炒めものをはじめ、炊き込みご飯、ピザの具材、汁ものや鍋の具材、付け合わせのソテーなど、幅広い料理に使うことができます。 材料:好みのきのこ適量(椎茸・しめじ・まいたけ・えのき・マッシュルームなど)• 椎茸は石づきを取り、薄切りにする。 しめじ、えのきは石づきを切り落とし、バラバラにほぐす。 まいたけは小房に分け、マッシュルームは薄切りにする。 ボウルに[1]を入れて混ぜ合わせ、1回に使用する分量を冷凍用保存袋に入れて密封し、冷凍庫に入れる。 保存の目安は約1カ月。 凍ったまま調理できます。 最後に きのこは味も香りもそれぞれに個性がありますが、その魅力を生かすには、鮮度が命。 早めに食べきるのがいちばんですが、冷凍して、生とは異なるうまみを引き出して調理するのもおすすめです。 便利な冷凍保存を取り入れながら、風味豊かなきのこ料理を楽しみましょう。

次の