高齢化や過疎化が進む社会。地域住民の「交通手段」をどう確保するか : FUJITSU JOURNAL(富士通ジャーナル)

ここではMaaSアプリの事例6つをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。 MaaS先進国の取り組みとは 今後、加速化する人口集中によって渋滞や排ガスなどのさまざまな環境問題が発生したり、地方における交通弱者の増加などの問題が懸念されています。 物流施設 物資の収受、積替え、保管、流通加工、包装、発送等を行う施設の総称。

Next

高齢化や過疎化が進む社会。地域住民の「交通手段」をどう確保するか : FUJITSU JOURNAL(富士通ジャーナル)

(注1)(注2)内閣府「平成29年交通安全白書」より。

Next

行きたい場所へラクラク行ける!目的地へのバス経路がひと目でわかる検索機能 「駅や目的地へ」本日リリース

ここではMaaSを活用したサービスの事例10選をご紹介しますので、どのようなサービスが実現できるのか参考にしてみてください。 今までの「チカバス」は、現在地付近のバス停から駅まで1 本で行けるバスを案内する機能を提供しているサービスでした。

Next

高齢化や過疎化が進む社会。地域住民の「交通手段」をどう確保するか : FUJITSU JOURNAL(富士通ジャーナル)

ページ上部の検索バーに目的地の名称を入力し、表示された候補の中から目的地を選択したうえで出発・到着や日時を設定して検索する 3. 内々トリップ 出発地と到着地のエリアにより、以下のようにトリップの種類が分類されます。 シェアパーキングは空き駐車場をシェアするサービスで、月極駐車場や空き地、個人の駐車場などを貸し借りできます。 公共の交通機関が不便な場合、免許の返納などによって移動手段が限られている高齢者は出かける機会が少なくなり、健康を損なう可能性もあります。

Next

専門用語集

ページ下部に目的地へ行ける駅が表示されるので、その中から利用したい駅を選択する 4. 自動運転のシステム開発を行うには多くのデータが必要であり、非常にコストがかかります。 同じく内閣府によると、2016年末の運転免許保有者数約8221万人のうち、75歳以上の免許保有者数は約513万人(注2)。 そのため、これまで車通勤を行っていた従業員に対して毎月異なる交通費を支給していた企業も、定期代などの定額の交通費の支給が可能になるでしょう。

高齢化や過疎化が進む社会。地域住民の「交通手段」をどう確保するか : FUJITSU JOURNAL(富士通ジャーナル)

そのため、医療費の削減や地域の活性化にも繋がります。 こうした状況の中、高齢者の暮らしに必要な移動手段をどう確保するかが課題になっています。

第3節 利便性の高い交通の実現

各地に設置しているサイクルポートの自転車を、利用者が好きに借りたり返却したりできる共同利用システムです。

Next