King Gnu どろん 歌詞

しかし、その日の後悔があったからこそ変わりたいと思い、実際に変われた。 『35歳の少女』の主題歌である「三文小説」とCMソングである「千両役者」が収録され、それぞれのモチーフが合わさった作品となっております。

Next

King Gnu 三文小説 歌詞

「三文~」となると 「たかだか三文ほどの価値しかない~」といった意味になります。 自分の人生と真剣に向き合うためには、 孤独にならなければいけない時があることを示しているのでしょう。 何か内容に問題が生じれば、より良くなるように励んでいこうと語っています。

Next

キングヌー 歌詞 三文小説

彼女は老いていく自分に自信が持てなくなっているようですが、彼はそんな彼女が向けてくれる 何気ない表情や言葉に力をもらっています。 消えたの 泡となり 消えたの いつの間にか わかってりゃ もっとずっと一層 清らかに 溶け合ったのにね この気持ち 跳ねたの 魚と成り 誰よりも 軽やかに そのまま もっとずっと一層 清らかに 飛んでゆけたらね この気持ち パチンと弾けて 泡のように消えた 呆気のない運命が 心をえぐった 確かに感じた 仄かに歯がゆい 過ぎ去った運命に 囚われたままで パチンと弾けて 泡のように消えた あなたは今も どこかで元気ですか? あの夏の匂い 仄かに歯がゆい いつしか夢中で 追いかけてたのは影 消えたの 泡となり 消えたの いつの間にか わかってりゃ もっとずっと一層 清らかに 溶け合ったのにね この気持ち 跳ねたの 魚と成り 誰よりも 軽やかに そのまま もっとずっと一層 清らかに 飛んでゆけたらね この気持ち この気持ち. 楽曲名「三文小説」とは 「三文小説」とは、 低級な小説を軽蔑して指す言葉。

Next

King Gnu どろん 歌詞

ドラマ『35歳の少女』主題歌 今回紹介していく 「三文小説」はKing Gnuが土曜ドラマ 『35歳の少女』主題歌として書き下ろした楽曲です。 1番 僕らの人生が 三文小説だとしても 投げ売る気は無いね 何度でも書き直すよ 誰もが愛任せ いつまでも彷徨う定め この小説 はなし の果ての その先を書き足すよ 楽曲を通して聞いてみると圧倒的なスケール感で、まるで絶望的な状況の中で神が現れたかのような強度を持った楽曲なのですが、 実は歌詞自体には超越的な強さがあるわけではありません。 そんな『35歳の少女』の主題歌を担当するキングヌーさんの「三文小説」が初回放送で解禁され、その衝撃的で壮大な曲にネット上でも話題となっています。

King Gnu どろん 歌詞

彼女の「頼りない背中」を見ながら、何もできなかった過去がありました。 なんと初回生産限定版の特典にはブルーレイが付属され、2019年10月の日比谷野外音楽堂のライブが収録されています。 愚かだとわかっていても、この人生は足掻き続けなきゃいけないのだろう。

Next

キングヌー 歌詞 三文小説

止めどなく流れる涙と、足掻き続けなきゃいけない物語。 作詞・作曲を担当した常田大希さんは楽曲について、 2020年、我々King Gnuはアルバム『Ceremony』をリリースして以降、一曲たりとも新曲をリリースせずに、じっくりと自分達の生き方を見つめ直してきました。 彼らの楽曲に、民衆を問答無用で救うような絶対的な強さはないのです。