花 君 と 恋する 私。 【花君と恋する私】熊岡冬夕

花君と恋する私 9巻 ネタバレと感想~~

花 君 と 恋する 私

スポンサーリンク 皆さんはご存じだろうか? キュンキュンな王道の 『少女恋愛コミック』 ネタバレと結末予想 著者:熊岡冬夕 『花君と恋する私』 が、すごく今、注目されているんです! 一体なぜ・・・? 実はこの漫画、 最終回まで残り3話というところで、 著者である 熊岡 先生の体調不良によって、連載がストップしているコミックなんです。 作品の内容はタイトルからもある程度は想像できるように、 内容は、高校生カップルによる王道の キュンキュン・ラブストーリーなのですが、 いよいよ物語の総仕上げ! と…いった流れの盛り上がり最高潮の場面で、読者はお預けを食らっている状態なのです。 花君と恋する私 あらすじ 暴力事件を起こして停学中の花君が特別隔離教室から脱走しようとしている主人公の一人・ 花君。 教室の小さい小窓からはい出てきた所で、 優等生だけどちょっとぬけてるところがある委員長・ 七世と出くわし、 驚いた七世は思わず悲鳴を上げてしまいます。 すると咄嗟に花くんは七世の口もとを抑えて、 「ちくったらコロスよ・・・いいんちょー」 と…七世を軽く脅してその場から走り去っていったのです。 最悪の出会い方をした二人でしたが、その時、花君が落としていったある忘れ物がきっかけで、 いつしか二人は、親しく会話する仲になってゆくのです。 怖くて恐ろしい問題児だと思っていた花君の優しい一面を知り、 七世は花君に惹かれ始め、気づいた時にはもう彼に恋をしていたのです・・・ しかし・・・ 花くんには大好きな人がいて… 走り出してしまった七世の想いは、他の人を好きな花君に届くのか? 二人のキュンキュン、ドキドキなラブストーリーは、今始まったばかりです・・・ 花君と恋する私 主な登場人物 坂下七世(さかしたななせ) 主人公のヒロイン16歳の高校一年生。 クラス委員長を務める優等生でしっかり者だが、ちょっとぬけてるところもある。 ひたむきで一生懸命だけど、時々おっちょこちょいな面が花君に好かれる 「ツボ」となっている。 花 大好(はな だいこう) 七世のクラスメートの同級生男子。 暴力事件を起こして停学処分を受けるほどの問題児。 クラスでは浮いている存在だが、本当は心優しい少年。 大好きなこまり先生の結婚で大きな失恋をしてしまう。 こまり先生 七世と花君のクラスの副担任を務める女性教師。 花君とは幼馴染で姉弟のような存在。 花君の気持ちは知っているが、結婚してしまう。 こ-子&のっち 七世と中学時代からの同級生の女友達。 今でも仲良しで何かと七世と花君の仲を心配してくれている。 五城(ごじょう)くん 七世の中学校時代の同級生。 真面目で優しい性格。 七世のことが好き。 まゆ 花君の事が好きな同級生。 花君には振られるがまだ諦めていない。 尾留河 勉(びるかわ つとむ) 七世の同級生。 入学当初から七世に告白し続けていて、 振られ続けているが諦める様子がない。 大好きな こまち先生の結婚で、 大失恋をしてしまった花君。 逆に、こまち先生に恋する花君を好きになった七世。 屈折した恋の行方は、ひとまず七世と花君が付き合うことで決着。 だけどやっぱり幸せな関係は長くは続きません。 その後、 二人の間には色んな問題やトラブルが発生。 恋のライバル出現でヤキモチ! などなど・・・ 何といっても花君が2回めの 停学を受けた時は、二人の 大ピンチでした。 理由もわからず、不安でいっぱいの七世でしたが花君に電話も繋がらない状態で・・・ 少しづつ二人の距離が次第に離れていく・・・ 二人の恋は… 停学処分が終わってもぎこちない二人の関係は続き、ついに花君から七世に 別れをきり出します。 すると・・・ 話し合いの末、翌日に 最後のデートをして別れる事になった二人。 そして・・・ 二人の恋は…終わった。 ショックを抱えながら悶々んと日々を過ごす七世と花君。 なんたってまだお互いの気持は好き同士なんです。 そんなある日、旧友からの誘いで合コンに参加することとなった七世。 だが、 その事を知った花くんは、居ても立ってもいられなくなって、その合コンの現場に乗り込んで七世を連れ出してしまいます。 その時、花くんは思い切ってもう一度やり直したいと七世に 告白しますが、 花君の気持ちをまだ信じきれない七世は、 「自信がない」 と言って断ってしまうのです。 SNSなんかでは、 『花君と恋する私』ファンの読者たちが、あれやこれやと 最終回の予想をしているみたいですが、 大体の予想が、二人とも同じ大学に合格して、 時は流れて 結婚式シーンのエンディングっていう感じの予想みたいですね。 確かに個人的にもそんなハッピーエンドの 結末だとは思いますし、 やっぱり二人に幸せな顔を期待しちゃいますね! 優等生の七世と問題児の花君のキュンキュンラブストーリーでしたが、 ちょっととぼけた七世の言動が非常に可愛かった物語でした。 1日も早いご回復をお祈りしています。 そして、元気になられたらぜひ、七世と花君の幸せな未来を描いた結末をお願い致します。

次の

熊岡冬夕

花 君 と 恋する 私

このページの目次 CLOSE• あらすじ 花の停学をきっかけにできてしまった溝が埋められず、ついに花は七世に「はなれようと言ってしまう。 色々考えた末に七世は後日、一日思いっきり花とデートをしてまらい最後「いいんちょーに戻るね。 」と花に伝え、二人は別れてしまう。 学校では一応話をする二人。 お互いまだ気持ちがありそうなのだが…。 そんな時、花の友人あきらとすっかり仲良くなっていた七世は合コンに誘われ参加することに。 そのことをあきらは花にも伝え揺さぶりをかける。 合コンでは男性に言い寄られ七世が困っていると花が現れて!? レビュー なんで別れてしまったんだー! 明らかにお互い好きなのに。 見てるこちらが辛い(泣) 誕生日プレゼントまで花は選んで渡したのに…。 すれ違ってしまう二人。 同じ学校なので嫌でも会ってしまうのですが、なんとか普通に話している二人の姿がまた切なかったです。 しかし!この巻では花君の女友達あきらちゃんが大活躍してくれます! 見た目もとても可愛く個人的にはお気に入り女の子です。 七世にも、花にもいいアドバイスをしてくれます。 しかも七世を合コンに誘ってそれを花に伝えるというナイスプレー!! 合コンの現場に現れてくれた花君。 この時の焦った顔の花君はすごくかっこよかったです。 しかもやっといいんちょーではなく七世って呼んでくれました。 二人はまた元に戻れるのでしょうか?見ていて辛いので、早く戻ってほしいです。 不器用な二人が見ていられません。 今回は番外編でもう一人の友人こー子の恋物語が収録されています。 印象が薄かったのでつい見落としていましたが、すごく可愛いらしい女の子だったんですね。 しかも片思いの彼がいてなんだかいい感じ。 もっと続きが読みたくなる番外編でした。 スポンサーリンク みぽるのココに注目!.

次の

『花君と恋する私』恋する瞬間を思い出す!ピュアな初恋ラブストーリー

花 君 と 恋する 私

『花君と恋する私』 熊岡 冬夕 くまおか ふゆ で連載中!! 花君と恋する私 1巻 読んでみました。 同級生に暴力をふって・・・ 停学中だけど、別の教室で勉強をしていた花クンは脱走した所を 七世に見つかってしまう。 花クンの落し物も拾ってしまい、 そこでなんどか話をして、花クンが笑った!!! シーンってなる教室で七世が 『おかえり・・・おつかれ?』と、声をかけた。 花クンは予想外だったのか、笑って『おぅ』って(^-^) いいよねっそうゆうの!! そしてなんだかんだ、少しずつ仲良くなったりしていくんですが。 クラスの席も七世の前が花クンになったり。 七世は自分の気持ちを自覚・・・ やっとですねっ 花クンが好きって思って。 そんななか、こまり先生がぎっくり腰で学校をお休みして 七世と花クンがお見舞いに・・・花クンはこまり先生と昔からの知り合い 幼馴染?。 こまり先生のおうちにお邪魔した七世はあるものを みつけます。 くまの人形。 そのくまは、こまり先生は昔からすきなものみたいで・・・ 花クンの落し物の箱のくまさんでしたっ その箱のくまさんは、誕生日祝うもので・・・ 花クンが好きな人に渡そうと思っていたやつ。 あーーーー・・・ 七世は、花クンがこまり先生の事が好きっってゆうのにも 気付いたんですね~そして、失恋ですね~o TヘTo くぅ 凹む七世。 そして、ずっと渡しそびれていた花クンの落し物の箱を ちゃんと返そうと、持っていたところ こまりちゃんと衝突して、バラまき、 箱を拾いながら、この箱は好きな人のものなんです~ なんてゆっているところを、花クンに聞かれてしまった・・・ ここで1巻終了でしたぁ~ あるよね~聞かれちゃうの!! どうなるんだろ~ 会うのがこわいよ~~o TヘTo くぅってなりますねっ 今のところ、特に波があるような感じでもないし 王道の恋愛マンガなので、ほんとにサラッと読めます。 席替えでドキドキなんてのもなかったなぁ~ ほんとに、うらやましい。

次の