緊急事態宣言 いつまで。 緊急事態宣言の措置?いつからいつまでで生活に影響する強制力はない?

いつまでを緊急事態と呼ぶべきか

緊急事態宣言 いつまで

5月21日の新たな新型コロナウイルス感染者数が続々と発表されていますが、東京都は初めて1週間の感染者数が目安の数字を下回ったようです! ですが、緊急事態宣言解除は一都三県(東京・神奈川・埼玉・千葉)を一括で行うことになっているため、まだ判断日である5月21日の時点では宣言解除はされません。 ではいつまで我慢すればよいのでしょうか? そこで今回は「東京の緊急事態宣言はいつまで?宣言解除の条件達成で神奈川待ち?」について検証していきたいと思います。 ややこしい数字を簡単に直して、わかりやすくしてあります! (中学受験の算数じゃあるまいし、10万人に0. 5人とか、わざとわかりにくくしてるとしか思えません。 これを言うなら、一都三県の人口も書かないと受験問題にすらなりません。 まったく頭のいい人たちってバカだなぁと思います・笑) 東京の緊急事態宣言はいつまで? 東京単体で考えれば、実は5月21日の時点で宣言解除の条件はクリアしています。 5月21日の都の感染者数は、11人です。 出たてのニュースを見てみましょう! 【都11人感染 初の解除目安達成】 東京都で21日、新たに11人が新型コロナウイルスに感染していたことがわかった。 緊急事態宣言を解除する目安の1つとなる直近1週間の感染者数は、「10万人あたり0. 5人程度以下」で、初めて下回った。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics わかりやすく言えば、東京は1週間で70名が規準ですから、5月21日からさかのぼれば、上記のように59人となり、目安をクリアしました。 わかりにくく言えば、10万人当たりの感染者数が0. 42人となり、目安の0. 5人を下回るわけです。 5月20日から一週間さかのぼれば、目安はクリアできませんが、5月21日からさかのぼれば、クリアとなります。 まずは 都民の皆さん、おめでとうございます! ですが一都三県で一括解除をするそうなので、5月21日の判断では緊急事態宣言は解除されません。 来週の25日(月)に再度、解除の判断をするそうです。 その時に、神奈川がどうなっているかにかかってますね。 院内クラスター、収まっててほしいです。 Sponcored Links 宣言解除の条件達成で神奈川待ち? 埼玉と千葉は余裕で目安をクリアしていますので、東京もまだ気を抜かないでおけば、 あとは神奈川だけですね。 神奈川が多いのは、院内感染のせいだと聞きます。 速報によれば、神奈川の5月21日の新たな感染者は10人。 21日から一週間さかのぼれば、感染者数の合計は77名。 神奈川の一週間の目安は46名ですから、まだまだですね。 46名と言えば、1日6名で抑えなければ。 ちなみに一都三県の1週間の感染者の目安は何名でしょうか? 1週間当たりの感染者数の規準 5月21日からさかのぼる一週間の感染者数 東京 70人 59人 埼玉 36人 20人 千葉 31人 16人 神奈川 46人 80人 一都三県一括判断とするならば、一都三県のトータルで考えるべきだという意見もあります。 なるほどと思いました。 緊急事態宣言と休業要請は即刻全面解除を! 一都三県の合計で見れば、解除基準の0. そもそもドイツやNYと比べて厳し過ぎる基準であり、いまだ解除に否定的な東京や神奈川の知事には呆れるほかない。 — ひぃろ katsu87257989 5月21日の時点では、さらに0. 5に近づいているはずで、しかも規準として示されているのは、「0. 5」ではなく「0. 5程度」なので、クリアしていますね。 一都三県で一週間の感染者数の 規準はざっと計算して183人。 21日からさかのぼる一週間の 実際の感染者は175人でした。 すでにクリアしています! この考え方なら、5月21日の時点で、一都三県の緊急事態宣言は解除されなければいけないわけです! Sponcored Links まとめ 今回は「東京の緊急事態宣言はいつまで?宣言解除の条件達成で神奈川待ち?」について検証してきました。 一都三県で一括とするなら、数字も1県ずつでなくトータルで考えるべき、という考えに賛成です。 そろそろ経済を考えないと、とんでもないことになると、誰もが感じています。 選挙前にやたら顔を出す都知事とか、内容の無い発表を繰り返す総理とか、もう見るの飽きました。

次の

首相言及の「スペイン風邪」教訓に緊急事態の延長も検討? 5月6日まで2週間 政府の感染収束シナリオは…

緊急事態宣言 いつまで

緊急事態宣言はいつまでどこで? 4月7日に出され、 5月6日まで1ヶ月程度とされています。 4月30日現在、 5月6日から1ヶ月程度延長の検討にも入りました。 政府は29日、新型コロナウイルス感染拡大の収束が見通せないため、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の期間を延長する検討に入った。 5月6日までの期間を1カ月前後延ばす見通しで、全国一斉での延長も視野に入れている。 旅行業や観光業の皆さんにとってはあまり良いお知らせではなさそうです。 気になる緊急事態宣言対象地域は 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡 です。 これも後に 全国まで対象拡大されました。 安倍総理は 「残念ながら現状でも感染者の累計、新たな感染者数においても増加が続いている。 果たして5月6日にこれで緊急事態が終わった、と言えるかどうかは依然厳しい状況が続いている」 と述べています。 緊急事態宣言で何が制限されるの?• 住民の不要不急の外出• デパート、体育館など、3密になる施設の使用• イベントの開催 などに制限を設けたり、自粛要請することが可能になります。 飲食店は、自粛要請を確認した上で対応が各店で分かれることに。 通勤は制限対象外なので、リモートワークが出来ない業種の方はそのまま出勤が続く会社もあるでしょう。 ここまでくると、各企業の判断になってきますね。 問題は、 これら自粛要請に違反しても罰則がない点。 変なことをするところが出てこないことを祈るばかりです。 緊急事態宣言で制限されないものは? 反対に• スーパー• コンビニ• ドラッグストア• 電気やガスなどのインフラ• 宅急便• ATMネットバンキング• 日本政策金融公庫・商工中金 は原則営業を続けられます。 ちなみに、大手食品メーカーも冷凍食品や即席麺などの生産を続ける見通し。 消防や警察だって通常通りの対応です。 これは助かりますね。 こんな状況下でも、働いてくれる方々に感謝しなければなりません。 緊急事態宣言で休業補償はどうなる? ハッキリと、いつ、いくら、誰に補償するのかは結論が出ていません。 「大変な困難な状況に直面している家庭や中小・小規模事業者に対し、6兆円を超える現金給付を行う。 そして、雇用を守り抜いていかなければならず、無利子融資を民間金融機関に拡大するとともに、前例無き26兆円規模で、納税や社会保険料の支払い猶予を行い、事業の継続を後押しし、雇用を守り抜いていきたい」 NHK これが果たして、どこまで浸透していくかが問題ですね。 こちらは、東京新聞に掲載された「休業手当支払い義務」について。 東京新聞より引用 休業手当の支払い義務が無いという見解が強いです。 いわゆる休業補償に当たるものは• 休業手当• 傷病手当• 雇用調整助成金 などがありますが、現時点では何も決まっていないです。 また、維新の会の浅田政調会長は 「社会保険料を1年間免除するよう強く求めてきたが、政府から『免除ではなく、猶予だ』との説明があり残念だ。 現金がいつ給付されるのかも示されず、国民の安心につながるのか疑問だ」 と述べています。 休業手当は「使用者の責めに帰すべき事由による休業」という条件がありますし、他2つも、今回のコロナパニックに当てはまるのか気になるところ。 あまり当てにしないほうが良さそうですし、社会保険料も支払い0にはならないと思っておいたほうが後々ガッカリしないですよね。

次の

緊急事態宣言はいつまでどこで?何が制限されるの?休業補償も気になる

緊急事態宣言 いつまで

安倍総理大臣は30日午後、総理大臣官邸で自民党の二階幹事長や林幹事長代理と会談しました。 林氏によりますと、この中で、 安倍総理大臣は来月6日までとなっている緊急事態宣言を延長する方針を伝えたということです。 一方で、期間や対象地域は専門家の意見も聴いたうえで、最終的に判断する考えを示したということです。 出典元:NHK NEWS WEB これはコロナ収束に向けて必要な事なのでしょうが、飲食業や大手デパートなど働けない人の働けない期間が延長するということになってしまいます。 コロナの収束は一番の課題ではありますが、果たして緊急事態宣言はいつまで続けるのでしょうか。 6月3日まで緊急事態宣言は解除できない理由 そして3つ目の死角はその感染から発症までのタイムラグです。 私は政府の緊急事態宣言は5月6日には解除できないと見ています。 ロックダウンが先行しているニューヨーク市でも具体的に感染者数が目に見えて減るようになってから2週間、パリでは3週間は様子を見ると言っています。 日本の場合も5月6日に「あと2週間様子を見てみたい」と政府が判断するのではないでしょうか。 ではその2週間後の5月20日ごろはどうなっているか。 厚労省によると新型コロナウイルスは感染から発症までの潜伏期間は1日から12. 5日とされています。 つまり、GW後半に感染した人の発症タイミングと、政府が緊急事態宣言解除を検討する次のタイミングが一致してしまうのです。 そうなるとさらに2週間、 6月3日まで緊急事態宣言は解除できない状況が続くことになります。 このようにGWには感染拡大のリスクが横たわっています。 そのことを考えると、日本型の新型コロナ感染対策に決定的に欠けている視点は「強制力のなさ」だと言えそうです。 出典元:PRESIDENT Online 鈴木貴博 経営コンサルタント 政府は29日、新型コロナウイルス感染拡大の収束が見通せないため 、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」の期間を延長する検討に入った。 5月6日までの期間を1カ月前後延ばす見通しで、全国一斉での延長も視野に入れている。 5月1日に専門家会議を開き、感染状況の分析や、宣言の延長・解除の指標の提示などを受け、大型連休終盤に正式に判断する。 出典元:毎日新聞 竹地広憲、古関俊樹 これらの記事を見ているとやはり 緊急事態宣言は延長、そして約1ヶ月ほど延長されるのではないかという見通しが多いのではないでしょうか。 1ヶ月伸びるということは緊急事態宣言が倍の期間に伸びてしまうということですね。 これでコロナの収束にどのくらい効果を生むことができるのか。 この緊急事態宣言の為にどれだけの人が現在働く事が出来なくなっているのか、また働けていても不自由になっている人は大勢いらっしゃると思います。 働けなくなるということはお金がもらえなくなってしまう事と同じなので、これは早急に政府に補償金を条件付きでも良いので、しっかりとした額を出して欲しいですね。 10万円程度もらうだけでなんとかなるような自体では全くないですから。 緊急事態宣言の解除の条件とは? 緊急事態宣言の会場の条件は具体的に決まっているものではありませんが、どのような問題を見て解除を決めるのでしょうか。 その指標となっているものがどんなものなのか見ていきたいと思います。 法律及び政府の基本方針 まず、特措法および施行令によれば、緊急事態宣言は、「新型コロナウイルス感染症が国内で発生し、その全国的かつ急速なまん延により国民生活及び国民経済に甚大な影響を及ぼしているとき、または、そのおそれがあるものとして感染経路が特定できない、あるいは感染が拡大していると疑うに足りる正当な理由があるとき」(特措法第32条、施行令第6条)に、期間、区域、概要を定めて発出される。 したがって、国民生活等に重大な影響を及ぼすおそれがあるものとされる 「感染経路が特定できない、あるいは感染が拡大していると疑うに足りる正当な理由」がなくなれば、緊急事態宣言の発出理由もなくなるということができる。 そして、その場合は、速やかに緊急事態解除宣言をして国会に報告しなければならない(特措法第32条第5項)。 この点、政府の行動計画 1によると、具体的には、たとえば以下の3つのいずれかに該当する場合などに、総合的に判断して解除宣言を行うとされている。 1 患者数、ワクチン接種者数等から、 国民の多くが新型コロナに対する免疫を獲得したと考えられる場合 2 患者数が減少し、医療提供の限界内に収まり、社会経済活動が通常ベースで営まれるようになった場合 3 症例が積み重なってきた段階で、当初想定したよりも、新規患者数、重症化・死亡する患者数が少なく、医療提供の限界内に抑えられる見込みがたった場合 出典元:ニッセイ基礎研究所 松澤 登 政府の基本方針という事でそもそもこれらが緊急事態宣言を解除する為に必要な条件として適正かどうかはひとまず置いておいて、このような方針になっているという事が記されています。 まず 1 について見てみると国民の多くが 新型コロナの免疫を持っているかは明らかに多くの方が持っていないですし、それを調べる手順やルールさえ正確に決まっていません。 そして 2 ですが、患者数が減少という点は現在はピーク時より減少傾向にあるのかなと思います。 しかしPCR検査の少なさによって正確には判断できないとは思います。 そして 地域によってかなりバラバラですが、医療崩壊起きそうな地域もあるのが今の現状となっていますのでこの 2 もクリアとはいかないですね。 そして 3 ですが当初の想定などは政府や医療関係者、専門家ではないのでわからないのでこれは判断できません。 現状では解除の条件はクリア出来ていない ということで 現状では政府の基本方針と照らし合わせて見てみると、緊急事態宣言の解除の条件というのは満たしていない事がわかりました。 先ほども書いた通り、この基本方針がそもそもどうなんだ、といった声は多く挙がっていることも事実です。 僕のような一般人が考える上では、この緊急事態宣言の延長は間違っているとは思っていません。 もっと効率よく、緊急事態のような大胆な政策をしなくてもコロナの収束、また経済との両立も出来るものでしょうか? まとめ このように見てきた上で緊急事態宣言がいつまでか予想ということですが、ひとまず落ちうことにはなってしまいますが、 1ヶ月延長される事が濃厚なのではないかと思います。 まだ緊急事態宣言が開けるまで数日ありますが、いったいいつころ発表されるのでしょうか。 これはかなり大きな問題になってきそうですね。 そして緊急事態宣言の解除の条件についてもまとめて見ましたが、 政府の基本方針に則って考えると、現在解除になる可能性はかなり薄く、また国民の多くが免疫をつける事が条件に盛り込まれていることを考えると、解除というのはなかなかハードルが高いように感じます。 このように緊急事態宣言が長く続き、家から出れない状況が続くとやはり国民多くはストレスを感じ治安の悪化が心配です。 また働けなくなった人も多いのでやはり強盗などの事件も増えてしまうのではないかと思います。 こういったことを起こさない為にも、政府には補償金などについて迅速に決めていただき、迅速に配布出来るよう政策をしてもらいたいと思います。 未曾有の事態となってしまった為、政府も大変だと思いますがどうにか国民を守って頂きたいです。 Yotten Poppeではありません。 こんにちは。 Yotten Poppe と申します。 名前はなんでもよかったので1秒で思いついた名前です。 Yotten Poppeってなんでしょうね。 こんなのが1秒で思いつくような人ってすごくないですか・・・。 そんなYotten Poppeが、ここでは流行りの話題だったりたまには役立つ知識、幅広く取り揃えてご紹介していきたいと思います。 テレビは面白いし、Youtubeなんてもっと面白い時代ですが、こういった文字や写真だけってのも貴重な文化ですよね。 かっこいいこと書きましたが、出来るだけ多くの人に少しだけ役立つ知識を伝えていきたいです。 たかだか20数年しか世の中見てきていない男ではございますが、お付き合いのほど何卒お願い申し上げます。

次の