石清水八幡宮 アクセス。 石清水八幡宮のアクセスと駐車場|参道を歩く?ケーブルに乗る?

石清水八幡宮:近畿エリア

石清水八幡宮 アクセス

石清水八幡宮 石清水八幡宮(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。 (2014年末から未更新の場合あり)石清水八幡宮の例祭・「石清水祭」は9月15日に行われ、京都三大祭りの葵祭・奈良春日大社の春日祭と合わせて日本三大勅祭のひとつに数えられています。 なお石清水祭は神仏習合時代には「放生会(ほうじょうえ)」と言われていました。 【石清水八幡宮 アクセス・マップ地図】 場所・・・京都府八幡市八幡高坊30 最寄り駅・バス停・・・石清水八幡宮駅(徒歩約15分) アクセス路線は次の通りです。 翌860年(貞観2年)に第52代・清和天皇が八幡造りの社殿(六宇の宝殿(ろくうのほうでん))を造営しました。 石清水八幡宮の名称は男山に既にあった石清水山寺(摂社・石清水社)に由来しています。 その後939年(天慶2年)の承平天慶の乱(平将門の乱・藤原純友の乱)の平定以来、国家鎮護の社として皇室に篤く崇敬され、第64代・円融天皇の行幸から天皇の行幸や上皇の御幸は240余度にもなりました。 また清和天皇を祖とする源氏諸氏族の氏神としても崇敬されました。 なお明治維新後の神仏分離により、神号を「八幡大菩薩」から「八幡大神」に改め、1871年(明治4年)に社号を「男山八幡宮」に改めたが、1918年(大正7年)には「石清水八幡宮」に改めました。 また上院から眺める景色も見どころです。 上院には石清水八幡宮参道ケーブルで行くことができるが、表参道・裏参道を歩くのがおすすめです。 迷惑になります。 【石清水八幡宮 おすすめ散策ルート】 石清水八幡宮からのおすすめ散策ルートは下院から上院に石清水八幡宮参道ケーブルを使わす、徒歩で登るルートです。 上院には表参道を使うと約20分、裏参道を使うと約15分で登ることができ、自然を感じながら京都観光・旅行を楽しむことができます。 なお石清水八幡宮周辺には観光スポットがあまり多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策した方がいいかもしれません。

次の

石清水八幡宮への行き方は?ケーブルカーor歩いて参道?駐車場は?

石清水八幡宮 アクセス

石清水八幡宮(京都府八幡市)は、厄除け・厄払いで有名な神社で、いわゆる「浄化のパワースポット」です。 平安京の裏鬼門に築かれた「鬼門封じの神社」として、ときに形を変えながら、1000年を超えるはるか昔から京の町を守護してきました。 開運厄除のほかに、勝運アップ、心願成就、学業成就などのご利益でも知られます。 石清水八幡宮は、格式の割には混雑もなく、観光地としても見どころがいっぱいです。 今回は、伊勢神宮に次ぐ「国家第二の宗廟」(そうびょう)といわれる石清水八幡宮について、神秘に彩られた歴史やパワースポットとしての見どころなどをご紹介します。 また、無料駐車場やアクセスなどのより詳しい情報も掲載していますので、あわせてご覧ください。 Contents• 石清水八幡宮は「勝利の神」祭る 石清水八幡宮が強力なパワースポットである事実は、京都の市街地から少し離れている場所のためか、意外に知られていません。 国内最大・最古の「八幡造」の建物群が国宝に指定される、とても由緒ある神社です。 ちなみに読み方は、いわしみずはちまんぐう。 「岩清水八幡宮」は誤表記で、「石清水八幡宮」と書くのが正解です。 石清水八幡宮は、平安京からみて裏鬼門の方角にあり、京都を流れる「宇治川」「木津川」「桂川」の合流点を見下ろす男山山頂に位置しています。 3つの川が合流するこのポイントは、政治・経済・軍事上の重要な地点であり、パワースポットとしても申し分のないロケーションにあります。 また神様の宿る岩「磐座」(いわくら)なども見つかっているため、男山自体が紀元前から信仰の対象だった可能性も指摘されています。 石清水八幡宮でお祭りしている神様は「応神天皇」、「比咩大神」、「神功皇后」の3柱。 「国家鎮護」「勝利」をつかさどる神として、源氏一門、織田信長、豊臣秀吉など、時の権力者から崇敬を集めました。 パナソニックの創業者で「経営の神様」と呼ばれた故・松下幸之助氏をはじめ、関西財界人らの信仰が厚いのも特徴です。 また、歴代天皇が必ず足を運んできた歴史からも、石清水八幡宮が「特別な場所」であるのは間違いありません。 そんな歴史から、いかにパワフルな神社かがみえてきます。 また石清水八幡宮は、ケーブルカーや展望台などもあり、家族やカップルで余暇を過ごすのにも打ってつけ。 大切な人と、緑豊かな男山山頂の神域でパワーをチャージしてみてはいかがでしょうか。 石清水八幡宮 ご利益&基本情報 宇佐神宮、鶴岡八幡宮とともに「日本三大八幡宮」に数えられる石清水八幡宮。 御祭神やご利益、所在地などの基本情報は以下の通りです。 拝観料:無料• 駐車場:有料・無料有(下段にマップと詳細情報)• 所在地:京都府八幡市八幡高坊30• iwashimizu. php 石清水八幡宮 アクセス&ロケーション 石清水八幡宮は、眼下に淀川を見下ろす男山山上にあり、京の町をかたなに望む風光明媚なロケーションにあります。 京阪電鉄八幡市駅からケーブルカーに乗り継ぎ、歩いて5分ほどのところに本殿が鎮座。 石清水八幡宮へのアクセスはほかにも、徒歩で登るルートもあります。 無料駐車場は「八幡市立公園男山レクリエーションセンター」の少し先にあります。 Googleマップでみると、とても分かりやすいです。 ただし、石清水八幡宮の無料駐車場は、橋本地区からアクセスする形となり、遠回りになる上、満車になる可能性もあります。 あくまでも平日の裏技として参考程度にとどめてください。 参拝者の足として活躍する「男山ケーブル」も、実はその名残です。 所要時間は約3分。 遠くに広がる京の町と眼下に広がる四季折々の景観が楽しめます。 創建は860年、清和(せいわ)天皇の治世にさかのぼります。 清和天皇の治世は、富士山の噴火や陸奥の地震など、あまたの天変地異に見舞われた時代です。 厄災による混乱が鎮まらない中、八幡大神からのご託宣を受けたのが、空海の弟子「行教(ぎょうきょう)和尚」でした。 八幡宮の総本社、宇佐神宮にこもって祈祷を続けた行教に、八幡大神は「われ、都近き男山の峯(みね)に移座して国家を鎮護せん」と伝えたとされます。 この知らせを受けて清和天皇が、八幡造の社殿造営を命じ、石清水八幡宮が創建されました。 石清水八幡宮がもとはお寺として出発した神社というのは有名な話です。 鬼門封じの社!? 石清水八幡宮の位置する男山は、いまの京都御所からみた ちょうど南東の角に当たります。 平安京の表鬼門を守る「比叡山延暦寺」に対して、裏鬼門を石清水八幡宮が守護する構図です。 つまり、「仏」と「神」で厄災から都を守ったわけです。 ちなみに、鬼門封じや王城鎮護の役割を果たす神社には「厄除け・厄払いの霊験がある」と覚えておくと便利です。 これは陰陽道の考え方からくる「失われた知見」といえます。 また、石清水八幡宮の宮司さん(神社本庁総長)から聞いた話によると、創建と同時期にはじまった(八坂神社の)祇園祭も、実は陸奥の地震(貞観地震)の影響を鎮めるために行われたものだそうです。 石清水八幡宮 エジソン記念碑に秘話!? 米トーマス・エジソンが白熱電球を発明したのは有名な話ですが、商品化に成功した電球に「 男山の竹」が使われていたのをご存知でしょうか。 そんなご縁をもとに、石清水八幡宮に建立されたのが「エジソン記念碑」です。 戦時中、一度取り壊しの危機に瀕した碑ですが、 当時の宮司が「科学に国境はない」と軍部の要望を突っぱねた歴史は、あまり知られていません。 この歴史秘話がいまも両国を結ぶ友情の証となり、エジソン翁の誕生日と命日に、毎年碑前祭が執り行われています。 そして石碑に刻まれるのは、やはりこの格言。 「Genius is one percent inspiration, 99 percent perspiration」 (天才とは1%のインスピレーションと99%の努力である) 一般的には、99%の努力を重んじる格言として広まっています。 ところが、エジソンが強調したかったのは、実は「 1%のインスピレーション(霊感)」の方だったという説があり、こちらにも有力な証拠も残されています。 努力を超越したところにある「1%」に、エジソンは何を見たのでしょうか。 そんなエジソンの巨大な記念碑が、神域「石清水八幡宮」にあるのも不思議な話です。 何より、ここまで巨大な記エジソン記念碑は、アメリカ本国にすらありません。 見逃せないポイントと不思議なスポットをまとめました。 パワースポットは参道と本殿前 木漏れ日の差す石清水八幡宮の参道には、心に力を吹き込む凛とした空気が漂っています。 神域に近づくに連れ、段々気持ちも厳かに。 自然に湧き出る感謝をささげると、おまじないではない「浄化の体感」が訪れるかもしれません。 もう一つ、石清水八幡宮の中でも強力なパワースポットといわれるのが、本殿前の「南総門」です。 南総門から本殿を拝して願いを告げるとご利益がある。 自分にとって害のあるものを整理し、正しい方向へと導いてくれる。 真偽のほどは定かではありませんが、そうした指摘もあります。 実際、南総門を通して本殿をみると、向きが少し傾いています(写真上)。 これは、参拝の帰りに神様に向かってお尻をむけないための工夫です。 また、風水の知見を生かして、「直線に結ぶのを避けてあえてずらしている」との見方もできます。 大きな道と直線状にぶつかる家の軒先には、ときどき「鏡」が置いてありますが、これも「強すぎるエネルギーの流れを跳ね返すためのおまじない」です。 このほか社殿の石垣は、鬼が来るといわれる「鬼門」を封じるために、東北の部分を切り取った造りにするなど、随所にさまざまな仕掛けが施してあります。 霊泉をたたえる石清水社 男山中腹に位置する石清水社(いわしみずしゃ)。 石清水八幡宮の由来となった霊泉「石清水」を抱える摂社(せっしゃ)です。 摂社というのは、境内に小さくお祭りしている「縁の深い神社」のことです。 末社ともいいます。 石清水は、「凍らず枯れない霊泉」として尊ばれ、皇室や将軍家の祈祷(きとう)に用いられました。 その際、神前に供された石清水を「御香水」(ごこうすい)といいます。 いまでも、石清水八幡宮で行われる100以上の祭典には、当日早朝に汲み上げられた石清水が必ず御神前に献供されています。 さて、この石清水社ですが、明治以前は「石清水寺」というお寺でした。 石清水八幡宮は明治時代になる前、神様と仏様を同じようにあがめる「神仏習合」(しんぶつしゅうごう)のスタイルをとっていました。 「神仏混交」ともいいますが、日本独特の柔軟性に富んだ信仰の形です。 本殿脇のクスノキ 本殿に向かって左側、外壁を越えたところにそびえたつ巨大なクスノキ、通称「楠木正成公の楠」があります。 根周り18m、樹高30m、樹冠40m。 樹齢700年に迫る大木で、紛れもなく、石清水八幡宮におけるパワースポットの一つです。 少しの時間、マイナスイオンを浴びるつもりで向き合ってみるだけでも、エネルギーがチャージされるかもしれません。 石清水八幡宮 厄除け・厄払いについて 先ほど、鬼門守護や王城鎮守をつかさどる神社は「厄除け・厄払いのご利益で知られる」とご紹介しましたが、もちろん石清水八幡宮も「京都屈指の厄除けパワースポット」といえます。 厄除け・厄払いのご利益をめぐっては、とくに男性からの支持を集めています。 京都の厄除け・厄払いのパワースポットについては別の記事にまとめていますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。 石清水八幡宮 御朱印 石清水八幡宮の御朱印です。 八の部分が、石清水八幡宮の八になっているタイプもあります。 本殿に向かって右手にある授与所で頂けます。 — 2018年 5月月3日午前4時37分PDT 石清水八幡宮 お守り&おみくじ 石清水八幡宮で授与される厄除けのお守り「七色守」。 厄除けに七色のものが用いられる理由は諸説あります。 七福神を七色に見立てた• 空海が厄除けに身につけていた• 「8」(や)「9」(く)でない「7」の語呂合わせ 初穂料(値段)は1000円。 また、石清水八幡宮は「鳩みくじ」も人気です。 鳩は平和の象徴であり、石清水八幡宮のシンボル的存在でもあります。 初穂料は500円。 石清水八幡宮【周辺情報】 石清水八幡宮の周辺にも見どころのスポットがいっぱい。 その一端をまとめました。 飛行神社 引用: 航空界のパイオニア、二宮忠八が対象4年に創建した神社。 パイロットから部品メーカーまで、全国から飛行関係者が集います。 資料館も併設されています。

次の

石清水八幡宮のアクセスや駐車場やランチなど観光情報のまとめ

石清水八幡宮 アクセス

ご利益・歴史 豊応神天皇(おうじんてんのう)、比咩大神(ヒメオオカミ)、神功皇后(じんごうこうごう)を主祭神とするのが「石清水八幡宮」です。 読み方は「いわしみずはちまんぐう」。 歴史 石清水八幡宮がある男山は、都(京都)から見て裏鬼門(南西)に位置することから、鬼門(北東)の比叡山延暦寺と共に、 都の守護、国家鎮護の神社でした。 平安時代、清和天皇の859年(貞観元年)に、八幡大神が宇佐八幡宮に滞在中の行教(大安寺)の夢に現れ、「都に近い男山の峰に遷り国家を鎮護する」と進言したことが石清水八幡宮の起源となっています。 その後、860年(貞観2年)に、八幡造の社殿を造営し、鎮座しました。 現在の社殿は1631年(寛永8年)〜1634年(寛永11年)江戸幕府三代将軍徳川家光の造営。 明治時代には男山八幡宮と改称されますが、大正時代に元の石清水八幡宮に戻っています。 本殿などの建造物10棟が国宝に指定されています。 二十二社(上七社)の一つ。 トーマス・エジソンは八幡の竹を使って白熱電球のフィラメントを作り、長時間の点灯に成功したことから、「エジソン記念碑」が建てられています。 ご利益 八幡大神は男山に鎮祭しており、 都の守護神・国家安泰・必勝・弓矢の神様であることから、日本史に登場するあらゆる武将が祈願を行っています。 例えば織田信長やなど。 特に源義経は石清水八幡宮で元服し、八幡太郎義経と名乗ったことは有名です。 特に 厄除のご利益がありますが、先が明るくなり道が開けるという 開運など、 総合運・全体運・諸願成就のご利益があります。 本殿横からぐるっと一周、摂社・末社が並んでいます。 あわせてお参りしましょう(写真は摂社「若宮社」)。 主祭神:豊応神天皇(おうじんてんのう)、比咩大神(ヒメオオカミ)、神功皇后(じんごうこうごう)• ご利益:必勝、開運、厄除、方除け、災難除け、国家鎮護など 総合運・全体運・諸願成就• 創建:859年(貞観元年) スポンサーリンク お守り 総合運・全体運・諸願成就のご利益があるお守りを中心に集めてみました。 かぐや姫守 家内安全・心身健康・心願成就・開運招福のご利益がある「かぐや姫守」。 初穂料1,000円。 旅行安全守 旅行に行くときのお守り「旅行安全守」。 初穂料1,000円。 金矢守 金の矢に厄除開運と刻印されている「金矢守」。 初穂料1,000円。 開運金の福わらじ 「開運金の福わらじ」には以下のように書かれています。 縁起の良い菌わらじは財布の中に金を呼ぶ!• 金わらじ履いて嫁さがし!• 初穂料1,000円。 スポンサーリンク アクセス 石清水八幡宮までのアクセス(行き方)を電車の場合と車の場合に分けて紹介します。 電車+ケーブルカーの場合 最寄駅は京阪本線「八幡市駅」。 駅を下車するとすぐ男山ケーブルがあります。 ケーブルカーに乗車すると数分で「男山山上駅」に到着です。 そこから徒歩5分で本殿に着きます。 「男山山上駅」横に展望台もあります。 電車+徒歩の場合 八幡市駅からケーブルカーに乗るとあっという間に山上に到着します。 その時に感じるのは「近いから歩いて山上まで行けるのでは?」ということです。 実際に登ってみましたが、行きは上り坂なので軽いハイキングでした。 20〜30分ほどで着きます。 スタートは一の鳥居から。 一直線に進み、高良社を右手に見ながら進みます。 二の鳥居を直進すると七曲り、表参道に続きます。 二の鳥居手前右には裏参道があります。 こちらから少し近道になります。 上り階段が続きます。 三の鳥居を越えると一直線。 遠くに南総門が見えたらあと一息です。 徒歩だと色々な史跡などが色々なところにあるので、ゆっくり参拝するのもいいものです。 車の場合:駐車場• 八幡市駅近くに「山麓駐車場」あり(大型バスの駐車OK)• 橋本側に「第一駐車場」「第二駐車場」あり 京阪「八幡市駅」一の鳥居近くに「 山麓駐車場」があります。 こちらは大型バスの駐車が可能です。 「山麓駐車場」駐車後はケーブルカーまたは徒歩で山上まで行きましょう。 そしてもう一つ、地元の方が利用する「 第一駐車場」と「 第二駐車場」があります(エジソン記念碑近く)。 こちらは山上にあります。 橋本駅から車で行きます。 途中とても細い道で、少しコツがいるので地元の人しか使いません。 もし行かれる方は「八幡市立公園・ 男山レクリエーションセンター」を目標に行くと着きます。 最後はクネクネとした一直線になります。 住所:京都府八幡市八幡高坊30()()• 電話番号:075-981-3001• 駐車場:あり(2箇所)• 開門:4月〜9月(5:30〜18:30)、10月(6:00〜18:00)、冬季(6:30〜18:00) 関連:「」に戻る 関連:「」に戻る 関連:「」に戻る.

次の