コロナ ウイルス 感染 大阪。 3月の大阪府内新型コロナ感染者情報

大阪市西成区:新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ (西成区とは>区役所案内)

コロナ ウイルス 感染 大阪

大阪府の吉村洋文知事は12日、店舗や集客施設で新型コロナウイルスの感染者が確認された場合、同じ日時に居合わせた他の客らに直接、メールで通知できるシステムを今月中に導入すると発表した。 来店時などにアドレスを府に登録してもらう方法で、感染の可能性がある人に対し迅速に保健所への相談を促し、クラスター(感染集団)の発生や拡大を食い止めるのが狙いだ。 府は、独自に定めた休業要請の解除基準(大阪モデル)を7日連続で満たせば、15日に段階的な解除を判断する。 今後、映画館やイベント施設などが営業再開したり、飲食店が営業時間を延長したりすることが想定され、府は、陽性者が出れば、接触の可能性がある人らを素早く把握する仕組みが必要と判断した。 吉村知事は「個人のプライバシーを守りながら、ITを使って追跡する仕組みを作れないか検討してきた」と話した。 導入するのは「大阪コロナ追跡システム」で、協力する事業者らに対し、府のホームページを通じて固有のQRコードを発行。 店や会場の一角に掲示してもらう。 客がコードをスマートフォンなどで読み取れば、府にメールアドレスを登録できる。 アドレスのみを府が一定期間保管。 名前や住所、GPSによる行動履歴などは取得せず、個人情報上の問題はないという。 感染者が1人でも店などに立ち寄っていたことが判明すれば、府がメールで通知。 自宅待機するなどしてもらい、健康状況に応じてPCR検査につなげる。 府は2~3月、クラスターが発生した複数のライブハウスの店名を公表。 来店者に相談を呼びかけるなどし、感染拡大の抑止に効果があったとみている。 しかし、接待を伴う飲食店など公表の同意が得られないケースもあり、客らの追跡が難航することも課題だった。 府は、施設名の公表に同意した事業者に協力金100万円を支払う制度を導入しているが、新システムでは、府が公表していなくても、登録した人には直接連絡が可能となる。 事業者にQRコードを掲示する義務はないが、府は、休業要請の解除後の業態ごとのマニュアルを近く公表する方針で、協力を求めることも盛り込む方針。 客側が来店時に利用するかどうかは任意で、アドレスの登録者がどれだけ伸びるかも課題になりそうだ。

次の

『大阪府新型コロナウイルス助け合い基金』

コロナ ウイルス 感染 大阪

新型コロナウイルス感染症( COVID-19) は、 2019 年 12 月、中華人民共和国湖北省武漢市において確認されて以降、感染が国際的に拡がりを見せています。 世界保健機関 (WHO) は、 2020 年 1 月 30 日に「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態( PHEIC) 」、3月11日に「世界的大流行(パンデミック)」を宣言しました。 日本では、 2 月 1 日に指定 感染症および検疫感染症に指定されました。 4月7日、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、緊急事態宣言が発出され、大阪府は感染拡大警戒地域に指定されました。 5月21日に解除されましたが、自粛要請・解除などの対策を段階的に実施する大阪モデルをふまえ、 6 月 1 日以降は、全ての施設の休止要請が解除されました。 これまでの知見より、 主な感染経路は飛沫感染や接触感染です。 臨床的な特徴として、潜伏期間は 1~14 日(平均 5~6 日)で、その後、発熱や呼吸器症状、全身倦怠感等の感冒様症状が 1 週間前後持続することが多いと報告されています。 一部のものは、呼吸困難等の症状が現れ、肺炎を呈します。 発病者の多くは軽症ですが、高齢者や基礎疾患等を有する者は重症化する可能性があります。 感染の再拡大を防ぐには、手洗い、咳エチケット、3密(密閉、密集、密接)の回避など「新しい生活様式」の実践、感染者の早期探知、封じ込めが重要です。 新型コロナウイルス感染症 週別陽性者数 (2020年第23週 [6月1日~6月7日] までの集計) 新型コロナウイルス感染症 年齢階級別 累積陽性者数 (2020年第23週 [6月1日~6月7日] までの集計).

次の

大阪府の新型コロナウイルス感染者の分布マップ(市町村別) | グラフストック

コロナ ウイルス 感染 大阪

- WHO 各地域の区分を掲載• - 外務省 国別の感染者数の推移を掲載• 厚生労働省などの発表• 報道発表資料や国民の皆さまへのメッセージなど• 政府による緊急対応策、一人ひとりができる対策の解説など• 感染症への備えや物資・食料品の供給など、関係省庁からのお役立ち情報• 緊急事態宣言の内容やその成果、政府や自治体の取り組みの紹介ーなど• 日本を含む感染者確認国からの入国制限や入国後の行動制限措置が行われている国や地域• 新型コロナウイルスによる企業への影響を緩和し、企業を支援するための施策の案内• 学校の臨時休業に関する情報や、学習支援コンテンツの紹介など 自治体からの情報 地域 選択 新型コロナウイルス感染拡大やその影響で、心の不調や生活への不安を感じたときに相談できる窓口をまとめました。 - Yahoo! ニュース 電話やメール、SNSでの相談や、地域の相談窓口などの紹介。 子供向けや外国の方向けの窓口、家庭内の暴力に関する相談窓口も 生活に困ったときの相談窓口• - 厚生労働省 新型コロナウイルスの影響などさまざまな理由で生活に困窮している人を支援。 制度の紹介や、自治体ごとの相談窓口の一覧など• - 厚生労働省 各自治体の相談窓口の一覧。 所在地や電話・FAX番号、メールアドレスなど。 事業者向けの資金相談• - 経済産業省 セーフティネット保証や新型コロナウイルス感染症特別貸付、危機対応融資などに関する相談窓口の紹介.

次の